Lightroom 3.6 & Camera Raw 6.6 公開

アドビの画像管理&現像ソフト、Lightroom3の最新アップデートが公開されました。
Lightroom本家Photoshopから写真現像&レタッチに関する機能を抽出して
更に大量のファイル管理やスライドショー作成、プリント設定、ウェブ連携機能等を付加したソフト。
ビジュアルに関する様々なクリエイティブ作業をしたいって人は本家Photoshopが正解だけど
あくまで写真をベースとした現像、レタッチ作業がメインって人はLightroomの方が断然使い易いです。

1ライセンスでWinMac両環境にインストール出来るのも本家Photoshopには無い長所。

Creative Suite(CS)製品群に関しては突然のアップグレードポリシーの変更
サブスクリプションプランへの誘導、料金プランについてなど色々と言いたい事もあるけど
Lightroomに関しては今後もパッケージ&DL販売形式を継続するそうなので個人的にはひと安心。

Lightroom  → 2007年3月発売
Lightroom2 → 2008年9月発売(18ヶ月サイクル)
Lightroom3 → 2010年6月発売(21ヶ月サイクル)
というスケジュールで来てるので
Lightroom4は2012年2月~5月頃発売かな?

『なんだ3はもうモデル末期か。なら4待ちだな。』って人へちょっとしたアドバイス。
今まで標準版は3万円強、アップグレード版は1万円強(約1/3)という価格設定だった。
現在は更に【乗換え/特別提供版】というのがアップグレード版と同じく1万円強で販売中。
コレはライセンス登録時に他社現像ソフトのシリアルナンバーを入力する事で
初めてLightroomを購入するユーザーもアップグレード版と同等の価格で購入出来るという製品。
ただ、他社のシリアルナンバーをAdobeが把握してるワケもなく....
という事でLightroom4の通常版(恐らく3万円強)をいきなり買わずに
Lightroom3の乗換え/特別提供版(1万円強)を買ってから
Lightroom4のアップグレード版(恐らく1万円強)を買った方がお得(になるハズ)です。
購入検討中の方は是非参考にしてみて下さい。
あ、下のリンクから購入して頂けると多少チャリンチャリンが入るので嬉しいですw

今回のアップデートでSIGMA 12-24mm F4.5-5.6 II DG HSMのレンズプロファイルが追加されて
各種収差がワンタッチで補正出来るようになった。楽チン楽チン。

12mmともなれば東京スカイツリーだって横構図で楽勝です。(業平橋駅出てすぐの東武橋上から撮影)
b0213320_22185354.jpg

EOS 5D MARK II / SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 II DG HSM / F11.0 1/200秒 ISO100 ■

  

■My Photo Gallery     flickr     FLENS
[PR]
by foxfoto | 2011-12-14 17:50 | ●撮影機材ネタ | Comments(0)