KDL-32EX720とBDZ-AT300Sを選んだワケ

数あるTV&HDDレコーダの中から
KDL-32EX720BDZ-AT300Sを選ぶに至った経緯です。長いです。


いざ地デジ化しようと考え設置場所の寸法を測ってみると横幅90cm弱。
放熱クリアランスとか左右にスイーベルしたりとか現実的に考えると
横幅75~80cmぐらいが限界。画面サイズで言うと26~32インチ。

各社のサイトを見たり価格.comでスペック比較してみると
26インチモデルは各社ともエントリークラスのモノばかりで
フルHDじゃなかったりLEDバックライトじゃなかったり倍速駆動パネルじゃなかったりと
スペック的にあまりにも素っ裸過ぎる事が判明。(個人的に上記3項は欲しかった)

32インチモデルだと各社ともエントリークラスとミドルクラスの両方をラインナップしてるので
選択肢が幅広くて良い。という事でサイズは32インチに決定。

以上、サイズとスペックで絞り込んだ結果は以下の5モデル(価格は購入検討時の市場最安値)
価格.comのスペック比較はコチラ
1.SONY KDL-32EX720 約65000円
2.SHARP LC-32DZ3 約70000円
3.LG 32LE7500 約75000円
4.TOSHIBA 32ZP2 約105000円
5.PANASONIC TH-L32DT3 約110000円
価格差は最大40000円以上も開きがあるものの予算内ではあるのでOKとした。
ここから先は実際に店頭に行って画質やUIやボディの作り等をチェック。

まずソッコーでLGが脱落。画質が全然ダメ。ノイズ出まくり。チラつきまくり。
高画質化ソフトの重要性を実感。
続いてSHARPが残念ながら脱落。画質は良いけどボディデザインとUIが個人的にはNGでした。
残るはSONYとTOSHIBAとPANASONIC。画質はそれぞれ特徴はあるけどどれもキレイ。
TOSHIBA&PANASONICが100000円以上するのに対してSONYが60000円代な理由は
前者が2チューナーなのに対して後者は1チューナーだからだろう。

俺は一人暮らしで家族とチャンネル争いをする事もないし
TVに直接HDDを繋ぐ事も考えてない。なので40000円強の価格差は許容出来ない。
と、言うワケでTVはKDL-32EX720に決定。


HDDレコーダに関してはそれほど要求するモノも無く
フレーム単位での編集機能外付けHDD接続機能BD再生&書出し
辺りがシッカリ出来ればOKと思ってたので
選んだTVと同じメーカーの中から上記3項をクリアするモデルを選ぼうと考えていた。

したら何とSONYのラインナップん中で最も安いBDZ-AT300Sでも全てをクリアしてた。
しかも価格は40000円弱といった感じ。TVん時の価格差が頭ん中にこだましたねw
という感じでHDDレコーダは迷う事も無く一発で決定しましたとさ。


今回タナボタ的に手に入った3D機能は3Dソフトを持ってないのでまだ試せていない。
ただウマイ事に丁度SONYがトロン:レガシー3Dのプレゼントキャンペーンを実施中なので
コレが届いたら試してみます。
トロン:レガシーは映画館で3D観賞済みなのでTVでどれだけ再現されるのか楽しみだ。


とか書いてる内にもう朝だよオイ( ̄□ ̄;)
b0213320_185023.jpg

●EOS 5D MARK II / EF70-200mm F4L IS USM / F4.0・1/30秒・ISO400


■My Photo Gallery          ≪ flickr ≫          ≪ FLENS ≫

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 5D MarkII ボディ Canon EF Lレンズ 70-200mm F4L IS USM トロン:レガシー 3Dスーパー・セット [Blu-ray]
ソニー 32V型地上・BS・110度CSデジタルフルハイビジョンLED液晶テレビ(別売USB HDD録画対応)3D BRAVIA KDL-32EX720 SONY デジタルハイビジョンチューナー内蔵HDD 500GB搭載ブルーレイディスク/DVDレコーダー BDZ-AT300S ソニー 3Dメガネ ブラック TDG-BR50/B
[PR]
by foxfoto | 2011-06-26 00:00 | ●日記 | Comments(0)