カテゴリ:●モノ作り( 51 )

今日はSIGMA sd Quattro Hの発売日。昨日公開されたSPP6.5SCP1.3と合わせて
TwitterではHなIYH祭り状態。この波を、逃す手はない!便乗じゃぁぁあああ~!
というワケでsdQ発売直後のほぼ出来上がってたけどリリースしてなかった
sdQ/sdQH+PG-41用バッテリー型SDカードホルダー販売開始です!

20161220_04_SIGMA sd Quattro / sd Quattro H 用バッテリー型SDカードホルダー

三層分の情報を内包したFoveonセンサーのX3F形式のファイルサイズは出力画素数が同等の
一般的なベイヤーセンサーのRAWデータと比べると大きい。sdQよりも画素数の多いsdQHでは
ファイルサイズは大きくなるし新たに搭載されたDNG保存を使うとファイルサイズは更に倍増する。
予備のSDカードの枚数を増やしたりより大容量のカードに替えたって人も多いんじゃないかな。

同時にFoveonセンサーは燃費も余り良くないので予備バッテリーの携帯が必須。
撮影可能枚数の倍増とグリップ形状の改善、縦位置撮影時の使い勝手向上などを目的に
sdQ/sdQH専用パワーグリップPG-41を購入して使ってる人も多いでしょう。俺も使ってる。
でもグリップ形状の改善や縦位置撮影時の使い勝手向上は良いんだけど、バッテリー3本全て挿すと
なかなかの重さになっちゃうので普段はカメラ内にはバッテリーは入れず、PG-41内の1本だけで使ってる。

そしてPG-41の惜しい点はカメラとの接続端子カバーを収納する場所が無い事。
カメラ側の接続端子カバーの収納場所は確保されているのに…小さい端子カバー、無くしたら
カメラとPG-41を分解して持ち歩く時に端子が剥き出しになっちゃう…こういう細かい心配事は無くしたい。

20161220_01_SIGMA sd Quattro / sd Quattro H 用バッテリー型SDカードホルダー

そんな心配事を解消しつつ使い勝手も向上させるべく、予備のSDカードと端子カバーを
まとめてPG-41のバッテリースペースに収納しちゃうのが今回リリースする
sdQ/sdQH+PG-41用バッテリー型SDカードホルダーというワケ。

20161220_03_SIGMA sd Quattro / sd Quattro H 用バッテリー型SDカードホルダー
軽量に出来てるけど画像の位置(↑)でPG-41内の白いロックレバーが引っ掛かるようになってるので
バッテリースペース奥のバネに押されて飛び出す事もなくSDカードや端子カバーを取り出し易い。
逆にSDカードや端子カバーを挿し込む時はそのまま押し込めばロック解除されて奥まで入る。


20161220_02_SIGMA sd Quattro / sd Quattro H 用バッテリー型SDカードホルダー

PG-41は防塵防滴仕様になってるのでバッテリースロット外周にはシーリングが施されてる。
大切なSDカードを収納するのに最適な場所だし、常にカメラ内に予備のSDカードが入ってれば
SDカードケースをついうっかり忘れて撮影が止まっちゃうって事もない。3Dプリンターで出力した
ABS樹脂製なのでSDカード2枚と端子カバーを挿入してもバッテリー1本よりも軽くて負担にならない。

20161220_05_SIGMA sd Quattro / sd Quattro H 用バッテリー型SDカードホルダー
カラバリは使用するAFINIAプレミアムABSフィラメントに設定のある黒の6色を用意しました。
なんだかんだで黒が人気だろうけどフードと違って色が機能に影響しないパーツなので好みの色をどうぞ。
色付きの方がぱっと見でバッテリーと見分けがつくし薄暗い状況でもSDカードがちゃんと見えると思う。


SIGMA sd Quattro / sd Quattro HにPG-41を装着して使ってる皆様、おひとついかがですか?


=================================================

【SIGMA sd Quattro/sd Quattro H + PG-41用バッテリー型SDカードホルダー】【 2500円 】

購入をご希望の方は詳細説明をご確認の上
【氏名、郵便番号、住所(発送先)、希望アクセサリー名、希望カラー、注文数、希望発送方法】
などを記入してコチラのアドレスまでご連絡ください。 → order.foxfotofactory@gmail.com

■発送方法・送料
 ・注文品はレターパックライトorレターパックプラスにて発送いたします。
 ・レターパックライトにて発送の場合の送料 → 360円
 ・レターパックプラスにて発送の場合の送料 → 510円
 ・注文品合計金額が5000円以上であれば国内に限り送料無料にて発送いたします。
 ・レターパックライトはポストへの配達、レターパックプラスは対面での配達となります。
  在宅状況などに合わせてご希望の発送方法をお選びください。

■支払方法
 ・支払い方法は三菱東京UFJ銀行口座への振込みとなります。
 ・振込手数料は別途お客様のご負担となります。
 ・ご注文メール確認後、振込み先口座などを返信いたします。
 ・入金履歴順に出力・発送し、追跡番号をメールいたします。

■その他・備考
 ※当アクセサリーは3Dプリンターによる一体成形品のためSDカードを保持する用の可動パーツなどを
  用いた明確なロック機構はありません。抜き挿し時はSDカードの紛失にお気を付け下さい。
 ※SDカードはSanDisk製SDカードで検証しており、出力した全数のフィッティングテストをしてから
  発送しますが、使用するSDカードのブランドによっては抜き挿しがキツかったりユルかったり
  する場合があります。試作段階で各社のSDカードを試しましたが微妙に寸法が違いました。
  キツイ場合はサンドペーパーで擦ったり、ユルイ場合はSDカード挿し込み内部にテープを貼るなどして
  微調整してからご使用ください。フィッティングが適切でない状態で使用するとSDカードが破損したり
  知らぬ間に紛失したりといったアクシデントに繋がります。当方は責任は取れません。お気をつけて。

