<   2014年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

19日にシグマ本社で開催された新型50mm F1.4 DG HSM A014体験イベント
良いか悪いかは微妙だけどそんなに大混雑する事も無くじっくり50F1.4A014を触る事が出来た。

デザイン・ボリューム感・操作性は本来発売後に書くべきなんだろうけど
キヤノン向けに関しては発売一週間前という事もあってこういうイベントでお約束の
【開発中の試作品につき製品版とは細部が異なる可能性があります】的な注意書きは一切無し。
3日後の25日(金)には正真正銘の製品版が手元に届く予定だけど、まぁ一足先に書いちゃっても良いかな。

1月の発表時はまだ質量は公表されてなかったけど
使われてるガラスの枚数やボリューム、サイズから【800g前後は覚悟した方が良さそう。】と書いた。
旧型になる50F1.4EXが出た時も、85F1.4EXが出た時も、35F1.4A012が出た時も
その大きさや質量が話題になった。コレはもうシグマレンズのお約束。
他社の同スペックのレンズよりも大きく重い分高性能。
個人的にはそう前向きに捉えてきた。

確かに他社の近いスペックのレンズと比べると大きく重い(今回はもっと凄いヤツが居るけどw)。
でもEOS 5D MARK II(バッテリー+カード込みで905g)とかに装着するなら丁度良い。
24-105F4L12-24II(どちらも670g)や35F1.4A012(665g)と同レベル。
ボディ+レンズで1500g以上の領域の100gとか正直誤差の範囲。
一日持ち歩いた時の疲労度の違いも多分分からないよ。

三井公一氏がトークショーで言ってたけど
SIGMA GLOBAL VISION以降のレンズはカッコイイだけじゃなくて操作性も良くなった。
・フィルター径(前玉部分)は大きいけどフォーカスリング部分はスリムで某50F1.2より操作し易い。
・フォーカス切り替えスイッチも以前の形状は不意に切り替わってしまう事があったが今は無い。
・旧スイッチは切り替えのし易さを重視したんだろうけど現場では意図せず切り替わらない事の方が重要。
・今回からフルタイムマニュアルフォーカスのカスタマイズが可能になったので操作性が更に向上した。
全く同意です。

個人的に付け加えるなら35F1.4A012比でフォーカスリングが手前に移動したのが凄く嬉しい。
左手はレンズ側を持つんじゃなくマウント部分を中心にボディとレンズ両方支えるように持つんだけど
35F1.4A012のフォーカスリングは正直ちょっと遠かった。50F1.4A014は凄くMFし易いよ。
その他AF速度やフォーカスリングの感触、フードの装着感、ボリュームは35F1.4A012とほぼ同等。
旧型になる50F1.4EXのAFはガタガタ音がするしスピードも決して速くはなかったけど新型なら大丈夫。

それでもまだ大き過ぎる!重過ぎる!(あと高過ぎる!も?)って思う人は是非試写してみて下さい。
『大きい!重い!高い!…けど、コレだけ写るなら…仕方ないかぁ…』ってなると思いますw
20140422_01_SIGMA 50mm F1.4 DG HSM A014 + CANON EOS 5D MARK II
SIGMA DP3 Merrill / F2.8 1/8秒 ISO200■  【等倍はコチラ】

  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
昨日シグマ本社で開催された新型50mm F1.4 DG HSM A014体験イベントへ行ってきた。
旧型になる自前の50mm F1.4 EX DG HSMも持ち込んで比較撮影してみたよ。
新旧レンズ2本×全8絞り×3パターン計48枚。FlickrにUPしました。

■三脚+ライブビュー+MFでRAW撮影。
■ボディはCANON EOS 5D MARK IIを使用。
■RAWデータをLightroomでWBを揃えてTiffで出力
 →Photoshopでレンズ名と絞り値を記入してJPEGで保存。
■色味が違う写真があるのは会場内照明の調整作業中だったため。
■絞り優先モードで撮ったのでシャッタースピードとISO感度は違います。

