ライカがM MONOCHROM(モノクローム)などを発表、と。

【LEICA M MONOCHROM】
ローパスレスかつカラーフィルタも取っ払って全画素で情報を取り込む....っつー事は
FOVEON並みの解像感が得られるのか!?
4600万画素(1536万×3)のSD1Merrillの解像感が一般的なカメラの3000万画素相当らしいので
1800万画素のMモノクロームは3600万画素クラスの解像感が得られる事になるのか?

【M9-P EDITION HERMES】
M9 TITANと同じくVWグループのチーフデザイナー、ワルター・デ・シルバがデザイン。
アクセサリーシューを廃して実現した弧を描くトッププレートはなかなか優雅なデザインだ。
まぁーそのデザインがライカっぽいか、カメラっぽいか、とは別の話だけど。
ゾクゾクするほど魅力的なメイキングムービーはコチラ。


【X2】
センサーが1600万画素(多分ソニー製)になり、EVF(多分オリンパスVF-2のOEM)にも対応した。
X1で一番お気に入りだった内蔵ストロボの形状が
円筒がせり出すタイプからNEX-7みたいなガチョンと飛び出すタイプになったのはちょっと残念。

【APO-SUMMICRON-M f2/50mm ASPH.】
いや、まぁ、それはそれはキレイで味のある画が撮れるんでしょうけど、50mm F2で70万て....
1万以下でEF50mm F1.8 IIが買えるキヤノンユーザーで良かった(汗)

久々に比較画像も作ってみました。
LEICA 【M MONOCHROM】【M9-P “EDITION HERMES”】【X2】 & Other cameras comparison 1/5
その他のバージョンはコチラ
【上面比較】 【シルエット比較(前面)】 【シルエット比較(上面)】 【センサーサイズ比較】


さぁ~て、明日は何を撮りに行こうかな。
b0213320_2153471.jpg

EOS 5D MARK II / ULTRON 40mm F2 SL II Aspherical / F2.0 1/1600秒 ISO100 ■

  

■My Photo Gallery     flickr     FLENS
[PR]
by foxfoto | 2012-05-11 17:50 | ●撮影機材ネタ | Comments(0)