<   2013年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ソニーの高級コンデジ2モデルが同時発表!
昨日のX-M1とX Vario関連のサイズ比較もう少し待てば良かったかな....
ま~来週キヤノンからも何か(70Dだとか3Dだとか)発表されるらしいからその時にでもまとめるか。

■SONY Cyber-Shot RX100 M2(DSC-RX100M2)■
 コンパクトなボディにコンデジとしては大きめの1インチセンサーを搭載して
 バカ売れしてた(俺も一瞬買おうか考えた)RX100がM2(マーク2)にモデルチェンジ。

 元々オールインワンな性格のカメラだったけど
 センサーは新しく裏面照射型CMOSタイプに変更されたし
 ホットシューやチルト液晶を追加して拡張性とアングルの自由度を強化。
 28mm/35mm/50mm/70mm/100mmで止まるステップズーム機能の追加も嬉しい。

 でも一番嬉しいのはRX100では使ってるうちに剥がれてきちゃうZEISSシールが
 ちゃんとしたエンブレムになった(っぽい。現物は未確認。)ってのが一番嬉しいところかも。


■SONY Cyber-Shot RX1R(DSC-RX1R)■
 こちらは後継モデルじゃなく流行のローパスレスの追加モデル。
 D800とD800EK-5IIとK-5IIsの関係。
 RX1発売時に店頭で試写&データお持ち帰りして
 造りの良さと写りの良さどちらも完璧で魅力的だと思った。
 でも素のRX1も同じだけどやっぱり高価過ぎて購入候補には入らない。


20~25万払って35mmF2のコンデジ買うなら
キヤノン6DorニコンD600シグマ35F1.4A012
買った方が大きく重いけど色んな物撮れるし幸せだと思う。
というワケで今日も飽きずに5D2+シグマ35F1.4A012写真です。
昨日に引き続き丸ノ内~銀座と代々木上原周辺スナップ7枚。全部縦構図。
20130627_03_Fiat 500C Abarth
EOS 5D MARK II / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM A012 / F2.0 1/30秒 ISO640 ■

20130627_02_Iron fence
EOS 5D MARK II / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM A012 / F2.8 1/40秒 ISO320 ■

20130627_05_Classic bike
EOS 5D MARK II / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM A012 / F1.4 1/100秒 ISO100 ■

20130627_04_Sunglasses
EOS 5D MARK II / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM A012 / F1.4 1/200秒 ISO100 ■

20130627_07_Piaggio Vespa GTS
EOS 5D MARK II / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM A012 / F1.4 1/1000秒 ISO100 ■

20130627_06_ALFA ROMEO PARKING ONLY
EOS 5D MARK II / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM A012 / F1.4 1/800秒 ISO100 ■

20130627_01_Lancia Delta
EOS 5D MARK II / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM A012 / F1.4 1/3200秒 ISO100 ■

  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
フジフイルムからXシリーズの新型、X-M1が発表されました。

Xシリーズはいかにもカメラカメラしたデザインや操作性、趣味性の高いレンズラインナップで
経験豊富で、こだわりがあって、お金があるハイアマチュア層にはウケてきたけど
現在の一般的なデジカメとは違う操作性や大きいサイズ、高い価格帯が
エントリーユーザーの参入には足かせになってたように思う。

そんな中投入されたX-M1は
今までのXシリーズのルールを一部壊してでも小型化と低価格化を図ってきた。

まずボディ小型化の邪魔になるファインダーをオミット。
代わりにX-E1よりも高解像度のチルト式液晶モニターを搭載した。
ファインダーの存在や見え具合はXシリーズこだわりのポイントだったのに。