まずはこんな一枚。
ピント面のグラスでシャープさを、左の金属トレイでフリンジを、背景の丸ボケで年輪ボケをチェック。
【20140419_SIGMA 50mm F1.4 New & Old Comparison】01_A014_F1.4
EOS 5D MARK II / SIGMA 50mm F1.4 DG HSM A014 / F1.4 1/40秒 ISO125■

拡大してみると新型の方がモヤつきも無く、色収差も少なく、年輪ボケも無くて全体的にクリアな写り!
b0213320_2252459.png


続いてはこんな一枚。
細かいディティールが連なる真珠のネックレス。最短撮影距離近辺での前後ボケの荒れ具合をチェック。
【20140419_SIGMA 50mm F1.4 New & Old Comparison】17_A014_F1.4
EOS 5D MARK II / SIGMA 50mm F1.4 DG HSM A014 / F1.4 1/50秒 ISO160■

旧型はボケの輪郭がハッキリしててかなりザワザワしてる。新型は素直にとろけてくね。
b0213320_226172.png


最後はこんな一枚。
二枚目と同じく最短撮影距離近辺での写りと周辺光量をチェック。
【20140419_SIGMA 50mm F1.4 New & Old Comparison】33_A014_F1.4
EOS 5D MARK II / SIGMA 50mm F1.4 DG HSM A014 / F1.4 1/40秒 ISO160■

近距離×開放というレンズには一番厳しいコンディションだけど新型はバッチリ!旧型はモヤ~。
でも後の青いラベルの瓶を見ると新型は白い文字が二線ボケになってる。
そこんところ旧型はモヤ付きが良い方向に働いてるね。
b0213320_2262675.png

今回は開放×近距離での比較を中心に書いたけど
絞っていった時の解像度もその立ち上がり方も新型の方が高性能。
全体的には各賞を総なめにした35F1.4A012に近い収差の少なくクリアで現代的な写り。
撮りたかったモノはしっかり写って、それ以外は素直にボケてくれる。さすがデカくて重いだけの事はある!
どんどん高画素化してくカメラと組み合わせるならやっぱり新型の方が向いてると思う。
モニターで見て、うぉー!すげぇー!こんなに写ってるぅー!ってのは
それが全じゃ無いけど、やっぱり楽しくなるもんねぇ~。
純粋に“進化してる!”って実感出来るもの。

50F1.4A014使ってすげぇー!って感動しないのは多分Otus1.4/55ユーザーぐらいかとw
Otus1.4/55の日本導入は5月みたいなので、今50F1.4A014使えば間違いなく全員感動する計算だね!w

ただ【収差=レンズの味(癖)】としてプラスに捉えて作風に活かしてる人にとっては味気なく感じるかも。
そーいう人には旧型かもっと別のレンズの方が良いかも。このレンズは助けてくれないw
旧型の製造は既に終了してるみたいだけど(新型と比べると)小型軽量安価だし
二線ボケを嫌うなら在庫がある内に旧型を狙うのも有りかもね。

新型のキヤノン用の発売までもう一週間を切った。
手元に届いたらもっと色んなシチュエーションで比較してみる予定。お楽しみに。
そうそう今月号のデジタルカメラマガジンは50F1.4A014の開発者インタビュー記事が載ってるので必見!

  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
1月の発表以来ずっと気になってたレンズSIGMA 50mm F1.4 DG HSMがついに正式発表。
キヤノン用の発売日は4/25(金)で、希望小売価格127000円(税別)。8%消費税込みで137160円也。

フィルム時代の事までは知らないけど、今までの例で言えば
50mmF1.4ってレンズは最も小さく、最も安いってパターンが多かった。
そこから広角側へ行っても、望遠側へ行っても大きく、重く、高くなる。それが普通。
でもこの50F1.4A014は違った。先に出てた35F1.4A012よりも大きく、重く、高い50mmF1.4。
気になって、気になって、気になりまくって、CP+で試写して、正式発表を機に即予約。
今まで発売日に即購入したモノはあるけど、発表日に即予約したモノは初めて。

更に!
全くの新発表としてSIGMA Optimization Pro(SOP) Ver. 1.2.0のリリースも出た!
USB DOCKと50F1.4A014を繋ぐ事でフルタイムマニュアルフォーカスのカスタマイズが可能に!

