<   2016年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

宣 伝 で す ! (キッパリ

な、な、な、なんと!
先月号に引き続き二ヶ月連続で歴史あるカメラ誌、日本カメラの2016年4月号
私が製作した3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました~!
って宣伝するの遅くね!?発売したの19日ですけど!?とか怒らないでね…(´∀`;)

実は先月号の取材で日本カメラ社へ伺った際に
未発表のモノも含めて試作品を色々持ち込んで紹介してたのだ。
で、このSIGMA dp QuattroシリーズLVF-01を使ったフィルムデュプリケータを
気に入っていただけたようで「面白い!コレは別企画でまた記事にしましょう!」なんて言われてたのだ。
その時は失礼ながらご機嫌取りのリップサービスだろうな~なんて思ってたんだけど
先月号発売直後に「来月号に1P確保しました!アレやりましょう!」
と、嬉しい連絡をいただき二ヶ月連続掲載となりました!
20160331_02_日本カメラ 2016年4月号で紹介されました!
OM-D E-M5 Mark II / M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO / F8.0 0.6秒 ISO200■

掲載されたのは“銀塩Today”の記事内。
フィルムの生産終了や現像代の高騰などが続く中で
一般大衆がフィルムをあと何年楽しめるのかは分からないけど
だからこそ撮影したフィルムのデータ化、アーカイブ化が重要になってくる。
専用フラットヘッドスキャナーやフィルムデュプリケータは他にいくらでも存在してるけど
やっぱりベイヤーセンサーよりもフィルムに構造が近いFoveonセンサーでデュープしたい!って声が多い。

そんな声を参考に製作したデュプリケータ、誌面には製作裏話や取付&使用方法
価格まで載ってますので気になる方はどうぞ購入してご一読いただければ幸いです。
20160331_01_日本カメラ 2016年4月号で紹介されました!
OM-D E-M5 Mark II / M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO / F8.0 0.5秒 ISO200■

アクセサリーは既に完成済みだし価格も掲載されている通りですが
どのカメラとどのパーツを組み合わせるとどのフォーマットのフィルムまでデュープ出来るのか、や
使用上の注意事項などの説明もせにゃならんし、肝心の撮影データもちゃんと撮り直してるところです。
準備が整い次第このブログやツイッターに書きますので正式リリースまでは今しばらくお待ち下さい。


※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第1弾 dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第2弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第3弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード改
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第4弾 DPメリル用フードセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第5弾 dp1Q&dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第6弾 THETA&THETAm15用スタンド
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第7弾 DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第8弾 SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第9弾 SIGMA dp3Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第10弾 dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第11弾 DPメリル用LVF-01ブラケット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第12弾 EF50F1.8STM用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第13弾 SIGMA dp0Q用つけっぱなしフード
◆日本カメラ 2016年3月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第14弾 SIGMA dp1Q & dp2Q用スクエアフード




■My Photo Galleryflickr500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
久し振りの新アクセサリー発表にちょっとドキドキ。
20160323_01_SIGMA dp0Q、dp1Q、dp2Q、dp3Q & original accessories
日本カメラ2016年3月号の
【歴史的名レンズフードから3Dプリンターによる自作レンズフードまで レンズフード考現学】記事内で
発売予告していた
SIGMA dp1Q・dp2Q向けスクエアフードと、従来からのつけっぱなしフード
シグマ純正フードLH4-01が取り付けられるようになるバヨネット形状を追加した
SIGMA dp1Q・dp2Q・dp3Q向け新型つけっぱなしフードの登場です!
20160323_11_SIGMA dp0Q、dp1Q、dp2Q、dp3Q & original accessories
先端にバヨネット形状を追加した【つけっぱなしフード+バヨネット】がdp1Q・dp2Q・dp3Q用。
つけっぱなしフード譲りのコンパクトさに高い遮光性能を加えた【スクエアフード】がdp1Q・dp2Q用。
それぞれAF補助光用の穴ありver.と穴なしver.を用意したので合計10仕様を追加しました!
従来からのノーマル形状のつけっぱなしフード8仕様も継続販売なので合計18仕様に!
3Dプリンターならではの少量多品種展開。コレ全部の金型作ったら一体いくらになるやら…


まずはdp1Q・dp2Q用【スクエアフード】からご紹介。
20160323_07_SIGMA dp0Q、dp1Q、dp2Q、dp3Q & original accessories
初代つけっぱなしフードをリリースして以来色んな要望をいただいてきたけれど
その中でも一番要望が多かったのが実はスクエア(角型)フードなんだよね。
20160323_06_SIGMA dp0Q、dp1Q、dp2Q、dp3Q & original accessories
つけっぱなしフードと同じインナーマスク(フレアカッター)を備えつつ上下左右を延長して遮光性能を向上。
レンズ先端に枠の厚さ5mmまでの保護フィルター1枚を装着出来るクリアランスを確保してあります。
残念ながらレンズキャップは装着出来ないので“つけっぱなしコンセプト”には合致しない。
もし要望が多かったら被せ式のレンズキャップでも作るかもしれません。
20160323_05_SIGMA dp0Q、dp1Q、dp2Q、dp3Q & original accessories
上がdp1Q用で下がdp2Q用。画角の違いに合わせて長さが違う。
今回はdp1Q用とdp2Q用だけだけど、要望が多ければdp3Q用も作るかも。
dp0Q用はつけっぱなしフードですら四隅をカットしてたぐらいレンズの画角が広いので
近い形状のスクエアフードの製作は残念ながら不可能。付属の純正花型フードの使用をオススメします。


