カテゴリ:●モノ作り( 46 )

今年も3Dプリンターでのカメラ&レンズアクセサリー製作開始しております。
今年最初のプロダクトはSIGMA dp1Q、dp2Q、dp3Q用アクセサリーLVF-01…向けのw
接眼レンズキャップホルダーファインダーカバーと、もう一つ追加予定。
まさかアクセサリー用のアクセサリーを作る事になるなんてw
ツイッター等で進捗報告してくのでお楽しみに。

その他年末年始に止まってた既存プロダクトの注文受付も再開しております。
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第1弾 dp2Q用つけっぱなしフード!◆
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第2弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード!◆
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第3弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード改!◆
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第4弾 DPメリル用フードセット!◆
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第5弾 dp1Q&dp2Q用つけっぱなしフード!◆
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第6弾 THETA&THETAm15用スタンド!◆
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第7弾 DPメリル用バッテリー収納グリップ!◆

今日の一枚は銀座5丁目で撮ったフェラーリF12ベルリネッタ。まさに銀座って感じ。
20150107_01_GINZA Ferrari
SIGMA dp2 Quattro / F2.8 1/100秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

SIGMA LCDビューファインダー LVF-01 931209

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
告知していた通り本日12/26(金)00:00で3Dプリンターで製作したカメラ&レンズアクセサリーの
年内注文受付を終了。そして本日中に無事全ての注文品を発送する事が出来ました。
実際に注文していただいた皆様は勿論、情報をSNSで拡散して下さったり
アクセサリー製作に必要なカメラをお貸し頂いたりした皆様
この約半年間、本当にありがとうございました。

来年も懲りずに色々なアクセサリーを製作していきますのでどうぞご期待下さい。
年末年始もツイッター等で試作開発の進捗を逐一UPしていきますのでお楽しみに。
2015年の注文受付は1/5(月)から再開いたします。新アクセサリーもある…かも。

写真はタワーホール船堀からSIGMA dp1Quattroで撮った船堀の街並み。
公開されたばかりのSIGMA Photo Pro 6.2.0で現像。動作がかなり速くなって快適に。
変態ファインダーことLVF-01も手元に届いたし、この年末年始は沢山撮って沢山現像しようと思う。
20141226_01_ from Tower hall Funabori
SIGMA dp1 Quattro / F8.0 1/30秒 ISO200■  【等倍はコチラ】

※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第1弾 dp2Q用つけっぱなしフード!◆
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第2弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード!◆
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第3弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード改!◆
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第4弾 DPメリル用フードセット!◆
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第5弾 dp1Q&dp2Q用つけっぱなしフード!◆
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第6弾 THETA&THETAm15用スタンド!◆
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第7弾 DPメリル用バッテリー収納グリップ!◆

SIGMA LCDビューファインダー LVF-01 931209

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
2014年も残り10日を切って、大掃除とか色々やらないと……あ、アクセサリー関係どうしよう…
『別に決まってる予定も特にないし今まで通りで良いっしょ~』とも思ったけど
先日SIGMA本社で触ってきたLVF-01関連の試作もしたいし…

というワケで誠に勝手ながら
年内の発送は12/26(金)00:00までに注文、15:00までに入金いただいた分まで
とさせていただきます。それ以降も注文は受付いたしますが
発送は2015/01/05(月)以降となります。

改めて3Dプリンターで製作したカメラ&レンズアクセサリーのラインナップをおさらい。
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第1弾 dp2Q用つけっぱなしフード!◆ 3000円
20140707_05_SIGMA dp2 Quattro+Original design hood(made by 3D printer)
※コチラは旧型となります。新型は下記の第5弾を参照。(旧型の注文も継続しております。)

◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第2弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード!◆ 5000円
20140804_04_SIGMA dp Quattro用のびる液晶シェード

◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第3弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード改!◆ 5000円
20140818_04_SIGMA dp Quattro用のびる液晶シェード FDS-dpQ2

◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第4弾 DPメリル用フードセット!◆ 3000円~
20140922_01_SIGMA DP1M DP2M DP3M用オリジナルフード

◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第5弾 dp1Q&dp2Q用つけっぱなしフード!◆ 3000円
20141024_04_SIGMA dp1 Quattro+つけっぱなしフードFLH-1Q01

◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第6弾 THETA&THETAm15用スタンド!◆ 2500円
20141114_02_RICOH THETA & THETAm15用スタンド

◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第7弾 DPメリル用バッテリー収納グリップ!◆ 3000円
20141215_04_SIGMA DP3 Merrill + FCG-DPM1 バッテリーinグリップ

表記価格は2014/12/22(月)時点での価格です。全て送料込み。振込み手数料別です。
ご注文はコチラのアドレスまで → order.foxfotofactory@gmail.com
ご注文時は氏名、郵便番号、住所、製品名、注文数等の記入をお忘れなく。
支払い方法は銀行振込(振込先は三菱東京UFJ銀行口座)です。
発送方法はレターパックライトでの郵送となります。
メールを確認し次第振込口座を返信します。入金確認後に発送。発送時に追跡番号をメールします。


年末年始の休みとなれば撮影機会も多い事でしょう。対応カメラをお持ちの方は是非ご検討を。
年賀状の投函は12/25まで、カメラアクセサリーの注文は12/26まで。
それではご注文、お待ちしております。
20141222_01_Blue River
SIGMA dp1 Quattro / F8.0 1/125秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