ボディ背面の操作系も右側に集約。同時発表されたレンズ
XC16-50mm F3.5-5.6 OISXF27mm F2.8には絞りリングが無い。
絞り値も含めて右手だけで操作出来るようになって一般的なデジカメの操作系に。
操作系の集約は内部基盤の小型化に、絞りリングの省略は小型軽量化とコスト削減に直結。
ストラップの取り付け方法も今までの三角環を用いたタイプからボディに直接結ぶタイプに変更された。
そして極めつけは今までマグネシウム合金だったボディ素材が樹脂製に変更。
まぁ~コレはWi-Fiユニットを搭載する目的もあるだろうけどね。

そんなこんなでありとあらゆる手段を用いて小型軽量低コスト重視で開発されたっぽいX-M1。
でも個人的には全然OK。むしろ大歓迎。X-Pro1X-E1よりもX-M1の方が気になる。

EOSユーザー的にはレンズにある絞りリングって正直ちょっと面倒臭かったし
金属と金属が常に擦れてる三角環タイプのストラップ取り付け方法は好きじゃなかった。
ファインダーはもちろんあるに越した事は無いけど可動液晶の方がフレーミングに広がりが出るし。
肝心のセンサーはX-Pro1やX-E1と同じX-Trans CMOSセンサーだから写りは同じ。
各所で評判のX-Transセンサーやフジの色味の良さに惹かれてたけど
ボディの大きさや価格の高さが足かせになってたって人に
X-M1はXシリーズの入門機としてオススメ。

というワケでいつものサイズ比較作ってみた。    【大きいサイズはコチラ】
Comparison of FUJIFILM X-M1 & LEICA X Vario 1/8_Front view
他のアングルはコチラ↓
【背面】 【上面】 【センサーサイズ比較】
【X-M1とのシルエット比較(背面)】 【X-M1とのシルエット比較(上面)】
【X Varioとのシルエット比較(背面)】 【X Varioとのシルエット比較(上面)】


どれだけX-M1が魅力的だったとしても
今はSIGMA 35mm F1.4 DG HSM A012に夢中なので
カメラ関係の物欲がムラムラしてくるのはま~だまだ先の事になるだろうけど。

今日の写真は丸ノ内~銀座と代々木上原周辺スナップ7枚。全部縦構図。
20130626_09_Jaguar XK
EOS 5D MARK II / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM A012 / F1.4 1/40秒 ISO1250 ■

20130626_10_ビシッ!
EOS 5D MARK II / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM A012 / F1.4 1/400秒 ISO100 ■

20130626_12_Godzilla
EOS 5D MARK II / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM A012 / F1.4 1/40秒 ISO640 ■

20130626_11_Kids Tricycle
EOS 5D MARK II / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM A012 / F2.8 1/320秒 ISO100 ■

20130626_08_LED Ceiling lamp
EOS 5D MARK II / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM A012 / F1.4 1/1600秒 ISO100 ■

20130626_13_Blue bicycle
EOS 5D MARK II / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM A012 / F2.0 1/160秒 ISO100 ■

20130626_14_Shine of stainless
EOS 5D MARK II / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM A012 / F4.0 1/100秒 ISO100 ■

  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
神奈川県川崎市にあるシグマ本社で開催された
SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM体感イベントに行ってきました。

真夏みたいな入道雲が見える程良い天気だったのに
30分ほど電車に揺られて最寄りの黒川駅に着いた時は曇り空。
思えば去年85mmF1.4ピント調整してもらいに来た時こんな空だった
20130622_01_SIGMA headquarters
EOS 5D MARK II / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM A012 / F4.0 1/640秒 ISO100 ■

SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSMの“DC”はAPS-C専用レンズの意味。
APS-CセンサーのEFマウントカメラは持ってないのでボディとセットで借りた。
出されたのはCANON EOS Kiss X6i。せっかくなのでこのボディの感想も最後に書きました。


SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM A013
 今回の主役。世界初の大口径F1.8通しズームレンズ。
 全長121.0mm、最大径78mm、重量810gはキヤノンで言えば
 大三元のEF24-70mm F2.8L II USM(113.0mm、88.5mm、805g)相当だけど
 最大径の細さとズーミングで全長が変わらないインナーズームのお陰で
 Kiss X6iの小さいボディでもハンドリングはし易かった。

