<   2014年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

今日で二月も終わり。明日から三月。春が近づいてきた。
冬場は身体があっちこっち痛くなるので春を待ち遠しく思う時期。
でも、正直今年はあんまり嬉しくない。
20140228_01_Bench
SIGMA DP3 Merrill / F5.6 1/60秒 ISO400 ■  【等倍はコチラ】

  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
今日は雨が降ったり止んだり、どんより薄暗ぁ~い一日でしたね。
こーいう天気、Foveonセンサーは大好物ですw

SIGMA DP Merrillシリーズ用【Li-ionバッテリーBP-41プレゼントキャンペーン】は2/28まで!
20140227_01_Trumpeter of red muffler
SIGMA DP3 Merrill / F2.8 1/80秒 ISO400 ■  【等倍はコチラ】

  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
ポルシェやフェラーリ、ランボルギーニみたいな大排気量のスポーツカーも勿論好きだけど
街中でも気軽に乗り回せるサイズのオシャレなスポーツカーの方が好き。
ミニのクーペ、いいねぇ。ぐっと来るじゃないかぁ…

SIGMA DP Merrillシリーズ用【Li-ionバッテリーBP-41プレゼントキャンペーン】は2/28まで!
20140226_01_Mini Coupe
SIGMA DP2 Merrill / F2.8 1/30秒 ISO200 ■  →等倍はコチラ←

シグマ デジタルカメラ DP2 Merrill 4600万画素  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
昨年12月に延長されたSIGMA DP1 DP2 DP3 Merrill向けの
Li-ionバッテリーBP-41プレゼントキャンペーン期間がいよいよ今週金曜日で終了。

余りの燃費の悪さで最初からバッテリーを2本同梱して話題になったDP1M~DP3M。
それでもライバルと比べると少ないって事で更に2本追加で4本同梱された状態で出荷されてる。

キャンペーン内容によればキャンペーン対象商品のパッケージには識別用シールが貼られてるようだ。
3月になってキャンペーンが終了した瞬間店員が箱の中からバッテリーを2本抜いたり
キャンペーン対象商品をメーカーへ差し戻したりはしないだろうから
店頭に在庫があれば3月以降も買えるだろうけど
購入を考えてる人はお急ぎを。

センサーの構造が大きく変わった後継機のQuattroシリーズもすごく気になるけど
発売は夏以降だし、あの大きなサイズだし、価格は少し上がりそうだし
『Foveonってどんなだろう?』って好奇心を満たすには
ちょっとハードルが高くなっちゃったよね。

本命はQuattroとしてもまずはMerrillシリーズでFoveonがどんなもんか試してみるのも良いと思う。
Merrillシリーズなら現状5万以下だし広角、標準、中望遠マクロとラインナップも揃ってるし。
確かに色々不便も多いカメラだし、専用現像ソフトの使い勝手もイマイチだけどさ
出てくる画質(特にモノクロ)に関しては本当に凄いので、是非お試しを。
20140225_01_Metallic handrail
SIGMA DP2 Merrill / F4.0 1/100秒 ISO100 ■  →等倍はコチラ←

シグマ デジタルカメラ DP2 Merrill 4600万画素  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
今日は妹の結婚式でした。無事に終わって何より。お幸せに~。
明日は写真の選別と現像とスライドショーの作成とプリントとえ~とそれから…
遠足は家に帰るまでが遠足。結婚式は写真(撮影データ)を渡すまでが結婚式。頑張れLightroom
20140222_02_Bride and groom
EOS 5D MARK II / SIGMA 85mm F1.4 EX DG HSM / F2.8 1/80秒 ISO1000 ■

20140222_01_Parents of the bride and groom
EOS 5D MARK II / SIGMA 85mm F1.4 EX DG HSM / F2.8 1/60秒 ISO400 ■

シグマ 85mm F1.4 EX DG HSM キヤノン用 85mm F1.4 EX DG HSM EO  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
大雪で一日中止された波乱のCP+も終わってひと段落…かと思いきや
今週末は妹の結婚式だし、来週は雪で延期になった引越しだしでバタバタしてる。

明日は各カメラ雑誌の発売日。
毎月買ってるカメラマガジン、今月は【上手くなる道具(カメラグッズ)】特集。
CP+開催前に発表されたX-T1E-M10PowerShot G1 X Mark IIa6000
NOCTICRON 42.5mmF1.2 ASPH.NOKTON 25mm F0.95 TypeIIの記事もある。

もう一つ気になる雑誌が創刊。
女子カメラの男子版、eye's【DANSHI:CAMERA】だ。
コンセプトは30~40代男性のためのデジタルカメラ専門誌。俺ももう30代。買ってみるか。

あぁ~、日向ぼっこしながらまったりカメラ雑誌に目を通す時間が欲しぃ~…
20140219_01_Catnap
RICOH GR Limited Edition / F2.8 1/2000秒 ISO100 ■

