Distagon T* 1.4/35 & NOKTON 35mm F1.2 Aspherical VM II 発表。

レンズ沼住人の心の友(もしくは悪魔の手先)のコシナが2本の35mmレンズを発表。

Distagon T* 1.4/35
いやーデカイ。ついでに重い。そしてモチロン高い。
でも写りや所有する満足感はピカイチなんだろうなぁーーー。
でもどんなに写りがピカイチでも、『単焦点・35mm・F1.4・MFオンリー』に20万は厳しい。
金がある、ないじゃなくて金銭感覚的にNGな領域。
宝くじとか競馬とかである日突然500万ぐらい手に入れたとしても多分買わない。
........多分。

というワケでシグマさん、ヨロシクね!w
50mmF1.485mmF1.4と同等かそれ以上の24mmF1.4と35mmF1.4待ってます!


NOKTON 35mm F1.2 Aspherical VM II
こーれまたリッチな造りしてますな。絞り羽根12枚て!
あとレンジファインダーだけでなくミラーレスでの使用も想定してか
最短撮影距離が0.5mに縮められてるのも良いと思う!正しい経営判断!
NEXに付けて50mm画角で使ってもマイクロフォーサーズに付けて70mm画角で使っても
0.5mまで寄れれば使いやすいと思う。
135000円(恐らく実売価格の最終的な着地点は10万弱)って価格設定も安い!
って思うのはディスタゴンの20万って価格を見た後だからか、俺が5D2ユーザーだからか。


LH-20N & LH-58N
上記レンズ2本の発表と同時にカラスコ20&ノクトン58用のレンズフードが新型に更新。
個人的には今回の発表の中で一番嬉しい。

この2本のレンズフードは付け外しがめんどくさいねじ込み式。
バヨネット式みたいに逆に付けてコンパクトに収納する事も出来ないし
フード先端に溝が切られてないのでフードを付けるとレンズキャップが付かないというミラクル設計。
今回の更新がどんな変更なのかの情報は今のところどこにも記載されてないけど
コシナのHPの画像を見る限りフードの形状自体には変更が無さそうな点と
価格がマルマル2倍に膨れ上がってる事から想像するに
ペンタックスのDA Limitedシリーズや魚眼レンズのキャップみたいに
フードの上から被せるタイプのキャップが付属するんではないかと思う。
金属製で植毛処理された良い感じのフードキャップを期待してます。

コンパクトさがどれだけスポイルされるかが気になるけどカラスコ20用のLH-20Nは買うと思う。
b0213320_22255574.jpg

●EOS 5D MARK II / COLOR SKOPAR 20mm F3.5 SL II Aspherical / F8.0・1/200秒・ISO100


■My Photo Gallery          ≪ flickr ≫          ≪ FLENS ≫

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 5D MarkII ボディ COSINA VoightLander COLOR SKOPAR 20mm F3.5 SL II (キャノンEF) COSINA VoightLander レンズフード(SKOPAR20mm用) LH-20  フォクトレンダーVM&カールツァイスZMレンズWORLD (日本カメラMOOK)
[PR]
by foxfoto | 2011-06-20 00:00 | ●撮影機材ネタ | Comments(0)