1.シングルショットAF時でピント合焦後にのみ、フルタイムマニュアルが可能なモード。
2.オートフォーカス作動中でもフォーカスリングを回すだけでマニュアルフォーカスに切り替えるモード。
の切り替えと、フォーカスリングを回してからMFに切り替わるまでのタイミングの調整が可能に!
う~ん、コレって発売済みの35F1.4A012とかでも調整出来るようにならないかなぁ…

USB DOCKとSOPの重要度がどんどん増してきたね。
同時に他社に対するシグマのアドバンテージも増し増し汁だく状態。
SIGMA GLOBAL VISION以降のレンズを使うなら必須のオプションパーツだと思う。


どちらも実際に使うのが楽しみ!
発売までは旧型になる50F1.4EXを中心に使って
50mmの感覚を思い出しつつ来たるべき新旧対決に備えるとしよう。
20140412_01_ISUZU 117 Coupe
EOS 5D MARK II / SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM / F2.0 1/1600秒 ISO100■

  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
昨日に引き続きLightroom5.4FUJIFILM X100SのRAWデータに
フィルムシミュレーションを施してみた。
いやはや、皆良い塩梅。

小田急の60000形ロマンスカーMSEをASTIA/SOFTで。
色は落ち着いてるけどメリハリはあって“SOFT”どころか“SHARP”な感じ。
20140410_01_Odakyu 60000 Multi Super Express
FUJIFILM X100S / F2.0 1/1000秒 ISO200 ASTIA/SOFT■

代々木公園の桜と菜の花をVelvia/VIVIDで。力強い描写。
20140410_02_Cherry blossom & Field mustard
FUJIFILM X100S / F2.0 1/400秒 ISO200 Velvia/VIVID■

フォルクスワーゲンのビートル・カブリオレはPro Neg. Hiで。ちょっとダークで渋カッコイイ。
20140410_03_Volkswagen New Beetle Cabriolet
FUJIFILM X100S / F4.0 1/30秒 ISO1000 Pro Neg. Hi■

太陽光がタップリ差し込むKITTEはPROVIA/STANDARDで。
このPROVIAがデフォルトの設定になってるけど決して無難な色じゃない。
むしろASTIA/SOFTの方がニュートラルな色味でスタンダードっぽい。
そこを敢えて主張のある色味のPROVIAをデフォルトに設定した事で
『お!コレが富士フイルムの色か!』と思わせる作戦なんだろう。
富士フイルムさん、大成功ですよ。この色、カッコイイです。
20140410_04_KITTE
FUJIFILM X100S / F5.6 1/200秒 ISO200 PROVIA/STANDARD■

アイアンマン マーク42。色々適用してみて一番インパクトが強いのはやっぱりVelvia/VIVID。
正直フィルムのVelviaはちょっとコクが強過ぎてコダックのE100Gの方が爽やかに鮮やかで好きだった。
でもモニターで見る“デジタルVelvia”の塩梅はかなり好き。無補正よりはしっかり主張を強くしつつ
決してやり過ぎてないレベルの補正。一から自分で補正してくとついやり過ぎちゃうんだよね。
20140410_05_Iron Man Mark 42
FUJIFILM X100S / F2.0 1/30秒 ISO640 Velvia/VIVID■

  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
Adobe Photoshop Lightroom5.4が発表された。
いつも通りの対応カメラやレンズプロファイルの追加に加え
今回の大きなトピックはiPad用アプリ、Lightroom mobileとの連携と
FUJIFILM Xシリーズに搭載されてるフィルムシミュレーション機能に対応した事。

今年創立80周年を迎えた富士フイルムの開発スピードは驚くばかり。
高級コンデジやミラーレス市場への進出は比較的遅かったけど
フィルムを作ってきたという他社にない強みを活かして
今や両ジャンルでしっかりとした基盤を築いてる。

