SIGMA dp2 Quattro用フードを3Dプリンターで自作してみた。

昨日に引き続き今日もSIGMA dp2 Quattroでの新宿スナップ。
メリルセンサーのDP3Mやフルサイズベイヤーの5D2との比較も気になる。
今後ちゃんと比較テストしてみるつもりだけど、まずはdp2Q単体での写真を中心に。
何度も言うけどホント発色良くなった。各色の強弱のバランスが整ったって表現が正しいかな。

でもたまに『あれ?』って描写してる所もある。
この写真の右側中央、水色バックに白文字で“上越新幹線 東京都区内発着”って書かれてる部分と
“青春18きっぷ 値段は問い合わせください。”って書かれてる部分に挟まれた部分
紺色バックに赤文字で何か書かれてるんだけど、全く読めない…
今度本当にこう書かれてるのか確かめてみよう。
20140701_01_Ticket shop
SIGMA dp2 Quattro / F2.8 1/250秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

メリルセンサーと違ってベース感度がISO100になったのも個人的に嬉しい変更点。
ベース感度がISO200なDPメリルだと昼間に開放で撮りたい時に困る。
白飛びするのを覚悟でISO200で撮ってSPPで減感させるか
ダイナミックレンジが狭いのを承知でISO100か
そんな葛藤に揺れる時もあったりした。
クワトロセンサーでは1段増感した感度になるISO200。当たり前だけど全然余裕。
20140701_02_Jesus Christ
SIGMA dp2 Quattro / F2.8 1/60秒 ISO200■  【等倍はコチラ】

昨日の5枚も今日の5枚もカラーモードは全てスタンダード。
SPP6で少しマゼンタ方向に補正してるけど今までと比べたら楽に好みの色が出るようになった。
20140701_03_fresh verdure
SIGMA dp2 Quattro / F2.8 1/80秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

この日は朝から結構な雨だった。
手前のベンツはクッキリ、奥のビルはもんやり、奥行きのある画だ。
20140701_04_Mercedes-Benz CLA-Class
SIGMA dp2 Quattro / F2.8 1/400秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

黒潰れ寸前の荒れ方も白飛び寸前の粘りもメリル世代よりも俄然良くなってると思う。
20140701_05_Roadside tree
SIGMA dp2 Quattro / F2.8 1/60秒 ISO160■  【等倍はコチラ】

さて、ここからが本日のメイン。
ツイッターの方で先にアレコレ呟いてたけど
3DプリンターAFINIA H479で現在dp2Q用のフードを製作中。

純正フードがあのサイズと形状になっちゃったのは
レンズ鏡筒に設置されたAF補助光の光を遮らず、dp1~3Qでフードを共用する事を優先した結果。
メーカーとしては正しいけど、ユーザーとしては大きく嵩張るくせに遮光性能が低くて
遮光板というよりも衝撃を吸収するバンパーとしてのパーツという印象。

個人的にはもっと小さくて遮光性能に優れたフードが欲しかった。
一先ずカタチになってきたのでツイッターにUPしたら結構良い感触が得られた。
明日から装着してテスト撮影して、必要があれば形状を微調整。
それが終わったら実際に販売してみようと思います。

まずは春にレンズを売ったみたいにこのブログやツイッターを通しての手売りになると思われます。
詳細はモノが完成してからまた改めて書きますので続報をお楽しみに~。
b0213320_1115984.jpg
※2014/07/08追記
完成しました!その名も【つけっぱなしフード】販売も開始してます!





■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
by foxfoto | 2014-07-01 17:50 | ●モノ作り | Comments(5)
Commented by Y.Yoshizawa at 2014-07-03 19:32 x
参考になりました。
フードですが、伸びちじみ式のフードだったら10000円でも
買います。
径が大きくなるのは問題ではありません。
要は嵩張らないで鞄中に入ればOKです。
期待しております。(キット売れると思います)
Commented by foxfoto at 2014-07-03 23:01
>Y.Yoshizawaさん
初めまして、コメントありがとうございます。

フードに関するアドバイスもありがとうございます。
1万円でも買うですって?本当に作っちゃいますよ?w
でもそういった要望に対して小回りを効かせて応じられるのも
3Dプリンターを使ったモノ作りのメリットです。

希望の形状(機構)やサイズによって価格や納期も変わりますし
そもそも3Dプリンターで製作出来るのかどうかも含めて
宜しければ相談に乗らせて頂きますよ~(^^)/
Commented by 3383jiji at 2014-07-13 08:13 x
はじめまして、3383jijiといいます。
そちらのブログ拝見させてもらっています。
シグマのdp1mと3mを持っています。
シグマのカメラでひとつ質問があります。
dp1mと3mを使っているとストレスを感じます。
それは、撮ったものがちゃんと撮れているかが
わからないということです。
液晶画面からは、判別できません。
皆さんは、必ずDPを使う場合は、三脚を使用しているのでしょうか。
ある方から、そのようにアドバイスしていただきました。
カメラは、初心者に近いのですが、DPの表現力は
私は好きです。
言葉足らずですが、アドバイス頂ければ幸いです。
よろしくお願いします。
Commented by foxfoto at 2014-07-13 14:00
>3383jiji さん
初めまして。
コメントありがとうございます。

私もDP3Mを使ってますし、既に手放してしまいましたがDP2Mを使っていたので良く分かります。
DPを使う時は必ず三脚を使うのか?との質問ですが、私の場合はNOです。殆ど使いません。
ご覧の通り私は街中でフラフラと撮り歩くのが好きなので三脚は使い(使え)ません。

DPはAFもそれほど速くなく、手ぶれ補正もなく、高感度は全く使えず、カリカリに写る、というワケで
手ぶれやピンぼけにはとてもシビアですが、三脚が無いとまともに撮れないようなカメラとも違います。
ラフに扱ったり、しっかり構えて撮らなかったりがそのまま結果に出るカメラ、という印象です。

失敗を恐れず沢山撮って結果をちゃんとチェックしていけば(まぁ~SPPの遅さがそれを邪魔しますがw)
どう撮れば失敗を防止出来るかが見えてくると思います。

不便の多いカメラですがカメラの扱いや露出の基本を学ばせてくれるカメラだと思って
沢山撮って、沢山失敗していきましょう。

なんて、偉そうな言い方で申し訳ありませんが、DPに対する私の考えはそんな感じです。
Commented by 3383jiji at 2014-07-14 04:22
おはようございます。
ありがとうございます。このシグマのDPMを使って撮られている方の写真を見ていますと憧れてしまいます。
まあ、私に腕がないことわかっていますが、これからはたくさん撮って、失敗してこのカメラに挑戦して行こうと思っています。
そう簡単には、行かないと思いますが、
いろいろなアドバイスありがとうございました。