SIGMA LCDビューファインダー LVF-01 931209

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
今年の7月から始めた3Dプリンターを使ってのカメラ&レンズアクセサリーの製作&販売。
今年最後のリリースとなるアイテムは…SIGMA DP1MDP2MDP3M用バッテリーinグリップ!
20141215_04_SIGMA DP3 Merrill + FCG-DPM1 バッテリーinグリップ
実はコレdp2Qの発売よりも先にリリースしたかったアイテム。
アイデアを思い付いて最初の試作1号をプリントしたのは4月の中旬だった。
シグマ本社で開催された50F1.4ARTの体験イベントに持って行って意見を貰ったりもした。
貰った意見を反映させた試作2号に取り掛かろうとした矢先…プライベートで色々あって製作は一時中断。
ゴタゴタが収まってさぁ~製作再開だぁ~!と思ったら今度はdp2Qが発売。
その後はご存知つけっぱなしフードの製作を優先と。

そして秋になりdp1Qも発売されていよいよ残すはdp3Q。世代交代も後半戦。
と、DPメリルシリーズ向けアイテムを製作する意味や旨味はどんどん薄れていく時期だけど
今年最後のアイテムは何にしよう?と考えた時やっぱこのアイデアはちゃんとカタチにしておきたかった。
20141215_01_SIGMA DP3 Merrill + FCG-DPM1 バッテリーinグリップ
閑話休題。DPメリルシリーズ用バッテリーinグリップの役割は二つ。
■グリップ内にバッテリーを収納する事でDPメリルシリーズの
 バッテリー交換の手間を低減し利便性・運用性を高める。
■グリップ形状の追加による握り易さを向上させる。
20141215_03_SIGMA DP3 Merrill + FCG-DPM1 バッテリーinグリップ
余りに撮影枚数が少なくて最初からバッテリーが2本同梱された事で話題になったDPメリルシリーズ。
発売後も一時期同梱バッテリーの本数を4本に増やすキャンペーンが開催される程の弱点。

自分のリズムだと全体的にまったり動作のDPメリルを1日に200枚以上撮る事はそうそう無い。
でも流石に100枚じゃちょっと心もとないな…1本予備バッテリーも持って行こう…
バッテリー持ってくならついでにクリーニングクロスとブロアーも…
荷物が増えちゃったな…カメラバッグに入れてくか…
と、芋づる的に荷物が増えてっちゃう。

でもカメラに装着したグリップ内に予備バッテリー1本を常に携帯出来るとなれば
カメラバッグは持たずにストラップから下げたDP3Mだけで散歩へ行ける。
これなら身体も気持ちも軽快だ。軽快だと思うと使用頻度も増える。

でも肝心の握り心地が悪くちゃ~撮影の邪魔になる。撮る気も失せる。
握り心地の向上に関しては、絶対!という保証はどうしても出来ない。
出来ない、が、少なくとも自分自身は納得のいく形状に仕上げられた。
一般的な握り方は勿論、親指シャッターでの握り心地、かなり良いよ。
20141215_02_SIGMA DP3 Merrill + FCG-DPM1 バッテリーinグリップ
既に製作・販売済みのDPメリル用インナー+アウターフードセットも装着するとこんな感じ。
どうです?結構印象変わるでしょ?箱と筒で構成されて素の状態ではシンプルなDPメリルだけど
『今日は撮るぞぉ!』ってテンションが上がる。もしくは『お!コイツなんか撮れそうだぞ…』なんて。

勿論DP1M、DP2M、DP3Mの各純正フードや自作インナー+アウターフードセットと干渉はせず。
自作アウターフードの逆付け時もクリアランスはしっかり保たれてますのでご安心を。
更に側面のUSB端子やACアダプター用ケーブル抜きとも干渉してません。
グリップの厚さはレンズが一番短いDP2Mの鏡筒よりも短いし
側面までは回り込まないのでカメラの全幅も不変。
単純にグリップとバッテリー1本分の重さが増す以外に弊害はありません。

その他の諸情報。
■カメラ本体への装着は両面テープを使用します(使用両面テープはのびる液晶フードと同様)。
■必ずストラップと兼用して下さい。グリップが剥がれた事による落下等への保証はありません。
■バッテリー室にカバー(ふた)はありませんが抜け落ち防止の突起があります。
 バッテリーはグリップ内側(レンズ鏡筒側)の穴に指を入れて押し出して下さい。
■バッテリー室はバッテリーの経年劣化による膨らみを考慮した寸法になっています。
 新品に近い状態のバッテリーですと多少緩い場合があります。沢山撮って膨らませましょう。
 逆に劣化が進み過ぎたバッテリーではキツイ場合があります。新しいバッテリーと交換しましょう。
■当たり前ですが予備バッテリーは付属しません。グリップのみの販売です。


さぁ~
「純粋な1:1:1構造のDPメリルの画の方が好き!」
「dpクワトロは大き過ぎる!小さいDPメリルの方が好き!」
「dpクワトロが今のDPメリルぐらいの価格になるまでは…」などなど
「俺はまだまだDPメリルを使って行くぜ!」という方々、お一つどうでしょうか?


