RICOH THETA m15発売!初代&新型シータ用スタンド販売開始!

お待たせしました。10月に中野サンプラザで開催されたフォトフェスでの先行販売から約一ヶ月
昨年発売された初代RICOH THETAと本日発売の後継機THETAm15用スタンド、販売開始です!

シータは手軽に360度の全方位を記録出来る最高に面白いガジェット(カメラ)だけど
その機能を実現するが為に二つの魚眼レンズがボディよりも飛び出しているというミラクル形状。

全てのシータユーザーは二つのグループに分けられる。
シータを倒してレンズにキズを付けてしまい涙を流すグループと
シータを倒したけど辛うじてレンズにキズが付かず冷や汗を流すグループだ。
シータは転倒=レンズにダメージが及ぶ。そのリスクは外で撮ってる時だけとは限らない。
家で充電やデータ転送の為に底面にUSBケーブルを指してる時でさえ常に転倒のリスクが付きまとう。

今回リリースするシータ用スタンドはそんなリスクとストレスから解放してくれるアイテム。
20141114_01_RICOH THETA & THETAm15用スタンド
ご覧の通り。縦に挿せば簡易的な三脚代わりとして安定してシータを立たせる事が出来ます。
コレで『倒れたらレンズにキズが…そぉ~っと、そぉ~っと置かなきゃ…』なんて心配から解放されます。

上記したようにシータは充電時やデータ転送でPCと繋ぐ時は底面にUSBケーブルを挿す。
残る平面は両側面、充電状態を確認する為には電源&Wi-FiボタンとLEDがある面を上にしたい。
でもUSB端子のカバーが邪魔して立たせられない。逆に向けたら充電状態が見えない…ぐぎぎぎぎぎ…
な~んてイライラともおさらば。このスタンドは横にしてもシータを備え付けられる形状です。
20141114_02_RICOH THETA & THETAm15用スタンド

更に更に!スタンド底面にはシータ本体の三脚穴に通じる穴が空いてるので
スタンドを装着した状態で純正ストラップアダプターや三脚、一脚が装着可能です!
首からストラップで下げた時もスタンドがあればレンズが身体に直接当たる事も減らせます。
※注意※
開口部寸法は直径9mm。穴の外周部、直径13mmまでは厚さ1mm、それよりも外側は厚さ2mmです。
取り付ける器具のサイズや形状、三脚ネジの長さや形状によっては取り付けられない場合があります。
20141114_03_RICOH THETA & THETAm15用スタンド

続いてはカラーバリエーションについて。
今まで製作してきたモノはレンズフードや液晶シェードばかりだったのでブラックのみだったけど
今回初めての試みとして使用フィラメントの色を変える事によるカラバリ展開をしてみる!
新型のシータm15からの新色や純正ストラップアダプターの色とは対応してません。
初代シータと殆ど同じホワイト、アプリ等のテーマカラーに使われてるグリーン
無難なブラックは数が出そうだけど本体が白ならどれでも合うと思います。


最後に
『こんなスタンド付けたらガッツリ写り込んじゃうじゃん!』と、お思いの方々へ。
はい。ガッツリ写り込みます(キリッ)。でも、この“写り込む部分”も使い方によっては色々遊べる。
例えばこないだの入間航空祭の時はこんなシートを作って貼り付けてみた。
b0213320_1152499.jpg
※現在エキサイトブログはシータの写真を貼り付けられないため止む無くキャプチャー画像。
→オリジナルはコチラ←

他には各種サービスで使用してる自分のアイコンのシートを貼り付けてみたり。
b0213320_1232840.jpg
→オリジナルはコチラ←

結婚式や旅行等の特別なイベントの時はそれに関するモノを貼り付ければ記念になるし。
シートじゃなくフチ子さんみたいな小さなフィギュアを乗せても面白いかも。
自分のアイコンやメッセージを記して無断転用を防止しても良い。
ここは撮影者のアイデアをちょい足しする自由な空間。

シータは360度全てを記録出来るのが面白いけど、それ故に普通のカメラの様に
画角や構図、ボケを使った表現、撮影者の意図を現し伝える事が難しいカメラでもあると思う。
ともすればどこで誰が何を撮っても同じに見えてしまう事もあるだろう。
それでは撮る側も見る側も直ぐに飽きが来てしまう。