続いては先端にシグマ純正フードLH4-01(&HE1-01)を装着出来るように先端にバヨネット形状を追加した
dp1Q・dp2Q・dp3Q用【つけっぱなしフード+バヨネット】。コレも要望が多かったアイデア。
購入したつけっぱなしフードの先端にLH4-01を接着して使ってる人も居るぐらい。
フードは機能部品であると同時に重要なドレスアップパーツでもある。
純正フードのシルエットが好き(だけど遮光性能も欲しい)って人にオススメなアイテム!
コレでシグマ純正フード、つけっぱなしフード、スクエアフード、そしてつけっぱなしフード+純正フードと
バリエーションが一気に広がるワケですよ!

実際に各フードをdp2Qに装着してサイズと遮光性能(赤い開口部の大きさ)を比較してみた。
左から順に
1.シグマ純正LH4-01のみ
2.つけっぱなしフード+バヨネット
3.つけっぱなしフード+バヨネット & シグマ純正LH4-01
4.スクエアフード
5.シグマ純正LH4-01 & HE1-01
6.つけっぱなしフード+バヨネット & シグマ純正LH4-01 & HE1-01
20160323_04_SIGMA dp0Q、dp1Q、dp2Q、dp3Q & original accessories
実際にテスト撮影したけどdp3Q用として販売されてる追加フードHE1-01を装着しても
dp2Qではケラレなかった。dp1Qではケラレちゃうので1~4までが選べる。
dp3Q用のスクエアフードは(まだ)ないので4以外の5択だね。
皆さんはどのフード、どのスタイルがお好みかな?

6の【つけっぱなしフード+バヨネット & シグマ純正LH4-01 & HE1-01】に加えて
LVF-01も装着したフルアーマー状態のdp2Qはこんな感じに!うはっ!H E N T A I styleキター!
20160323_09_SIGMA dp0Q、dp1Q、dp2Q、dp3Q & original accessories
【LVF-01+FT-1201+フードアダプター+LH780-05】を装着したフルアーマーdp3Qを思い出すねw
20160323_08_SIGMA dp0Q、dp1Q、dp2Q、dp3Q & original accessories
フルアーマーdp3Qのカービン、もしくはショーティ、といった感じのフルアーマーdp2Q。
20160323_10_SIGMA dp0Q、dp1Q、dp2Q、dp3Q & original accessories
金属製のアイピースキャップがブラブラするのを防ぐホルダーもあるで! →コチラ←

つけっぱなしフード+バヨネットと純正フードを組み合わせればLVF-01装着時の前後重量バランスも改善。
20160323_02_SIGMA dp0Q、dp1Q、dp2Q、dp3Q & original accessories

更に!LVF-01を装着した状態のdp3QでLH4-01+HE1-01を逆付けしようとすると
LVF-01のブラケット部分(AL-1)に干渉しちゃう謎仕様も、つけっぱなしフード+ブラケットを介すれば
LH4-01+HE1-01の装着位置が変わってAL-1に干渉せずに逆付け出来るようになる!
20160323_03_SIGMA dp0Q、dp1Q、dp2Q、dp3Q & original accessories
どうです?シグマ純正フードのシルエットが好き!って人にも恩恵はあるでしょ?

神キャッシュバックキャンペーンやdp1~3Q用LVF-01セットの販売も始まったdp Quattroシリーズを
よりディープに楽しめるオリジナルアクセサリー群、気になった方は是非ご一報を!
20160323_12_SIGMA dp0Q、dp1Q、dp2Q、dp3Q & original accessories
=================================================
↓↓↓小型軽量シンプル形状↓↓↓ 【従来品を継続販売
【SIGMA dp0 Quattro用つけっぱなしフード FLH-0Q01(AF補助光“穴あり”)】【 3900円 】
【SIGMA dp0 Quattro用つけっぱなしフード FLH-0Q02(AF補助光“穴なし”)】【 3900円 】
【SIGMA dp1 Quattro用つけっぱなしフード FLH-1Q03(AF補助光“穴あり”)】【 3900円 】
【SIGMA dp1 Quattro用つけっぱなしフード FLH-1Q04(AF補助光“穴なし”)】【 3900円 】
【SIGMA dp2 Quattro用つけっぱなしフード FLH-2Q04(AF補助光“穴あり”)】【 4000円 】
【SIGMA dp2 Quattro用つけっぱなしフード FLH-2Q05(AF補助光“穴なし”)】【 4000円 】
【SIGMA dp3 Quattro用つけっぱなしフード FLH-3Q02(AF補助光“穴あり”)】【 3900円 】
【SIGMA dp3 Quattro用つけっぱなしフード FLH-3Q03(AF補助光“穴なし”)】【 3900円 】

