<   2016年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

明日から始まるカメラ好き、写真好きにとっては年に一度のお祭りであり
新型カメラやレンズをお披露目するメーカーにとっては年に一度の大試合となるCP+

個人的に一番気になるのは何といってもSIGMA sd Quattro & sd Quattro H
早速現行のフラッグシップ機、SD1 Merrillと並べてみた。
20160223_03_Size comparison of the SIGMA sd Quattro H & SD1 Merrill
ファインダーが(何故が右側に)オフセットされた正面からの画像を見た瞬間
「お!ついにシグマもミラーレスか~!」とは思ったけどまさかSAマウントのまま
ミラーレス化するとは思わなかった。「PENTAX K-01後継がシグマから出るとは…」なんてw

先にリークされちゃった(というかスペインのシグマが誤ってお漏らししちゃったらしいw)
シグマのSA&EFマウント向けレンズをソニーEマウントに装着出来るようにするマウントアダプター
MC-11
の画像を見た時は「お!コレはもしかしてシグマのミラーレスはEマウント?」と思っちゃったけど
MC-11は単に「Eマウント向けにフルサイズ対応レンズ出してよ!」って要望に対する
シグマなりの回答だったっぽい(少なくとも今のところは…今後また何かありそうな気はするけど…)

・シグマがレンズ交換式のFoveonセンサー搭載カメラにEマウントではなくSAマウントを固持した事
・sdQHがフルサイズセンサーではなく26.6×17.9mmという少し小さいAPS-Hサイズを採用した事
の2点から想像すると、垂直三層構造故にレンズに対するテレセン要求が厳しいFoveonセンサーを
フルサイズ化しても周辺までしっかり光を導けるレンズに対応出来るマウントは
既存のマウントの中には存在しないって事なんだろうと思う。

Foveonセンサーをフルサイズ化する事自体はコストは掛かっても技術的には多分問題ない。
そしてシグマの技術力・生産能力ならそれに対応したレンズを開発する事も出来る。
でもその両者を無理なく繋げられるマウントが既存の35mmフォーマット用の中にはない。
SAマウントしかり、Eマウントしかり、もっと大径のEFマウントやライカLマウントでも難しいんだろう。

フルサイズFoveonセンサーと対応レンズを無理なく繋ぐには645フォーマット用のマウントぐらい
大口径じゃないと難しいんじゃないかと。だからって安易に
「じゃ~新マウントを立ち上げてしまえば良いじゃないか!」ってのもリスキー。
実際に開発したとして、一体どれぐらいの大きさと重さと価格になるのか?誰が買うのか?と。

山木社長が各所のインタビューで「大判フィルムの画質を目指したいけど
中判市場は規模も未知数だし優先すべきは現在のSAマウントユーザー」

と言っていた事も今回のsdQ/sdQHのスペックと合致してくる気がする。

実際シグマに限らず最近各社が出すレンズの何と大きく重い事か。
カメラの多画素化に合わせていくとどうしてもレンズは肥大化していく。
「もっと高画質!もっと!もっと!」と欲するのは人の本能だしそれに応えるべく
技術を磨いてきたからこそ今の日本のメーカーの光学機器が世界中で使われてるワケだけど
そろそろフィルム時代のフォーマット感覚や機材のサイズ感を一回リセットしても良い時期に来たのかも。








…いや


…やっぱり、もうちょっと頑張るかな。
昨年買ったマイクロフォーサーズ規格のE-M5IIが余りに小さく軽く高性能過ぎてちょっと甘えてたかな。
機材は軽いに越した事はないけど「使いたい!」という心の叫びには素直に応じるべきだ。

改めてsdQH。今度はdp0Qと並べてみるとこうなる。
20160223_02_Size comparison of the SIGMA sd Quattro H & dp0 Quattro

上から見るとこう。
20160223_01_Size comparison of the SIGMA sd Quattro H & dp0 Quattro
う~ん、なんつ~か、やっぱり今見てもdpQシリーズのボディのスリムさは美しいよねw
sdQHのずど~んと間延びしてるマウント周辺の造型を見るとどうしても
『やっぱり後々この部分カットしたショートフランジバック版が出るんじゃね?』と勘ぐっちゃう。

でも…だ。

最後にコレ!sdQHの背面画像をシグマ公式サイトから拝借。
b0213320_254362.jpg
ぐぁぁぁあああ~カッコイイ!なんてカッコイイんだ!
こういうの大好物っすわ~!男心というか少年心に火が点くね!
エイリアン2のパルスライフルや攻殻のセブロを連想させるSFメカデザイン!

