SONY a7 & a7Rのライバルとのサイズ比較とか、触ってみた感想とか。

この秋の新モデル発表ラッシュNikon Dfと双璧を成す(よね?)SONY a7 & a7R
(写真メインのボディとしては)初のフルサイズミラーレスって事で各所で話題になってるね。

従来からのソニーA&Eマウントユーザーは勿論
メーカー問わずフルサイズミラーレスを待ってた“資産持ち”も大喜び?
正直個人的には購入候補に入ってこないモデルだけど、いつものサイズ比較画像と一緒に感想でも。

【前面】  【大きいサイズはコチラ】
【New camera comparison of fall 2013】1/8_Front View

【背面】  【大きいサイズはコチラ】
【New camera comparison of fall 2013】2/8_Rear View

【上面】  【大きいサイズはコチラ】
【New camera comparison of fall 2013】3/8_Top View
他にもあるよ。
【センサーサイズ比較】  【大きいサイズはコチラ】
【a7シルエット比較(背面)】  【大きいサイズはコチラ】
【a7シルエット比較(上面)】  【大きいサイズはコチラ】

やっぱこう、パキパキしたクラシックなデザインのペンタ部分に“SONY”ってのは馴染めない。
同じクラシックなデザインでも長年一眼レフを作ってきたNikon Dfや
Olympus OM-D E-M1は雰囲気の出し方が上手い。

…みたいな今までの歴史をベースにした評価じゃなく
純粋にプロダクトデザインとして吟味が足りない。もっとやりようはある。
でもこの大きなセンサーを見ちゃうとそんな事どうでも良くなっちゃう(の?俺はならないけど)。

しかし大きなデバイスを小さいボディに納める事にかけては右に出るものは…アップルぐらいだなw
E-M1のセンサーと比べると縦横2倍、面積は4倍。ボディサイズはほぼ同じなのにね…
20131115_01_SONY a7
EOS 5D MARK II / SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM / F4.0 1/40秒 ISO1000 ■

背面は変な違和感も感じないしRX1なんかに近い感じ。
各ボタンやダイヤルも適切な重みと節度のあるクリック感が心地良い。
操作系のレイアウトも右手側に集約してるしカスタマイズボタンも豊富。良い感じだ。
20131115_02_SONY a7
EOS 5D MARK II / SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM / F4.0 1/40秒 ISO1250 ■

このボディの薄さは流石ミラーレス。ただしグリップ感は微妙。
NEXシリーズと同様大きなグリップで中指〜小指の収まりは良いんだけど
シャッターの位置が手前過ぎて人差し指だけ大きく曲げないといけなくて凄くストレス。
一眼レフのグリップに慣れた手には前ダイヤルの位置にシャッターが欲しくなる。

シャッター音が大きくガサツなのも気になる。
ついでに電子先幕シャッターにするとブレに強くなるみたいだけど
先幕が無音で後幕だけ鳴るとまるで1秒セルフタイマーで撮ってるような気分になる。
例えば電子音鳴らすだけでも良いからシャッター押した瞬間には何かしらのリアクションをして欲しい。
20131115_03_SONY a7 + SONY Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA
EOS 5D MARK II / SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM / F4.0 1/40秒 ISO1250 ■

とまぁ〜小姑の如く細かい事にばかり気が行くのも購入候補に入ってないから。良くも悪くも冷静。
もしオールドレンズ資産を色々持ってたら、きっと今頃はもうスリスリしてる。
イマイチなルックスも使ってる本人の目には入らないしねw

  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
by foxfoto | 2013-11-15 17:50 | ●撮影機材ネタ | Comments(0)