CANON EF28mm F2.8 IS USMを含む28mmレンズ比較

昨日購入した
SIGMA 28mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO
と、購入に至らなかった
CANON EF28mm F1.8 USM
CANON EF28mm F2.8 IS USM
とで、何が違ったのか?

別に最初からシグマに決めてたワケじゃないですよ?
ちゃんと比較テストして決めました。

テスト内容・カメラ設定は以下の通り。
■カメラと被写体と背景の位置関係は(なるべく)動かさない。
■ライブビュー&MFでピントを合わせる。
■ホワイトバランスは固定で各レンズの色味をチェック。
■F1.8、F2、F2.8、F4、F5.6、F8、F11、F16、F22で撮影してボケ味をチェック。
■上記のカメラ固定でのテストの他に手持ちでAFスピードやフォーカスリングの感触などをチェック。
■展示品の個体差を考慮し同様のテストを3店舗で行う。
■撮影データをMacBookProに移してLightroomで比較検証→判断→購入。
という流れです。

3本それぞれの印象を書いてくと
■SIGMA 28mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO
・サイズ 3位 一番大きく重い。
・解像度 2位 まずまず。
・ボケ味 1位 背景ボケは一番柔らかい。点光源も9枚羽根のお陰でどの絞り値でも丸い。
・接写 1位 このレンズ一番の特徴。最短撮影距離20cm&F1.8の世界は他の2本では撮れない。
・AF 3位 AFスピードはEF28F1.8と同等だったけど非超音波モーターのため、うるさい。
・価格 1位 発売は2001年2月。既に底値。
・個人的順位 1位
  大きく重いがコレより大きく重いレンズばっか使ってるので気にならない。
  最短撮影距離の近さ、F値の明るさ、ボケ味のキレイさがあるので
  寄ったり引いたり、開けたり絞ったり、と色々な撮り方が出来そう。
  フィルター径77mmは手持ちレンズと連携がし易い。
  AF/MF切り替えが面倒。長期間使っていった時のガタツキも懸案事項。

■CANON EF28mm F1.8 USM
・サイズ 2位 F1.8としては十分小さい。
・解像度 3位 独特なにじみが出る。開放~F4辺りまではちょっと遠慮したい。
・ボケ味 3位 全体的にうるさいボケ味。点光源もF2.8から角張ってる。
・接写 3位 最短撮影距離が25cmと最も遠く、開放で被写体を浮立たせる作戦も解像度が低く難しい。
・AF 2位 AFスピードはシグマと同等だったけど超音波モーターのため、静か。
・価格 2位 発売は1995年9月。既に底値。
・個人的順位 3位
  小型軽量、フルタイムMFと操作性は良いのだけど
  解像度を求めて絞るか、ボケ量や点光源の丸さを求めて開けるかのせめぎ合いになりそう。
  実際の表現の広さ、おいしい設定値は結構狭いんじゃね?と判断。

■CANON EF28mm F2.8 IS USM
・サイズ 1位 今回の3本の中では最も小さく軽い。
・解像度 1位 さすが最新設計。開放F2.8から既に他の2本以上の解像度。
・ボケ味 2位 点光源はF4から角張り始めるものの円形絞りのため比較的丸い。
・接写 2位 最短撮影距離は23cm。解像度は十分だがF値が暗いので絶対的なボケ量が足らない。
・AF 1位 ダントツに速い。さすが最新設計。
・価格 3位 まぁ発売日当日だから仕方ないけどシグマの約2倍。
・個人的順位 2位
  F値が2.8、最短撮影距離23cmで良いなら間違いなくコレが正解。
  小型軽量、高速AF、フルタイムMF、手ブレ補正搭載と内容的には無敵。
  誰かに薦めるならコレを選ぶ。

と、いった感じでした。
  
レンズ単体の性能だけで言えば新しいEF28mm F2.8 IS USMがダントツ1位です。
でもいざ買うとなると手持ちの他のレンズ達との役割分担とかも重要になってきます。
個人的には手ブレ補正などの利便性はズームレンズ担当、単焦点レンズは明るさ担当と思ってる。
そしてそれぞれはある程度の距離感があってこそ使い分け、共存が出来る。
CANON EF28mm F1.8 USMは性能的にNGだったけど
CANON EF28mm F2.8 IS USMは廻り合わせが悪かった。
ただそれだけの事さ。

比較テストの写真で公開出来る分をFlickrにUPしました。 →コチラ←

b0213320_1443929.jpg

EOS 5D MARK II / SIGMA 28mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO / F1.8 1/200秒 ISO100 ■

  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px
[PR]
by foxfoto | 2012-06-23 12:50 | ●撮影機材ネタ | Comments(0)