例えばクルマって何を買おうか考える時ってついエクステリアのカッコ良さを重視しがちだけど
買ってからずっと見て、触って、身体を預け続けるのはインテリアの方。
インテリアを妥協すると後々後悔したりするもんだ。

カメラも一緒で買った後、使っている時ずっと見続けるのは背面。
sdQHのこの背面デザインと操作系はずっと愛し続けられる気がする。
とは言えやっぱり最後は自分の目で見て手で触ってみないと判断出来ない。
明日からのCP+のシグマブースではsdQをお触り出来るみたいなので楽しみだ。

さぁ~年に一度の大試合、プレイボール!
20160224_04_Play ball !
SIGMA dp0 Quattro / F5.6 1/500秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第1弾 dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第2弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第3弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード改
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第4弾 DPメリル用フードセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第5弾 dp1Q&dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第6弾 THETA&THETAm15用スタンド
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第7弾 DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第8弾 SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第9弾 SIGMA dp3Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第10弾 dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第11弾 DPメリル用LVF-01ブラケット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第12弾 EF50F1.8STM用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第13弾 SIGMA dp0Q用つけっぱなしフード



■My Photo Galleryflickr500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
宣 伝 で す ! (キッパリ

まさかまさかの展開。毎月読んでる歴史あるカメラ誌、日本カメラの2016年3月号
私が製作してきた3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました~!
ひと月ほど前ブログで臭わせたのはコレでした。いや~取材依頼が来た時は驚いた。
そう、コッチから「紹介して下さいよ~(スリスリ」とかしたワケじゃないんですよ。
何故俺!?って経緯は聞いたけど、何を話して良くて何が悪いのか分からないので秘密。
どうやら色んな偶然が重なったり、色んな人が裏で暗躍してくれてたみたいです…
「こんなに嬉しい事はない」とはまさにこの事。皆様本当にありがとうございました。
20160224_03_日本カメラ 2016年3月号で紹介されました!
OM-D E-M5 Mark II / M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO / F8.0 0.5秒 ISO200■

紹介されたのは
【歴史的名レンズフードから3Dプリンターによる自作レンズフードまで レンズフード考現学】の記事内。
取材当日はカメラマンの藤井智弘氏にインタビューとブツ撮りをしていただきました。
『うわ~雑誌やネットで良く見る人だ~』と感動してしまったw
20160224_02_日本カメラ 2016年3月号で紹介されました!
OM-D E-M5 Mark II / M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO / F8.0 0.4秒 ISO200■

誌面では製作したdp Quattroシリーズ用つけっぱなしフードを中心に紹介。
3Dプリンターでどのようにしてフードが出来上がっていくのかも説明されているので
今まで私が製作したアクセサリーを注文・購入してくださった方々にも是非読んでいただきたい。
それに今後、CP+明け早々にでもリリースする予定の新作もチラ見せしておりますので要チェックですよ。
20160224_01_日本カメラ 2016年3月号で紹介されました!
OM-D E-M5 Mark II / M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO / F2.8 1/15秒 ISO200■

最後になりますが誌面を見て初めて知ったという方々、どうも初めまして。
私が製作した各種カメラアクセサリーに興味がありましたら下記のリンクへ。
またOLYMPUS AIR A01用アクセサリーはDMM.makeにて販売中ですので
コチラも合わせてチェックしていただければ幸いです。それではまた。

※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第1弾 dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第2弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第3弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード改
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第4弾 DPメリル用フードセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第5弾 dp1Q&dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第6弾 THETA&THETAm15用スタンド
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第7弾 DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第8弾 SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第9弾 SIGMA dp3Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第10弾 dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第11弾 DPメリル用LVF-01ブラケット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第12弾 EF50F1.8STM用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第13弾 SIGMA dp0Q用つけっぱなしフード



■My Photo Galleryflickr500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
SIGMA dp2 Quattroで錆び錆びなクレーン車を撮りつつ、周りにいた野良猫も
OLYMPUS OM-D E-M5II+MZD40-150F2.8PRO+MC-14でパシャリ。
あれれ…お腹がつっかえて上手くしゃがめないぞ…とか思いつつ
換算420mmな超望遠レンズでのローアングル撮影も
5軸手振れ補正&バリアングル液晶で楽勝よ。
それにしても良く写るレンズじゃ。
20160217_01_野良猫
OM-D E-M5 Mark II / M.ZD ED 40-150mm F2.8 PRO / MC-14 / F4.0 1/320秒 ISO200■

20160217_02_野良猫
OM-D E-M5 Mark II / M.ZD ED 40-150mm F2.8 PRO / MC-14 / F4.0 1/1600秒 ISO200■

