3Dプリンターで作るカメラアクセサリー第2弾!SIGMA dp Quattro用のびる液晶シェード!

第1弾のつけっぱなしフードに続く
3Dプリンターで作るカメラ&レンズアクセサリー第2弾!
SIGMA dp Quattroシリーズ専用、のびる液晶シェード完成!&販売開始です!

第1弾は雨の多い梅雨に出した雨粒等から効果的にレンズを守るつけっぱなしフード。
第2弾は強烈な真夏の太陽から効果的に液晶を守るのびる液晶シェードというワケだ。
いや~、dp Quattroほど液晶シェードを装着するのに適した形状のカメラは無いね!

では特徴を説明していきましょう。
■その名の通り伸縮機能を持たせた事でコンパクト性と遮光性を両立。
 撮影状況に応じて遮光性と液晶の視野角を調整出来ます。
■一般的な液晶シェードと違い液晶を隠さないのでシェードを跳ね上げる動作が不要。
 速写性を阻害せずシャッターチャンスを逃しません。
■電源ONから撮影可能状態までの間に片手で素早く伸縮出来る操作感に調整しました。
■その他ホットシュー、三脚穴、SDカードスロット、ストラップホール、画像再生ボタン等
 隣接する機能・操作系と干渉しないサイズ・形状なのでカメラの操作性をスポイルしません。 
20140804_04_SIGMA dp Quattro用のびる液晶シェード

■一般的な液晶シェードと違い壁が遠く斜めなので視野角が広く斜めからでも液晶を確認出来ます。
■液晶と同様カードアクセスランプも壁の内側にあるので日差しの影響を受けず視認性が向上します。
■壁が上辺と左右だけの一般的な液晶シェードと違い下辺も含む全周を囲っているので
 日出や日没時の様に横から強い光が差し込む状況でカメラを縦に構えても液晶に光が差し込みません。
 グリップが上でも下でも、光が右から来ても左から来ても、液晶のクリアな見え方を確保します。
20140804_03_SIGMA dp Quattro用のびる液晶シェード

■ストラップを使いカメラを首から下げた時にグリップ後端だけが腹に当たる不快感を和らげます。
■グリップ後端の十字キーよりも若干高いので上を向かせた状態でカメラを置けます。
 地面やテーブルの上に安定してカメラを置けるので、空や天井の撮影が容易になります。
 (販売状態で正確に真上を向く事は保証出来ません。
 正確に真上を向かせたい場合ヤスリ掛けによる微調整が必要になる事があります。)
20140804_02_SIGMA dp Quattro用のびる液晶シェード

■カメラとの装着方法は両面テープを使用します。
■特殊かつ強力な物ではなく一般的な両面テープを採用しました。
 もし粘着力に不足を感じる場合は両面テープの種類を変更してみて下さい。
 ただし両面テープを変えた事で液晶保護フィルム(ガラス)やカメラ本体の液晶に問題が生じても
 責任は負えませんので粘着力の強過ぎるテープの使用はお勧めしません。自己責任でお願います。
 (開発期間中、Deffの液晶保護ガラス越しの脱着は数十回行っておりますが
 保護ガラスが剥がれたりキズが付いたり等の問題は発生しておりません。)
20140804_01_SIGMA dp Quattro用のびる液晶シェード

純正カメラケースHC-21とは液晶左下部分が干渉するため同時装着は出来ません。ご注意下さい。
HC-21ユーザーの方は同時装着、同時使用出来る対策仕様、FDS-dpQ2をお求め下さい。
20140804_05_SIGMA dp Quattro用のびる液晶シェード
といった具合です。

個人的に良くある一般的な液晶シェードや液晶用ファインダーは確かに効果的に日差しを遮るけど
視野が狭くなり過ぎてアングルの自由さが奪われるし縦に構えた時横からの日差しに弱い。
のびる液晶シェードは開口部が広いのでアングルの自由度を(あまり)狭めません。
撮る度にパカッと蓋を開けて液晶を見えるようにする必要もありません。
サイズ的には大きいけどdp Quattroは背面がえぐれてるので
全体的なサイズの拡大は最小限に抑えられてます。

正直開発は前回のつけっぱなしフードよりも手こずりました(汗)
2部品同時出力によって出力レイアウトと出力設定のバリエーションは増えまくり。
つけっぱなしフード比で出力時間が倍近くに膨れ上がり四隅は反り上がる。
出力時の土台となるFR4ボードが真っ二つに割れる、などなど…
まぁ~どれもこれも良い経験。今後に活かします。


【SIGMA dp Quattro用のびる液晶シェード FDS-dpQ1】【 5800円 】
の購入をご希望の方は詳細説明をご確認の上
【氏名、郵便番号、住所(発送先)、希望アクセサリー名、カラー(黒)、注文数、希望発送方法】
などを記入してコチラのアドレスまでご連絡ください。 → order.foxfotofactory@gmail.com

■発送方法・送料
 ・注文品はレターパックライトorレターパックプラスにて発送いたします。
 ・レターパックライトにて発送の場合の送料 → 360円
 ・レターパックプラスにて発送の場合の送料 → 510円
 ・注文品合計金額が5000円以上であれば国内に限り送料無料にて発送いたします。

 ・レターパックライトはポストへの配達、レターパックプラスは対面での配達となります。
  在宅状況などに合わせてご希望の発送方法をお選びください。
 ・注文品の内容・個数によりレターパックライトの規定【厚さ3cm以内】に収まらない場合は
  自動的にレターパックプラスでの発送とさせていただきます。

■支払方法
 ・支払い方法は三菱東京UFJ銀行口座への振込みとなります。
 ・振込手数料は別途お客様のご負担となります。
 ・ご注文メール確認後、振込み先口座などを返信いたします。
 ・入金履歴順に出力・発送し、追跡番号をメールいたします。


それではご注文、お待ちしております。


※2014/08/18追記
■シグマ純正カメラケースHC-21と同時装着、同時使用出来るFDS-dpQ2の販売を開始しました。
■CAMEOTA.comさまで紹介されました。
 【SIGMA dp2 Quattro用「のびる液晶シェード」折りたたんでも液晶を使用可能!!】



※2016/01/06追記
価格・カラーバリエーション・発送方法などを最新の情報に更新しました。


※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第1弾 dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第2弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第3弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード改
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第4弾 DPメリル用フードセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第5弾 dp1Q&dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第6弾 THETA&THETAm15用スタンド
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第7弾 DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第8弾 SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第9弾 SIGMA dp3Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第10弾 dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第11弾 DPメリル用LVF-01ブラケット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第12弾 EF50F1.8STM用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第13弾 SIGMA dp0Q用つけっぱなしフード





■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
by foxfoto | 2014-08-04 17:50 | ●モノ作り | Comments(0)