●SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 II DG HSM

シグマ12-24mm IIのファーストインプレッション。

●歪曲収差
 広角側は樽型で望遠側は糸巻き型に歪む。けど全体的には高性能だと思う。
 例えば24mmはEF24-105mmよりも、20mmはカラスコ20mmよりも歪みは少ない。
 Lightroom3での補正値は12mmで+13、15mmで+8、17mmで+2、20mmで-1、24mmで-2ぐらい。

●周辺光量落ち
 さすがに広角側は結構落ちるけどわりとなだらかに落ちてくので落ちても嫌いじゃない感じ。
 量的にはコシナのカラスコ20やウルトロン40の方が落ちるし、EF24-105mmみたく急激でもない。
 広角側、望遠側共にF8辺りでかなり改善されて、F11ぐらいまでいくと全然気にしなくて良いぐらい。

●周辺の像流れ&解像感
 広角側だとさすがに四隅の解像感がちょっと甘くなる。
 ただ旧型やオールドレンズみたく明らかに像が流れるんじゃなくてピントを外した時みたいな感じ。
 全体的な解像感はF8~F11がマックスかな。F4.5~5.6辺りは若干だけど甘い。
 逆にF16~F22になると明らかに解像感が落ちてくる。

●フレア&ゴースト
 広角側だとさすがにゴーストが出る。光源の対角線上に緑のヤツが。
 ただ小さくポツポツっと出るし幾重にも重なって出たりはしないのでスポット修正とかで消しやすい。
 色んな光源を色んな位置に入れて撮ってみたけど画面全体を覆うようなフレアは出ない。
 画角を考えると優秀だと思う。 

●AFスピード&精度
 遅くはない。ただ手持ちレンズの中では一番遅いかも。
 精度は問題なし。ピントチェッカーも使ったけどジャスピン。
 ただ焦点距離的にフォーカス範囲がバカ広いので多少ずれてた所で問題ないんだろうなぁ。

とにもかくにも、やっぱり12mmはSUGEEEEEEEEEEE!!!!って話でした。
週末の富士登山でどんな活躍をしてくれるか、楽しみだ!!(雨っぽいけど)
b0213320_0264714.jpg

●EOS 5D MARK II / 12-24mm F4.5-5.6 II DG HSM / F4.5・1/400秒・ISO100

b0213320_0274895.jpg

●EOS 5D MARK II / 12-24mm F4.5-5.6 II DG HSM / F4.5・1/1250秒・ISO100

b0213320_0282263.jpg

●EOS 5D MARK II / 12-24mm F4.5-5.6 II DG HSM / F5.6・1/10秒・ISO1250

b0213320_0284767.jpg

●EOS 5D MARK II / 12-24mm F4.5-5.6 II DG HSM / F5.6・1/13秒・ISO1250


■My Photo Gallery          ≪ flickr ≫          ≪ FLENS ≫

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 5D MarkII ボディ シグマ 12-24mm F4-5.62DG HSM キヤノン用 広角ズームレンズ 超音波モーター搭載  Adobe Photoshop Lightroom 3.0 Windows/Macintosh版 【特別提供版】
[PR]
by foxfoto | 2011-08-19 00:00 | ●撮影機材ネタ | Comments(0)