20160217_03_野良猫
OM-D E-M5 Mark II / M.ZD ED 40-150mm F2.8 PRO / MC-14 / F4.0 1/320秒 ISO200■

20160217_04_野良猫
OM-D E-M5 Mark II / M.ZD ED 40-150mm F2.8 PRO / MC-14 / F4.0 1/320秒 ISO200■

20160217_05_野良猫
OM-D E-M5 Mark II / M.ZD ED 40-150mm F2.8 PRO / MC-14 / F4.0 1/320秒 ISO200■

※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第1弾 dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第2弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第3弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード改
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第4弾 DPメリル用フードセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第5弾 dp1Q&dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第6弾 THETA&THETAm15用スタンド
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第7弾 DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第8弾 SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第9弾 SIGMA dp3Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第10弾 dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第11弾 DPメリル用LVF-01ブラケット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第12弾 EF50F1.8STM用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第13弾 SIGMA dp0Q用つけっぱなしフード



■My Photo Galleryflickr500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
春一番が吹いた大荒れのバレンタイン、午後から一気に晴れてきたので散歩
土手に停まってる船舶上げ下ろし用クレーン車の錆びや塗装の浮きを
一人で喜々として撮ってるような男はチョコを貰えませんよ。
テストに出ます。皆さんしっかり覚えておくように。
20160214_01_Crane truck
SIGMA dp2 Quattro / F2.8 1/320秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

20160214_02_Crane truck
SIGMA dp2 Quattro / F4.0 1/125秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

20160214_03_Crane truck
SIGMA dp2 Quattro / F4.0 1/125秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

20160214_04_Crane truck
SIGMA dp2 Quattro / F4.0 1/125秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

20160214_05_Crane truck
SIGMA dp2 Quattro / F2.8 1/125秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第1弾 dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第2弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第3弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード改
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第4弾 DPメリル用フードセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第5弾 dp1Q&dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第6弾 THETA&THETAm15用スタンド
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第7弾 DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第8弾 SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第9弾 SIGMA dp3Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第10弾 dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第11弾 DPメリル用LVF-01ブラケット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第12弾 EF50F1.8STM用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第13弾 SIGMA dp0Q用つけっぱなしフード



■My Photo Galleryflickr500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
年始から再来週末のCP+まで続く新型カメラ&レンズの発表ラッシュの中で
今のところFUJIFILM X-Pro2と双璧を成して気になってるのがOLYMPUS PEN-F
先週末と今週末に東京と大阪のオリンパスプラザで体験イベントが開催中
昨年秋から愛用中のOM-D E-M5 Mark IIを持ってお触りしてきた。

E-M5IIユーザー目線で、E-M5IIと比較しながら感じたPEN-Fについて書いてみる。

同姓同名の先代、フィルムカメラのペンFを知る人はあまり肯定的に感じてないみたいだけど
E-P5から大幅にメカメカしく武装して来たデザインは個人的には大好物ですわ。
E-P5からの2年半の間に出したOM-D系が余程好評だったのかな。

PEN-FとE-M5IIのサイズ比較はこんな感じ。
ファインダーがレンズの真上にあってグリップの膨らみもあるE-M5IIの方が寸法的には大きい。
でも横幅に関しては若干ながらPEN-Fの方が大きいし、肩の高さもPEN-Fの方が若干高いので
他メーカーのミラーレスや一眼レフカメラも一緒に並べたら、殆ど同サイズに見えるだろう。
20160213_04_OLYMPUS PEN-F & OM-D E-M5 Mark II Side-by-side comparison

背面液晶はE-P5やE-M1のようなチルト式からE-M5IIと同じバリアングル方式のタッチパネル液晶に変更。
E-M10IIで初搭載のファインダーを覗きながら親指で背面液晶をなぞってAFポイントを移動出来る
AFターゲットパッド機能
も搭載。ファインダー位置が左上なのでE-M10II以上に操作し易い。
親指グリップ部分が大きくえぐれてるので実寸法以上にボディが薄く感じてビックリ。
20160213_03_OLYMPUS PEN-F & OM-D E-M5 Mark II Side-by-side comparison