↓↓↓シグマ純正フードと組み合わせて最大の遮光・保護性能↓↓↓ 【新作
【SIGMA dp1 Quattro用つけっぱなしフード+バヨネット FLH-1Q05(AF補助光“穴あり”)】【 4900円 】
【SIGMA dp1 Quattro用つけっぱなしフード+バヨネット FLH-1Q06(AF補助光“穴なし”)】【 4900円 】
【SIGMA dp2 Quattro用つけっぱなしフード+バヨネット FLH-2Q06(AF補助光“穴あり”)】【 4900円 】
【SIGMA dp2 Quattro用つけっぱなしフード+バヨネット FLH-2Q07(AF補助光“穴なし”)】【 4900円 】
【SIGMA dp3 Quattro用つけっぱなしフード+バヨネット FLH-3Q04(AF補助光“穴あり”)】【 4800円 】
【SIGMA dp3 Quattro用つけっぱなしフード+バヨネット FLH-3Q05(AF補助光“穴なし”)】【 4800円 】

↓↓↓小型軽量と高い遮光性能とのバランス型↓↓↓ 【新作
【SIGMA dp1 Quattro用スクエアフード FLH-1Q07(AF補助光“穴あり”)】【 4200円 】
【SIGMA dp1 Quattro用スクエアフード FLH-1Q08(AF補助光“穴なし”)】【 4200円 】
【SIGMA dp2 Quattro用スクエアフード FLH-2Q08(AF補助光“穴あり”)】【 4500円 】
【SIGMA dp2 Quattro用スクエアフード FLH-2Q09(AF補助光“穴なし”)】【 4500円 】
※スクエアフードは厚さ3cm以内に収まらないため発送方法はレターパックプラスのみとなります。

購入をご希望の方は詳細説明をご確認の上
【氏名、郵便番号、住所(発送先)、希望アクセサリー名、希望カラー、注文数、希望発送方法】
などを記入してコチラのアドレスまでご連絡ください。 → order.foxfotofactory@gmail.com

■発送方法・送料
 ・注文品はレターパックライトorレターパックプラスにて発送いたします。
 ・レターパックライトにて発送の場合の送料 → 360円
 ・レターパックプラスにて発送の場合の送料 → 510円
 ・注文品合計金額が5000円以上であれば国内に限り送料無料にて発送いたします。
 ・レターパックライトはポストへの配達、レターパックプラスは対面での配達となります。
  在宅状況などに合わせてご希望の発送方法をお選びください。

■支払方法
 ・支払い方法は三菱東京UFJ銀行口座への振込みとなります。
 ・振込手数料は別途お客様のご負担となります。
 ・ご注文メール確認後、振込み先口座などを返信いたします。
 ・入金履歴順に出力・発送し、追跡番号をメールいたします。

■その他・備考
 ※選択カラーはAFINIA純正プレミアムABSフィラメントに設定のある【黒】の6色となります。
 ※遮光性能が重要となるアクセサリーの場合は無難ですが黒を選択される事をオススメいたします。
  黒以外のカラーで出力した場合、遮光性能の低下、色被り、AWBへの悪影響、などが発生する
  可能性が考えられます。黒以外のカラーを選択した場合は
  機能部品としてではなくドレスアップパーツとしてお楽しみ下さい。
 ※ご注文メールに色指定の記載が無かった場合は【黒】で出力させていただきます。
 ※ご注文メールに希望発送方法の記載が無かった場合はレターパックライトで発送させていただきます。
 ※注文品の内容・個数によりレターパックライトの規定【厚さ3cm以内】に
  収まらない場合はレターパックプラスで発送させていただきます。

それではご注文、お待ちしております。

=================================================

※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第1弾 dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第2弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第3弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード改
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第4弾 DPメリル用フードセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第5弾 dp1Q&dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第6弾 THETA&THETAm15用スタンド
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第7弾 DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第8弾 SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第9弾 SIGMA dp3Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第10弾 dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第11弾 DPメリル用LVF-01ブラケット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第12弾 EF50F1.8STM用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第13弾 SIGMA dp0Q用つけっぱなしフード
◆日本カメラ 2016年3月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!




■My Photo Galleryflickr500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
CP+で発表されたSIGMA sd QuattroMC-1150-100F1.8 DC HSM A016
30F1.4 DC DN C016などについての話は一旦置いといて(ツイッター参照)
神キャッシュバックキャンペーンが始まったdp Quattroシリーズ
写真を沢山UPして購入検討中の人の背中を押してやるぜ~!
…の、コーナーも今回のdp0 Quattroでおしまい。

実際は撮ったは良いけど現像せずにいる内に季節が変わっちゃって
公開し辛くなってた写真を“出来るだけ沢山の作例をUPした方が参考になるよね!”
という名目で一気に放出してしまおう…うっしっし…ってのが本当の目的だったりするんだけどねw

まぁ~本当の目的は別にあったとしても
第1弾のdp3Qの写真75枚、第2弾のdp2Qの写真100枚
第3弾のdp1Qの写真250枚、第4弾のdp0Qの写真75枚
の合計500枚の写真を見て少しでも刺激された人が居たならとても嬉しい。


さて、約1年前の2015年のCP+直前に発表されて話題をさらったdp0Qことdp0 Quattro。
発表時の驚きを書いたブログはコチラ。CP+での山木社長によるプレゼン動画はコチラ
春に参加した第3回シグブラフォトウォークin銀座で発売前のdp0Qをお触りした時のブログはコチラ
6月に青山で開催されたdp0Qの体験イベントに参加した時のブログはコチラコチラ

dp Quattroシリーズ4台を使っている中でのdp0Qの印象は… ※こないだのCP+前までの印象ね。
「写りは超絶だけど画角が画角なだけに難しい…まだ完全にお友達にはなれてないかな…」といった感じ。
前回dp1Qについて「完璧じゃないけどそれ故に工夫しながら撮るのが楽しいカメラ」
といった感じの内容で書いたけど、dp0Qはその真逆のカメラかな。