  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
SIGMA dp2 Quattro(dp2Q)のデザインで何が衝撃だったってやっぱりこのグリップ形状でしょう。
SIGMA DP2 Merrill_vs_QuattroDP2(unofficial)
普通は中指から小指の引っ掛かりを重視して前側へ出っ張ってるもんだ。
前側よりも後側の方が出っ張ったグリップなんて初めて見た。
カメラバッグ内の収まり悪そ~とか思っちゃう。

そんなdp2Qの気になるグリップをCP+で確かめてきた。
正直、最初は戸惑った。え…マジかコレ…ど、どーすれば…と。
すると説明員さんが「戸惑いますよね。私も最初はビックリしましたw
dp2Qのグリップはユニバーサルデザイン(UD)になっていて手の小さい人も大きい人も
しっくりくる持ち方が出来る形状なんです。あれこれ考えずに握り易いポジションを探してみて下さい。」
との事。

正直
『説明なしでも直感的に扱える、人の体のカタチに自然にフィットするのがUDなんじゃ…』
とか思ったものの、言われた通り色々試してみて、dp2Qの持ち方が分かってきた。
SIGMA_dp2 Quattro_How to grip
まずは上。一眼レフみたいにグリップが出っ張ったカメラの持ち方。
手の平をグリップ側面に押し付けて前と後からグリップをしっかり握って
側面から人差し指をシャッターボタンへ伸ばす。コレだと角ばっか当たって全然ダメ。

次に真ん中、コンデジやミラーレスみたいなグリップの出っ張りが少ないカメラの持ち方。
中指~小指は下へ寝かせて、親指も横ではなく上へ伸ばす。
一眼レフ的な持ち方よりはフィットするけど背面液晶横の4つのボタンへ指が届かない。
シグマ製カメラの特徴でもあるQS(クイックセット)ボタンが遠いのは致命的。

ってな感じで行き着いたのが下の後側からアプローチする持ち方。
カメラを上から見て右下になる角Rが一番大きい部分を手の平の中心に当てて
親指と中指~小指は先端だけ前後の突起に引っ掛けるようにする。
そして人差し指は右後方からシャッターボタンへ伸ばす。
角が当たる感じも少ないし各ボタンも押し易い。

山木社長のプレゼンでも
「背面液晶を見ながら撮るならグリップは前ではなく後にあった方が握り易い。」
「週末にテスト機を借りて使っているが使えば使うほど手に馴染んでくる。」
「Twitterに使い辛いとか握り辛いとか書くのはちょっと待って頂きたいw」
「2~3日使ってみて『コレいーじゃん!』となってから発言して下さいw」
と言っていたのでまぁ~曲者グリップであるのは間違いないw

発売は夏以降になるというdp2Q、明日のCP+最終日を逃すと半年ぐらい触る機会は無いかも。
是非シグマブースへ立ち寄ってdp2Qの自分に合った握り方を探してみて下さい。
20140215_02_SIGMA dp2 Quattro
RICOH GR Limited Edition / F4.0 1/30秒 ISO100 ■

あと山木社長のQuattroセンサーついてのプレゼンも必見です!
20140215_01_CP+ SIGMA Booth
RICOH GR Limited Edition / F4.0 1/30秒 ISO140 ■

  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
別に開催日を間違えたワケじゃないw
毎年CP+の横で開催してる御苗場写真展
友達のBLACKPORTERさんが参加するという事で
搬入と設営作業を手伝いにパシフィコ横浜へ行ってきた。
学生ブースS03です。CP+会場へ行った際は是非お立ち寄りを。

本当は開催初日の今日CP+へ行くつもりだったけど急用で明日以降に延期に。
明日金曜はまた雪が降るらしい。そして土曜は雨、日曜は激混み必至だろうし…あわわ。


昨日のパシフィコ横浜はまだまだブース設営で大忙し。SIGMAブース、楽しみだなぁ。
20140213_05_CP+2014 “SIGMA”
RICOH GR Limited Edition / F2.8 1/30秒 ISO500 ■

GoProブースに展示されるSUZUKI Swift Sportsが普通に廊下に停めてあったり。
20140213_04_SUZUKI Swift Sports GoPro Racing
RICOH GR Limited Edition / F2.8 1/30秒 ISO160 ■

パシフィコ横浜メイン会場の隣にはレクサスがずらーっと。
20140213_03_Lexus Lineup
RICOH GR Limited Edition / F2.8 1/30秒 ISO1600 ■

碧く染まるみなとみらい…キレイな街だなぁ…
20140213_02_Minato Mirai 21
RICOH GR Limited Edition / F2.8 1/30秒 ISO1000 ■

CP+を堪能した後は夜景を撮り歩きながら帰りましょう。
20140213_01_Minato Mirai 21 Illumination
RICOH GR Limited Edition / F2.8 1/90秒 ISO100 ■

  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
斬新なデザインとQuattroセンサーの画質がスゴく気になる
SIGMAの新しいdp(今回から小文字になったね)2 Quattro(dp2Q)。
SIGMA DP2 Merrill_vs_QuattroDP2(unofficial)
センサーが新世代になれば専用現像ソフトのSIGMA Photo Pro(SPP)も新しくなるのに違いない!

