CONTAX復活しないかな。

昔ヤシカコンタックス向けのカール・ツァイスレンズを生産してた
京セラオプテック(旧 富岡光学器械製造所)カメラ用交換レンズの開発・製造を検討してるらしい。
カメラ用交換レンズの完成品および部品の開発製造について
複数の欧州光学メーカーから話が持ち掛けられてるとか。
欧州の光学メーカーと言えばカール・ツァイスシュナイダー・クロイツナッハライカ辺りか?
実現するとしたらどのブランド銘柄で、どの規格へ向けたレンズが出てくるのか興味津々。

個人的にはレンズも良いけどコンタックスブランドのカメラの方が復活して欲しい。
例えばT2やT3のデジタル版みたいな高級コンパクトカメラが復活すれば
X1X100DP1&2Merrillと競合するだろうし
G1、G2のデジタル版みたいなレンズ交換式レンジファインダーが復活すれば
Xマウント、Eマウント、マイクロフォーサーズと競合するだろう。

CONTAXブランドのネームバリューはまだまだ通用すると思うし、出せば売れると思う。
ただ問題はカメラ本体を開発・製造する会社がいないって事だな。
京セラはカメラから撤退してかなり経つからムリだろうしなぁ。
b0213320_20292044.jpg

EOS 5D MARK II / SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM / F2.8 1/50秒 ISO400 ■

  

■My Photo Gallery     flickr     FLENS
[PR]
by foxfoto | 2012-03-07 17:50 | ●撮影機材ネタ | Comments(0)