シータはユーザー自身のアイデアが集まってどんどん発展してきたガジェットだと思う。
このスペースをどう使うか、どこで何を撮るか、“何を写り込ませるか”は皆さんのアイデア次第です。

もしもの時のリスクを回避し普段使いでのストレスを低減する。
更に新しい使い方も出来そうなこのスタンドがあればシータライフが変わるかも。


【RICOH THETA & THETAm15用スタンド FCS-RT01】【 3100円 】
の購入をご希望の方は詳細説明をご確認の上
【氏名、郵便番号、住所(発送先)、希望アクセサリー名、カラー(黒)、注文数、希望発送方法】
などを記入してコチラのアドレスまでご連絡ください。 → order.foxfotofactory@gmail.com

■発送方法・送料
 ・注文品はレターパックライトorレターパックプラスにて発送いたします。
 ・レターパックライトにて発送の場合の送料 → 360円
 ・レターパックプラスにて発送の場合の送料 → 510円
 ・注文品合計金額が5000円以上であれば国内に限り送料無料にて発送いたします。

 ・レターパックライトはポストへの配達、レターパックプラスは対面での配達となります。
  在宅状況などに合わせてご希望の発送方法をお選びください。
 ・注文品の内容・個数によりレターパックライトの規定【厚さ3cm以内】に収まらない場合は
  自動的にレターパックプラスでの発送とさせていただきます。

■支払方法
 ・支払い方法は三菱東京UFJ銀行口座への振込みとなります。
 ・振込手数料は別途お客様のご負担となります。
 ・ご注文メール確認後、振込み先口座などを返信いたします。
 ・入金履歴順に出力・発送し、追跡番号をメールいたします。


それではご注文、お待ちしております。


※2015/11/16追記
新しく発売されたTHETA Sは全体的に大型化されているので
このTHETA & THETA m15用スタンドを使用する事は出来ません。ご注意下さい。



※2016/01/06追記
価格・カラーバリエーション・発送方法などを最新の情報に更新しました。


※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第1弾 dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第2弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第3弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード改
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第4弾 DPメリル用フードセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第5弾 dp1Q&dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第6弾 THETA&THETAm15用スタンド
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第7弾 DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第8弾 SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第9弾 SIGMA dp3Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第10弾 dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第11弾 DPメリル用LVF-01ブラケット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第12弾 EF50F1.8STM用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第13弾 SIGMA dp0Q用つけっぱなしフード

  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
by foxfoto | 2014-11-14 17:50 | ●モノ作り | Comments(6)
Commented by どうも at 2015-11-02 14:12 x
これTheta Sにはちょっとキツイでしょうか?
Commented by foxfoto at 2015-11-04 12:14
どうも さん
コメントありがとうございます。
Theta Sはまだ一度も手にしてないので今度試してみますね。
もう少々お待ち下さい。m(_ _)m
Commented by foxfoto at 2015-11-16 22:39
どうも さん
大変お待たせしてしまい申し訳ありませんでした。
本日カメラ屋さんで製作した製作したシータ用スタンドが
新しいTHETA Sで使えるかを試してみましたが、使用するのは出来ませんでした。
パッと見色が変わっただけと思っていましたが全体的に大型化してるのですね。
今すぐとはいきませんが今後THETA S用のスタンドも製作予定です。
もう少々お待ちいただければ幸いです。
Commented by どうも at 2015-11-18 09:40 x
楽しみにしています!ありがとうございます!
Commented by 通りがかり at 2016-01-04 02:28 x
THETA S用スタンドはまだでしょうか?
(^^;
Commented by foxfoto at 2016-01-05 00:05
>通りがかり さん
コメントありがとうございます。
お待たせして申し訳ありません。
私自身はTHETA Sは所有していないのですがTHETA S用のスタンドを希望する声は多数届いておりますので
今後THETA Sをお貸し頂く協力者を募り、それを元にTHETA S用スタンドを製作する予定です。
THETA用をベースに機能はそのままでサイズを変えるだけですので
手元にTHETA S本体が届けば1週間弱ほどでデータ製作・試作・完成・リリース出来ると思われます。
が、今はちょっと時間が足りず作業に掛かれない状況です。
時間が出来ましたらこのブログやツイッター等でTHETA Sをお貸し頂ける協力者を募る予定です。

それまで今しばらくお待ちいただければ幸いですm(_ _)m