今日は写真の日。国立競技場とブルーインパルスの写真。

今日は写真の日。写真とは何か?
「写真?作品です」
「写真とは生きる事と同じです」
「“写真”ってのは“真実を写す”と書くようにぃ…」
みたいな恥ずかしい台詞を写真やカメラが好きな人はつい言っちゃう。

でも写真やカメラが特別好きじゃないって人も写真は撮る。
そんな人たちにとって写真とは、記録なんだよね。

滅多に起きない出来事に遭遇したら、記念に記録に残したい。
それまで有った物が無くなる。悲しい。寂しい。せめて記録に残しておこう。
そんな気持ちを持った人たちが昨日、国立競技場周辺に集まった。

ブルーインパルスが東京の空を飛ぶ”という記録を残す人たち。
20140601_02_Flying “Blue” of Tokyo 2014.
RICOH GR Limited Edition / F5.6 1/320秒 ISO100 ■

恐らく今後“旧聖火台”と呼ばれるようになる聖火台も記録に残しておこう。
今後は石巻へ誘致して被災地復興の象徴にする的な話もあるとか…
被災地の人たちがそれで本当に元気が出るなら良いけど
正直、なんか、ソレは違うんじゃね?と思う。
20140601_01_Olympic cauldron of the National Stadium
EOS Kiss X7 / SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM C014 / F8.0 1/640秒 ISO100■



■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
by foxfoto | 2014-06-01 12:50 | ●日記 | Comments(2)
Commented by legacy_bg5a at 2014-06-02 13:33
記録する人々を記録する。がいい感じですね^^
Commented by foxfoto at 2014-06-02 22:49
>legacy_bg5aさん
ありがとうございます。
みんなが揃って同じ体勢をしてるのを見るとつい撮ってしまいますw