 ズームリングもフォーカスリングも滑らかで適度な重さがあり操作性は良い。MFもし易い。
 フードやAF/MFスイッチも含めてガタツキは皆無。しっかりと造られた高級レンズの感触がある。
 
 キヤノンユーザー的にはズームリングの回転方向が純正レンズと逆なのが唯一の不満。
 シグマ製レンズの多くはキヤノンと同じく上から見て左が望遠、右が広角だけど
 (タムロンやトキナーではなくシグマを選ぶ理由の一つだったりする。)
 何故か12-24IIなどの広角ズームレンズ系は回転方向が逆。
 何か理由がありそうだけど、聞くの忘れた(汗) 

 肝心の写りの方もピカイチ。本当に最近の単焦点レンズと遜色ない。
 35F1.4A012と同じく収差フリーでスッキリとした写り。ズームとしては文句無し。

 焦点距離の被る20F1.824F1.828F1.8の広角三兄弟の写りは完全に超えてる。
 この三本をAPS-Cボディで使ってる人がいたら18-35F1.8A013一本にまとめる事をオススメします。
 “ズームレンズ=便利”という見方をするとズーム倍率が低く、手振れ補正も無い
 18-35F1.8A013は微妙に思う人もいるかも知れないけど
 “18F1.8、20F1.8、24F1.8、28F1.8、35F1.8の五本の単焦点レンズが一本に収まってる”
 そう考えると18-35F1.8A013の見え方はガラリと変わってくる。
 今時ミラーのあるAPS-C専用の単焦点レンズなんてどこも作っちゃくれないよ?
 “望遠側への需要があってAPS-Cボディを使ってるけど広角~標準域の単焦点レンズが無くて不満”
 18-35F1.8A013はそんな人にこそピッタリはまるレンズなのかも知れない。
20130622_03_SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM A013 + CANON EOS Kiss X6i
EOS 5D MARK II / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM A012 / F2.8 1/40秒 ISO1600 ■

SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM C013
 18-35F1.8A013の凄さは理解した....ような気はするものの
 いつも使ってるボディじゃないし、性能をより正確に確かめるためには比較対象が必要。
 って事で正直噛ませ犬的なつもりで借りてみたものの....これがまた良いのだ。

 18-35F1.8A013からチェンジしたから当たり前だけど17-70F2.8-4C013の小ささ軽さには驚く。
 小さく、軽く、ズーム倍率も高く、寄れる。抜群の使い勝手で全てがイージー。
 それでいて実売4万以下と8万以上する18-35F1.8A013の半額以下だ。
 なるほどコレがArtレンズとContemporaryレンズの違いか。
 一般的なキットレンズの18-55mm F3.5-5.6ってスペックに対しても
 ズーム倍率、F値の明るさ共にアドバンテージがあるのも良いね。

 写りの方はさすがに18-35F1.8A013には敵わない。
 四隅の解像度は落ちるしボケ具合もちょっとうるさい。
 まぁ~良くも悪くもズームレンズ並みと言えなくもない。
 でも最新で最高のレンズを使った後だからそう思うのかも。

 間違いなく『コレじゃ~使えんな』ってレベルの画質ではない。
 その証拠に物欲方面の悪い妄想が膨らんじゃったりしたワケです。
 例えば今回使ったX6i、もしくはもっと小さいX7と17-70F2.8-4C013
 そして30F1.4A013みたいな明るい単焦点レンズがあれば大抵のものは撮れる。
 いつもの重い機材の時よりもどれだけ楽に、そして遠くへ旅行に行けるだろう?とかね。
20130622_02_SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM C013 + CANON EOS Kiss X6i
EOS 5D MARK II / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM A012 / F2.8 1/40秒 ISO1000 ■