 ※遅くとも注文メールの翌日中までには上記Gmailアドレスから振込み先口座などを返信しておりますが
  Gmailドメインを受信拒否設定されていたりしてコチラから返信できない場合が希にございます。
  お手数ですが予めGmailドメインの受信拒否設定を解除の上でご注文いただけると幸いです。
  注文メール送信から2日以上経っても返信メールが届かない場合はこのブログのコメント欄に
  返信が来ない旨を書き込んでいただくか、Twitterへご連絡下さい。
 ※選択カラーはAFINIA純正プレミアムABSフィラメントに設定のある【黒】の6色となります。
 ※遮光性能が重要となるアクセサリーの場合は無難ですが黒を選択される事をオススメいたします。
  黒以外のカラーで出力した場合、遮光性能の低下、色被り、AWBへの悪影響、などが発生する
  可能性が考えられます。黒以外のカラーを選択した場合は
  機能部品としてではなくドレスアップパーツとしてお楽しみ下さい。
 ※ご注文メールに色指定の記載が無かった場合は【黒】で出力させていただきます。
 ※ご注文メールに希望発送方法の記載が無かった場合はレターパックライトで発送させていただきます。
 ※注文品の内容・個数によりレターパックライトの規定【厚さ3cm以内】に
  収まらない場合はレターパックプラスで発送させていただきます。

それではご注文、お待ちしております。

=================================================

※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆dpクワトロ用のびる液晶シェード改
◆DPメリル用フードセット
◆THETA&THETAm15用スタンド
◆DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆DPメリル用LVF-01ブラケット
◆EF50F1.8STM用つけっぱなしフード
◆SIGMA dp0Q用つけっぱなしフード
◆日本カメラ 2016年3月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
◆SIGMA dp1Q & dp2Q用スクエアフード
◆日本カメラ 2016年4月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
◆SIGMA dp Quattro用カード/USBカバーオープナー等をDMM.makeで販売開始しました!



■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
全国のSIGMA dp Quattroシリーズユーザーの皆様、お待たせしました。
毎回爪が剥がれそうになりながら開けてたdp Quattroシリーズのカード/USBカバーが
簡単に開けられるようになるチョイ足しパーツ、カード/USBカバーオープナーが完成し(て)ました~!

始まりは4月某日、Shioさんこと写真家の塩澤一洋氏からの一報でした。
塩澤さんのブログ、shiologyの読者さんからカード/USBカバーを開け易くするパーツが届くものの
「アイデアは良いけど、ココをもっとこうした方が良い気がする、3Dプリンターで作れませんか?」と。
で、「なるほど面白いですね!やりましょう!」とその日の内に試作1号をモデリング、出力、試着し始めて
形状やサイズを吟味しながら試作6号ぐらいで形状はフィックスしたものの、自宅の3Dプリンターでは
どうしても歩留まりが悪く、色々と試してみたものの仕上がりも満足出来なかった。
普通はサイズが大きく出力に時間が掛かるモノほど出力クオリティは落ちるけど
逆に小さ過ぎても出力が不安定になったりするのだな~と勉強になった。

で、そんなこんなで、こんなにも小さく軽いパーツなのに、コスト的には販売中のLVF-01用
アイピースキャップホルダー
と同じく1個2000円以上の価格にどうしてもなってしまう…
確かに便利なパーツだけど、この価格を許容出来る人がどれほどいるだろう?
しかも最近またフィラメントが実質の値上げになっちゃったしなぁ…

更に言ってしまうと、自宅で全部自分一人でアクセサリーを製作し続けるのに少しずつ限界も感じ始めてた。
作りたいアクセサリーのアイデアはどんどん出て来るけど、注文対応、注文品出力、仕上げ、発送に
時間と身体を拘束されてしまって肝心のアイデアをカタチにする作業に時間が割けない事も…
それに人間一人、プリンター1台で全部やってるので、俺自身にしろプリンターにしろ
どちらの調子が悪くなっても作業が全て止まってしまう。実際これまで何度か
注文品出力・発送をお待ちいただく事態になってしまっているしね。

という事で、昨年参加してアクセサリー部門賞もいただいたOPC Hack & Make Projectでお世話になった
DMM.makeのサービスを利用して、クリエイターズマーケット内で販売する事にしました!

コチラ→→→【 DMM.make FoxFotoFactory 】←←←コチラ

このブログを通して私から直接購入するよりもDMM.makeを利用するメリットは…
・家庭用プリンターではなく業務用プリンターで出力されるので出力物のクオリティが圧倒的に高い。
出力素材やカラーリングの選択肢が幅広い。金やプラチナ、チタンといった金属素材もOK。
・複数同時出力によるスケールメリットがある。
・注文者の個人情報は私には通知されません。
クレジットカードでの支払いが可能。
国内送料無料。
などがあります。

では改めてSIGMA dp Quattro用カード/USBカバーオープナーをご紹介。
普段使用してるABSに特性が近いナイロン(黒)素材で実際にDMM.makeで注文したのがコレ↓
マットでザラザラした質感が岩シボ塗装のdp Quattro本体の質感にとても近いです。
色んな素材を選択出来るようにしてありますが、価格も含めバランスが良いのはナイロン素材です。
20160620_10_SIGMA dp Quattro用カード/USBカバーオープナー
レンズ側が丸まった形状になってるので構えた時に左手に角が当たったりもしません。

取付方法は両面テープを使用します。こんな感じでカード/USBカバーの形状にピッタリフィットします。
20160620_09_SIGMA dp Quattro用カード/USBカバーオープナー

上面から見るとこんな感じ。
ボディ前面側に飛び出た突起部分に指を引っ掛ける事で簡単にカード/USBカバーを開ける事が出来ます。
【装着・使用中の動画はコチラ】
20160620_08_SIGMA dp Quattro用カード/USBカバーオープナー
爪ではなく指の腹で開けるのでネイルをしたり付け爪をしたりする女性ユーザーにもオススメ。

ボディ後方ではなく前方に突起があるのでLCDビューファインダーLVF-01を装着時も干渉しません。
20160620_03_SIGMA dp Quattro用カード/USBカバーオープナー

注意点は出来るだけ強力な両面テープ(付属しません)を使用するという事と
カード/USBカバーを閉じた状態で貼り付けずに、このようにカード/USBカバーを開けた状態で貼り付け
洗濯バサミやクリップなどで暫く挟んでおいてシッカリと圧着させる事です。
カード/USBカバーを閉じた状態だと強く押してもカバーがたわんでしまいシッカリ貼り付けられません。
20160620_07_SIGMA dp Quattro用カード/USBカバーオープナー

ちなみにDMM.makeでナイロン素材で出力したモノ(左)と自宅のプリンターで出力したモノ(右)を
比較するとこんな感じ。素材も出力方式も違うので直接比較にはなりませんが
自宅のプリンターで出力したモノは積層ピッチの粗さからくる段差が目立ちますね。
20160620_06_SIGMA dp Quattro用カード/USBカバーオープナー

