タグ:24mm F1.4 DG HSM A015 ( 12 ) タグの人気記事

ついに情報解禁です。
新製品体感イベント2017springについてのご案内(更新)
以前チラッと書いたのはコレでした。

2017年3月25日(土)に大阪 ハートンホール本町 スカーレット1+2で開催される
シグマの新製品体感イベント 2017 spring
に3Dプリンターを使って一人でせっせと製作している
カメラ用アクセサリー群を出展させていただける事になりました!バンザーイ!

シグマの初代DP向け、DP Merrill向け、dp Quattro向け、sd Quattro / sd Quattro H向けの
アクセサリーを全種類…になるかはまだ分からないけど、出来るだけ持って行きます。
以前参加したカメラ&写真グッズ即売会のフォトフェス以来の実物展示。
各アクセサリーがどんなもんなのか触って確かめられます。

シグマ純正アクセサリーは販売されるますが
俺の作ったアクセサリーのイベント当日の販売はありません……が!
イベント来場者限定の自作アクセサリー割引クーポンを用意しておりますので是非ご来場を!

SIGMA 135mm F1.8 DG HSM A017を発売前に外へ持ち出して試写出来る貴重な機会だし
24-70mm F2.8 DG OS HSM A017100-400mm F5-6.3 DG OS HSM C017
会場内で実際に触れて感触を確かめられる。礒村浩一氏によるトークショー
「SIGMA sd Quattro H / 新製品について」も開催されます!
関西のシグマユーザーの皆さまをお待ちしております!
20170317_01_根本海岸
sd Quattro / 24mm F1.4 DG HSM A015 / F11.0 25秒 ISO100■

=================================================

※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆dpクワトロ用のびる液晶シェード改
◆DPメリル用フードセット
◆THETA&THETAm15用スタンド
◆DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆DPメリル用LVF-01ブラケット
◆EF50F1.8STM用つけっぱなしフード
◆SIGMA dp0Q用つけっぱなしフード
◆日本カメラ 2016年3月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
◆SIGMA dp1Q & dp2Q用スクエアフード
◆日本カメラ 2016年4月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
◆SIGMA dp Quattro用カード/USBカバーオープナー等をDMM.makeで販売開始しました!
◆SIGMA sd Quattro / sd Quattro H +PG-41用バッテリー型SDカードホルダー



■My Photo Galleryflickr 500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
昨日で展示が終わったお台場のダイバーシティ東京の目玉、実物大ガンダム立像こと
RG 1/1 RX-78-2 ガンダム Ver.GFTを、3/3に届いたばかりカミソリマクロでパシャリ。
今週末のこの70mmカミソリマクロフィーバーは“カミソリマクロ祭まとめ”としてまとまってたw

2009年の潮風公園での初展示から幾度となく撮ってきたRG 1/1 RX-78-2 ガンダム。
20170306_01_RG1/1 RX-78-2 GUNDAM Ver.GFT
a7II / MC-11 / SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG / F2.8 1/4秒 ISO100■

撮るためだけに足を運ぶ事は流石に減っていったけど
お台場に行く事があればとりあえず足元へ行っては顔を見上げてきた。
20170306_02_RG1/1 RX-78-2 GUNDAM Ver.GFT
a7II / MC-11 / SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG / F5.6 1/6秒 ISO100■

今後は“ガンダム GLOBAL CHALLENGE”の方で利用されるって噂もあるけど…ひとまず、お疲れ様。
20170306_03_RG1/1 RX-78-2 GUNDAM Ver.GFT
a7II / MC-11 / SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG / F2.8 1/25秒 ISO100■

そして今年の秋にはRX-0 ユニコーンガンダム立像が立つらしい
わざわざRX-0を選ぶならユニコーンモードからデストロイモードへの変形も再現して欲しいところだけど
全長が2mも変化する上に地面にしっかり固定しないといけない足がかなり伸びる事を考えると
メインビジュアルがそうであるようにデストロイモードで固定なんだろうなぁ。
とは言えRX-78-2の18.0mから21.7mへ3.7mも大きくなるハズ。
新しい1/1ガンダムがどれほどの迫力になるか楽しみ。
20170306_04_RG1/1 RX-78-2 GUNDAM Ver.GFT
a7II / MC-11 / SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG / F8.0 1.0秒 ISO100■

この1枚だけはカミソリマクロじゃなくて24mm F1.4 DG HSM A015
20170306_05_RG1/1 RX-78-2 GUNDAM Ver.GFT
a7II / MC-11 / SIGMA 24mm F1.4 DG HSM A015 / F5.6 0.6秒 ISO100■