【SIGMA DP Merrill用バッテリー収納グリップ FCG-DPM1】【 3200円 】
の購入をご希望の方は詳細説明をご確認の上
【氏名、郵便番号、住所(発送先)、希望アクセサリー名、カラー(黒)、注文数、希望発送方法】
などを記入してコチラのアドレスまでご連絡ください。 → order.foxfotofactory@gmail.com

■発送方法・送料
 ・注文品はレターパックライトorレターパックプラスにて発送いたします。
 ・レターパックライトにて発送の場合の送料 → 360円
 ・レターパックプラスにて発送の場合の送料 → 510円
 ・注文品合計金額が5000円以上であれば国内に限り送料無料にて発送いたします。

 ・レターパックライトはポストへの配達、レターパックプラスは対面での配達となります。
  在宅状況などに合わせてご希望の発送方法をお選びください。
 ・注文品の内容・個数によりレターパックライトの規定【厚さ3cm以内】に収まらない場合は
  自動的にレターパックプラスでの発送とさせていただきます。

■支払方法
 ・支払い方法は三菱東京UFJ銀行口座への振込みとなります。
 ・振込手数料は別途お客様のご負担となります。
 ・ご注文メール確認後、振込み先口座などを返信いたします。
 ・入金履歴順に出力・発送し、追跡番号をメールいたします。


それではご注文、お待ちしております。


※2016/01/06追記
価格・カラーバリエーション・発送方法などを最新の情報に更新しました。


※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第1弾 dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第2弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第3弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード改
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第4弾 DPメリル用フードセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第5弾 dp1Q&dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第6弾 THETA&THETAm15用スタンド
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第7弾 DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第8弾 SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第9弾 SIGMA dp3Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第10弾 dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第11弾 DPメリル用LVF-01ブラケット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第12弾 EF50F1.8STM用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第13弾 SIGMA dp0Q用つけっぱなしフード




■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
お待たせしました。10月に中野サンプラザで開催されたフォトフェスでの先行販売から約一ヶ月
昨年発売された初代RICOH THETAと本日発売の後継機THETAm15用スタンド、販売開始です!

シータは手軽に360度の全方位を記録出来る最高に面白いガジェット(カメラ)だけど
その機能を実現するが為に二つの魚眼レンズがボディよりも飛び出しているというミラクル形状。

全てのシータユーザーは二つのグループに分けられる。
シータを倒してレンズにキズを付けてしまい涙を流すグループと
シータを倒したけど辛うじてレンズにキズが付かず冷や汗を流すグループだ。
シータは転倒=レンズにダメージが及ぶ。そのリスクは外で撮ってる時だけとは限らない。
家で充電やデータ転送の為に底面にUSBケーブルを指してる時でさえ常に転倒のリスクが付きまとう。

今回リリースするシータ用スタンドはそんなリスクとストレスから解放してくれるアイテム。
20141114_01_RICOH THETA & THETAm15用スタンド
ご覧の通り。縦に挿せば簡易的な三脚代わりとして安定してシータを立たせる事が出来ます。
コレで『倒れたらレンズにキズが…そぉ~っと、そぉ~っと置かなきゃ…』なんて心配から解放されます。

上記したようにシータは充電時やデータ転送でPCと繋ぐ時は底面にUSBケーブルを挿す。
残る平面は両側面、充電状態を確認する為には電源&Wi-FiボタンとLEDがある面を上にしたい。
でもUSB端子のカバーが邪魔して立たせられない。逆に向けたら充電状態が見えない…ぐぎぎぎぎぎ…
な~んてイライラともおさらば。このスタンドは横にしてもシータを備え付けられる形状です。
20141114_02_RICOH THETA & THETAm15用スタンド

更に更に!スタンド底面にはシータ本体の三脚穴に通じる穴が空いてるので
スタンドを装着した状態で純正ストラップアダプターや三脚、一脚が装着可能です!
首からストラップで下げた時もスタンドがあればレンズが身体に直接当たる事も減らせます。
※注意※
開口部寸法は直径9mm。穴の外周部、直径13mmまでは厚さ1mm、それよりも外側は厚さ2mmです。
取り付ける器具のサイズや形状、三脚ネジの長さや形状によっては取り付けられない場合があります。
20141114_03_RICOH THETA & THETAm15用スタンド

続いてはカラーバリエーションについて。
今まで製作してきたモノはレンズフードや液晶シェードばかりだったのでブラックのみだったけど
今回初めての試みとして使用フィラメントの色を変える事によるカラバリ展開をしてみる!
新型のシータm15からの新色や純正ストラップアダプターの色とは対応してません。
初代シータと殆ど同じホワイト、アプリ等のテーマカラーに使われてるグリーン
無難なブラックは数が出そうだけど本体が白ならどれでも合うと思います。


最後に
『こんなスタンド付けたらガッツリ写り込んじゃうじゃん!』と、お思いの方々へ。
はい。ガッツリ写り込みます(キリッ)。でも、この“写り込む部分”も使い方によっては色々遊べる。
例えばこないだの入間航空祭の時はこんなシートを作って貼り付けてみた。
b0213320_1152499.jpg
※現在エキサイトブログはシータの写真を貼り付けられないため止む無くキャプチャー画像。
→オリジナルはコチラ←

他には各種サービスで使用してる自分のアイコンのシートを貼り付けてみたり。
b0213320_1232840.jpg
→オリジナルはコチラ←

結婚式や旅行等の特別なイベントの時はそれに関するモノを貼り付ければ記念になるし。
シートじゃなくフチ子さんみたいな小さなフィギュアを乗せても面白いかも。
自分のアイコンやメッセージを記して無断転用を防止しても良い。
ここは撮影者のアイデアをちょい足しする自由な空間。

シータは360度全てを記録出来るのが面白いけど、それ故に普通のカメラの様に
画角や構図、ボケを使った表現、撮影者の意図を現し伝える事が難しいカメラでもあると思う。
ともすればどこで誰が何を撮っても同じに見えてしまう事もあるだろう。
それでは撮る側も見る側も直ぐに飽きが来てしまう。