CANON EOS Kiss X6i(リンク先はX7i)
 このクラスのカメラは店頭でも殆ど触らないので感想を。
 Kiss X6iのファインダーでピントの山を掴むのはかなり厳しい感じ。
 最近5D2のフォーカシングスクリーンを変えたばっかってのもあるだろうけど
 フォーカスの移動が殆ど分からなくて『あれ?故障?』と一瞬あせったりもしてしまった。

 ファインダーで撮っててもなんだかイマイチ楽しくないので
 バリアングル液晶使ってライブビューで撮ってみたらコレがかなり良い。
 やっぱりアングルに広がりが出るよね。特に低いアングルで縦構図の時に大活躍。
 今まで可動液晶はNEXみたいなフリップアップ&ダウンのタイプがスマートで好きだったけど
 考えを改めさせられたかも。ただキヤノンのバリアングル液晶は嵩張るのが難点。
 ヒンジやベゼル部分をもっとコンパクトに収められれば良いんだけどね。

  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
フジフイルムX100Sシグマ28F1.8下取りに出して購入したシグマ35F1.4A012。
お釣りで戻ってきた1万円でSIGMA USB DOCKフォーカシングスクリーンEg-Sを購入。
20130619_01_CANON Focusing Screen Eg-S + SIGMA USB DOCK
SIGMA DP3 Merrill / F8.0 1/80秒 ISO200 ■

■CANON Focusing Screen Eg-S■
今まで5D2用のフォーカシングスクリーンは方眼タイプのEg-Dを使ってたけど
開放F1.4からバッチリ使えるシグマ35F1.4A012購入を機に交換してみた。
ファインダーの見え方はEg-D比で確かに若干暗くなった気はするものの
世界の立体感が増したような見え方は確かにピントの山を掴み易い。
5D3では出来ないフォーカシングスクリーン交換、堪能せねば。

■SIGMA USB DOCK UD-01EO■
別にシグマ35F1.4A012のピントがズレてる感じはないんだけど
高い物でも無いし今後対応レンズを買う事もあるだろうしって事で購入。

でも正直UD-01の後継、UD-02は出ないだろうな~とか思ってる。
将来的にはマウントの電子接点経由ではなくレンズ側面とかに端子が付いてて
レンズをカメラに装着した状態で直接PCを繋いでセッティング出来る様になるのが理想。
もしくはWi-FiやBluetoothが内蔵されててPCからワイヤレスでセッティング出来るようになるとか。
少なくともSD1 Merrillの後継モデルにはUSB DOCKの機能は内蔵されるはず。

そんな一時しのぎなデバイスだったとしても
ボディとセットでシグマへ送る必要があったピント調整が
自宅で出来るってのはやっぱり画期的だと思う。やってくれるぜシグマさん。
20130619_03_SIGMA USB DOCK UD-01EO
SIGMA DP3 Merrill / F8.0 0.4秒 ISO200 ■

各種セッティングはSIGMA Optimization Pro(SOP)というソフトを使う。
ズームレンズで、カスタムボタンがあって、手振れ補正搭載で、Sportsレンズの
120-300mm F2.8 DG OS HSM S013とかだと多種多様なチューニングが可能だけど
35mm F1.4 DG HSM A012で出来るのは(今のところは)ファームアップとピント調整のみ。

『俺のカメラにはピント調整機能があるから要らねーし』って思ってる人も注目!
SOPのピント調整は最短撮影距離位置、無限園、その間の2点、の合計4地点で調整出来る。
実はこれが結構重要。昔シグマ85F1.4が前ピンだったので5D2のピント調整機能を使ったんだけど
最短撮影距離位置を基準に合わせると今度は無限園が合わないという困った状況に陥った。
仕方なく中間地点で調整して、最短はライブビュー、無限園は絞って対処してた。
その後限界を感じてシグマへ送ってバッチリ合わせてもらったけどね。

