SIGMA DP2 Merrillでオフシューストロボ撮影する方法。

先日シグマDP2M用に買ったEF-610 DG SUPER。
圧倒的な光量でバウンスさせても十分な明かるさを得られるのは良いけど
今度はオフシュー、つまりホットシューからストロボを離して自由にライティングしたくなってきた。

キヤノンやニコンなら方法はいくらでもあるし
純正、非純正ともに色んな周辺機器がリリースされてるけど
シグマのカメラでやろうとすると難しい。
シンクロ端子やスレーブ発光をトリガー出来る内蔵ストロボもないDPシリーズは尚更だ。

シグマ製品への対応をうたう周辺機器が皆無な中で、唯一希望が持てそうな製品が
よしみカメラオフカメラシューコード TTLストレートケーブル MU-55だ。

“MU-55は、ニコン、キヤノン、ペンタックス、オリンパス、フジ等の
ほとんどの一眼レフカメラに1本で使用できます。”
と、シグマ製品への対応は明記されてない。
この点についてよしみカメラに問い合わせてみたところ
“当社では残念ながらSIGMA DP2 Merrillの確認はしておりません。
もしよろしかったら、商品をお貸し出し致しますので、試して頂ければと思います。”

と嬉しいお返事を頂いた。

んで、つい先ほどMU-55が届いたので早速動作確認をしてみたところ
SIGMA DP2 Merrill + EF-610 DG SUPERの組み合わせでバッチリ同調しました!!

コレは素晴らしい。
DP2Mの1/2000秒レンズシャッターGN61のEF-610 DG SUPERMU-55で繋げば
本来大規模な機材とセットが必要なシズル写真とかも超カンタンに撮れちゃうんじゃね!?
と期待が膨らんでいる。

よしみカメラからは他にリーズナブルなソフトボックス等もリリースされてるので
ここら辺とも組み合わせて色々撮ってみます。作例をお楽しみに!

今の気持ちはまさにこんな感じ。
20121006_01_福原愛
SIGMA DP2 Merrill / F2.8 1/125秒 ISO200 ■  →等倍はコチラ←

シグマ デジタルカメラ DP2 Merrill 4600万画素  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
by foxfoto | 2012-10-06 12:50 | ●撮影機材ネタ | Comments(0)