シータはユーザー自身のアイデアが集まってどんどん発展してきたガジェットだと思う。
このスペースをどう使うか、どこで何を撮るか、“何を写り込ませるか”は皆さんのアイデア次第です。

もしもの時のリスクを回避し普段使いでのストレスを低減する。
更に新しい使い方も出来そうなこのスタンドがあればシータライフが変わるかも。


【RICOH THETA & THETAm15用スタンド FCS-RT01】【 3100円 】
の購入をご希望の方は詳細説明をご確認の上
【氏名、郵便番号、住所(発送先)、希望アクセサリー名、カラー(黒)、注文数、希望発送方法】
などを記入してコチラのアドレスまでご連絡ください。 → order.foxfotofactory@gmail.com

■発送方法・送料
 ・注文品はレターパックライトorレターパックプラスにて発送いたします。
 ・レターパックライトにて発送の場合の送料 → 360円
 ・レターパックプラスにて発送の場合の送料 → 510円
 ・注文品合計金額が5000円以上であれば国内に限り送料無料にて発送いたします。

 ・レターパックライトはポストへの配達、レターパックプラスは対面での配達となります。
  在宅状況などに合わせてご希望の発送方法をお選びください。
 ・注文品の内容・個数によりレターパックライトの規定【厚さ3cm以内】に収まらない場合は
  自動的にレターパックプラスでの発送とさせていただきます。

■支払方法
 ・支払い方法は三菱東京UFJ銀行口座への振込みとなります。
 ・振込手数料は別途お客様のご負担となります。
 ・ご注文メール確認後、振込み先口座などを返信いたします。
 ・入金履歴順に出力・発送し、追跡番号をメールいたします。


それではご注文、お待ちしております。


※2015/11/16追記
新しく発売されたTHETA Sは全体的に大型化されているので
このTHETA & THETA m15用スタンドを使用する事は出来ません。ご注意下さい。



※2016/01/06追記
価格・カラーバリエーション・発送方法などを最新の情報に更新しました。


※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第1弾 dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第2弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第3弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード改
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第4弾 DPメリル用フードセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第5弾 dp1Q&dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第6弾 THETA&THETAm15用スタンド
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第7弾 DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第8弾 SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第9弾 SIGMA dp3Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第10弾 dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第11弾 DPメリル用LVF-01ブラケット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第12弾 EF50F1.8STM用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第13弾 SIGMA dp0Q用つけっぱなしフード

  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
本日発売のSIGMA dp1 Quattro、なんだかんだで買っちゃった。
そして!早速dp1Q専用つけっぱなしフードFLH-1Q01が装着されているー!
20141024_04_SIGMA dp1 Quattro+つけっぱなしフードFLH-1Q01
そう、dp1Qとレンズ鏡筒&バヨネットの形状が同じdp2Q用フードを製作した経験
dp1Qとレンズの焦点距離や画角が(ほぼ)同じDP1M用フードを製作した経験が合わされば
dp1Q発売に先駆けてdp1Q用フードを製作する事が可能になるわけだ!
(同じ理由でdp3Q用フードも既に完成してたりするw)
こういうスピードでモノ作りが出来るのも3Dプリンターの利点だね。

基本的な機能、使い勝手、製作&仕上げ方法は7月に製作したdp2Q用つけっぱなしフードを踏襲。
■純正フードLH4-01よりも圧倒的にコンパクトで遮光性能に優れる。
■枠の高さ5mmまでのレンズ保護フィルタを装着した上から被せられる。
■ケラレるギリギリまで攻めたマスク形状により雨粒や指が前玉に触れるのを防止。
■フード先端にレンズキャップを装着する事が出来る。
■レンズキャップを装着すると鏡筒の形状を反転させたような一体感のあるデザイン。

こんなに小さくて本当にフードとして役に立つのか…って?
20141024_02_dp1Q純正フードLH4-01vsつけっぱなしフードFLH-1Q01
この通り。少なくとも純正フードよりはレンズに当たるの外光をカット出来るよ。


続いては新しくなったdp2Q用つけっぱなしフードFLH-2Q02!
20141024_03_SIGMA dp2 Quattro+つけっぱなしフードFLH-2Q02
向かって左側の旧型FLH-2Q01に対する新たなアドバンテージとして…
AF補助光機能が使用可能に!
■マスク周辺を中心に各部の形状を変更。剛性は大幅に向上し、装着時のガタツキは低減。
b0213320_21233222.jpg
具体的にはこんな感じ。肉厚増加による剛性UPによりAF補助光用の穴を空けられるようになりました!

コチラも純正フードLH4-01と比べてみる。つけっぱなしフードの方が外光をカット出来てるね。
20141024_01_dp2Q純正フードLH4-01vsつけっぱなしフードFLH-2Q02
換算45mmのdp2Qにとって換算28mmのdp1Qとフードを共用ってのは酷な話だよね。

コンパクトでしょ。名前の通りつけっぱなしにしても邪魔にならない。
取付指標はモデルナンバーと対応。dp1Q用はくぼみが1つ、dp2Q用は2つ。
レンズ鏡筒のデザインに合わせた形状にする事で後付け感の無い一体感が生まれる。
20141024_05_SIGMA dp1 Quattro & dp2 Quattro

さて、そんな自作フードですが今回も販売します。
SIGMA dp1 Quattro用つけっぱなしフードFLH-1Q01 3000円(送料込み。振込み手数料別。)
SIGMA dp2 Quattro用つけっぱなしフードFLH-2Q02 3000円(送料込み。振込み手数料別。)
※注意※
 旧型の方が欲しいという方は注文時に【古い方、旧型、FLH-2Q01】等と記入して下さい。
 単に“dp2Q用つけっぱなしフード”等と書かれていた場合は本日以降新型のFLH-2Q02と認識します。