=================================================

※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆dpクワトロ用のびる液晶シェード改
◆DPメリル用フードセット
◆THETA&THETAm15用スタンド
◆DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆DPメリル用LVF-01ブラケット
◆EF50F1.8STM用つけっぱなしフード
◆SIGMA dp0Q用つけっぱなしフード
◆日本カメラ 2016年3月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
◆SIGMA dp1Q & dp2Q用スクエアフード
◆日本カメラ 2016年4月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
◆SIGMA dp Quattro用カード/USBカバーオープナー等をDMM.makeで販売開始しました!
◆SIGMA sd Quattro / sd Quattro H +PG-41用バッテリー型SDカードホルダー



■My Photo Galleryflickr500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
先ずはCP+2017で初お披露目されたシグマの新レンズ4本
14mm F1.8 DG HSM A017
135mm F1.8 DG HSM A017
24-70mm F2.8 DG OS HSM A017
100-400mm F5-6.3 DG OS HSM C017
についての関連動画をYouTubeからピックアップ。

それぞれのレンズ開発背景や描写に関しては変に文字起こしすると内容を間違ったり
妄想や願望が入り込んでしまったりするだろうから是非とも動画をチェックして欲しい。
三井さん、塩澤さん、そして山木社長、お三方ともとても興味深く面白いトーク内容です!

CAPAカメラネットさんがUPした新レンズについての動画4本。
【シグマ 14mm F1.8 DG HSM | Art】


【シグマ 24-70mm F2.8 DG OS HSM | Art】


【シグマ 135mm F1.8 DG HSM | Art】


【シグマ 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary】


続いてがUPしたシグマブースのステージイベントの動画3本。
※iPhoneにスマホ用汎用ワイコンを装着して撮ったので歪曲や周辺画質が酷くて申し訳ない。
【SIGMA booth 三井公一 “Quattroを"H"に楽しむ” 2/24(金)12:25~13:05】


【SIGMA booth 塩澤一洋 “ブレないQuattro写真術” 2/25(土)14:55〜15:35】


【SIGMA booth 山木和人 “新製品について” 2/25(土)15:55〜16:35】



最後に実際に触ってみた新レンズ2本について。
・135mm F1.8 DG HSM A017
20170228_18_【CP+2017】SIGMA booth
自分の85mm F1.4 DG HSM A016の重みやフォーカスリングの太さを身体が覚えているので
見た瞬間『短い!』持った瞬間『細い!』両方まとめて…『小さい!』とか思ってしまった。
最大径90mm以上、全長110mm以上、質量1kg越えのレンズに何言ってんだって感じだけど
でもホント、85F1.4アートと持ち比べるとワンサイズ小さく感じた。もっと言ってしまえば
フォーカスリングが細くて持ち易かったせいか若干『軽い』とまで思ってしまった。
スペック上は全く同じ1130gなんだけどね。

まだまだファームを調整中との事でAF速度に関しては最終仕様ではないそうだけど
写真の5D3との組み合わせでもAF速度は十分速く感じたしsdQHとの組み合わせで試しても
自前のsdQ+85F1.4アートよりも若干速いかな?という速度だった。
後者の場合はボディの違いも影響してるんだろうけどね。
あとフォーカスリングの最短から無限遠までの回転角度が85F1.4アートよりも広くなってた。
正確じゃないけど180度に近い印象。MFでのピントの追い込みもし易そうだった。

今回の4本の中では一番最初に発売されるとの事だけど、実機を触っても完成間近なのを感じた。
昨年85F1.4アートを買ったばかりの身としてはなかなか複雑な心境なこのレンズだけど
上記の動画で語られている85F1.4アートとの描写特性の違いが本当なら
85F1.4アートよりも自分の好みに合ってるんじゃね?って気もしてきて困った。
山木社長も「心配する事はありません。両方買って下さい!」と言っていたしなぁ…w