“ゼロディストーション・スーパーワイド”を謳う通り、歪曲収差はゼロだし
社長が“箱入り娘”と例えた多くの特殊ガラスを用いて光を少しずつ曲げていく光学系のお陰で
各種色収差も殆どない。SPPの倍率色収差補正のレンズプロファイルをONにするだけで完全にゼロになる。
F値を欲張らなかった事もあって四隅まで開放から超解像。むしろ開放が一番解像してんじゃね?
って思うほど。AF速度もインナーフォーカスなのでdp Quattroシリーズ中で最速。
本当に完璧すぎて逆に面白味に欠けるぐらい。究極のdp、究極の1台。

画角も広いし被写界深度も深いしAFも一番速いから被写体を逃す事は一番少ないし
解像性能を上げるために絞る必要もないので絞り優先で撮る意味が殆どないぐらい。
あらゆる部分が完璧すぎてある意味シリーズ中で一番簡単なカメラと言えると思う。

問題は換算21mmって超広角の世界を自由に使いこなせるかどうかって事。
ココが個人的には難しい。画角の広さや強いパースを活かした写真は撮れるけど
逆にそれに囚われ過ぎちゃって撮りたい被写体をどう撮るかよりもその背景とカメラの
水平垂直をキッチリ出す事の方に意識がいってしまって撮れる写真のバリエーションに欠ける。
撮ってる時や撮った瞬間は『よし!ビシッと決まったぞ!』って変な達成感があるけど
帰って撮った写真を取り込んでサムネイルでずら~っと並んでるのを見た瞬間
同じような構図や距離感でしか撮れてない事に気付いて凹む事が多い。
もっと自由に撮れば良いのに広角の撮り方から抜け出せない。
どれも1歩も2歩も寄り足りない引きの写真ばかりだ…

……と、もがいてる最中にこないだのCP+に突入して
シグマブースで1回目のイベントステージを終えた塩澤一洋氏と食事をしていた際
「2回目のトーク内容は何が良いかな?どのカメラの写真が見たい?」と聞かれたので
上記のモヤモヤを伝えて「バスケがしたいですdp0Qの写真が見たいです」と伝えたところ
大変嬉しい事に2回目のトークイベントは1回目と違う「点を撮る!」というスペシャルな内容に!

一般的な広角レンズの撮り方はフレームの中から不要なモノを省いていく減点法だけど
対してShio流は(dp“0”だけに)ゼロ距離からスタートして写真として成り立つモノを足していく加点法
被写体と対峙するアプローチが全く逆だった。なるほどそういう事か!と大変勉強になりました。

dp0Qのゼロ距離(最短撮影距離)は18cm。かなり寄れる。
最短撮影距離まで近付けばF4とは言え背景は結構ボケてくれる。
それに歪曲収差がゼロなdp0Qは変な“広角感の誇張”が全然無いので
被写体にギリギリまで迫って撮った時の写真は21mm画角とは思えない。
……って、コレ、dp0Qの発売前の体験イベントの時に感じた事そのままじゃん!
どうやら使っている内に“広角レンズはこう撮るべし”って固定観念に囚われてたようだ。
CP+後はShio流“点を撮る!”作戦で撮ってるんだけど、この作戦は良いですぞ。
まだそんなに枚数は撮れてないけど、前よりも自由な気持ちで撮れてる。
少し余所余所しく感じてたdp0Qと友達になれる気がしてきた。

今回UPした75枚も含むdp0Qで撮った写真はFlickrのアルバムにまとめてあります。
20160313_73_SIGMA dp0 Quattro real world samples
SIGMA dp0 Quattro / F4.0 1/100秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

20160313_68_SIGMA dp0 Quattro real world samples
SIGMA dp0 Quattro / F4.0 1/15秒 ISO200■  【等倍はコチラ】

20160313_66_SIGMA dp0 Quattro real world samples
SIGMA dp0 Quattro / F4.0 1/30秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

20160313_08_SIGMA dp0 Quattro real world samples
SIGMA dp0 Quattro / F4.0 1/30秒 ISO320■  【等倍はコチラ】

20160313_75_SIGMA dp0 Quattro real world samples
SIGMA dp0 Quattro / F5.6 1/80秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

20160313_16_SIGMA dp0 Quattro real world samples
SIGMA dp0 Quattro / F4.0 1/50秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

20160313_39_SIGMA dp0 Quattro real world samples
SIGMA dp0 Quattro / F4.0 4秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

20160313_70_SIGMA dp0 Quattro real world samples
SIGMA dp0 Quattro / F5.6 1/125秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

20160313_64_SIGMA dp0 Quattro real world samples
SIGMA dp0 Quattro / F4.0 1/400秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

20160313_74_SIGMA dp0 Quattro real world samples
SIGMA dp0 Quattro / F4.0 1/125秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

20160313_43_SIGMA dp0 Quattro real world samples
SIGMA dp0 Quattro / F4.0 1/100秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