ご注文はコチラのアドレスまで → order.foxfotofactory@gmail.com
ご注文時は氏名、郵便番号、住所、製品名、注文数、等の記入をお忘れなく。
支払い方法は銀行振込(振込先は三菱東京UFJ銀行口座)です。
発送方法はレターパックライトでの郵送となります。
メールを確認し次第振込口座を返信します。入金確認後に発送。発送時に追跡番号をメールします。

それではご注文、お待ちしております。

※2014/11/25追記※
以下のブログで紹介されました!
■shiology【3864-141117 シグマ「dp1 Quattro」用と「dp2 Quattro」用の「つけっぱなしフード」】

※2015/03/25追記※
dp1Q用はFLH-1Q01からFLH-1Q02へ、dp2Q用はFLH-2Q02からFLH-2Q03へと
リニューアルいたしました!詳細はコチラ→ http://foxfoto.exblog.jp/24236529/

※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー、他にも色々製作&販売中です!
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第1弾 dp2Q用つけっぱなしフード!◆
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第2弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード!◆
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第3弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード改!◆
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第4弾 DPメリル用フードセット!◆
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第5弾 dp1Q&dp2Q用つけっぱなしフード!◆
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第6弾 THETA&THETAm15用スタンド!◆





■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
第一回から参加している友人のBLACKPORTERさんのご厚意で参加出来る事になった
明日10/11(土)、明後日12(日)に中野サンプラザで開催される
【オリジナルフォト&グッズ展示即売会 フォトフェス】に関する詳細を発表します!

ただし!大変申し訳ありません。
前回今まで製作&販売してきたアクセサリーは全て会場へ持ち込みます!と書きましたが
とある事情により(後日書きます。)一部製品の販売中止&販売数減少という事態になってしまいました。
悔しくもありますが、今回に限っては自分の力ではどうにも出来ない事態でした。申し訳ないです。
また、1日目の10/11(土)は終日参加出来るのですが、2日目の10/12(日)は
終日出展出来ない、もしくは短時間のみの出店となる可能性が出てきてしまいました。

もし「〇〇を買いたいのに二日目の10/12(日)しか行けない!」という場合は
私のツイッターにでも御一報頂ければ取り置きする事も可能ですので遠慮なく仰って下さい。

改めましてフォトフェス会場で販売する3Dプリンターで製作したカメラ&レンズアクセサリー
ラインナップ、会場限定価格、販売数を発表します!

1.【SIGMA dp2 Quattro用つけっぱなしフード】
通常価格3000円 → 会場限定特価2000円 販売数2個
20140707_05_SIGMA dp2 Quattro+Original design hood(made by 3D printer)

2.【SIGMA dp Quattroシリーズ用のびる液晶シェード】
通常価格4500円 → 会場限定特価3000円 販売数2個
20140804_04_SIGMA dp Quattro用のびる液晶シェード

3.【SIGMA dp Quattroシリーズ用のびる液晶シェード(純正カメラケースHC-21対応版)】
通常価格4500円 → 申し訳ありません。会場での販売はありません。(展示サンプルはございます。)
20140818_03_SIGMA dp Quattro用のびる液晶シェード FDS-dpQ2

4.【SIGMA DP Merrillシリーズ用インナー+アウターフード】
通常価格(ってか初回限定価格)5000円 → 会場限定特価4000円 販売数それぞれ6セット、計18セット
20140922_01_SIGMA DP1M DP2M DP3M用オリジナルフード

5.【RICOH THETA用スタンド&広告ベース】 ← 初お披露目&イベント先行販売!
通常価格3000円(予定) → 会場限定特価2000円 販売数9個(白×3、緑×3、黒×3)
20141010_01_RICOH THETAとフォトフェスで販売するアクセサリー群。
ツイッターやインスタグラムでちょいちょい登場してきたリコー・シータ用スタンド&広告ベースです。
二つの大きなレンズがボディ外寸よりも飛び出しているので扱いに気を使うシータ。
うっかり本体を倒してレンズに傷が~っ!(涙)なんて事になったら大変。
(何故純正で用意されてないのか謎だけど)このスタンドがあれば安定して立たせる事が可能です。
更にシータ本体を横にして乗せる事も可能なのでUSB端子が底面にあるシータを
安定した状態で充電、PC接続、データ転送が可能になります。
今まで作ってきたアクセサリーは遮光性能が重要になってくる関係から黒ばかりでしたが
今回はシータ本体と同じ白、シータのイメージカラーである緑、そして黒、と3色用意しました!

広告ベースって何ぞや?に関しては当日シータで撮影したデータをUPする予定ですので
それを見て頂ければお分かりになると思います。お楽しみに!


販売物は以上となりますが…
更に!完全未発表の新アクセサリーの参考展示もします!
具体的には…SIGMA dp2Q用(3種類)とRICOH THETA用(1種類)の新しいアクセサリーです!
気になる方は是非会場でご覧になって下さい!色々とご意見も頂ければ幸いです。
今後の製品展開に活かさせて頂きます。お待ちしております!


今まで気になりつつも実際のモノの出来がどの程度か分からず手を出せずにいた方々や
大量生産されているアクセサリーよりも高い価格で買い辛かった方々など
是非是非会場へお越しになり実際に手にしてみて下さい!
残念ながら電源は借りれないので実演は出来ませんが会場へ3Dプリンターを持ち込みます!
アクセサリー購入とは関係なく、純粋に3Dプリンターに興味があるという方も大歓迎です!


