3Dプリンターで作るカメラアクセサリー第10弾!SIGMA dp3Q+FT-1201用フードアダプター

お待たせしました。
SIGMA dp3 Quattro & FT-1201発売から一ヶ月弱もかかってしまい申し訳ない。

FT-1201にフードを取り付けようとしたら汎用品の金属フードやラバーフードをチョイスするしかない。
金属フードは逆付けが出来ないし、ラバーフードは形状が不安定だ。
なによりネジ山を使った脱着は時間が掛かる。
今回はその解決策を提案。

FT-1201用フードを製作しようとしてハードルだったのは先端が
フィルター装着用のネジ山だけでフードを取り付ける用のバヨネット形状が無い事。
色々と便利な3Dプリンターだけど、手持ちの機材と使用するABS樹脂でネジ山を再現するのは難しい。

う~ん…そうだ!無いなら付け加えてしまえば良いじゃないか!
バヨネット形状のアダプターをFT-1201の側面に装着すればスピーディーに脱着出来て
収納時は逆付けしてスペースを取らないフードが作れるぞ!

と、アダプターとフード両方自作する方向で製作開始したものの
今まで作ってきたフィルター径49~58mmクラスのフードと比べると
FT-1201用のフードは67mm+αと大口径。しかも中望遠画角で高さも必要。
仮に3000円で売ってるつけっぱなしフードと同じようにコストを計算していくと
アダプターとフードとで1万円以上になっちゃう事に…

実売10万円弱のdp3Qユーザーの内
実売2万円弱のFT-1201を購入する人はどれぐらい居るだろう?
更に何処の誰とも分からない素人が作ったフードに1万円以上払ってくれる人が居るだろうか?

うん。Noだ。絶対No。いくらなんでも現実的じゃない。
という事でフード自体は市販品の中から合いそうなモノをチョイスして
ソレとFT-1201を合体させられるアダプターを製作しようじゃないか!という方向に変更。

■シグマ製交換レンズ用のフードである事。
■フィルター径67mmのFT-1201にアダプターの厚みが足される事を考慮して
 フィルター径72mm以上の交換レンズ用フードである事。
■dp3Q+FT-1201の換算90mm画角に近いレンズのフードである事。
■dp3QへのFT-1201の装着方法がネジ山式なので角度が毎回同じではない。
 花形フードだとその時々でケラレる場合があるので筒型形状のフードである事。
■直ぐにディスコンにならなそうな比較的新しいレンズ用のフードである事。

という条件で探していった結果合いそうだったのが(というか他に無かった。)
APO MACRO 150mm F2.8EX DG OS HSM用フード、LH780-05だった。
早速注文。ケラレないギリギリの位置に装着出来るようアダプターの形状を調整。

はいドーン!完成!コレがLVF-01も含めたdp3Qのフル装備バージョンじゃー!
20150409_04_SIGMA dp3 Quattro + FT-1201 + Original hood adapter
さすが“SIGMA”とロゴが入ってるとビシッと決まるね!
え?デカい?ま~だそんな事言ってんの?毒を喰らわば皿までですぜ旦那!w

20150409_02_SIGMA dp3 Quattro + FT-1201 + Original hood adapter
フードを外すとこんな感じ。さすが150mmレンズ用フード、先端に装着するとがっつりケラレた。
ケラレないギリギリの位置まで装着位置を後退してった結果がこの位置。
有りモノを流用するしか無かったので仕方ない。
この方法にした事で8~9000円する予定だったフードが1600~1800円に抑えられるのだから。

20150409_03_SIGMA dp3 Quattro + FT-1201 + Original hood adapter
逆付けするとこんな感じ。LVF-01のブラケットと干渉する事もありません。

20150409_01_SIGMA dp3 Quattro + FT-1201 + Original hood adapter
全部バラすとこんな感じ。
※フードアダプターは両面テープを使って装着するので頻繁な脱着には向きません。

取付方法と位置決めにコツが必要なので、動画で説明します(鼻息荒くて失礼w)。

こんなフードアダプターです。


【SIGMA dp3 Quattro+FT-1201用フードアダプター】【 3700円 】
の購入をご希望の方は詳細説明をご確認の上
【氏名、郵便番号、住所(発送先)、希望アクセサリー名、カラー(黒)、注文数、希望発送方法】
などを記入してコチラのアドレスまでご連絡ください。 → order.foxfotofactory@gmail.com

※LH780-05フードは付属しません!別途お買い求め下さい!

■発送方法・送料
 ・注文品はレターパックライトorレターパックプラスにて発送いたします。
 ・レターパックライトにて発送の場合の送料 → 360円
 ・レターパックプラスにて発送の場合の送料 → 510円
 ・注文品合計金額が5000円以上であれば国内に限り送料無料にて発送いたします。

 ・レターパックライトはポストへの配達、レターパックプラスは対面での配達となります。
  在宅状況などに合わせてご希望の発送方法をお選びください。
 ・注文品の内容・個数によりレターパックライトの規定【厚さ3cm以内】に収まらない場合は
  自動的にレターパックプラスでの発送とさせていただきます。

■支払方法
 ・支払い方法は三菱東京UFJ銀行口座への振込みとなります。
 ・振込手数料は別途お客様のご負担となります。
 ・ご注文メール確認後、振込み先口座などを返信いたします。
 ・入金履歴順に出力・発送し、追跡番号をメールいたします。


それではご注文、お待ちしております。


※2016/01/06追記
価格・カラーバリエーション・発送方法などを最新の情報に更新しました。


※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第1弾 dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第2弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第3弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード改
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第4弾 DPメリル用フードセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第5弾 dp1Q&dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第6弾 THETA&THETAm15用スタンド
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第7弾 DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第8弾 SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第9弾 SIGMA dp3Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第10弾 dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第11弾 DPメリル用LVF-01ブラケット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第12弾 EF50F1.8STM用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第13弾 SIGMA dp0Q用つけっぱなしフード



■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
by foxfoto | 2015-04-09 20:00 | ●モノ作り | Comments(0)