CANON EOS 6D、EF24-70mm F4L IS USM、EF35mm F2 IS USMを触ってきた。

昨日キヤノンデジタルハウス銀座で開催されてたEOS 6D発売前体験会に行ってきました。
....が、何のことは無い。普通に置いてあるだけでイベント感はゼロ。
5D3の時のような一般向けのお披露目イベント
6Dは開催しなかったのかな?

CANON EOS 6D
 ・5D2ユーザーとしては6Dの小ささ、軽さはかなり衝撃。コレ、ホントにフルサイズ?って感じ。
 ・前面&上面のデザインは5D2をベースにスッキリさせてった印象。
  大きく丸くモリッとした逞しい系の5D3に対して、6Dは細マッチョなハンサム系デザイン。
  全体的には好きだけどペンタ部の稜線のRじりがCANONロゴの両脇で徐変してるのが残念。
  1DXにも5D3にも言えるけどRじりがどんどん広がってって立体が熔けてくような処理は美しくない。
 ・グリップの大きさは60D以上、7D&5D2未満ぐらい。しっかり持てるけど5D3と比べるとかなり小さい。
  普段5D2のグリップに慣れてると若干隙間が空く印象だけど
  手袋をして操作する事が多いこれからの季節には丁度良いかも。
 ・背面の操作系はKissや60Dといったエントリーモデル系と共通のモノ。
  下位グレードからのステップアップには問題ないけど7Dや5D2からの移行だとかなり戸惑う。
  慣れの問題もあるだろうけどマルチコントローラーがサブ電子ダイヤルと同軸の位置だと
  ファインダーを覗きながらAFポイントを移動させる時など親指が届かず持ち替えが必要。
  とっさの時の操作性はマルチコントローラーが独立している7D以上のモデルの方が上。
 ・液晶モニターの左側と下側の空間や張り革(ゴム)の形状が妙に気になる。
  多分だけど元々は60Dと同じバリアングル液晶を搭載する計画でレイアウトを組んでたんだと思う。
  それが途中で仕様変更された。原因は開発途中にD600の情報が入ってきたから、とかね。
 ・シャッター音は5D2や5D3と比べて静かだけど、どっか擦ってるような音であまり好きじゃない。
  5D2が【ぺシャコン!】、5D3が【チャキ!】、とするならば6Dは【コソッ!】って感じ。
  材質が樹脂製だからかもしれないけど5D2や5D3と違ってトップカバー全体から音が響いてくる。
  サイレントモード時の音量は5D3のソレと同等といった印象。
■全体としては60Dや5D2から使える部分を持ってきて小さく軽く安く上手くまとめたなって印象。
 小さく軽く安い事はそれだけで6Dを選ぶ理由だけど
 同時にソレが原因で選択肢から除外する人もいるだろうなと。
 正直俺の中では6Dを触って5D3の株が上がった。やるなキヤノンって感じ。


CANON EF24-70mm F4L IS USM(以後24-70F4)
 ・EF24-105mm F4L IS USM(以後24-105F4)ユーザーとしては良い事だらけってスペック。
 ・24-105F4との重量差70gは殆ど実感出来ないけど全長差14mmの影響は大きい。
 ・例えば5D3(950g)+24-105F4(670g)=1620g
  6D(755g)+24-70F4(600g)=1355gと比較すると265gも違ってくる。
  一日首や肩から下げてたとして、この缶コーヒー1本分の違いは疲れに大きく影響してくると思う。
 ・24-105F4と比べて望遠側が35mm短いけど最短撮影距離は0.45mに対して
  通常モードでも0.38mと短いのでマクロ用途としては望遠側の短縮は影響なし。
 ・マクロモード時の最短撮影距離0.2mってのはフードが被写体に当たるレベル。
 ・マクロモード時の画質も液晶で見る限りはしっかり写ってた。
 ・マクロモードへの切り替えスイッチが小さくて操作性はイマイチ。
■サンプル画像が早く見たいレンズ。
 もし通常モードもマクロモードも問題ない画質なら
 イベント時しか使わない24-105F4と
 家でのブツ撮りにばかり使ってるEF100mm F2.8L MACRO IS USM(以後100マクロIS)の2本を
 24-70F4の1本にまとめるのもアリかなと思えてくる。
 普段100マクロISを使ってても等倍領域まで寄る事は殆ど無いし
 絞りもF16とか平気で使うので絞り開放がF4でも関係ないしね。


CANON 35mm F2 IS USM
 ・正直初めて見た瞬間はデカッ!!っと感じた。
  実際はそうでもないんだけど装着されてたボディが小さい6Dだったって事と
  デザインが似ててより小さいEF24(28)mm F2.8 IS USMを先に知ってたのでそう感じてしまった。
 ・6Dに装着した時のバランスは
  5D3にEF50mm F1.2L USMを装着した時や
  5D2にSIGMA 50mm F1.4 EX DG HSMを装着した時の状態に近い。
  ただしそのどちらよりも小さく軽い。
 ・フォーカスリングの操作感がすこぶる良い。遊びが全く無いしすごく滑らか。MFも楽しめそうなレンズ。
 ・最短撮影距離が0.24mと35mmレンズとしてはかなり寄れるし
  液晶で確認した限りは絞り開放からバッチリ解像してるのでワイドマクロ的な使い方に向いてる。
 ・【35mm画角、開放F2、手ブレ補正】って組み合わせは動画撮影でも活躍しそう。
■発表&発売時期が近く、画角が同じSIGMA 35mm F1.4 DG HSMと悩ましい二択だけど
 装着するボディが小さく、動画も撮る人なら大きく重く手ブレ補正無しのシグマよりもコチラが正解。
 俺は装着するボディが大きく、動画はあまり撮らないのでシグマの方が気になってるけど
 発売したら両レンズを撮り比べてどちらにするか決めるつもり。


....と、いった感じでした。
え?結局6Dは買ったのかって?それはその内分かりますよー。ってか今日の文面で分かっちゃったかな?

■追記■
さっきキヤノンのページ見て確認しました。
本日、ついにEOS 5D MARK II(現行)製品ラインナップから消えて“旧製品”の方へ移動した。
5D3発売から半年以上よく踏ん張ってくれた。
昨日発売4周年を迎えて、今日実質的な後継機の6D発売を見届けて、遂に逝ったんだね。
コレで名実共に旧型モデルになってしまった。寂しい。悲しい。今夜は一杯やりたい気分だ....
20121130_01_TOKYO KOTSU KAIKAN
SIGMA DP2 Merrill / F2.8 1/40秒 ISO200 ■  →等倍はコチラ←

シグマ デジタルカメラ DP2 Merrill 4600万画素  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
by foxfoto | 2012-11-30 17:50 | ●撮影機材ネタ | Comments(0)