展示ブースの場所は中野サンプラザ8F研修室5の27番、BLACKPOTERこと西川太樹さんのブースです!
開催時間は10:00~16:00と、とても短いのでお気を付けて!
b0213320_22455560.png






■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
ご報告!来週末10/11(土)、12(日)に中野サンプラザで開催される
【オリジナルフォト&グッズ展示即売会 フォトフェス】に参加する事になりました!
昨年から参加している友人のBLACKPORTERさんのブースにお邪魔させて頂ける事にぃー!感謝!

去年はお客として会場へ行ったけど
写真や写真集、撮影関連の小物などの展示&即売イベントです。
そこへ無謀にも3Dプリンターで製作したカメラ&レンズアクセサリーを持ち込んでみます!
というワケで今まで製作&販売してきたアクセサリーを復習!

1.【SIGMA dp2 Quattro用つけっぱなしフード】
20140707_05_SIGMA dp2 Quattro+Original design hood(made by 3D printer)
記念すべき処女作であり、現在もなお一番数が出てるモデル…コレがビギナーズラックか…
大きく嵩張る純正フードと違い非常に小さくつけっぱなしで運用出来るフードです。

2.【SIGMA dp Quattroシリーズ用のびる液晶シェード】
20140804_04_SIGMA dp Quattro用のびる液晶シェード
グリップが後方に伸びるdpクワトロシリーズの特徴的なデザインを活かした液晶シェード。
伸縮機能があるので撮影アングルの自由度をスポイルせずに有害光をカットし液晶の見易さを確保します。

3.【SIGMA dp Quattroシリーズ用のびる液晶シェード(純正カメラケースHC-21対応版)】
20140818_03_SIGMA dp Quattro用のびる液晶シェード FDS-dpQ2
ニッチなdpクワトロ用ユーザーの内、更に純正カメラケースHC-21を持ってるユーザー向けという
ニッチ・オブ・ニッチな希少価値抜群のアクセサリー(汗)。
更にはdp1Qの発売に合わせてかシグマ純正液晶ファインダーまで登場予定という始末!なんてこった!

4.【SIGMA DP Merrillシリーズ用インナー+アウターフード】
20140922_01_SIGMA DP1M DP2M DP3M用オリジナルフード
処女作、dp2Q用つけっぱなしフードのアイデアを昇華させたフードセット(単品売りも有り)。
コンパクトでつけっぱなしで運用出来るインナーフードと、遮光性能優先の大きいアウターフード。

以上、今まで製作&販売してきたアクセサリーは全て会場へ持ち込みます!
しかも!梱包&発送作業を省けますので、通常よりも安い会場限定特価で販売します!
来週いっぱい使って頑張って出力しますが、そもそも出力&仕上げに時間がかかるので
販売数はそう多くは無いと予想されます。各々の限定数と販売価格はまた後日発表します。

今まで気になりつつも実際のモノの出来がどの程度か分からず手を出せずにいた方々や
大量生産されているアクセサリーよりも高い価格で買い辛かった方々など
是非是非会場へお越しになり実際に手にしてみて下さい!
残念ながら電源は借りれないので実演は出来ませんが会場へ3Dプリンターを持ち込む予定です。
アクセサリー購入とは関係なく、純粋に3Dプリンターに興味があるという方も大歓迎です!

さらに!現在製作中の新アクセサリーも完成が間に合えば会場で先行販売する予定です!
近くに中野ブロードウェイフジヤカメラもありますし、来週末は是非中野へ!
諸々の詳細情報はまた直前になってから発表しますのでご注目を!

※2014/10/07(火)追記。
ブースレイアウトとナンバーが決定しました!
中野サンプラザ8F研修室5の27番、BLACKPOTERこと西川太樹さんのブースにお邪魔させて貰います!
b0213320_22455560.png
フジヤカメラやケンコー・トキナーワイドトレードといった企業&有名店ブースもありますので
今週末は是非フォトフェス会場まで!





■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
RICOHから予想の斜め上をいく発表が出されましたね。
リコー「GR」シリーズ開発メンバーによるモバイル機器搭載カメラ向け画質認証プログラム
「GR certified」の開始および認証第一号決定のお知らせ


え~と、ザックリと言ってしまえば
リコーGRの開発チームがスマホやタブレットの搭載カメラの画質や画像処理のチューニングを手伝うよ!
独自に設定した規定をクリアすればお墨付きとして「GR certified」ロゴを使って(貼って)良いよ!
っていうサービスを始めるらしい…

う~ん…今までのカメラ業界には無かった面白い取り組みとも言えるけど
正直リコーが築き上げてきたGRブランドの安売りセールが始まったようにも思えてちょっと不安。

カメラメーカー(オフィス機器の方が有名だけど)のリコーが始めたこのサービスを喜ぶのはドコか?と。
例えばカメラとスマホ、両方作ってるソニー、パナソニック、サムスンは採用しない。
あとiPhoneのアップルもこーいうのは間違いなく採用しないよね。
残るは第1号になったシャープと、富士通ぐらい?
あとは無数の大陸製メーカーたち?
ってなるんじゃね?