というワケで特定の距離だけ調整出来るSOP&USB DOCKはやっぱりスゴイのだ。
最短撮影距離位置と無限園の中間2地点を調整出来たら更に良かったけどね。
35F1.4A012の場合だと0.4m付近と0.6m付近が割り当てられてるけど
個人的には1mと5m付近だったら実際の使い方に合うんだけどね。
ここら辺はSOPのアップデートで可能になる事を願ってる。
20130619_04_SIGMA Optimization Pro
SIGMA DP3 Merrill / F8.0 0.4秒 ISO200 ■

オマケ。
USB DOCKに付属してるボディキャップ。
シグマ製なのにキヤノンEFマウント用のボディキャップって、何気にレアだよね。
20130619_02_SIGMA New Design Body Cap + CANON EOS 5D MARK II
SIGMA DP3 Merrill / F5.6 1/80秒 ISO200 ■

  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
今日も5D2+シグマ35F1.4A012のぶらぶら近所スナップ写真。
意図して撮ってたワケじゃないけど、見直したら
壁とバイクの写真ばっかだった。

今まで基本的には1日1枚ペースできたけど
シグマ35F1.4A012の写真に関しては1日8枚ペース。
もちろん買ったばっかだから沢山撮ってるってのもあるけど
ホントに良く写るし変に手を加えなくても良いか~とか思ったりして
現像に時間が掛からないので結果的に枚数が増える。

その枚数多め作戦に影響された人もいたようで、なんだか嬉し恥ずかしである。


【画像左上のリンクを辿ればFlickrにある大きいサイズのが見られます。】

【→大きいサイズはコチラをクリック←】
20130617_01_STEVE McQUEEN
EOS 5D MARK II / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM A012 / F2.0 1/500秒 ISO100 ■

【→大きいサイズはコチラをクリック←】
20130617_02_Vespa PX200
EOS 5D MARK II / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM A012 / F2.8 1/2500秒 ISO100 ■

【→大きいサイズはコチラをクリック←】
20130617_03_Hydrangea
EOS 5D MARK II / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM A012 / F2.8 1/640秒 ISO100 ■

【→大きいサイズはコチラをクリック←】
20130617_04_Old Motorcycle
EOS 5D MARK II / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM A012 / F1.4 1/800秒 ISO100 ■

【→大きいサイズはコチラをクリック←】
20130617_05_Red Granny's Bike
EOS 5D MARK II / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM A012 / F4.0 1/160秒 ISO100 ■

【→大きいサイズはコチラをクリック←】
20130617_06_Honda Zoomer
EOS 5D MARK II / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM A012 / F1.4 1/2500秒 ISO100 ■

【→大きいサイズはコチラをクリック←】
20130617_07_YO U CHI
EOS 5D MARK II / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM A012 / F4.0 1/125秒 ISO100 ■

【→大きいサイズはコチラをクリック←】
20130617_08_YAMAHA &Vespa
EOS 5D MARK II / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM A012 / F1.4 1/1000秒 ISO100 ■

  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
シグマから色々発表されましたね。

■SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM発売日・価格決定のお知らせ■
 ご存知世界初のF1.8通しズームレンズ。
 スペック的にもサイズ的にも価格は35F1.4A012と同等と予想してたけど
 実売初値が8万円ちょいという破格の値付け。
 開発者は35F1.4A012と同じ人らしいので写りの方も期待出来る。
b0213320_18543174.jpg
 ミラーレス機の拡大とフルサイズ回帰の影響もあってか
 キヤノンやニコンのAPS-C一眼レフ専用レンズは最近放置気味。
 そんな中投入される18-35F1.8A013、こりゃ~バカ売れ確実ですぜ。


■SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM体感イベント開催のお知らせ■
 そんな注目の18-35F1.8A013を発売前に触れて、しかもシグマ本社で開催という嬉しいイベント。
 プレスリリースには展示・試用出来るのはEFマウント用のみと書かれているけど
b0213320_1221050.jpg
b0213320_12256100.jpg
 と、山木社長の鶴の一声で急遽SAマウント用のβ機もMF限定で展示・試用が検討される事に!
 さっすが山木社長!関連部署の皆さん、急な話で申し訳ないですが宜しくお願いします。


■SIGMA DP1(&DP2&DP3) Merrillファームウェアダウンロードサービス開始のお知らせ■
 更新内容は多岐に渡るけど一番影響が大きいのは
 【マニュアルホワイトバランス(晴れ、日陰、くもり、白熱電球、蛍光灯、フラッシュ)の色調を
 DP1 MerrillDP2 MerrillDP3 Merrillの三機種間で統一致しました。】って部分。
 実際DP2MとDP3Mとでは色味がずいぶん違うなぁ~と感じてた。

 Twitterでシグマの桑山さんに
b0213320_139652.jpg
 と、具体的な調整内容について質問してみたところ
b0213320_141405.jpg
 と、丁寧な返答を頂きました。

 個人的にはDP2Mは色かぶりを補正し切れてない印象。
 それに対してDP3Mの色味はより正確性が増してる印象をもってる。
 三機種全てが調整されているとの事だけどDP3M<DP1M<DP2Mといった感じで
 先に出たモデルほど色味が大きく変化してるんじゃないかと予想してる。
 DP2Mは既に手放しているので確かめる手段は無いけどね。


写真は5D2+シグマ35F1.4A012で撮った雨上がりの渋谷&原宿。
今回は多少絞ったのもあるよ。開放からスゴイ写りだけど絞るともっとスゴイんだ。

【画像左上のリンクを辿ればFlickrにある大きいサイズのが見られます。】

【→大きいサイズはコチラをクリック←】
20130616_05_Fixed umbrella
EOS 5D MARK II / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM A012 / F2.8 1/640秒 ISO100 ■

【→大きいサイズはコチラをクリック←】
20130616_06_Rain measures
EOS 5D MARK II / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM A012 / F2.8 1/320秒 ISO100 ■

【→大きいサイズはコチラをクリック←】
20130616_01_Aloha bike
EOS 5D MARK II / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM A012 / F1.4 1/400秒 ISO100 ■

【→大きいサイズはコチラをクリック←】
20130616_04_Mini Cooper
EOS 5D MARK II / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM A012 / F4.0 1/50秒 ISO100 ■

【→大きいサイズはコチラをクリック←】
20130616_08_Silver Fixed Gear Bike
EOS 5D MARK II / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM A012 / F1.4 1/320秒 ISO100 ■

【→大きいサイズはコチラをクリック←】
20130616_02_Renault Quatre
EOS 5D MARK II / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM A012 / F2.0 1/100秒 ISO100 ■

【→大きいサイズはコチラをクリック←】
20130616_03_Pink Fixed Gear Bike
EOS 5D MARK II / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM A012 / F1.4 1/1000秒 ISO100 ■

【→大きいサイズはコチラをクリック←】
20130616_07_Jaguar XJR
EOS 5D MARK II / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM A012 / F2.8 1/125秒 ISO100 ■

  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
先日購入したSIGMA 35mm F1.4 DG HSM A012。
絞り開放からにじみも収差も無く安心してF1.4で撮れる優等生レンズ。

でも周辺光量落ちだけは結構激しい。
F1.4では結構なトンネル具合。
F2.0でかなり改善するけどまだ落ちてる。
F2.8で更に大きく改善して気にしなくて良いレベル。
F4.0でちょっと残ってたのが消えて完璧に。
ってな具合。
まぁ~Lightroomみたいな現像ソフトを使えば
プロファイルが入ってるからワンタッチで消せるけどね。