20160313_26_SIGMA dp0 Quattro real world samples
SIGMA dp0 Quattro / F4.0 1/1250秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

20160313_63_SIGMA dp0 Quattro real world samples
SIGMA dp0 Quattro / F4.0 1/125秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

20160313_33_SIGMA dp0 Quattro real world samples
SIGMA dp0 Quattro / F4.0 1/80秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

20160313_61_SIGMA dp0 Quattro real world samples
SIGMA dp0 Quattro / F5.6 0.5秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第1弾 dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第2弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第3弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード改
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第4弾 DPメリル用フードセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第5弾 dp1Q&dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第6弾 THETA&THETAm15用スタンド
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第7弾 DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第8弾 SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第9弾 SIGMA dp3Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第10弾 dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第11弾 DPメリル用LVF-01ブラケット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第12弾 EF50F1.8STM用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第13弾 SIGMA dp0Q用つけっぱなしフード
◆日本カメラ 2016年3月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!



■My Photo Galleryflickr500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
CP+で発表されたSIGMA sd QuattroMC-1150-100F1.8 DC HSM A016
30F1.4 DC DN C016などについての話は一旦置いといて(ツイッター参照)
神キャッシュバックキャンペーンが始まったdp Quattroシリーズ
写真を沢山UPして購入検討中の人の背中を押してやるぜ~!
の、第3弾は換算28mmなdp1Qことdp1 Quattro
(↑↑↑ココまでほぼ前回のコピペ↑↑↑)

第1弾のdp3 Quattroについてはコチラ
第2弾のdp2 Quattroについてはコチラ

第二世代のDP Merrill系で3が加わり、第三世代のdp Quattro系で0が加わり、と数を増やしてきた
シグマのレンズ固定式デジタルカメラのDPシリーズ。その第一世代の最初の1台目が
換算28mm画角になる16.6mmF4のレンズを搭載したDP1なワケです。

俺は第一世代のDP1、DP1s、DP1x、DP2、DP2s、DP2x、第二世代のDP1Mは使ってないので
換算28mmなDPは第三世代のdp1Qが初。DP2M、DP3M、dp2Qを経てから
dp1Qを初めて使った時の印象は『お、ちょっとクセが強いな』。
Foveonセンサー自体がクセの塊みたいな印象もあるので誤解しがちだけど
dp2Q(DP2M)やdp3Q(DP3M)のは結構素直な写りだし開放側からかなりシャープな優等生レンズ。
対してdp1Qのレンズは開放だと甘くて絞っていく事でシャッキリする性格。
ボケも前ボケは素直だけど後ボケは結構ザワザワする感じ。
Foveonセンサーを搭載したdpシリーズは“解像性能こそ正義!”な印象だし
苦手な高感度画質を補う意味でも開放からシャッキリ写ってくれるレンズの方が向いてるのは確か。

でもクセが強いとは言え画角とボケ量とボケ味とのバランスが良いのか、悪くないどころか
個人的にはスゴク好き。完璧超人じゃないけど憎めないタイプって居るじゃない?あの感じw

dp2Qやdp3Qや次回紹介のdp0Qのレンズと比較するなら“dp1Qのレンズは甘くてクセが強い”と言える。
だけど、じゃ~dp1Qはダメダメなのか?dp1Qは要らないのか?広角はdp0Qに全部任せれば良いのか?
残念。不正解。dp1Qは楽しい。撮ってる時の楽しさは個人的には一番お気に入りのdp3Qよりも上かも。
何故か?dp1Qはdp Quattroシリーズ中で唯一絞りとシャッタースピードとISO感度から成る撮影設定を
悩みながら撮るカメラだから。普通に考えたら焦点距離が長くて被写界深度の浅いレンズほど絞り値を
意識するものだけど、dp Quattroシリーズ4台の中で一番絞り値を意識しながら撮るのは実はdp1Q。

dp0Q、dp2Q、dp3Qは開放側からバッチリ写り過ぎるせいで
被写界深度や描写の変化を意識しながら絞り値を決める事は少なかったりする。
絞り・シャッタースピード・ISO感度の3要素の内シャッタースピードとISO感度の優先度が高くて
画質が荒れないISO感度とブレないシャッタースピードの二つを確保してから
最後に絞り値を変える猶予が残っているかどうか?って感じ。

対してdp1Qは絞り値による描写の変化が大きいからこそ
絞り・シャッタースピード・ISO感度の3要素のバランスが取れている。
『う~ん、ちょっと暗いなぁ…でもこの被写体だとF5.6ぐらいまでは絞りたいぞ…
と、なると…シャッタースピードを1/15秒まで伸ばすか、それともISOを400まで上げるか…』
みたいな葛藤が脳内でグルグル回りながら撮る事もしばしば。で、これこそが撮ってて楽しくなるポイント。
で、撮りたい被写体が止まってる物なら撮影設定を色々変えつつ複数枚撮っておいて
帰宅してからどれが正解だったかの答え合わせをすれば良いけど
毎回そうはいかないので失敗して凹む事も多い。
それが楽しくなってくると末期w

まぁ、そうは言ってもやっぱり一番使う事になるのは開放F2.8だし
シャッタースピードやISO感度は関係なく描写とボケ量とを天秤に掛けて
絞り値をいくつにするかで悩んだりする事もあるんだけどねぇ…(汗