リコーのGRって、今でこそブランド認知が広がってある種のファッション性すら備わってるけど
カメラ業界の中では結構ストイックな存在として認識・評価されてる物件だと思ってる。
【フィルム時代から変わらないデザイン】【キレキレの広角28mmレンズ】
この二つが合わさって初めて【GR】って記号が成り立つと。
そんなGRブランドを示したシールが今後大陸製安スマホにベタベタ貼られたりするんだろうか…

GRに限らず今までリコーのカメラを使ってきたユーザーが
GRシールが貼られている事を理由にそのスマホを買うだろうか?
もしくはGRシールの貼られたスマホを使っていたユーザーが
そのカメラ性能に感動して将来的にオリジナルのGRを買うだろうか?
(…後者なら多少はありそうな気はする。)

いちカメラオタクとしてはスマホのカメラにGRシール貼るぐらいなら
EマウントやXマウント、EF-Mマウントやm4/3マウント向けに
GRレンズ群でも出してくれた方がワクワクするのだが。
フィルム時代のGR21やGXR用のGRレンズ群を背景にしてさ
換算21mm、28mm、50mmマクロの3本とかどう?楽しそうじゃね?


同じく今日発表された(のに何故かリコー本体のニュース一覧には記載されてない)
RICOH THETAの機能拡張についての発表は上記のサービスとは真逆で大歓迎。
シータでついにインターバル撮影が可能になったか!あとは複数のデータを繋げて
360度の全方位タイムラプス動画なんてのが撮影&視聴出来るようになれば最高!

去年発売された時は面白い!とは思いつつ『う、この仕様のままではな…』って部分もあって
スルーしてきたシータだけど3Dプリンターで色々作り始めてからは見え方が変わってきた。
アイデアをカタチに出来る手段を得るとモノの見え方も変わってくる。
個人的に不満だった部分を改善する事も出来るし、新しい使い方も付与する事も出来る。
3Dプリンターで作るカメラ&レンズアクセサリーシリーズの次の一手はシータ用で決定かも!


今日は久しぶりにGR Limited Editionの写真。
20140930_05_Piaggio Vespa LX125 3V
RICOH GR Limited Edition / F2.8 1/30秒 ISO1600 ■

わざわざ“持ち出す”んじゃなく、財布、鍵、スマホ、GR、みたいな感じで自然と携帯出来るサイズが魅力。
20140930_04_HONDA CBR
RICOH GR Limited Edition / F2.8 1/45秒 ISO100 ■

でも余りに自然過ぎてGRだけ持って『さぁ~今日は撮るぞぉ~!』って気分にはならn(ry
20140930_03_Porsche 911 Carrera 4S
RICOH GR Limited Edition / F2.8 1/40秒 ISO160 ■

でもまぁ~カメオタとしては常に懐刀として持ち歩けるカメラは1台持っていたいところ。
20140930_02_Dodge Challenger's Filler cap
RICOH GR Limited Edition / F2.8 1/30秒 ISO2200 ■

今度GRだけで撮り歩いてみよう。両釣りストラップやフードもちゃんと装着してね。
20140930_01_Old Jaguar
RICOH GR Limited Edition / F2.8 1/30秒 ISO200 ■

※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリーを製作&販売中です!
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第1弾dp2Q用つけっぱなしフード、販売中です!◆
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第2弾dpクワトロ用のびる液晶シェード、販売中です!◆
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第3弾dpクワトロ用のびる液晶シェード改、販売中です!◆
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第4弾DPメリル用フードセット、販売中です!◆

    

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
大変長らくお待たせいたしました。
シグマDPメリルシリーズ用オリジナルフード、完成です!


詳細説明の前に、まずは今回のDPメリルシリーズ用フード製作のため
DP1MとDP2Mをお貸し頂いた@shibamata911さん、心から感謝いたします。
また他にもメールやTwitterで協力を申し出て頂いた方々も本当にありがとうございました。
今後も皆様にこういった協力をお願いする事があると思います。その時はまた助けて頂ければと存じます。

さて、まずは製作経緯から。
3Dプリンターを使って製作したdp2Q用つけっぱなしフードの販売を開始してから
実は注文時のメールのやりとり等で色々な要望がありました。
その中でフードの形状に関する要望は両極端な二つでした。
1.【とにかく嵩張らないコンパクトなフード】←つけっぱなしフードのコンセプトはコレ。
2.【サイズは大きくて良いからとにかく遮光性能に優れたフード】
という感じ。

なるほどなるほど、じゃ~せっかくだし、両方作っちゃおうか!
(コレが出来るのが3Dプリンターの良い所)
というワケで、こんな感じで完成しました!製作期間、一ヶ月弱!
20140922_01_SIGMA DP1M DP2M DP3M用オリジナルフード
奥の列、左から右へDP1M、DP2M、DP3M。真ん中の列が各々の遮光性能重視のアウターフード
そして手前の列がコンパクトさ重視のインナーフード。そう、今回のフードは合体します!
※1 アウターフードはインナーフード先端に装着します。カメラ本体に直接装着する事は出来ません。
※2 アウターフード脱着時にインナーフードが動かないよう、インナーフードの装着感はかなり固めです。
※3 インナーフードとアウターフードのバヨネット部分は出荷状態ではキツめですが
 使っていくに連れてアタリが出て適正なキツさになります。