PEN-FとE-M5IIとのグリップ部分の厚さの違いと操作レイアウトの違いを色で表すとこんな感じ。
右手側ほど薄くなるボディと親指グリップ部のえぐれのおかげでE-M5II比で2/3ほどの厚さに感じる()。
操作系で大きく違うのはE-M5IIではモードダイヤルの中にあったアートフィルター系の機能()が
ボディ前面に新設されたクリエイティブダイヤルに移設され代わりにカスタムモードC1~4()が鎮座。
20160213_02_OLYMPUS PEN-F & OM-D E-M5 Mark II Side-by-side comparison
E-M5IIには“カスタムモード”ではなく、好みの撮影設定を保存出来る“マイセット”というのがある。
E-M5IIは多機能過ぎて撮影状況の変化に対し各機能を一つ一つ変更してくなんてのは大変。
で、俺は静物を単写で撮る通常撮影以外のよく出くわす撮影状況(1.動体連写、2.人物ポートレート
3.手持ち夜景、4.三脚使用のハイレゾショット&ブツ撮り)の撮影レシピをマイセットに記録して
シャッターボタン周辺のFn2~4と動画ボタン()に配置。人差し指1本で切り替えられるようにしてる。
PEN-Fのレイアウトだと一度右手を持ち替えてモードダイヤルを沢山回しての変更になるのでイマイチ。

あと前後ダイヤルとは別に露出補正ダイヤルが独立して3ダイヤルになったのは良いんだけど
個人的には露出補正値は印字せずに好きな機能を割り当てられた方が良かったと思う。
E-M5IIはFn1ボタン横のレバーで前後ダイヤルの割り当て機能を切り替えられるので
レバーを切り替える1アクションは必要なものの実質4ダイヤルとして使えるのが素晴らしい。
新設されたクリエイティブダイヤルも今のところ印字された通りの機能しか割り当てられない。
アートフィルター機能や撮影時に積極的に色補正を使う人にとっては優れたレイアウトだけど
俺の使い方だとフィルターを掛けたり、色や露出を補正したり、トリミングして構図を調整したりは
Wi-Fiでデータを飛ばしてスマホでやったり、家のPCでじっくりやったりする方が好きなので
各部の操作レイアウトに関してはE-M5IIの方がマッチしてるな、というのが正直な所。

更に今使ってるレンズが比較的大きく重いPROズームレンズの3本だってのも相性が悪かった。
小さく軽く選択肢も豊富な単焦点レンズをメインで使ってたんなら問題ないんだけど
PROズームレンズを装着する事を考えるとボディ前面に突起のない裸のPEN-Fでは不安定。
で、追加グリップのECG-4(青線の位置)を装着する事になるワケだけど、そうすると
中指の背がクリエイティブダイヤルのチェッカリングに当たって痛いんだよね…
クリエイティブダイヤルの位置がもう少し斜め上、青〇の位置辺りなら良かったんだけどね。
20160213_01_OLYMPUS PEN-F & OM-D E-M5 Mark II Side-by-side comparison

と、ちょっとシビアな書き方をしてしまったけど、それだけ買うか否かを真剣に考えた結果というワケで。
『アートフィルターや色補正を使わない身としては邪魔臭いクリエイティブダイヤルも
案外実際に買ってみたら積極的に使い始めるかもしれないな…』とか
『今後のファームアップでクリエイティブダイヤルや露出補正ダイヤルに他の機能を
割り当てられるようになったら逆にPEN-Fの方が扱い易いんじゃね?』とか
『PROズームレンズじゃなくて単焦点レンズ用のボディと考えれば万事OKだべ!』とか
買うための理由を勝手に吹き込んでくる悪魔(天使?)なもう一人の自分が脳内にいるのも確か。
ここ数年ずっと1600万画素止まりだったセンサーがついに2000万画素になって
ハイレゾがJPEGで5000万、RAWで8000万画素で撮れる事を考えるとやっぱり使ってみたくなる。
細かい操作系の不満点はさて置いて、このメカメカしいデザインは好きだしなぁ…

PEN-Fはまだ発売前って事もあってE-M5IIは勿論フラッグシップのE-M1よりも高く
PEN-FのボディだけがE-M1+MZD12-40F2.8PROレンズキットとほぼ同価という状況。

今もしどれか1台買い足すとすればE-M1ないしE-M5IIをもう一台、って方を選ぶし
E-M5IIを下取りに買い替えようとも思わないけど価格が落ち着いてきたら…
CP+のオリンパスブースでもう一度じっくり触らせてもらうとしよう。
20160213_05_OLYMPUS PEN-F + M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0 + ECG-4
OM-D E-M5 Mark II / M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO / F2.8 1/80秒 ISO200■

※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第1弾 dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第2弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第3弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード改
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第4弾 DPメリル用フードセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第5弾 dp1Q&dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第6弾 THETA&THETAm15用スタンド
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第7弾 DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第8弾 SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第9弾 SIGMA dp3Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第10弾 dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第11弾 DPメリル用LVF-01ブラケット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第12弾 EF50F1.8STM用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第13弾 SIGMA dp0Q用つけっぱなしフード



■My Photo Galleryflickr500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]