他の3台のレンズより甘いのは確かだけど、それはあくまでシリーズ内で比べた話で
金属とか水とかガラスとか素材感の強い被写体が抜群に得意なのは他のdp Quattroと全く同じ。

換算28mmって画角は汎用性では標準域のレンズには及ばないけど
この画角だからこそハマる被写体も結構多いので“大は小を兼ねる”的に
“広いは狭いを兼ねる”とか考えてdp0Qをチョイスするのはオススメしない。


さて、そんなdp1Qの写真を今回は一気に250枚FlickrにUPしましたよ。
ちょっと古いけど2014/11/03の入間航空祭での写真30枚
2015/06/07の晴海埠頭に寄港したトルコ海軍のフリゲート艦ゲディズと
海上自衛隊の護衛艦たかなみを見に行った時の写真150枚

それ以外の普段撮りの作例70枚。その中から16枚をチョイスして掲載↓

2016031_250_SIGMA dp1 Quattro real world samples
SIGMA dp1 Quattro / F2.8 1/40秒 ISO200■  【等倍はコチラ】

2016031_249_SIGMA dp1 Quattro real world samples
SIGMA dp1 Quattro / F2.8 1/250秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

2016031_246_SIGMA dp1 Quattro real world samples
SIGMA dp1 Quattro / F2.8 1/30秒 ISO500■  【等倍はコチラ】

2016031_240_SIGMA dp1 Quattro real world samples
SIGMA dp1 Quattro / F2.8 1/50秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

2016031_237_SIGMA dp1 Quattro real world samples
SIGMA dp1 Quattro / F2.8 1/200秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

2016031_234_SIGMA dp1 Quattro real world samples
SIGMA dp1 Quattro / F8.0 1/60秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

2016031_216_SIGMA dp1 Quattro real world samples
SIGMA dp1 Quattro / F4.0 1/125秒 ISO200■  【等倍はコチラ】

2016031_209_SIGMA dp1 Quattro real world samples
SIGMA dp1 Quattro / F5.6 15秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

2016031_208_SIGMA dp1 Quattro real world samples
SIGMA dp1 Quattro / F8.0 1/200秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

2016031_204_SIGMA dp1 Quattro real world samples
SIGMA dp1 Quattro / F2.8 1/30秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

2016031_197_SIGMA dp1 Quattro real world samples
SIGMA dp1 Quattro / F2.8 1/500秒 ISO200■  【等倍はコチラ】

2016031_195_SIGMA dp1 Quattro real world samples
SIGMA dp1 Quattro / F2.8 1/30秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

2016031_193_SIGMA dp1 Quattro real world samples
SIGMA dp1 Quattro / F2.8 1/125秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

20160312_155_トルコ海軍フリゲート艦ゲディズ & 海上自衛隊護衛艦たかなみ by SIGMA dp1 Quattro
SIGMA dp1 Quattro / F2.8 1/30秒 ISO250■  【等倍はコチラ】

20160312_153_トルコ海軍フリゲート艦ゲディズ & 海上自衛隊護衛艦たかなみ by SIGMA dp1 Quattro
SIGMA dp1 Quattro / F2.8 1/25秒 ISO800■  【等倍はコチラ】

20160312_045_トルコ海軍フリゲート艦ゲディズ & 海上自衛隊護衛艦たかなみ by SIGMA dp1 Quattro
SIGMA dp1 Quattro / F2.8 1/40秒 ISO160■  【等倍はコチラ】

※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第1弾 dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第2弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第3弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード改
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第4弾 DPメリル用フードセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第5弾 dp1Q&dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第6弾 THETA&THETAm15用スタンド
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第7弾 DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第8弾 SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第9弾 SIGMA dp3Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第10弾 dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第11弾 DPメリル用LVF-01ブラケット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第12弾 EF50F1.8STM用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第13弾 SIGMA dp0Q用つけっぱなしフード
◆日本カメラ 2016年3月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!



■My Photo Galleryflickr500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
CP+で発表されたSIGMA sd QuattroMC-1150-100F1.8 DC HSM A016
30F1.4 DC DN C016などについての話は一旦置いといて(ツイッター参照)
神キャッシュバックキャンペーンが始まったdp Quattroシリーズ
写真を沢山UPして購入検討中の人の背中を押してやるぜ~!
の、第2弾は換算45mmなdp2Qことdp2 Quattro
(第1弾のdp3 Quattroについてはコチラ)

とは言っても今回もキャッシュバックキャンペーンの内容はdp Quattroシリーズを“買い増した人”が対象。
そう考えるとdp2Qは分が悪い…だって、dp2Qって最初の1台にベストなカメラだから。
初Foveonカメラだったり、初dp Quattroだったりって人の多くは
標準画角のdp2Qから手を出してるんだろうしね。