キャッシュバックキャンペーンもあったし今やdp Quattroを複数お持ちの方も多いでしょう。
そんな変態な熱心なユーザーために【2個セット】【3個セット】【4個セット】も用意しました。
20160620_05_SIGMA dp Quattro用カード/USBカバーオープナー
一般的な大量生産品のスケールメリットとはまた違うのですが、業務用3Dプリンターの強みを生かして
複数個をプラモデルの様にランナーで繋いで1個のデータにする事でコストを下げる事が出来ました。
選択する素材にもよりますが1個と4個セットとでは単体の価格は半額近くにまで下がってくるので
例えばdp Quattroユーザーの友人が居ればまとめて注文してシェアするのも良いと思います。

例えば2016/6/20時点(たまに変動します)でのナイロン(黒)素材での価格は…
1個セット→3313円
2個セット→4537円(1個2268.5円)
3個セット→5759円(1個1919.7円)
4個セット→6982円(1個1745.5円)
といった感じ。いつもの様に自宅のプリンターで出力して販売したら…
1個→2100円+送料360円=2460円
2個→4200円+送料360円=4560円
3個→6300円+送料0円=6300円
4個→8400円+送料0円=8400円
になる予定だったので、1個だとちょっと割高ですが2個セット以上なら
DMM.makeで購入した方がより高品質なモノを安く購入出来るワケです。
20160620_04_SIGMA dp Quattro用カード/USBカバーオープナー
ただしこのつけっぱなしフードみたいに色を変える事でどのdpかの判別をし易くしたりする場合は
個別に注文する必要があります。用途に合わせて素材・色・セット数をお選びください。


更に!カード/USBカバーオープナーだけじゃなく
LVF-01用アイピースキャップホルダーもDMM.makeで購入出来るようにしました!
dpQ本体と違ってLVF-01を複数持ってる人は少ないでしょうけど
アイピースキャップホルダーも【2個セット】【3個セット】【4個セット】を用意しました!
20160620_01_SIGMA LVF-01用アイピースキャップホルダー
DMM.makeでナイロン素材で出力したモノ(左)と自宅のプリンターで出力したモノ(右)を比較。
カード/USBカバーオープナーと同じく自宅のプリンターで出力したモノの方が
積層ピッチの粗さからくる段差が目立ちますね。


やはりマットでザラザラした質感のナイロン素材はシグマ製カメラとのマッチングが良いね。
20160620_02_SIGMA LVF-01用アイピースキャップホルダー
注意事項はアイピースキャップホルダーはアイピースの保持と脱着に素材自体の弾性を利用しているので
石膏やアクリル、金属といった硬い素材を選択してしまうと本来の機能を発揮出来ない事です。
出力素材の選択には十分お気を付け下さい。
ナイロン素材であれば今までABS素材で出力してきたモノに非常に近い保持力と脱着感があります。


このブログでの注文受付は継続していきますが、今後はDMM.makeのようなサービスも利用して
モノ作り活動の拡大と継続性を高めていく計画です。今後ともよろしくお願いいたします。

改めてSIGMA dp Quattro用カード/USBカバーオープナーのご注文はコチラ↓

コチラ→→→【 DMM.make FoxFotoFactory 】←←←コチラ


※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第1弾 dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第2弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第3弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード改
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第4弾 DPメリル用フードセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第5弾 dp1Q&dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第6弾 THETA&THETAm15用スタンド
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第7弾 DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第8弾 SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第9弾 SIGMA dp3Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第10弾 dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第11弾 DPメリル用LVF-01ブラケット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第12弾 EF50F1.8STM用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第13弾 SIGMA dp0Q用つけっぱなしフード
◆日本カメラ 2016年3月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第14弾 SIGMA dp1Q & dp2Q用スクエアフード
◆日本カメラ 2016年4月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!




■My Photo Galleryflickr500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
宣 伝 で す ! (キッパリ

な、な、な、なんと!
先月号に引き続き二ヶ月連続で歴史あるカメラ誌、日本カメラの2016年4月号
私が製作した3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました~!
って宣伝するの遅くね!?発売したの19日ですけど!?とか怒らないでね…(´∀`;)

実は先月号の取材で日本カメラ社へ伺った際に
未発表のモノも含めて試作品を色々持ち込んで紹介してたのだ。
で、このSIGMA dp QuattroシリーズLVF-01を使ったフィルムデュプリケータを
気に入っていただけたようで「面白い!コレは別企画でまた記事にしましょう!」なんて言われてたのだ。
その時は失礼ながらご機嫌取りのリップサービスだろうな~なんて思ってたんだけど
先月号発売直後に「来月号に1P確保しました!アレやりましょう!」
と、嬉しい連絡をいただき二ヶ月連続掲載となりました!
20160331_02_日本カメラ 2016年4月号で紹介されました!
OM-D E-M5 Mark II / M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO / F8.0 0.6秒 ISO200■

掲載されたのは“銀塩Today”の記事内。
フィルムの生産終了や現像代の高騰などが続く中で
一般大衆がフィルムをあと何年楽しめるのかは分からないけど
だからこそ撮影したフィルムのデータ化、アーカイブ化が重要になってくる。
専用フラットヘッドスキャナーやフィルムデュプリケータは他にいくらでも存在してるけど
やっぱりベイヤーセンサーよりもフィルムに構造が近いFoveonセンサーでデュープしたい!って声が多い。

そんな声を参考に製作したデュプリケータ、誌面には製作裏話や取付&使用方法
価格まで載ってますので気になる方はどうぞ購入してご一読いただければ幸いです。
20160331_01_日本カメラ 2016年4月号で紹介されました!
OM-D E-M5 Mark II / M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO / F8.0 0.5秒 ISO200■

アクセサリーは既に完成済みだし価格も掲載されている通りですが
どのカメラとどのパーツを組み合わせるとどのフォーマットのフィルムまでデュープ出来るのか、や
使用上の注意事項などの説明もせにゃならんし、肝心の撮影データもちゃんと撮り直してるところです。
準備が整い次第このブログやツイッターに書きますので正式リリースまでは今しばらくお待ち下さい。


※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第1弾 dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第2弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第3弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード改
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第4弾 DPメリル用フードセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第5弾 dp1Q&dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第6弾 THETA&THETAm15用スタンド
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第7弾 DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第8弾 SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第9弾 SIGMA dp3Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第10弾 dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第11弾 DPメリル用LVF-01ブラケット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第12弾 EF50F1.8STM用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第13弾 SIGMA dp0Q用つけっぱなしフード
◆日本カメラ 2016年3月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第14弾 SIGMA dp1Q & dp2Q用スクエアフード




