<   2013年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

一昨日深夜は地震のせいで眠れなくなり
その反動で昨日は日中に寝てしまったので昨晩は全く眠れず。
今朝方空を見たら久々の良い天気だったので、DP3Mをお供にベスパで朝散歩へ出てみた。

最近カメラやレンズが色々発表されたせいでま〜た物欲が刺激されちゃって
Olympus OM-D E-M1まじプロ機だー!超カッケー!とか
Panasonic Lumix GM1超小せぇー!とか
色々妄想が膨らんじゃってた。

でも久々にSIGMA DP3 Merrillのデータを目にするとやっぱり画質でコイツに敵うヤツはいないな〜、と。
でも【中望遠マクロ&おっとりAF&ISO200限定】なDP3Mだけじゃ撮れる被写体は限られる。
【広角&素早いAF&高感度もOK】な相棒がいれば被写体の幅が広がるのにね。
そう、例えばRICOH GRとかRICOH GRとかRICOH GRとか。
だってこの2台、実はバッテリーが共用出来る。
勿論SDカードだって共用出来る。
2台体制には最適。

でもサブカメラ2台体制はDP3MとX100Sでやったけど
たった数ヶ月で解消してるしなぁ〜。
ど〜したもんかなぁ〜…

…とりあえず寝るかぁ〜。

【愛車Piaggio Vespa LX125 3Vネタは別ブログで書いてるのでコチラも宜しくです。】
20131027_03_Piaggio Vespa LX125 3V
SIGMA DP3 Merrill / F2.8 1/100秒 ISO200 ■

20131027_03_Piaggio Vespa LX125 3V
SIGMA DP3 Merrill / F2.8 1/640秒 ISO200 ■

20131027_03_Piaggio Vespa LX125 3V
SIGMA DP3 Merrill / F2.8 1/1250秒 ISO200 ■

  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
21日に銀座ソニービルで話題のSONY a7を触って、さぁ〜て戻るかぁ〜と思ったら
涎モノのクラシックカーの一団が霞ヶ関方面へ走ってくもんだから
ついついベスパで後を追いかけてしまったよw

どうやら18日から4日間かけて1000kmを走破する
La Festa Mille Miglia 2013のゴール直前に遭遇したみたい。
明治神宮で行われたフィナーレから解散の模様をパシャパシャと撮ってみた。

この他の写真もFlickrのSetsにまとめました。コチラもどうぞ。

■No.2_BUGATTI T37A
【20131021_La Festa Mille Miglia 2013】03_No.2_BUGATTI T37A
EOS 5D MARK II / SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM / F1.6 1/125秒 ISO1250 ■

■No.3_BUGATTI T22/T13
【20131021_La Festa Mille Miglia 2013】05_No.3_BUGATTI T22/T13
EOS 5D MARK II / SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM / F1.4 1/50秒 ISO3200 ■

■No.6_BUGATTI T35B & No.13_MG MAGNA K
【20131021_La Festa Mille Miglia 2013】06_No.6_BUGATTI T35B_&_No.13_MG MAGNA K
EOS 5D MARK II / SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM / F1.4 1/80秒 ISO3200 ■

■No.54_MASERATI 200 SI ドライバーは堺 正章さん
【20131021_La Festa Mille Miglia 2013】08_No.54_MASERATI 200 SI
EOS 5D MARK II / SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM / F1.6 1/125秒 ISO2500 ■

■No.21_ALFA ROMEO 6C 2300
【20131021_La Festa Mille Miglia 2013】09_No.21_ALFA ROMEO 6C 2300
EOS 5D MARK II / SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM / F1.4 1/40秒 ISO3200 ■

■No.52_JAGUAR XK120 DHC
【20131021_La Festa Mille Miglia 2013】11_No.52_JAGUAR XK120 DHC
EOS 5D MARK II / SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM / F4.5 1/80秒 ISO3200 ■

■12_No.77_MG MGA ドライバーは鈴木 亜久里さん
【20131021_La Festa Mille Miglia 2013】12_No.77_MG MGA
EOS 5D MARK II / SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM / F1.6 1/80秒 ISO1000 ■

■No.11_ASTON MARTIN INTERNATIONAL LE MANS
【20131021_La Festa Mille Miglia 2013】14_No.11_ASTON MARTIN INTERNATIONAL LE MANS
EOS 5D MARK II / SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM / F1.6 1/125秒 ISO1250 ■