「4台揃ったdp Quattroシリーズはどれが一番売れてるのか?」
ってな質問を以前内情を知ってる人に聞いてみたところやっぱり1番はdp2Qとの事。
dp Quattroシリーズの中で一番最初に発売されて販売期間が長いからってのも勿論あるんだろうけど
換算28~35mm画角の他社の高級コンデジを既に使ってる人が「ちょっとFoveonも試してみようかな」
って考えた時、やっぱり一番最初に候補になってくるのは標準画角で汎用性が高いdp2Qになるんだろう。

dp2Qはdp Quattroシリーズ中で最も小さく(とは言え他社の高級コンデジよりは大きいけどw)軽いし
50mm画角よりもちょっとだけ広角な換算45mmレンズってのは汎用性が高くて本当に扱い易いよ。
最大撮影倍率も中望遠&マクロなdp3 Quattroに次いで高いのでテーブルフォトみたいなのも得意。
広角レンズが向いてそうな風景写真とかでも実はこれぐらいの画角の方が上手くはまったりする。
2012年にdp2Qの前身となるDP2Mを持って富士登山に挑んだ時も撮りたいそのままを撮れた。

前回UPしたdp3Qの写真75枚は全てとある1日に丸ノ内~有楽町~銀座で撮ったもの。
今回UPするdp2Qの写真100枚は色んな日に色んな場所で撮った色んな写真。
普段はなるべく季節感の合う写真をチョイスするよう心掛けてるけど
今回は作例数を優先。2014年6月から1年8ヶ月で撮った写真。
そんな100枚から20枚をチョイスしたのでご覧あれ~。

20160311_99_SIGMA dp2 Quattro real world samples
SIGMA dp2 Quattro / F5.6 1/125秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

20160311_97_SIGMA dp2 Quattro real world samples
SIGMA dp2 Quattro / F2.8 1/500秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

20160311_86_SIGMA dp2 Quattro real world samples
SIGMA dp2 Quattro / F8.0 1/2000秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

20160311_82_SIGMA dp2 Quattro real world samples
SIGMA dp2 Quattro / F2.8 1/250秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

20160311_80_SIGMA dp2 Quattro real world samples
SIGMA dp2 Quattro / F4.0 1/200秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

20160311_75_SIGMA dp2 Quattro real world samples
SIGMA dp2 Quattro / F4.0 1/60秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

20160311_73_SIGMA dp2 Quattro real world samples
SIGMA dp2 Quattro / F2.8 1/80秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

20160311_65_SIGMA dp2 Quattro real world samples
SIGMA dp2 Quattro / F2.8 1/250秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

20160311_63_SIGMA dp2 Quattro real world samples
SIGMA dp2 Quattro / F2.8 1/250秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

20160311_62_SIGMA dp2 Quattro real world samples
SIGMA dp2 Quattro / F2.8 1/80秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

20160311_59_SIGMA dp2 Quattro real world samples
SIGMA dp2 Quattro / F5.6 1/125秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

20160311_50_SIGMA dp2 Quattro real world samples
SIGMA dp2 Quattro / F2.8 1/40秒 ISO400■  【等倍はコチラ】

20160311_37_SIGMA dp2 Quattro real world samples
SIGMA dp2 Quattro / F5.6 1/200秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

20160311_36_SIGMA dp2 Quattro real world samples
SIGMA dp2 Quattro / F4.0 1/1600秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

20160311_33_SIGMA dp2 Quattro real world samples
SIGMA dp2 Quattro / F5.6 1/320秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

20160311_31_SIGMA dp2 Quattro real world samples
SIGMA dp2 Quattro / F4.0 1/60秒 ISO160■  【等倍はコチラ】

20160311_25_SIGMA dp2 Quattro real world samples
SIGMA dp2 Quattro / F4.0 1/50秒 ISO200■  【等倍はコチラ】

20160311_20_SIGMA dp2 Quattro real world samples
SIGMA dp2 Quattro / F11.0 4秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

20160311_09_SIGMA dp2 Quattro real world samples
SIGMA dp2 Quattro / F5.6 1/800秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

20160311_03_SIGMA dp2 Quattro real world samples
SIGMA dp2 Quattro / F5.6 1/250秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第1弾 dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第2弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第3弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード改
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第4弾 DPメリル用フードセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第5弾 dp1Q&dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第6弾 THETA&THETAm15用スタンド
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第7弾 DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第8弾 SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第9弾 SIGMA dp3Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第10弾 dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第11弾 DPメリル用LVF-01ブラケット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第12弾 EF50F1.8STM用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第13弾 SIGMA dp0Q用つけっぱなしフード
◆日本カメラ 2016年3月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!



■My Photo Galleryflickr500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
オイ!CP+後一発目のブログだってのにSIGMA sd QuattroMC-11
50-100F1.8 DC HSM A01630F1.4 DC DN C016についての話は無しかよー!
って声が聞こえる気もするしまとめる気はあるものの、もう散々ツイッターで呟いたしなぁ…
って事で一旦CP+の事は全部忘れて神キャッシュバックキャンペーンが始まったdp Quattroについて。

シグマによる買い増しユーザーを対象にしたキャッシュバックキャンペーンは今回が初じゃない。
3年前の2013年にもCP+前に近い内容のキャッシュバックキャンペーンが実施された。
前回はDP3 Merrillの発売記念も兼ねてたので発売されたばかりのDP3Mまで
格安で買えてしまうという今思い出しても驚きのキャンペーン内容。

今回はキャッシュバック額や対象となるカメラの数は多少減ったものの
今までdp0Qにだけ設定されていた変態液晶ビューファインダーことLVF-01とのセットが
dp1Qdp2Qdp3Qにも3/18から追加される事を加味すればやはりかなりお得なキャンペーンと言える。

