Ginza Illumination

5D2が5D2改になって戻ってきて
改めて一眼レフの良さを噛み締めてる。
見やすいファインダー、しっかり握れるグリップ
高速なAF、優れた高感度性能、圧倒的なボケ量
レンズを交換する事で様々な表現が出来る事も魅力的。
撮ってて楽しいのはケータイやコンデジじゃなく、一眼レフだな。
20121210_01_Ginza Illumination
EOS 5D MARK II / 28mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO / F1.8 1/25秒 ISO100 ■

  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
by foxfoto | 2012-12-10 17:50 | ●日記 | Comments(2)
Commented by Joe. at 2012-12-10 22:28 x
>撮ってて楽しいのはケータイやコンデジじゃなく、一眼レフだな。

まったく同感です!
ちょっと意味は違うけど、FoxさんはEVFについてはどう思います??
X-E1気になって触ってみたけど、やっぱりファインダー覗いても生の光景じゃなくて液晶画面を見てる感じって「レフ」には敵わないなって僕は感じました。。
Commented by foxfoto at 2012-12-10 22:54
>Joe.さん
こんばんは!コメントありがとうございます。

EVFの良さは露出やボケ量、WBをリアルタイムでチェックしながら撮れる事ですね。
あと一部のモデルに搭載されてるピーキング機能は明るい単焦点レンズをMFで使う時などに有用です。
逆に動く被写体を撮る場合は表示の遅延やブラックアウトが問題になりますね。

動きモノを全く撮らないならEVFもアリでしょうけど
あらゆる被写体に対応しようとするとまだまだOVFの方が上だと思います。


なーんて理屈じゃなく
結局のところOVFの“見てる”ってリアルさが好きなのかもしれませんけどね(^ー^)