FUJIFILM X100Sに最適なMarkins P20プレートを購入。

FUJIFILM X100SSIGMA DP3Mは基本的に一緒に持ち歩いてるので
三脚を使う時スムーズにカメラをスイッチ出来るようにクイックシュープレートを追加購入。

X100Sは(X-Pro1X-E1もだけど)三脚穴がグリップ側にオフセットされてるので
一般的なプレートだとSDカード&バッテリースロットのカバーと干渉する。
フジフイルムさん、オフセットするなら反対側にして下さいよ。

撮影途中でバッテリーが切れたりメモリーが一杯になった時
いちいち雲台から外して、シュープレートを外して~だと面倒くさいし全く同じ構図に戻すのは困難。
事前に残量チェックをしてもTime Lapseとか星景の長時間&構図ズレ厳禁な撮影だと
予想以上のスピードでバッテリーやメモリーを消費してくからね。

雲台はBENRO B-00自由雲台。シュープレートはPU-40
BENROラインナップの中では最小のプレートなので
同じアルカスイス規格の他ブランド製品を探す。

目を付けたのはMarkinsってブランドのP20ってプレート。
BENRO PU-40の38×38mmに対してMarkins P20は38×26mm。
ネジ位置を変えられるのがポイントでネジ山はPU-40と同じ4mm六角穴。

左からMarkins P20BENRO PU-40Manfrotto 410PL
20130406_01_FUJIFILM X100S + Markins P20 CAMERA PLATE
SIGMA DP3 Merrill / F8.0 0.8秒 ISO200 ■

早速装着。バッチリフィット。そしてスロットカバーもバッチリ開く!バンザーイ!
20130406_02_FUJIFILM X100S + Markins P20 CAMERA PLATE
SIGMA DP3 Merrill / F8.0 1/5秒 ISO200 ■

Markins P20のネジを一番端に寄せた時のプレート外縁からネジ中心までの距離は8mm。
ミラーレスやコンデジなどはコンパクトさ優先で設計されてるので
三脚穴とスロットカバーが近過ぎるモデルも多い。
もし同じ悩みを抱えててアルカスイス規格の雲台を使ってるならP20、オススメです。
  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
by foxfoto | 2013-04-06 12:50 | ●撮影機材ネタ | Comments(0)