既に公開されてるdp2Qのスペック現行DP2Mのスペックを比較すると…
1.RAWの記録方式が【ロスレス圧縮12-bit】から【ロスレス圧縮14-bit】に変更。
2.アスペクト比を21:9、16:9、3:2、4:3、1:1から選べるようになった。
3.ホワイトバランスの項目に【オート(色残し)、色温度指定】が追加。
4.カラーモードに【シネマ、サンセットレッド、フォレストグリーン、FOVクラシックイエロー、】が追加。
  (【白黒、セピア】は【モノクローム】へ集約?)
5.インターフェースに【レリーズ専用端子】が追加。
といった違いが見えてくる。

その内2と3の変更点はSPPの機能にも影響してくる項目。
アスペクト比の変更からはトリミング機能の追加を期待させるし
WBの色温度指定の追加はSPPがカラーホイールを使った色補正から
より使い易い(個人的意見)色温度指定での色補正に舵を切る事を臭わせる。

1と4の変更点からはQuattroセンサーがMerrillセンサーよりも
柔軟かつ豊富な色情報を記録出来るスペックを持っている事が伺えてくる。
追加されるカラーモードはどれもスタンダードに対する振り幅が大きそうな名前だ。
記録方式が14-bitになった事とG層とR層がより多くの色情報を記録出来るようになった事で
より大胆なカラーモードを設定出来るようになったんじゃないか?=SPPの調整幅も広がるんじゃない?

…とか、勝手に妄想を膨らませてワクワクしているワケです。
早くdp2Qに触ってみたい!そして次のSPPに関しても聞いてみたい!

開催まで一週間を切ったCP+。さぁ〜て今年は何が釣れるかな…
20140211_01_Anglers
SIGMA DP3 Merrill / F5.6 1/200秒 ISO100 ■  【等倍はコチラ】

  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
午前中まだ頭が寝てる時間帯にiPhoneでリーク画像を見た時は『まっさか〜w』と思った。
昼になって大きな画面で見直して『コレはマジっぽいな』と思って即席で作ったDP2Mとの比較がコレ。
SIGMA DP2 Merrill_vs_QuattroDP2(unofficial)
ホットシューの大きさを基準にしてリサイズしててビビった!横幅スゴいんですけどぉ!
あとグリップ!どっちに出っ張っとんねん!カメラバッグにどう入れれば良いんだよ!とか思ってたw

したら夕方になって正式発表
新しいジェネレーションネーム“Quattro”の由来は新型Foveonセンサーから来てた!
b0213320_23444190.gif
今までのFoveonセンサーと同じBGRの三層構造なのは変わらないけど
B(ブルー)層に対してG(グリーン)層とR(レッド)層の画素数を1/4に減らす事によって
今までのFoveonセンサー共通の弱点だった高感度画質が大幅に改善されたようで興奮を抑え切れない!

ベイヤーセンサーと違ってB、G、Rの数が1:1:1なのがFoveonの強味ではあったけど
新モノクロームモードのB100%での現像を見れば分かる通り
実際はG層とR層が足を引っ張ってた。

今までは同じ画素数の三層全てから輝度情報と色情報を取り込んでデータを形作ってたけど
新しいQuattroセンサーではB層とG+R層とで役割の比率に差がつけられた。
最も上層にあって光が潤沢に届くB層で輝度情報を読み込んで
受光性能の上がったG+R層の色情報を足して
最終的な画質を作っていく事に。

B層の画素数をMerrill世代の約1500万画素から約2000万画素にUPして解像度をUPさせ
足を引っ張っていたG+R層のピクセルサイズを拡大して高感度性能をUP。
長所は更に伸ばし、短所は改善させる良いアイデアだね。

問題は三層それぞれの画素数の違いから偽色が発生するんじゃないか?って事だけど
コレばっかりは実際に作例が出てこないと何とも言えないね。
(高感度がどれだけ改善されるかもね。)

DP2 Quattro(DP2Q)の斬新過ぎるデザインや
スペックシートから垣間見える次のSPPについてはまた次回。


新型Foveonセンサーの名前がQuattroっちゅ〜ワケで、アウディR8の写真でもどうぞw
20140210_01_Audi R8
RICOH GR Limited Edition / F5.6 1/60秒 ISO100 ■

  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]