ただし今日の写真みたいに暗い環境で撮る時はひと手間必要。
±0EVで普通に撮っちゃうと四隅を黒潰れさせちゃう可能性がある。
そうなると現像工程で周辺光量落ちを戻してもノイズまみれになっちゃう。
なのでシグマ35F1.4A012で夜F1.4~2.0で撮る時は+1EV位で撮った方が良いよ。


昨日は渋谷~原宿~表参道の昼スナップ写真を8枚UPしたので
今日は丸ノ内~銀座の夜スナップ写真を8枚UPしましたよ。

【画像左上のリンクを辿ればFlickrにある大きいサイズのが見られます。】

【→大きいサイズはコチラをクリック←】
20130613_01_Marunouchi Motorcycle
EOS 5D MARK II / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM A012 / F1.4 1/30秒 ISO800 ■

【→大きいサイズはコチラをクリック←】
20130613_04_Mercedes-Benz SSK
EOS 5D MARK II / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM A012 / F1.4 1/30秒 ISO320 ■

【→大きいサイズはコチラをクリック←】
20130613_05_Cross bike
EOS 5D MARK II / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM A012 / F1.4 1/30秒 ISO100 ■

【→大きいサイズはコチラをクリック←】
20130613_06_ART
EOS 5D MARK II / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM A012 / F1.4 1/40秒 ISO160 ■

【→大きいサイズはコチラをクリック←】
20130613_07_mini vélo
EOS 5D MARK II / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM A012 / F1.4 1/30秒 ISO400 ■

【→大きいサイズはコチラをクリック←】
20130613_08_Jaguar XK
EOS 5D MARK II / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM A012 / F1.4 1/40秒 ISO2500 ■

【→大きいサイズはコチラをクリック←】
20130613_02_AM1134 文化放送
EOS 5D MARK II / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM A012 / F1.4 1/500秒 ISO100 ■

【→大きいサイズはコチラをクリック←】
20130613_03_Leica
EOS 5D MARK II / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM A012 / F1.4 1/40秒 ISO2500 ■

  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
色々下取りに出して先日購入したSIGMA 35mm F1.4 DG HSM A012
雨上がりの渋谷~原宿~表参道をぶらぶら撮り歩いた中から
開放F1.4で撮ったモノを8枚チョイスしてみた。

シグマ35F1.4A012の開発主眼は軸上色収差を徹底的に除去する事だそうだ。
軸上色収差とはピント面の前後に紫や緑の縁取りが出てしまう現象。
大抵は絞りが開いてる程多く出て絞り込む程に収まってく。

同じシグマの単焦点レンズでも85F1.4は軸上色収差が結構出る。
余りに酷い時はLightroomのブラシツールで消すけど
35F1.4A012に関しては全く必要ないかも。
こりゃ~マジで凄いレンズだぞい。


【画像左上のリンクを辿ればFlickrにある大きいサイズのが見られます。】

【→大きいサイズはコチラをクリック←】
20130612_05_MINI
EOS 5D MARK II / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM A012 / F1.4 1/30秒 ISO100 ■

【→大きいサイズはコチラをクリック←】
20130612_01_Petals season end
EOS 5D MARK II / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM A012 / F1.4 1/250秒 ISO100 ■

【→大きいサイズはコチラをクリック←】
20130612_06_Tiger head
EOS 5D MARK II / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM A012 / F1.4 1/640秒 ISO100 ■

【→大きいサイズはコチラをクリック←】
20130612_02_Cafe & Restaurants
EOS 5D MARK II / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM A012 / F1.4 1/250秒 ISO100 ■

【→大きいサイズはコチラをクリック←】
20130612_07_Under construction
EOS 5D MARK II / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM A012 / F1.4 1/100秒 ISO100 ■

【→大きいサイズはコチラをクリック←】
20130612_03_China teapot
EOS 5D MARK II / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM A012 / F1.4 1/160秒 ISO100 ■

