【CP+2014】SIGMA dp2 Quattroのグリップの握り方。

SIGMA dp2 Quattro(dp2Q)のデザインで何が衝撃だったってやっぱりこのグリップ形状でしょう。
SIGMA DP2 Merrill_vs_QuattroDP2(unofficial)
普通は中指から小指の引っ掛かりを重視して前側へ出っ張ってるもんだ。
前側よりも後側の方が出っ張ったグリップなんて初めて見た。
カメラバッグ内の収まり悪そ~とか思っちゃう。

そんなdp2Qの気になるグリップをCP+で確かめてきた。
正直、最初は戸惑った。え…マジかコレ…ど、どーすれば…と。
すると説明員さんが「戸惑いますよね。私も最初はビックリしましたw
dp2Qのグリップはユニバーサルデザイン(UD)になっていて手の小さい人も大きい人も
しっくりくる持ち方が出来る形状なんです。あれこれ考えずに握り易いポジションを探してみて下さい。」
との事。

正直
『説明なしでも直感的に扱える、人の体のカタチに自然にフィットするのがUDなんじゃ…』
とか思ったものの、言われた通り色々試してみて、dp2Qの持ち方が分かってきた。
SIGMA_dp2 Quattro_How to grip
まずは上。一眼レフみたいにグリップが出っ張ったカメラの持ち方。
手の平をグリップ側面に押し付けて前と後からグリップをしっかり握って
側面から人差し指をシャッターボタンへ伸ばす。コレだと角ばっか当たって全然ダメ。

次に真ん中、コンデジやミラーレスみたいなグリップの出っ張りが少ないカメラの持ち方。
中指~小指は下へ寝かせて、親指も横ではなく上へ伸ばす。
一眼レフ的な持ち方よりはフィットするけど背面液晶横の4つのボタンへ指が届かない。
シグマ製カメラの特徴でもあるQS(クイックセット)ボタンが遠いのは致命的。

ってな感じで行き着いたのが下の後側からアプローチする持ち方。
カメラを上から見て右下になる角Rが一番大きい部分を手の平の中心に当てて
親指と中指~小指は先端だけ前後の突起に引っ掛けるようにする。
そして人差し指は右後方からシャッターボタンへ伸ばす。
角が当たる感じも少ないし各ボタンも押し易い。

山木社長のプレゼンでも
「背面液晶を見ながら撮るならグリップは前ではなく後にあった方が握り易い。」
「週末にテスト機を借りて使っているが使えば使うほど手に馴染んでくる。」
「Twitterに使い辛いとか握り辛いとか書くのはちょっと待って頂きたいw」
「2~3日使ってみて『コレいーじゃん!』となってから発言して下さいw」
と言っていたのでまぁ~曲者グリップであるのは間違いないw

発売は夏以降になるというdp2Q、明日のCP+最終日を逃すと半年ぐらい触る機会は無いかも。
是非シグマブースへ立ち寄ってdp2Qの自分に合った握り方を探してみて下さい。
20140215_02_SIGMA dp2 Quattro
RICOH GR Limited Edition / F4.0 1/30秒 ISO100 ■

あと山木社長のQuattroセンサーついてのプレゼンも必見です!
20140215_01_CP+ SIGMA Booth
RICOH GR Limited Edition / F4.0 1/30秒 ISO140 ■

  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
by foxfoto | 2014-02-15 12:50 | ●撮影機材ネタ | Comments(2)
Commented by 通りすがりの吉田カバン at 2014-02-15 21:59 x
握り方も色々ありますね。
私にはさっぱりしっくりくる握り方が分からなかったです。
2-3日使ってみないと分かりませんね。
Commented by foxfoto at 2014-02-15 22:52
>通りすがりの吉田カバンさん
2~3日使ってみるには、買うしかありませんねぇ~( ̄ω ̄)