■My Photo Galleryflickr500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
久し振りの新アクセサリー発表にちょっとドキドキ。
20160323_01_SIGMA dp0Q、dp1Q、dp2Q、dp3Q & original accessories
日本カメラ2016年3月号の
【歴史的名レンズフードから3Dプリンターによる自作レンズフードまで レンズフード考現学】記事内で
発売予告していた
SIGMA dp1Q・dp2Q向けスクエアフードと、従来からのつけっぱなしフード
シグマ純正フードLH4-01が取り付けられるようになるバヨネット形状を追加した
SIGMA dp1Q・dp2Q・dp3Q向け新型つけっぱなしフードの登場です!
20160323_11_SIGMA dp0Q、dp1Q、dp2Q、dp3Q & original accessories
先端にバヨネット形状を追加した【つけっぱなしフード+バヨネット】がdp1Q・dp2Q・dp3Q用。
つけっぱなしフード譲りのコンパクトさに高い遮光性能を加えた【スクエアフード】がdp1Q・dp2Q用。
それぞれAF補助光用の穴ありver.と穴なしver.を用意したので合計10仕様を追加しました!
従来からのノーマル形状のつけっぱなしフード8仕様も継続販売なので合計18仕様に!
3Dプリンターならではの少量多品種展開。コレ全部の金型作ったら一体いくらになるやら…


まずはdp1Q・dp2Q用【スクエアフード】からご紹介。
20160323_07_SIGMA dp0Q、dp1Q、dp2Q、dp3Q & original accessories
初代つけっぱなしフードをリリースして以来色んな要望をいただいてきたけれど
その中でも一番要望が多かったのが実はスクエア(角型)フードなんだよね。
20160323_06_SIGMA dp0Q、dp1Q、dp2Q、dp3Q & original accessories
つけっぱなしフードと同じインナーマスク(フレアカッター)を備えつつ上下左右を延長して遮光性能を向上。
レンズ先端に枠の厚さ5mmまでの保護フィルター1枚を装着出来るクリアランスを確保してあります。
残念ながらレンズキャップは装着出来ないので“つけっぱなしコンセプト”には合致しない。
もし要望が多かったら被せ式のレンズキャップでも作るかもしれません。
20160323_05_SIGMA dp0Q、dp1Q、dp2Q、dp3Q & original accessories
上がdp1Q用で下がdp2Q用。画角の違いに合わせて長さが違う。
今回はdp1Q用とdp2Q用だけだけど、要望が多ければdp3Q用も作るかも。
dp0Q用はつけっぱなしフードですら四隅をカットしてたぐらいレンズの画角が広いので
近い形状のスクエアフードの製作は残念ながら不可能。付属の純正花型フードの使用をオススメします。


続いては先端にシグマ純正フードLH4-01(&HE1-01)を装着出来るように先端にバヨネット形状を追加した
dp1Q・dp2Q・dp3Q用【つけっぱなしフード+バヨネット】。コレも要望が多かったアイデア。
購入したつけっぱなしフードの先端にLH4-01を接着して使ってる人も居るぐらい。
フードは機能部品であると同時に重要なドレスアップパーツでもある。
純正フードのシルエットが好き(だけど遮光性能も欲しい)って人にオススメなアイテム!
コレでシグマ純正フード、つけっぱなしフード、スクエアフード、そしてつけっぱなしフード+純正フードと
バリエーションが一気に広がるワケですよ!

実際に各フードをdp2Qに装着してサイズと遮光性能(赤い開口部の大きさ)を比較してみた。
左から順に
1.シグマ純正LH4-01のみ
2.つけっぱなしフード+バヨネット
3.つけっぱなしフード+バヨネット & シグマ純正LH4-01
4.スクエアフード
5.シグマ純正LH4-01 & HE1-01
6.つけっぱなしフード+バヨネット & シグマ純正LH4-01 & HE1-01
20160323_04_SIGMA dp0Q、dp1Q、dp2Q、dp3Q & original accessories
実際にテスト撮影したけどdp3Q用として販売されてる追加フードHE1-01を装着しても
dp2Qではケラレなかった。dp1Qではケラレちゃうので1~4までが選べる。
dp3Q用のスクエアフードは(まだ)ないので4以外の5択だね。
皆さんはどのフード、どのスタイルがお好みかな?

6の【つけっぱなしフード+バヨネット & シグマ純正LH4-01 & HE1-01】に加えて
LVF-01も装着したフルアーマー状態のdp2Qはこんな感じに!うはっ!H E N T A I styleキター!
20160323_09_SIGMA dp0Q、dp1Q、dp2Q、dp3Q & original accessories
【LVF-01+FT-1201+フードアダプター+LH780-05】を装着したフルアーマーdp3Qを思い出すねw
20160323_08_SIGMA dp0Q、dp1Q、dp2Q、dp3Q & original accessories
フルアーマーdp3Qのカービン、もしくはショーティ、といった感じのフルアーマーdp2Q。
20160323_10_SIGMA dp0Q、dp1Q、dp2Q、dp3Q & original accessories
金属製のアイピースキャップがブラブラするのを防ぐホルダーもあるで! →コチラ←

つけっぱなしフード+バヨネットと純正フードを組み合わせればLVF-01装着時の前後重量バランスも改善。
20160323_02_SIGMA dp0Q、dp1Q、dp2Q、dp3Q & original accessories

更に!LVF-01を装着した状態のdp3QでLH4-01+HE1-01を逆付けしようとすると
LVF-01のブラケット部分(AL-1)に干渉しちゃう謎仕様も、つけっぱなしフード+ブラケットを介すれば
LH4-01+HE1-01の装着位置が変わってAL-1に干渉せずに逆付け出来るようになる!
20160323_03_SIGMA dp0Q、dp1Q、dp2Q、dp3Q & original accessories
どうです?シグマ純正フードのシルエットが好き!って人にも恩恵はあるでしょ?