■No.34_MORASSUTTI SPORT ドライバーは片山 右京さん
【20131021_La Festa Mille Miglia 2013】15_No.34_MORASSUTTI SPORT
EOS 5D MARK II / SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM / F1.4 1/125秒 ISO1600 ■

■No.48_BANDINI 750 SPORT
【20131021_La Festa Mille Miglia 2013】20_No.48_BANDINI 750 SPORT
EOS 5D MARK II / SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM / F1.4 1/20秒 ISO3200 ■

  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
オープンカーで走りたくなる季節になってきましたね。
オープンカーってつい夏を連想しがちだけど
実際は秋~春が快適なんだよね。

余程のクラシックカーじゃない限りエアコンが付いてるし
幌上げて窓閉める事も出来るから冬でもOK。
バイクじゃ冬は厳しいもんなぁ~。
20131011_01_Mini Cooper S Convertible
EOS 5D MARK II / SIGMA 85mm F1.4 EX DG HSM / F1.4 1/2000秒 ISO100 ■

シグマ 85mm F1.4 EX DG HSM キヤノン用 85mm F1.4 EX DG HSM EO  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
いつもTwitterでカメラ談義をさせてもらっているm4userさんがRICOH GRを購入。い~な~。

写真をちゃんと撮る時の基本は
足は肩幅に開き、脇を締めてカメラは体の正面に。
ファインダーを覗いてじっくりと標的を狙い、撃つ。じゃない、撮る。

でもGRみたいなスナップカメラの撮り方は
立ち止まらず、構えず、覗かず、撮り、そのまま立ち去る。
カメラが小さくて軽いと、気持ちも、足取りも、撮り方も全部変わるよね。

※2013/10/11(金)追記※
なんとm4userに続き今日はnikon_fm2さんまでGRを購入!
ヤバイわー!身の回りでGRブーム来てるわー!次はBLACKPORTERさんが逝くだろうなーw

GR良いなぁ~と思うけど
べスパ買っちゃったからしばらくカメラ関係にお金回せない。
28mm繋がりって事で久し振りにSIGMA 28mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACROでの一枚。
20131010_01_Jaguar X-Type & Alfa Romeo Spider
EOS 5D MARK II / 28mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO / F8.0 1/13秒 ISO400 ■

  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
最近はTwitterInstagramベスパ写真ばかりだったけど
カメラネタを忘れたワケじゃ~ございません。

10月23日から始まるPhotoPlusExpoへ向けて
各社から新カメラ、新レンズの発表ラッシュが始まりました。

PENTAX K-3
 “PENTAX K-3”と書くのが良いか“RICOH K-3”と書くのが良いかは分からないけど
 内容はK-7からK-5へと進化した時以上に気合の入ったモデルチェンジだね。
 ファインダーの倍率やAF等のペンタックスカメラの弱点は重点的に補強されてるし
 ボディ内手ぶれ補正を使ってローパスフィルターの役割をさせるローパスセレクター機能も面白い。
 星を追ったり、水平出したり、視野率100%にも貢献したり、ペンタのSRは万能だね。
 4Kのインターバル動画も搭載。4KモニターやTVの普及はまだまだだけど
 時代に先行して機能を搭載してきてるのは良いと思う。
 あとはセンサーがフルサイズだったら文句なし。え?それは言わない約束?
 まぁK-3の事を“Kマウントデジタル一眼レフカメラのフラッグシップモデル”と言ってるからねぇ。
 それこそ同じく今日発表されたNIKON D610とか良いんじゃない?w

NIKON D610
 え?もうモデルチェンジですかい?ってのか正直なところ。
 内容も地味チェン。D600で発生した問題の対策の方がメインなんじゃない?
 それでもライバルのCANON EOS 6Dと比べると写真機としての機能は優れてた方なので
 少しではあるけど今回更にスペックアップして、問題点も解決したとなれば
 新しく買うユーザーからすれば嬉しい事だらけだね。
 D600ユーザーは可哀想だけど。

 キヤノンも対抗してEOS 6.1Dとか出さないかなぁ~?w
 個人的には1/8000秒が使えるようになるだけで一気に魅力的になるんだけどね。

CarlZeiss Otus1.4/55
 既に開発発表はされてた一眼レフ用の新レンズシリーズの第一弾。
 E&Xマウント向けレンズはインコやオウムを指すTouitってシリーズネーム。
 今回発表された一眼レフ用新レンズのシリーズネームOtus。フクロウとかの事を指すらしい。
 オートフォーカス音が結構うるさいTouitがインコやオウムで
 オートフォーカスを搭載しない無音のOtusがフクロウってのは確かに合ってるなw
 しかしいくら性能最優先で設計したっつったって
 全長144mm、質量1030g(共にZE)、そして4000ドルって価格には驚いた。ってか笑ったw
 コレ1DXD4に着けてもフロントヘビーでお辞儀するんじゃね?