・100-400mm F5-6.3 DG OS HSM C017
20170228_23_【CP+2017】SIGMA booth

20170228_21_【CP+2017】SIGMA booth

20170228_20_【CP+2017】SIGMA booth

20170228_19_【CP+2017】SIGMA booth

20170228_22_【CP+2017】SIGMA booth
135F1.8アートが思っていたよりも良くて困る…とは言え、個人的な主役はやっぱりコッチ。
パッと見た瞬間、手にした瞬間、そのサイズと軽さに『良し、コレなら問題なく扱える!』と実感。
定番望遠レンズの大体のサイズや重さに関しては100-400C正式発表時のブログに書いたけど
【70-200mmF4】や【70-300mmF4-5.6】クラスよりは大きく重いけど
【70-200mmF2.8】や【100-400mmF4.5-5.6】クラスよりは小さく軽いという
今までなかったサイズと質量と焦点距離とF値をもった新クラスの望遠レンズ。
ミラーレンズを除けばフルサイズボディで400mm、APS-Cボディで換算600mm画角を得られる
レンズの中で最も小さく軽いレンズ。“ライト・バズーカ”の愛称は伊達じゃないね。
150-600F5-6.3Cでは大きく重く、50-100F1.8Aでは望遠端が足らず
とは言え18-300F3.5-6.3Cでは物足りず…みたいな人(俺)には待望の一本。

開発者が拘ったというスリムなフードや三脚座レスによるカメラバッグ内の占有スペースの少なさは
とても素晴らしいと感じた。今使ってるMZD40-150F2.8PROは本体は凄くスリムで良いんだけど
フードが結構嵩張るんだよね。それもあってフードを自作したりもしたワケで

鏡筒の仕上げは良くも悪くも150-600F5-6.3Cとほぼ同等。唯一フォーカスリングの素材が違って
150-600F5-6.3Cではゴム(シリコン?)巻きだったけど100-400F5-6.3Cではプラだった。
150-600F5-6.3Cユーザーからフォーカスリングが細くて操作し辛いって話は良く聞くし
カメラ屋店頭に置かれてる展示機のフォーカスリングを見ると結構やれちゃってたりもするので
幅が太くなって素材も変わった100-400F5-6.3Cの方が操作性は良さそうだ。
あと150-600F5-6.3Cではズームリングに印字された各焦点距離でロック出来た機能は
100-400F5-6.3Cでは一般的なズームロック機構と同じく広角端のみでロック出来る方式に。
特徴の一つであるフードのくびれを掴んでの直進ズームは若干重いかな?と感じたけど
航空祭に行くと直進ズームのレンズを使ってる人も多いのでそういった被写体では有用なのだろう。
俺は直進ズームのレンズは使った事はなく、そもそもズーミングで伸びる望遠レンズは初めてなので
直進ズーム機能を使うかどうか、本当に便利なのかは実際に買って使ってみないとなんとも言えない。
機能として使うかどうかとは別として直進ズームをしても問題ない強度で作られているのは大歓迎。

135F1.8アートと同じくコチラもファームがまだ調整中という事でAF速度も遅く
手振れ補正効果の段数も発表出来ない状態って話だったけど写真の1D3との組み合わせでは
これまた十分速いAF速度に『製品版を早く手にして使ってみたい!』って気持ちが強まった。
とは言え重要なのは手持ちのsdQ(sdQH)やMC-11を経由してのa7IIでどれだけ使えるか。
残念ながらSAマウントの100-400F5-6.3Cの展示機は初日で調子が悪くなったという事で
2日目以降はEFマウント版だけの展示だったのでsdQ(sdQH)での使い勝手を確かめるには
発売前の体験イベント(多分あるよね?)まで待つしか無さそうだ。

発売は135F1.8アートの次、もしくは同時で4月予定との事。
価格は150-600F5-6.3Cよりもお安くなるという事なので実売初値が10万切るかもしれない。
2本の150-600F5-6.3のようにテレコンバーターKITが設定されるのかどうかも気になるけど
一番良いのはマイクロフォーサーズ向けのMC-11が出る事だよね?と本気で思っている。
このサイズ、この軽さならマイクロフォーサーズ機でも問題なくハンドリング出来るだろうし
F5-6.3と暗いっちゃ暗いのでMFになる事覚悟でテレコン噛ませて画角を稼ぐよりも
APS-Cやマイクロフォーサーズといった小さいフォーマットのカメラに装着して
使った方が折角の小ささや軽さをスポイルする事もないので良いと思うんだけどなぁ…


オマケ。


=================================================

※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆dpクワトロ用のびる液晶シェード改
◆DPメリル用フードセット
◆THETA&THETAm15用スタンド
◆DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆DPメリル用LVF-01ブラケット
◆EF50F1.8STM用つけっぱなしフード
◆SIGMA dp0Q用つけっぱなしフード
◆日本カメラ 2016年3月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
◆SIGMA dp1Q & dp2Q用スクエアフード
◆日本カメラ 2016年4月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
◆SIGMA dp Quattro用カード/USBカバーオープナー等をDMM.makeで販売開始しました!
◆SIGMA sd Quattro / sd Quattro H +PG-41用バッテリー型SDカードホルダー