俺にとっての初Foveonカメラは2012年夏に購入したDP2Mだけど、正直最初の半年間は悪戦苦闘と
試行錯誤の繰り返しでとてもじゃないけどDP1Mを買い増そうなんて気にはならなかった。
でもカメラ自体のファームアップやSPPのバージョンアップで使い勝手はどんどん改善していったし
広角よりも中望遠画角の方が好きだった事もあってキャンペーンを機にDP3Mを買い増し
同時期にSPPに実装された新モノクロームモードの画質と面白さも加わって、ココでやっと今に続く
SIGMAファン、Foveonファン、dpシリーズファンとしての自分が確立されたんだと思う。

で、3年前の俺のように今回のキャッシュバックキャンペーンをキッカケにして
DP Merrillからdp Quattroに移行したり、dpQシリーズを買い増してより深みにハマる(w
人も多いだろうと思いdp0Q、dp1Q、dp2Q、dp3Qの4台持ちから見たそれぞれの良さを書こうかと。


第一回目の今日はdp3 Quattro。
dp Quattroシリーズ中で最も中望遠よりで、最もマクロ性能に長け、最もボカせられるカメラ。
被写体の形を最も正確に、最も精細に、最も浮き立たせて撮る事が出来るカメラ。
他社の高級コンデジは殆どが28~35mm画角のレンズという事もあってライバル不在のカメラ。

個人的にはdp Quattroシリーズ中で一番好き。
街中で遭遇するクルマとかバイクとかを撮るのが好きなので
デザインの特徴的な部分を歪まずに、そして塗装や素材のディティールまで
精細に写し撮れるFoveon&中望遠&マクロなdp3Qは最高の相棒。
換算75mmって画角は“標準域の望遠端”とも“中望遠域の広角端”とも言える領域。
両方の特徴を両方兼ね備えてるとも言えるし、どちらにもなり切れない中途半端とも言える。
今回の写真みたいに丸ノ内~有楽町~銀座界隈でクルマやバイクを撮るなら絶妙にハマる画角だけど
もし標準レンズなのか中望遠レンズなのかの判断に困った時は専用テレコンFT-1201がオススメ。
倍率1.2倍、換算75mmから換算90mmと、変化量は少なく感じるかもしれないけど
このたった15mmが中望遠レンズとしての特性を明確にしてくれる。
倍率の割に大きく重いけど、装着する事で画質が上がるというミラクルなテレコン。
LVF-01の様なお得なセットは設定されていないけど、dp3Qの特徴をより際立たせられるアイテム。

今回UPした75枚も含めてdp3Qで撮った写真は全てFlickrのアルバムにまとめてあるので
購入検討中の人はチェックしてみてちょ。

20160310_03_SIGMA dp3 Quattro Tokyo SNAP
SIGMA dp3 Quattro / F5.6 1/160秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

20160310_10_SIGMA dp3 Quattro Tokyo SNAP
SIGMA dp3 Quattro / F2.8 1/100秒 ISO250■  【等倍はコチラ】

20160310_20_SIGMA dp3 Quattro Tokyo SNAP
SIGMA dp3 Quattro / F2.8 1/400秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

20160310_26_SIGMA dp3 Quattro Tokyo SNAP
SIGMA dp3 Quattro / F2.8 1/125秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

20160310_30_SIGMA dp3 Quattro Tokyo SNAP
SIGMA dp3 Quattro / F2.8 1/100秒 ISO125■  【等倍はコチラ】

20160310_33_SIGMA dp3 Quattro Tokyo SNAP
SIGMA dp3 Quattro / F2.8 1/250秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

20160310_38_SIGMA dp3 Quattro Tokyo SNAP
SIGMA dp3 Quattro / F2.8 1/400秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

20160310_43_SIGMA dp3 Quattro Tokyo SNAP
SIGMA dp3 Quattro / F2.8 1/200秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

20160310_46_SIGMA dp3 Quattro Tokyo SNAP
SIGMA dp3 Quattro / F2.8 1/80秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

20160310_52_SIGMA dp3 Quattro Tokyo SNAP
SIGMA dp3 Quattro / F2.8 1/250秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

20160310_51_SIGMA dp3 Quattro Tokyo SNAP
SIGMA dp3 Quattro / F2.8 1/100秒 ISO400■  【等倍はコチラ】

20160310_59_SIGMA dp3 Quattro Tokyo SNAP
SIGMA dp3 Quattro / F2.8 1/160秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

20160310_62_SIGMA dp3 Quattro Tokyo SNAP
SIGMA dp3 Quattro / F2.8 1/100秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

20160310_68_SIGMA dp3 Quattro Tokyo SNAP
SIGMA dp3 Quattro / F2.8 1/125秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

20160310_71_SIGMA dp3 Quattro Tokyo SNAP
SIGMA dp3 Quattro / F4.0 1/250秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第1弾 dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第2弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第3弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード改
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第4弾 DPメリル用フードセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第5弾 dp1Q&dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第6弾 THETA&THETAm15用スタンド
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第7弾 DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第8弾 SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第9弾 SIGMA dp3Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第10弾 dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第11弾 DPメリル用LVF-01ブラケット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第12弾 EF50F1.8STM用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第13弾 SIGMA dp0Q用つけっぱなしフード
◆日本カメラ 2016年3月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!



■My Photo Galleryflickr500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]