神キャッシュバックキャンペーンやdp1~3Q用LVF-01セットの販売も始まったdp Quattroシリーズを
よりディープに楽しめるオリジナルアクセサリー群、気になった方は是非ご一報を!
20160323_12_SIGMA dp0Q、dp1Q、dp2Q、dp3Q & original accessories
=================================================
↓↓↓小型軽量シンプル形状↓↓↓ 【従来品を継続販売
【SIGMA dp0 Quattro用つけっぱなしフード FLH-0Q01(AF補助光“穴あり”)】【 3900円 】
【SIGMA dp0 Quattro用つけっぱなしフード FLH-0Q02(AF補助光“穴なし”)】【 3900円 】
【SIGMA dp1 Quattro用つけっぱなしフード FLH-1Q03(AF補助光“穴あり”)】【 3900円 】
【SIGMA dp1 Quattro用つけっぱなしフード FLH-1Q04(AF補助光“穴なし”)】【 3900円 】
【SIGMA dp2 Quattro用つけっぱなしフード FLH-2Q04(AF補助光“穴あり”)】【 4000円 】
【SIGMA dp2 Quattro用つけっぱなしフード FLH-2Q05(AF補助光“穴なし”)】【 4000円 】
【SIGMA dp3 Quattro用つけっぱなしフード FLH-3Q02(AF補助光“穴あり”)】【 3900円 】
【SIGMA dp3 Quattro用つけっぱなしフード FLH-3Q03(AF補助光“穴なし”)】【 3900円 】

↓↓↓シグマ純正フードと組み合わせて最大の遮光・保護性能↓↓↓ 【新作
【SIGMA dp1 Quattro用つけっぱなしフード+バヨネット FLH-1Q05(AF補助光“穴あり”)】【 4900円 】
【SIGMA dp1 Quattro用つけっぱなしフード+バヨネット FLH-1Q06(AF補助光“穴なし”)】【 4900円 】
【SIGMA dp2 Quattro用つけっぱなしフード+バヨネット FLH-2Q06(AF補助光“穴あり”)】【 4900円 】
【SIGMA dp2 Quattro用つけっぱなしフード+バヨネット FLH-2Q07(AF補助光“穴なし”)】【 4900円 】
【SIGMA dp3 Quattro用つけっぱなしフード+バヨネット FLH-3Q04(AF補助光“穴あり”)】【 4800円 】
【SIGMA dp3 Quattro用つけっぱなしフード+バヨネット FLH-3Q05(AF補助光“穴なし”)】【 4800円 】

↓↓↓小型軽量と高い遮光性能とのバランス型↓↓↓ 【新作
【SIGMA dp1 Quattro用スクエアフード FLH-1Q07(AF補助光“穴あり”)】【 4200円 】
【SIGMA dp1 Quattro用スクエアフード FLH-1Q08(AF補助光“穴なし”)】【 4200円 】
【SIGMA dp2 Quattro用スクエアフード FLH-2Q08(AF補助光“穴あり”)】【 4500円 】
【SIGMA dp2 Quattro用スクエアフード FLH-2Q09(AF補助光“穴なし”)】【 4500円 】
※スクエアフードは厚さ3cm以内に収まらないため発送方法はレターパックプラスのみとなります。

購入をご希望の方は詳細説明をご確認の上
【氏名、郵便番号、住所(発送先)、希望アクセサリー名、希望カラー、注文数、希望発送方法】
などを記入してコチラのアドレスまでご連絡ください。 → order.foxfotofactory@gmail.com

■発送方法・送料
 ・注文品はレターパックライトorレターパックプラスにて発送いたします。
 ・レターパックライトにて発送の場合の送料 → 360円
 ・レターパックプラスにて発送の場合の送料 → 510円
 ・注文品合計金額が5000円以上であれば国内に限り送料無料にて発送いたします。
 ・レターパックライトはポストへの配達、レターパックプラスは対面での配達となります。
  在宅状況などに合わせてご希望の発送方法をお選びください。

■支払方法
 ・支払い方法は三菱東京UFJ銀行口座への振込みとなります。
 ・振込手数料は別途お客様のご負担となります。
 ・ご注文メール確認後、振込み先口座などを返信いたします。
 ・入金履歴順に出力・発送し、追跡番号をメールいたします。

■その他・備考
 ※選択カラーはAFINIA純正プレミアムABSフィラメントに設定のある【黒】の6色となります。
 ※遮光性能が重要となるアクセサリーの場合は無難ですが黒を選択される事をオススメいたします。
  黒以外のカラーで出力した場合、遮光性能の低下、色被り、AWBへの悪影響、などが発生する
  可能性が考えられます。黒以外のカラーを選択した場合は
  機能部品としてではなくドレスアップパーツとしてお楽しみ下さい。
 ※ご注文メールに色指定の記載が無かった場合は【黒】で出力させていただきます。
 ※ご注文メールに希望発送方法の記載が無かった場合はレターパックライトで発送させていただきます。
 ※注文品の内容・個数によりレターパックライトの規定【厚さ3cm以内】に
  収まらない場合はレターパックプラスで発送させていただきます。

それではご注文、お待ちしております。

=================================================

※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第1弾 dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第2弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第3弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード改
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第4弾 DPメリル用フードセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第5弾 dp1Q&dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第6弾 THETA&THETAm15用スタンド
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第7弾 DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第8弾 SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第9弾 SIGMA dp3Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第10弾 dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第11弾 DPメリル用LVF-01ブラケット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第12弾 EF50F1.8STM用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第13弾 SIGMA dp0Q用つけっぱなしフード
◆日本カメラ 2016年3月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!




■My Photo Galleryflickr500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
宣 伝 で す ! (キッパリ

まさかまさかの展開。毎月読んでる歴史あるカメラ誌、日本カメラの2016年3月号
私が製作してきた3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました~!
ひと月ほど前ブログで臭わせたのはコレでした。いや~取材依頼が来た時は驚いた。
そう、コッチから「紹介して下さいよ~(スリスリ」とかしたワケじゃないんですよ。
何故俺!?って経緯は聞いたけど、何を話して良くて何が悪いのか分からないので秘密。
どうやら色んな偶然が重なったり、色んな人が裏で暗躍してくれてたみたいです…
「こんなに嬉しい事はない」とはまさにこの事。皆様本当にありがとうございました。
20160224_03_日本カメラ 2016年3月号で紹介されました!
OM-D E-M5 Mark II / M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO / F8.0 0.5秒 ISO200■

紹介されたのは
【歴史的名レンズフードから3Dプリンターによる自作レンズフードまで レンズフード考現学】の記事内。
取材当日はカメラマンの藤井智弘氏にインタビューとブツ撮りをしていただきました。
『うわ~雑誌やネットで良く見る人だ~』と感動してしまったw
20160224_02_日本カメラ 2016年3月号で紹介されました!
OM-D E-M5 Mark II / M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO / F8.0 0.4秒 ISO200■