【→大きいサイズはコチラをクリック←】
20130612_08_Telephone booth
EOS 5D MARK II / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM A012 / F1.4 1/400秒 ISO100 ■

【→大きいサイズはコチラをクリック←】
20130612_04_rest
EOS 5D MARK II / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM A012 / F1.4 1/30秒 ISO100 ■

  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
キヤノンやニコンから出てるF1.4クラス以上の明るい単焦点レンズは24、35、50、85の4本。
個人的には35と24を28に集約した3本構成がシンプルだし画角にメリハリが出て好き。

昨年シグマが発表したSIGMA GLOBAL VISIONには大変興奮させられたし
11月末に発売され各所で好評価を得た35mm F1.4 DG HSM A012気になったけど
やっぱり『85や50とセットで使うなら35よりも28の方が良い』って考えは変わらずスルーしてた。

ところがここ最近色々状況が変わってきて今後しばらく撮っていかにゃならんもんが出てきた。
最初は5D2+シグマ50F1.4で挑んだんだけど、明るさや描写は合格だけど画角が狭い。
次点は5D2+シグマ28F1.8だけど開放側は描写が甘く、AFは遅く精度も低い。
じゃ~X100Sなら!と思ったけどやっぱりAF速度が足を引っ張った。

50mmよりも広角、F1.4クラスの明るさ、解放からシャープ、ってなると
もうSIGMA 35mm F1.4 DG HSM A012しか思い付かなかった。
画角の近いシグマ28F1.8とX100Sは思い切って下取り。
1万ほど戻ってきたお釣りの使い道は後日ね。


分かっちゃいたけど改めて見ると新デザインは実にハンサム。思わずDP3Mでブツ撮りしてしまった。
20130610_01_SIGMA 35mm F1.4 DG HSM A012
SIGMA DP3 Merrill / F2.8 1/800秒 ISO200 ■

赤や金のリングに頼らず、素材や仕上げの違いで魅せるモノクロな世界。惚れるわぁ~。
新品だからって事を差し引いてもフォーカスリングは手持ちシグマ製レンズの中で最も滑らかに回る。
20130610_02_SIGMA 35mm F1.4 DG HSM A012
SIGMA DP3 Merrill / F5.6 1/30秒 ISO200 ■

フードに巻かれたラバーにモデル名がエッチングされてる。目立たないけどシブイ。
あとフードのロックとアンロックの間に山があるのが凄く良いね。カチャカチャ鳴らず精緻感がする。
20130610_03_SIGMA 35mm F1.4 DG HSM A012
SIGMA DP3 Merrill / F2.8 1/125秒 ISO200 ■

お約束のナイロンケースもしっかり同梱。発泡スチロールに固められてる安レンズとは違うのだ。
肝心の写りに関しては後日。評判通りスゴイよ。今までのレンズとは明らかに世代が違う。お楽しみに。
20130610_04_SIGMA 35mm F1.4 DG HSM A012
SIGMA DP3 Merrill / F5.6 1/80秒 ISO200 ■

  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
初めて断捨離ってものを知って実践してみたのが2011年の5月
それまではジックリ選んで買ってたので年間の購入数は少なかったけど
買うばかりで手放さなかったので荷物はどんどん増えるばかり。

断捨離を始めて荷物の絶対数は減ったけど、買ったり売ったりの回数は増えた。
売ってる分出費は抑えられてるし、荷物は増えないし、以前より経済を回してるけど
今更ながら何かが違う気がしてきた....コレって本当に、断捨離かぁ?w

とか言ってるそばからまた....
SIGMA 28mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO買ったのは去年の6/22
まだ一年経ってないけど....
更にFUJIFILM X100S買ったのは今年の3/7
まだ三ヶ月しか経ってないけど....
20130605_01_Ferrari 458 Spider
EOS 5D MARK II / 28mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO / F2.8 1/50秒 ISO400 ■

  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]