 「ツァイスの標準レンズと言えばプラナー(ガウスタイプ)だろ!」
 って人達がどう評価するのか気になる。でも一番気になるのはやっぱり製造元。
 Touitシリーズが発表された時も
 「やっぱコシナじゃね?」
 「コシナってAFレンズ作れんの?」
 「じゃ~昔の馴染みで京セラオプテックとか?」
 「いやいやカメラ用レンズから撤退してからもう何年経つよ?」
 「写りは良いらしいよ。最近良いレンズを連発してるシグマだったりしてね!」
 と色んな噂が出てた。
 まぁ正直Touitシリーズに関しては富士フイルムだと思うけどね。
 Otusシリーズはドコだろう?MFレンズだしコシナかな。
 今年のCP+ではコシナブースに展示されてたし↓
20131008_02_Carl Zeiss Otus 1.4/55 + Apo Sonnar T* 2/135
EOS 5D MARK II / EF24-105mm F4L IS USM / F4.0 1/60秒 ISO800 ■

と、今日発表された分だけでもご飯が美味しく食べられる程だけど
今後もまだまだ色んなモデルが発表されるらしい。
■ソニーのフルサイズミラーレスα7&α7R
■キヤノンのEOS 5D3の上位機種(3D?)
■キヤノンのミラーレスEOS M2
■フジフイルムのミラーレスX-E2
■パナソニックのミラーレスGM1
などなど。どれも楽しみだ。

ある程度出揃ったらまた比較表とか作ってみる予定。
20131008_01_CAMERA BAG
EOS 5D MARK II / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM A012 / F1.4 1/40秒 ISO500 ■

  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
御茶ノ水ソラシティ裏にある60インチディスプレイ27面を使ったデジタルアート。
東京近郊の光景が何種類も表示される。前を通るとついつい見入っちゃう。
20131002_01_Ochanomizu sola city Digital Art
EOS 5D MARK II / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM A012 / F2.8 1/30秒 ISO160 ■

  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
写真管理・現像で愛用してるAdobe Photoshop Lightroom(以下Lr)を5.0から5.2にアップデート。
改善ポイントは色々あるけど個人的に一番気になってたのは
“ディテールパネル、カラー ノイズ軽減の下に「滑らかさ」調整のスライダーが追加。
低周波カラー時に発生するまだらなノイズの軽減が可能”
の部分。

メインで使ってるCANON EOS 5D MARK IIは暗部のカラーノイズが結構酷い。
露出が不十分だと暗部に紫や緑のまだら模様が盛大に出るんだよね。
今までもLrのカラーノイズ除去数値は常に最大にしてた。
それでも救済し切れない時はどうしてもあった。

例えば夜、カッコイイ車が停まってたとする。
±0EVでF1.4、1/30秒、ISO1600みたいな環境だったとする。
絞りはコレ以上開けられない、シャッタースピードも下げられないって状況の時
そのままの設定で撮っても良いんだけど、あえて+1EVでF1.4、1/30秒、ISO3200で撮ったりする。

ISO感度が一段上がってる分眠くなってしまったディティールや
+1EVで撮った分白飛びがちになってる部分ってのは結構救済出来る。
でも露出が足らず情報が十分に記録されてない暗部の救済ってのは難しい。
±0EVで撮ったモノより+1EVで撮って現像工程で-1EVした方が良い結果になる。
逆にISO感度を上げるのを怖がって-1EVで撮って現像工程で+1EVするのは全然ダメ。

さて、そんな厄介な暗部カラーノイズをLr5.2はどれだけ救済出来るのか…
20131001_02_Adobe Photoshop Lightroom 5.0 vs 5.2
おお!いいね!かなり改善された!Vespaエンブレムの下辺りのカラーノイズがキレイに消えてる!
これなら暗部ノイズ回避に+1EVで撮る事も減るかも。ローキーな表現もし易くなるな!

写真は買ったばかりの愛車Piaggio Vespa LX125 3Vで木更津まで行った時のモノ。
いや~初めて行ったけど良い場所でした。詳しくはバイク版(Moto Edizione)ブログの方に書く予定。
20131001_01_Piaggio Vespa LX125 3V + Caberg Riviera V2+
EOS 5D MARK II / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM A012 / F1.8 1/8000秒 ISO100 ■

  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]