誌面では製作したdp Quattroシリーズ用つけっぱなしフードを中心に紹介。
3Dプリンターでどのようにしてフードが出来上がっていくのかも説明されているので
今まで私が製作したアクセサリーを注文・購入してくださった方々にも是非読んでいただきたい。
それに今後、CP+明け早々にでもリリースする予定の新作もチラ見せしておりますので要チェックですよ。
20160224_01_日本カメラ 2016年3月号で紹介されました!
OM-D E-M5 Mark II / M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO / F2.8 1/15秒 ISO200■

最後になりますが誌面を見て初めて知ったという方々、どうも初めまして。
私が製作した各種カメラアクセサリーに興味がありましたら下記のリンクへ。
またOLYMPUS AIR A01用アクセサリーはDMM.makeにて販売中ですので
コチラも合わせてチェックしていただければ幸いです。それではまた。

※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第1弾 dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第2弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第3弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード改
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第4弾 DPメリル用フードセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第5弾 dp1Q&dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第6弾 THETA&THETAm15用スタンド
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第7弾 DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第8弾 SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第9弾 SIGMA dp3Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第10弾 dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第11弾 DPメリル用LVF-01ブラケット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第12弾 EF50F1.8STM用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第13弾 SIGMA dp0Q用つけっぱなしフード



■My Photo Galleryflickr500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
4日連続SIGMA dp2 Quattroで撮った丸ノ内~有楽町~銀座スナップ写真も今日でおしまい。
何となくGRのイメージが強過ぎて“街中スナップ=28mmが最適”な印象だけど
50mmより少し広い換算45mm画角ってのも結構向いてると思う。

俺にとって初めてのSIGMA製カメラ、初めてのFoveonセンサー搭載カメラな
DP2 Merrillをキッカケにデジカメ写真の画質の概念をぶっ壊されたし
後継のdp2 Quattroでは3Dプリンターでフードを作り始めた事がキッカケで
カメラの新しい楽しみ方が見つかったし色んな人との繋がりも出来た。

そんな3Dプリンターを使ったモノ作り関係で、とあるところから嬉しい申し出を受け
明日は3Dプリンターやカメラなど諸々一式をクルマに積み込んで某所へ…
初めての事でまだどうなるやら分からんけども、お楽しみに。
20160125_01_Marunouchi & Yurakucho & Ginza SNAP
SIGMA dp2 Quattro / F5.6 1/250秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

20160125_02_Marunouchi & Yurakucho & Ginza SNAP
SIGMA dp2 Quattro / F2.8 1/60秒 ISO200■  【等倍はコチラ】

20160125_03_Marunouchi & Yurakucho & Ginza SNAP
SIGMA dp2 Quattro / F4.0 1/60秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

20160125_04_Marunouchi & Yurakucho & Ginza SNAP
SIGMA dp2 Quattro / F2.8 1/60秒 ISO200■  【等倍はコチラ】

20160125_05_Marunouchi & Yurakucho & Ginza SNAP
SIGMA dp2 Quattro / F2.8 1/160秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第1弾 dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第2弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第3弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード改
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第4弾 DPメリル用フードセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第5弾 dp1Q&dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第6弾 THETA&THETAm15用スタンド
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第7弾 DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第8弾 SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第9弾 SIGMA dp3Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第10弾 dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第11弾 DPメリル用LVF-01ブラケット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第12弾 EF50F1.8STM用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第13弾 SIGMA dp0Q用つけっぱなしフード



■My Photo Galleryflickr500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリーの価格改定や諸々の変更についてお知らせいたします。
価格を改定するに至った経緯は昨年11月1日のブログを読んでいただければ幸いです。

本日、2016年1月5日より変更する項目は以下の通りです。
■ざっくり500円単位で設定していた各種アクセサリーの販売価格を
 出力コストをより厳密に計算し直し、100円単位にて再設定いたしました。
■特定のアクセサリーの組合せで設定していた割引価格を終了いたしました。
■各種アクセサリーの販売価格に含めていたレターパックライトorプラスの
 発送料金をアクセサリーの販売価格とは別に設定いたしました。
■注文品の合計金額が5000円以上となる場合は国内に限り送料無料にて発送いたします。
■アクセサリー寸法がレターパックライト規定“厚さ3cmまで”に収まるか否かで決定していた
 レターパックのライトとプラスのどちらで発送するかの判断を
 お客様の在宅状況やご希望に合わせて選択出来るようにいたしました。
※アクセサリー寸法がレターパックライト規定“厚さ3cmまで”に収まらない場合は
 これまでと同様、自動的にレターパックプラスでの発送となります。
■一部のアクセサリーにのみ設定していたカラー選択を全アクセサリーで設定出来るようにいたしました。
※選択カラーはAFINIA純正プレミアムABSフィラメントに設定のある【黒】の6色となります。
※フードなど遮光性能が重要となるアクセサリーはこれまで通り黒を選択される事をオススメいたします。
 黒以外のカラーで出力した場合、遮光性能の低下、色被り、AWBへの悪影響、などが発生する
 可能性が考えられます。機能部品としてではなくドレスアップパーツとしてお楽しみ下さい。


それでは改めて現在販売中の各種アクセサリーと新価格をご紹介。
※製品シリーズ名をクリックすると製品紹介ページが別ウィンドウで開きます。
※価格の後に◆マークのある製品の発送方法はレターパックプラスのみとなります。


SIGMA dp Quattroシリーズ用つけっぱなしフード
20150721_05_SIGMA dp Quattroシリーズ用つけっぱなしフード
【SIGMA dp0 Quattro用つけっぱなしフードFLH-0Q01(AF補助光用穴“あり”)】【 3900円 】
【SIGMA dp0 Quattro用つけっぱなしフードFLH-0Q02(AF補助光用穴“なし”)】【 3900円 】
【SIGMA dp1 Quattro用つけっぱなしフードFLH-1Q03(AF補助光用穴“あり”)】【 3900円 】
【SIGMA dp1 Quattro用つけっぱなしフードFLH-1Q04(AF補助光用穴“なし”)】【 3900円 】
【SIGMA dp2 Quattro用つけっぱなしフードFLH-2Q04(AF補助光用穴“あり”)】【 4000円 】
【SIGMA dp2 Quattro用つけっぱなしフードFLH-2Q05(AF補助光用穴“なし”)】【 4000円 】
【SIGMA dp3 Quattro用つけっぱなしフードFLH-3Q02(AF補助光用穴“あり”)】【 3900円 】
【SIGMA dp3 Quattro用つけっぱなしフードFLH-3Q03(AF補助光用穴“なし”)】【 3900円 】