DP1M、DP2M、DP3Mはそれぞれ純正フードも発売されてる。
発売から2年前後経ってるし、シグマユーザーは写り最優先ですから皆さんお持ちでしょう。
そんな状況の中わざわざ出すんです。ちゃんとメリットがあります。
20140922_02_SIGMA DP1M DP2M DP3M用オリジナルフード
手前から奥へDP1M、DP2M、DP3M用。左から右へ純正、インナー、アウターの順です。
まずはインナーフード、見ての通り純正フードよりもコンパクトです
撮影テストを繰り返し、ケラレないギリギリまで攻めたマスクもあるのでコレ単体でも遮光性能があります
そしてDP1M&DP2M純正フードと同様保護フィルター1枚(厚さ5mmまで)の上から装着可能です
さらにDP1M&DP2M純正フードにはない機能として先端にレンズキャップが装着可能
インナーフードはdp2Q用つけっぱなしフードと同様の機能を有しています。
とにかくコンパクトで装着したまま気軽に持ち出せて瞬時に撮影可能なのがインナーフードです。

続いてアウターフード、今度は純正フードよりも背が高い。コチラは遮光性能優先の形状です。
インナーフード先端に装着する事でインナーフードの遮光マスクと相まって高い遮光性能を発揮します。
そしてアウターフードは逆付けが可能なので携帯時に嵩張る事もありません
20140922_05_SIGMA DP1M DP2M DP3M用オリジナルフード
インナーフード先端にレンズキャップを装着し、アウターフードを逆付けした状態。
アウターフードによって太さが増してるので結構ボリュームが増したように見えるかもしれないけど
長さは【本体+保護フィルタ+レンズキャップ】の状態から+5mmに収まってます。

さぁ~いよいよ装着状態をお披露目!まずはインナーフードのみの状態!
20140922_03_SIGMA DP1M DP2M DP3M用オリジナルフード
『え?付いてなくね?』とか『ちっさ!』と一瞬でも思ってくれたなら大変嬉しい。
どうです?コレなら本体につけっぱなしにしても邪魔にならないでしょ?
後付け感のないカメラ本体のデザインにマッチする形状です

続いてインナーフード+アウターフードを装着した状態!どーん!
20140922_04_SIGMA DP1M DP2M DP3M用オリジナルフード
かなりの臨戦態勢。撮る気満々なオーラが出てる。『今日は沢山撮るぞ!』って時はコレぐらいないとね!

良く見るとフード上面の取付指標が違う。
凹みの数がDP1M用は1つ、DP2M用は2つ、DP3M用は3つ。
デザインの似てるDPメリル(特に1と2)だけどコレを見れば誤装着を回避出来る
さぁ~どうです?お持ちのDP1M、DP2M、DP3Mに装着したくなりませんか?


出力に使用する3DプリンターはAFINIA H479というモデルです。
インナーフードはこのモデル最少値の積層ピッチ0.15mm、アウターフードは積層ピッチ0.2mmで出力。
フィラメントは価格が上がって泣きたくなっても頑固にAFINIA純正ABSフィラメントを使用。
毎度言い訳のようで申し訳ないのですが、3Dプリンターでの出力はどうしても時間が掛かる。


【SIGMA DP1 Merrill用インナーフード】【 3400円 】
【SIGMA DP1 Merrill用アウターフード】【 3100円 】
【SIGMA DP2 Merrill用インナーフード】【 3700円 】
【SIGMA DP2 Merrill用アウターフード】【 3900円 】
【SIGMA DP3 Merrill用インナーフード】【 3400円 】
【SIGMA DP3 Merrill用アウターフード】【 5100円 】
の購入をご希望の方は詳細説明をご確認の上
【氏名、郵便番号、住所(発送先)、希望アクセサリー名、カラー(黒)、注文数、希望発送方法】
などを記入してコチラのアドレスまでご連絡ください。 → order.foxfotofactory@gmail.com

■発送方法・送料
 ・注文品はレターパックライトorレターパックプラスにて発送いたします。
 ・レターパックライトにて発送の場合の送料 → 360円
 ・レターパックプラスにて発送の場合の送料 → 510円
 ・注文品合計金額が5000円以上であれば国内に限り送料無料にて発送いたします。

 ・レターパックライトはポストへの配達、レターパックプラスは対面での配達となります。
  在宅状況などに合わせてご希望の発送方法をお選びください。
 ・注文品の内容・個数によりレターパックライトの規定【厚さ3cm以内】に収まらない場合は
  自動的にレターパックプラスでの発送とさせていただきます。

■支払方法
 ・支払い方法は三菱東京UFJ銀行口座への振込みとなります。
 ・振込手数料は別途お客様のご負担となります。
 ・ご注文メール確認後、振込み先口座などを返信いたします。
 ・入金履歴順に出力・発送し、追跡番号をメールいたします。

※選択カラーはAFINIA純正プレミアムABSフィラメントに設定のある【黒】の6色となります。
※遮光性能を重要視する場合は無難ですが黒を選択される事をオススメいたします。
 黒以外のカラーで出力した場合、遮光性能の低下、色被り、AWBへの悪影響、などが発生する
 可能性が考えられます。黒以外のカラーを選択した場合は
 機能部品としてではなくドレスアップパーツとしてお楽しみ下さい。


それではご注文、お待ちしております。


※2014/12/15 追記※
以下のブログで紹介されました!
■もうそう☆れっく【SIGMA DP2M用インナーフード、アウターフード】


※2016/01/06追記
価格・カラーバリエーション・発送方法などを最新の情報に更新しました。


※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第1弾 dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第2弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第3弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード改
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第4弾 DPメリル用フードセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第5弾 dp1Q&dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第6弾 THETA&THETAm15用スタンド
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第7弾 DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第8弾 SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第9弾 SIGMA dp3Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第10弾 dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第11弾 DPメリル用LVF-01ブラケット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第12弾 EF50F1.8STM用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第13弾 SIGMA dp0Q用つけっぱなしフード




■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]