SIGMA DP2 Merrillは白飛びにビビり過ぎる。

撮影時は毎回ヒストグラム表示させてるけど
どうやらDP2MのAEはアンダー目がお好きのようで。
試しに何パターンか安定した環境でグレーカード撮っといて
SPPで露出チェックしたらやっぱり半段~1段ほどアンダーだった。

SPPで現像しててもDP2Mのデータは
オーバーの引っ張り代よりもアンダーの持ち上げ代の方が少ないように感じる。

“白飛びを回避するために-0.3EVで撮る”なんてよく見聞きするけど
DP2Mに関しては+0.3~+1EVぐらいで丁度良い感じ。

↓この細かいチェック柄のシャツもバッチリ解像!!やっぱDP2Mハンパ無い!!  →等倍はコチラ!!←
20120718_02_うしろ姿
SIGMA DP2 Merrill / F2.8 1/200秒 ISO200 ■

20120818_01_渋谷スクランブル交差点
SIGMA DP2 Merrill / F5.6 1/640秒 ISO400 ■

20120718_03_Shibuya 109
SIGMA DP2 Merrill / F5.6 1/50秒 ISO100 ■

シグマ デジタルカメラ DP2 Merrill 4600万画素 シグマ レンズフード LH2-01  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px
[PR]
by foxfoto | 2012-07-18 17:50 | ●撮影機材ネタ | Comments(2)
Commented by 源氏 at 2012-07-19 23:34 x
おぉ、すごい解像度だね。
これで携帯性良いんじゃ、最高じゃないすか。
Commented by foxfoto at 2012-07-19 23:59
>源氏さん
そうなんです!!

........と、言いたい所だけど夜にめっぽう弱いんじゃよ....(;´д`;)