■My Photo Galleryflickr 500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
CP+2017シグマブースのデザインやレイアウト、展示された新レンズ、ステージイベントや
説明員の方々から見聞きした情報などをオラオラオラァ~!っと書き連ねていったら
文字数制限に引っ掛かってしまったので、ブースとレンズの2回に分けた。

今回はブース編。
シグマブースは例年白を基調としつつ黒(やスタッフが着てるシャツと同じ濃紺)を
アクセントに使い、シグマ製レンズの描写と同じ高コントラストでシックなデザインが特徴。

SIGMA GLOBAL VISION発表後のブースデザインを並べると…
2013年2014年2015年2016年、そしてSGV発表から5年目となる2017年はこんな感じ。

PRONEWSjpさんがUPしたシグマブースの360°動画。

壁が全て黒(濃紺)になって、ブースの中央に木(確かオリーブ)が生えた去年も印象的だったけど
今年は黒(濃紺)の壁が昔の日本家屋や蔵に使われた炭壁状のテクスチャーが加わって
より日本的な力強さや歴史を連想させるような雰囲気でとても良かった。
20170228_35_【CP+2017】SIGMA booth

言ってみればブース自体が大きな“Foveon物件”になっていたワケだ。
20170228_23_【CP+2017】SIGMA booth

山木社長の“新製品について”プレゼン冒頭でも少し語られた通り、今回のコンセプトは“遠回り”。
20170228_34_【CP+2017】SIGMA booth

今回はシグマのものづくりの理念や技術についての説明に多くのスペースが割かれてた。
20170228_32_【CP+2017】SIGMA booth

残念ながら全ての記述を撮れたワケではないんだけど
20170228_30_【CP+2017】SIGMA booth

Flickrでアルバムにまとめたので大きく表示して何が書かれているのか読んで欲しい。
20170228_29_【CP+2017】SIGMA booth

今回の目玉展示は会津工場の様子を(完全にではないらしいけど)再現された
センサークリーニングサービスコーナーでしょう。
20170228_27_【CP+2017】SIGMA booth

クリーニングしているのは普段会津工場で実際にクリーニングを担当されている方々。
もしかしたら俺のsd Quattroをクリーニングしてくれた人かも!とか思うとつい見入ってしまう。
20170228_24_【CP+2017】SIGMA booth

ブース設営は山木社長の鶴の一声で決まったとの事。
センサークリーニングを実施していた所は他にもあるけどココまで本格的なのはシグマだけ。

デジタルマニアックス YOUさんがUPしたセンサークリーニング作業の様子。

以前公開された“SIGMA AIZU Chapter III”も合わせて見ると面白い。


当たり前だけどカメラもレンズも調子が悪くなったり壊れたりはしないのが一番。
そういう意味ではカスタマーサービスのお世話にならずに済むに越した事はないのだけど
でもカメラやレンズに限らず、形あるものは長く使ってればいつか必ず調子は悪くなってくるもんだ。
そういう前提で考えれば手厚いカスタマーサービスの人達が控えてくれているのはとても頼もしい。

“遠回り”のくだりで出てくるスマホはもはや人の手だけでは作る事も直す事も出来ず
調子が悪くなれば本体ごと即交換される事も多い。ソレはソレで嬉しかったりもするけれど
本当に気に入ったもの、それを通して刻まれた思い出があるものは、出来るだけ直して使い続けたい。

なるべく壊れないように、でも壊れた時は直し易いものづくり、遠回りでも続けて欲しい。

=================================================

※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆dpクワトロ用のびる液晶シェード改
◆DPメリル用フードセット
◆THETA&THETAm15用スタンド
◆DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆DPメリル用LVF-01ブラケット
◆EF50F1.8STM用つけっぱなしフード
◆SIGMA dp0Q用つけっぱなしフード
◆日本カメラ 2016年3月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
◆SIGMA dp1Q & dp2Q用スクエアフード
◆日本カメラ 2016年4月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
◆SIGMA dp Quattro用カード/USBカバーオープナー等をDMM.makeで販売開始しました!
◆SIGMA sd Quattro / sd Quattro H +PG-41用バッテリー型SDカードホルダー



■My Photo Galleryflickr 500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
お台場のダイバーシティ東京の目玉、実物大ガンダム立像ことRG1/1RX-78-2 ガンダムVer.GFT
ガンダムフロント東京営業終了と共に撤去されるって話は結構前に聞いてビックリしたけど
何となく3月末まではそこにあるものと思っていたけど、どうやら今週末の3/5で
展示は終了となってしまうらしい
。4月からリニューアルしようとしたら
確かに3月始め辺りから撤去作業を始めなければならないわな…

