シグマDP2Mでハイスピードシンクロ撮影してみた。

こないだ予告した通り
SIGMA DP2 MerrillEF-610 DG SUPER
そして、よしみカメラから貸して頂いている
オフカメラシューコード TTLストレートケーブルMU-55
スピードライトボックスSB-B66を使って
1/2000秒のハイスピードシンクロ撮影をしてみました。

セッティングは超シンプル。
DP2MとMU-55でつないだEF-610 DG SUPERを
SB-B66の中に入れて背面から発光させただけ。

やっぱ有線は安定してますね。
MU-55は5.5mと十分な長さがあるし
ストレートケーブルなのでコイルケーブルみたく
テンションが掛かってライトスタンド転倒なんて事も無い。
SB-B66も600×600mmと十分なサイズがありながらかなり軽い。
セットのライトスタンドが結構シッカリしてるので高く上げても不安定さはない。

今回はホント“使ってみた”って程度だけど
DP2Mの表現の幅が格段に広がった事は間違いない。
スナップや風景以外にも色んな写真が撮れる。
もっと色々撮ってみます。

※イマイチ迫力が無いので撮り直しました。 →【コチラ】←
20121008_01_Tea Time
SIGMA DP2 Merrill / F5.6 1/2000秒 ISO100 ■  →等倍はコチラ←

シグマ デジタルカメラ DP2 Merrill 4600万画素  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
by foxfoto | 2012-10-08 12:50 | ●撮影機材ネタ | Comments(0)