東京都写真美術館

ここ最近身の回りでカメラやレンズを買ったり売ったりが盛んだ。
丁度CP+前後に発表・発売された新製品の価格や評判が落ち着いてきた時期だからかもしれん。

俺は去年の8月にシグマ12-24mmIIを買って以来、手持ち機材に大きな変化は無し。
正直微妙にマンネリ感を感じてなくもない。
ただ、もし期待されてる人がいたら申し訳ないのだけど5D3には今ちょっと手が出せない。
手を出すとしたらレンズかサブカメラかって感じ。

レンズに関しては現状の8本構成で自分の理想を揃えたって考えは今も変わってない。
ここに何かを足すとしたら12~200mmという現状の撮影可能範囲の外側を開拓するか
もしくは12~200mmの範囲内の隙間を見付けてそこに新しく差し込むか、という事になる。
どちらにせよ新レンズと隣合うレンズの使用頻度は著しく低下するだろう。
ここは思い切って手持ちレンズの中からどれかを手放してでも新しいレンズを手に入れるべきか?

サブカメラに関しては一番期待してるSIGMA DP1(&2) Merrillの情報を待ってる状況。
RICOH GXROLYMPUS OM-D E-M5など他に気になるカメラはあるものの
本丸が出てきてからじっくり比較して自分とマッチするモノに決めたい。

うぅむ、どうしよう。また物欲の螺旋に呑み込まれてしまいそうだ。
b0213320_2145146.jpg

EOS 5D MARK II / EF24-105mm F4L IS USM / F4.0 1/125秒 ISO2000 ■

  

■My Photo Gallery     flickr     FLENS
[PR]
by foxfoto | 2012-05-07 17:50 | ●撮影機材ネタ | Comments(0)