SIGMA dp2 Quattro購入!ファーストショットは雨の新宿。

発売日当日の6/27(金)の午前中にはゲットしてたSIGMA dp2 Quattro
気付けば手にしてから三日半も経っての写真UP。出遅れたな~。
3Dプリンターでフードを自作したりしてて遅れました。

カメラ自身のデザインや使い勝手の事、新しくなった現像ソフトの事
書きたい事は山ほどあるけど、やっぱり最初は画質の話。

Foveonセンサーと言えば解像度。それに関しては文句を言う人は居ないでしょう。
でもそれ以外は厳しくて、高感度が使えない、例え低感度で撮っても色が特徴的だったり。
ところが今度のクワトロセンサーは今までFoveonが苦手としてた高感度と色がかなり良くなった。

色味の中で一番手強かったのが赤。DP2MDP3Mもとにかく赤が乱暴。
例えば青や緑が256段階だとしたら赤は16~32段階なんじゃね?って思うレベル。
どす黒く沈んだり、逆に一気に色飽和したり、赤の微妙な階調を出すのが凄く難しかった。

ところがどうだ、真っ白に飛んでばっかだった天敵、赤いネオンがちゃんと写ってる!
20140630_01_Yodobashi Camera
SIGMA dp2 Quattro / F2.8 1/125秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

クワトロセンサーなら赤いクルマも積極的に狙っていける!もうモノクロへ逃げずに済むぞ!(オイ)
20140630_02_MAZDA AXELA SEDAN
SIGMA dp2 Quattro / F2.8 1/200秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

今まで使ってきたFoveon機だとDP2Mはグリーン被り、DP3Mはマゼンタ被りが酷かった。
対してdp2Qはまだ若干グリーンが強いけど色補正し易くなったSPP6を使えば問題なく仕上げられる!
20140630_03_警告
SIGMA dp2 Quattro / F2.8 1/250秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

こんな明るくて鮮やかなパステルカラーはメリルセンサー+SPP5じゃ上手く出せなかった。
解像度に関してもピカイチ。等倍で見るとキャリーバッグ表面のファブリック地までハッキリ分かる!
20140630_04_Colorful Carry Bag
SIGMA dp2 Quattro / F2.8 1/125秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

すご~くシビアに比べるとメリルセンサーとクワトロセンサーの解像度の出し方は変わってきてる。
クワトロセンサー解像の仕方はメリルセンサーのモノクロモードでB100%にした時の解像感に似てる。
モノクロモードのカラーミキサーでB100%にすると一番光が届いてる層の情報から描写するので
クリアでシャープでノイズレス。でも下二層がノイズと戦いならが感じ取った情報は活かされてないので
引きで見るとシャープだけど等倍で見ると情報が足らずにベタッと潰れてる部分が有ったりする。

でもまぁ~その差はFoveon同士を比べて初めて感じる些細な差。
他のベイヤーセンサーと比べればやっぱりしっかりFoveonセンサーの写りだ。
この錆びた鉄板の細かな凹凸、ペンキの擦れ具合、滴り落ちそうな水滴、たまらんじゃないか。
それでいて今まで苦手だった高感度や色味が改善された。カメラとしての使い勝手も
現像ソフトの機能も大幅に進化した。もう何でも撮れる気がしてきたぞ…
20140630_05_駐車お断り
SIGMA dp2 Quattro / F2.8 1/125秒 ISO100■  【等倍はコチラ】





■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
by foxfoto | 2014-06-30 17:50 | ●撮影機材ネタ | Comments(2)
Commented by marbee at 2014-07-01 23:50 x
良い!!
やっぱFoveonの解像感は別次元ですよね。

そして赤が飽和し難くなったと。
元Foveon使いとして赤には悩まされた口なので・・・(゚A゚;)ゴクリ
Commented by foxfoto at 2014-07-02 02:36
>marbeeさん
お久しぶりです!やっぱり“赤”ですよねぇ…(汗)
直ぐ色飽和するくせにSPPでは特定の色だけ補正する事が出来ず
他の色とのバランスをとるのに本当に苦労してきました。
(後半はもうモノクロに逃げてましたw)

今回のクワトロセンサー、色に関しては本当に素晴らしい出来です。
またFoveon使いに復帰しませんか?(^^)/