SIGMA dp3 Quattro+FT-1201用フードアダプター
20150409_01_SIGMA dp3 Quattro + FT-1201 + Original hood adapter
【SIGMA dp3 Quattro+FT-1201用フードアダプター】【 3700円 】◆


SIGMA dp Quattroシリーズ用のびる液晶シェード【通常版】【カメラケースHC-21対応版】
20140818_03_SIGMA dp Quattro用のびる液晶シェード FDS-dpQ2
【SIGMA dp Quattro用のびる液晶シェード FDS-dpQ1】【 5800円 】
【SIGMA dp Quattro用のびる液晶シェード FDS-dpQ2(HC-21対応版)】【 6000円 】


SIGMA LVF-01用アクセサリーシリーズ
20150125_01_SIGMA dp Quattro+LVF-01+3D-printed Accessory Set
【SIGMA LVF-01用アイピースキャップホルダー】【 2100円 】
【SIGMA LVF-01用ビューファインダーカバー】【 4800円 】
【SIGMA LVF-01用ブラケットカバー/液晶シェード】【 3900円 】


SIGMA DP Merrillシリーズ用インナーフード / アウターフード
20140922_01_SIGMA DP1M DP2M DP3M用オリジナルフード
【SIGMA DP1 Merrill用インナーフード】【 3400円 】
【SIGMA DP1 Merrill用アウターフード】【 3100円 】◆
【SIGMA DP2 Merrill用インナーフード】【 3700円 】
【SIGMA DP2 Merrill用アウターフード】【 3900円 】◆
【SIGMA DP3 Merrill用インナーフード】【 3400円 】
【SIGMA DP3 Merrill用アウターフード】【 5100円 】◆


SIGMA DP Merrillシリーズ用バッテリー収納グリップ
20141215_04_SIGMA DP3 Merrill + FCG-DPM1 バッテリーinグリップ
【SIGMA DP Merrill用バッテリー収納グリップ FCG-DPM1】【 3200円 】


SIGMA DP Merrillシリーズ用LVF-01ブラケット
20150526_01_SIGMA DP3 Merrill + LVF-01 + Original Accessories
【SIGMA DP Merrill用LVF-01ブラケット】【 4200円 】


CANON EF50mm F1.8 STM用つけっぱなしフード(フルサイズ&APS-C兼用 / APS-C専用)
20150611_05_CANON EF50mm F1.8 STM + DIY Hood
【CANON EF50mm F1.8 STM用つけっぱなしフード(フル・APS-C兼用スクエアタイプ)】【 3400円 】◆
【CANON EF50mm F1.8 STM用つけっぱなしフード(APS-C専用フジツボタイプ)】【 3400円 】◆


RICOH THETA & THETAm15用スタンド
20141114_01_RICOH THETA & THETAm15用スタンド
【RICOH THETA & THETAm15用スタンド FCS-RT01】【 3100円 】


上記製品の購入をご希望の方は各アクセサリーの詳細説明をご確認の上
【氏名、郵便番号、住所(発送先)、希望アクセサリー名、カラー(黒)、注文数、希望発送方法】
などを記入してコチラのアドレスまでご連絡ください。 → order.foxfotofactory@gmail.com

■発送方法・送料
 ・注文品はレターパックライトorレターパックプラスにて発送いたします。
 ・レターパックライトにて発送の場合の送料 → 360円
 ・レターパックプラスにて発送の場合の送料 → 510円
 ・注文品合計金額が5000円以上であれば国内に限り送料無料にて発送いたします。

 ・レターパックライトはポストへの配達、レターパックプラスは対面での配達となります。
  在宅状況などに合わせてご希望の発送方法をお選びください。
 ・注文品の内容・個数によりレターパックライトの規定【厚さ3cm以内】に収まらない場合は
  自動的にレターパックプラスでの発送とさせていただきます。

■支払方法
 ・支払い方法は三菱東京UFJ銀行口座への振込みとなります。
 ・振込手数料は別途お客様のご負担となります。
 ・ご注文メール確認後、振込み先口座などを返信いたします。
 ・入金履歴順に出力・発送し、追跡番号をメールいたします。


それではご注文、お待ちしております。


■My Photo Galleryflickr500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
昨年の七夕から始めた3Dプリンターを使ってのカメラ&レンズアクセサリーの製作・販売
皆様にご紹介いただいたお陰でこの1年で四桁近いご注文をいただいております。
ブログを見て下さる皆様、実際にアクセサリーを購入してくれたり
アイデアや要望を下さる皆様、改めて感謝いたします。


この3Dプリンターを使ってのカメラ&レンズアクセサリー製作・販売で儲けようとは考えていません。
ソレ用のアクセサリーを作って儲ける為に全く興味がないカメラやレンズを買う事もない。
あくまで『気になる!欲しい!使いたい!』と思うカメラやレンズを購入して
『あ、〇〇なパーツを足せばもっと使い易くなりそうだ』と感じたモノを作っているだけで
それに共感して「欲しい!」と言ってくれた人には実費分でお作りしますよ、という話です。

儲けようとは考えなくても、ボランティアでモノ作りをするつもりもありません。残念ながら。
やればやるほど、作れば作るほど赤字になるような状況はやっぱり続けられない。
この1年、アクセサリーを購入して下さったり紹介して下さった皆様と
新しい繋がりが出来た事は本当に大きな収穫であり喜びでした。
だからこそココで終わらせたくはない。続けていきたい。
ので、申し訳ありませんが、値上げさせて下さい。


一番最初に販売開始したdp2Q用つけっぱなしフードの価格は単純に
使用フィラメント量、出力・仕上げに掛かる時間、発送に使うレターパックの値段から決定し
それ以降のアクセサリーもコレを基準にして決定して来ましたが…

7月、販売開始から1年経ったのを機にこの1年で掛かった全コストを計算してみたら…
全然ダメ。やっちまった。見誤った。甘過ぎた。ヤバイ。ヤバ過ぎる。こんなんじゃとても続けられない。
といった有り様でした…(ノД`)・゜・。

仕上げや梱包に使う諸々の消耗品、冬場に歩留まりがどれだけ低下するか
逆に電気代はどれだけ高騰するか、そして何より3Dプリンター自体の故障の頻度と
交換パーツの価格…メーカー保証が切れた後の修理代について代理店に聞いてみたところ
2Dプリンターと同様に“引き取り修理1回に付き一括〇万円”という回答…
マルマル1年続けてきたからこそ分かってきた3Dプリンターを使ったモノ作りの運用コスト。
それを加味したらとても今の価格のままでは続けていけないぞ、というのが本音です。