その強みたるフィルムシミュレーション機能がJPEGでしか楽しめないのがジレンマだった。
購入当初はJPEGの画質に満足して『コレならJPEGでも良いかも~』と思うけど
使ってる内にRAWで撮ってPCでの現像も楽しみたくなってくる。
でもJPEG撮って出しのあの色が再現出来ない…と。
Lightroomさえあればもう大丈夫だよ。

今回の5枚は分かり易く全てVelvia/VIVIDを適用してみた。
フィルム経験が浅いので正直どれだけ再現されてるのか判断出来ないけど
青や緑は奥深く、逆に赤は誇張され、コントラストやシャープネスも高めのキリッとした描写。
Velvia/VIVIDのセッティングはPCのモニターで見るにも見応えがあるね。

クラシックベントレーのコクのある青が良い感じ。もう少し絞ればレンガや柵もキッチリ撮れたかな。
20140409_01_Bentley S3 Saloon 1964
FUJIFILM X100S / F2.8 1/120秒 ISO200 Velvia/VIVID■

目黒川。赤い橋と白い桜の花のコントラストが何だかすごく日本的。
20140409_02_Meguro River × Cherry blossom
FUJIFILM X100S / F5.6 1/80秒 ISO200 Velvia/VIVID■

X100SのレンズはF2と明るいのでボケを出して被写体を立たせられる。マクロ域だとソフトだけどね。
20140409_03_AVIREX AR-260
FUJIFILM X100S / F2.0 1/600秒 ISO200 Velvia/VIVID■

歌舞伎座。この江戸紫、たまらん。Foveonとは違うX-Transの線の細い独特な解像感もなかなか。
20140409_04_Kabuki-za
FUJIFILM X100S / F5.6 1/80秒 ISO200 Velvia/VIVID■

下北沢に停まってたベスパ。高感度性能は今の所X-Transの右に出る者(物)は居ない。
20140409_05_Piaggio Vespa GTS250ie
FUJIFILM X100S / F2.8 1/18秒 ISO3200 Velvia/VIVID■

  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
先週末は久しぶりにベスパで散歩。お気に入りの城南島海浜公園
日本の航空会社からは姿を消してしまったジャンボジェットことボーイング747。
海外の航空会社ではまだ現役だったりもする。コレは香港のキャセイパシフィック航空のジャンボ。
20140407_01_Cathay Pacific Airways Boeing 747
EOS Kiss X7 / SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM C014 / F8.0 1/400秒 ISO100■

  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
今年の春は雨が多い気がする。
雨に降られながらDP3Mで撮った京急線。
Foveonセンサーさん、こーいうの、ちょ~得意ッス。
20140406_01_Monochrome Keikyu Line
SIGMA DP3 Merrill / F4.0 1/125秒 ISO200■  【等倍はコチラ】

  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
暖かくなって、色んな生き物と遭遇するようになってきた。
ズーム全域で39cmまで寄れるようになったSIGMA18-200F3.5-6.3C014
今日の写真は望遠端200mm、35mm換算320mmで撮ってるけどまだ最短撮影距離じゃない。
レンズが当たってコレ以上寄れなかった。ここから最短位置にフォーカスするとピントは手前の尻尾に来る。

SIGMA18-200F3.5-6.3C014の最大撮影倍率1:3(0.33倍)って性能はDP3Mと同じだったりする。
センサーサイズはほぼ同じ。200mmF6.3と50mmF2.8、それぞれどんな写りをするか今度比べてみよう。
20140402_01_日本金蛇
EOS Kiss X7 / SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM C014 / F6.3 1/250秒 ISO200■

  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
今日から新年度、このブログも4年目に突入だ。
新しい事を始めるには良いタイミング。
という事で3Dプリンター導入。

コレを使って何を作るかは、ご想像にお任せします。
今日開封して、初起動して、初テストプリントしてるところなので
実際にモノをお披露目出来るのはまだまだ先になると思いますが、お楽しみに~。
20140401_01_AFINIA H479 3D Printer
EOS 5D MARK II / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM A012 / F5.6 1/60秒 ISO400 ■

  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]