正直出力の設定次第で使用フィラメント量や出力時間のコストは大きく変わってきます。
多少出力の品質を下げてでも価格をキープする事の方を優先した方が良いんじゃないか?とか
冬場と夏場で出力設定や形状の違う複数の仕様を使い分ける事も考えはしたし
その方が嬉しいって人も結構いると思いますが、やっぱり今までの
出力クオリティの維持を優先するべきと判断しました。

モチロン「今この瞬間から値上げ!」なんて事は言いません。
2015年内は現在の価格での出力・販売を継続しつつ各アクセサリーのコストを再計算して
2016年から新価格とさせていただきます。


今まで通りアクセサリーのデータ製作や試作段階で掛かったコストは販売価格には含まれません。
アクセサリーの販売ありきで興味のないカメラやレンズを購入する事もありません。
カメラやレンズの購入費用が販売価格に含まれてるワケでもありません。
あくまで現状の環境でアクセサリーの出力・販売を継続する為の運用コストを反映させた価格改定です。

具体的には現状の500円単位の価格設定を100円単位に細分化したり
販売価格に含めていたレターパックの価格分を別に設定したりする予定です。
形状によって違う歩留まりも加味するので値上げ幅はアクセサリーによって違います。

新価格などの詳細はまた後日、決定し次第ブログやツイッターに書きますが
なんにせよ気になっているアクセサリーがお有りの方は年内にご注文される事をオススメします。

突然のお知らせで恐縮ですがご理解いただければ幸いです。

                              管理人 foxfoto




……ってな暗ぁ~い話だけでは滅入るので、お気に入りのdp3Q+FT-1201の写真でも。
20151101_01_Dusty city
SIGMA dp3 Quattro + FT-1201 / F8.0 1/400秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

先々月に機動戦士ガンダム展を見に六本木ヒルズへ行った際に撮った写真たちです。
20151101_02_Small gears move the large organizations.
SIGMA dp3 Quattro + FT-1201 / F2.8 1/80秒 ISO800■  【等倍はコチラ】

こういうホントなんでもない光と影を撮りたくなるんですよ。シグマのカメラは。
20151101_03_Light into prison
SIGMA dp3 Quattro + FT-1201 / F2.8 1/160秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

東京のギュウギュウに詰まった密度を“解像度が高過ぎて測定器の測定限界を超えた”レンズでパシャリ。
20151101_04_Tokyo density
SIGMA dp3 Quattro + FT-1201 / F8.0 1/640秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

六本木ヒルズ屋上からの景色もモチロン良いけど
そこから1段下がったエレベーターまでの通路にも良い被写体が沢山ある。
20151101_05_doors
SIGMA dp3 Quattro + FT-1201 / F2.8 1/100秒 ISO160■  【等倍はコチラ】

※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第1弾 dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第2弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第3弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード改
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第4弾 DPメリル用フードセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第5弾 dp1Q&dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第6弾 THETA&THETAm15用スタンド
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第7弾 DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第8弾 SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第9弾 SIGMA dp3Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第10弾 dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第11弾 DPメリル用LVF-01ブラケット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第12弾 EF50F1.8STM用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第13弾 SIGMA dp0Q用つけっぱなしフード



■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
春から徐々に始まって、夏からずっと続いてたバタバタがやっとひと段落つきそうな予感。
無事にこのバタバタが終われば年内はある程度時間に余裕が出来る…ハズ。
作りかけアレやコレやソレの製作もやっと再開出来そうだ。
ブログ更新や写真UPの頻度も向上するかな。

dp0Q&LVF-01用アクセサリーの注文ラッシュも落ち着いて
最近またdp1Q用やdp3Q&FT-1201用アクセサリーの注文が伸びてきた。
dp2Qから始まったdp Quattroもdp0Qの登場でひとまずシリーズが完成した感じだし
改めて一番使ってみたい、欲しいdpクワトロはどれなのか?を皆それぞれ考えてる時期なのかな?

でも油断は禁物。11/14に原宿で開催される
【シグマ タッチ&トライイベント2015 in 原宿】
の前後に
また何か出て来そうな予感がするんだよね…


dp0Qの登場が一番売上げに響いてるのは多分dp1Qなんだろうけど
個人的にはdpクワトロシリーズ中最も気楽に持ち出せる1台だと思ってる。
それにdpは換算28mmの1から始まったワケだし。やっぱり外せない1台だよね。
20151007_01_↖
SIGMA dp1 Quattro / F8.0 1/60秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第1弾 dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第2弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第3弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード改
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第4弾 DPメリル用フードセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第5弾 dp1Q&dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第6弾 THETA&THETAm15用スタンド
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第7弾 DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第8弾 SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第9弾 SIGMA dp3Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第10弾 dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第11弾 DPメリル用LVF-01ブラケット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第12弾 EF50F1.8STM用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第13弾 SIGMA dp0Q用つけっぱなしフード



■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
自分の不注意で作業中にスクレーパーを左の薬指にザックリ刺しちゃって大出血。
夜中に初めての救急外来で病院に駆け込み、初めての局所麻酔、初めての縫合手術
から約二週間。
今日、無事に抜糸も済んでまた不自由なく日常生活を送れるようになりました~!
各種アクセサリーの出力・仕上げ・発送の遅延も復旧いたしました。

ご心配をお掛けした皆様、ご迷惑をお掛けした皆様、申し訳ありませんでした。
再発を繰り返さぬよう気を付けます。スクレーパーは安全性の高いモノを新しく購入しました。

う~ん、今年の夏はプリンターが故障して作業が止まったり、怪我して作業が止まったり
トラブルが多かったな……まぁ、俺に原因がある事ばっかだけど…
たるんできてるのかな…もっかい引き締める。
20150909_01_Cloudy sunset
SIGMA dp2 Quattro / F2.8 1/60秒 ISO500■  【等倍はコチラ】

※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第1弾 dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第2弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第3弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード改
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第4弾 DPメリル用フードセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第5弾 dp1Q&dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第6弾 THETA&THETAm15用スタンド
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第7弾 DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第8弾 SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第9弾 SIGMA dp3Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第10弾 dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第11弾 DPメリル用LVF-01ブラケット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第12弾 EF50F1.8STM用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第13弾 SIGMA dp0Q用つけっぱなしフード



■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]