2009年に潮風公園から撤去される時はラストシューティングを思わせる演出があったりした。
今回もあるのかな?と期待もしちゃうけど、ショッピングモールの表玄関前スペースを
立入禁止にし続けるのも難しいだろうから案外とっとと解体されちゃうかもね。

両手両足に頭、全部揃ってる今週中にもう1度ぐらいは拝みに、そして撮りに行かないとなぁ。

CP+2017で撮った写真などは明日UP予定。録った動画はYouTubeにUP済みです
20170227_01_RG1/1 RX-78-2 GUNDAM Ver.GFT
a7II / MC-11 / SIGMA 24mm F1.4 DG HSM A015 / F16.0 1/60秒 ISO100■

=================================================

※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆dpクワトロ用のびる液晶シェード改
◆DPメリル用フードセット
◆THETA&THETAm15用スタンド
◆DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆DPメリル用LVF-01ブラケット
◆EF50F1.8STM用つけっぱなしフード
◆SIGMA dp0Q用つけっぱなしフード
◆日本カメラ 2016年3月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
◆SIGMA dp1Q & dp2Q用スクエアフード
◆日本カメラ 2016年4月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
◆SIGMA dp Quattro用カード/USBカバーオープナー等をDMM.makeで販売開始しました!
◆SIGMA sd Quattro / sd Quattro H +PG-41用バッテリー型SDカードホルダー



■My Photo Galleryflickr500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
今回のシグマのキャッシュバックキャンペーンには正直ビックリした。
今までのシグマのキャッシュバックキャンペーンは知る限りではカメラのみ。
しかも既に何かしらのシグマ製カメラを持ってるユーザーが対象の内向きな内容で
他から新しくユーザーを呼び込もうって感じのキャンペーンは今までなかったように思う。
(マウント交換サービスUSB DOCKMC-11はそれに当てはまるけどキャンペーンじゃない。)

それがどうした事か今回はレンズのキャッシュバックでしかも“既存ユーザーの買い増しのみ”
や“抱き合わせ購入した場合のみ”といった条件もなく単純にキャンペーン期間内に
国内で新品購入すればOKだなんて…まるで他社のキャンペーンみたい。

バイク程じゃないにしろカメラやレンズは季節商品。1年の間に売れる時期と売れない時期がある。
売れる時期の勢いを加速させるため、もしくは売れない時期の活性化のための
キャッシュバックは恩恵が直接的なので効果も大きいだろう。

でも、各社のキャッシュバックキャンペーンの現状には正直良い印象を持ってない。

時間が経つに連れてライバルも同様のキャンペーンを打ち出して
金額も期間も回数もどんどん増えて、最近じゃキャンペーン期間の延長も常態化。
結局一年の内でキャンペーンが実施されてる期間とそうでない期間ってもう半々ぐらいになってね?
キャンペーンの乱発は一回一回の効果を弱らせる。時期やパターンが読めてくれば
『どうせすぐまた次のが始まるんでしょ』と食い付きも悪くなる。
『また次で良い』と思ってる間に買う気も消える。

購入予定だった製品、欲しいけど手が出なかった製品がタイミング良く対象になれば凄く嬉しいけど
運悪くキャンペーン開始直前に対象製品を買っちゃった人は嫌な気分になるのも仕方がない。
定期的に実質価格が乱高下する製品より、欲しいと思った時、必要になった時に
後ろ髪を引かれずに買えた方が気持ち良いだろうになぁ…なんて思う。

そういう意味で各社に追従せずにきたシグマのレンズは
『欲しい時が買い時だ!』と勢いで買えるのが良かったんだけど
『あ、シグマもレンズのキャッシュバックやるんだ…』と知ってしまった今
俺も“キャッシュバックキャンペーン待ち族”の一員になってしまいそうな気がして複雑だ。

現状みたいに対象製品買って、キャッシュバック申し込んで、直ぐに製品売れば逆に儲かる!
みたいな錬金術が可能になっちゃう一部の金額設定はやっぱりやり過ぎな気がするのよ。
キャンペーン開始後に対象製品が中古カメラ屋に新同品として並ぶのを見るのは忍びない。
こういう錬金術はソレはソレで需要と供給があって、業界を回して潤してはいるんだろうし
売った数はシェアや順位を確実に左右するからメーカーも止めるに止めれないんだろうけど
こういう状態が続くとカメラやレンズに対する憧れとか愛着は徐々に失せていく気がして怖い。
業界自体の規模が年々縮小傾向にあるのが誰の目にも明らかになってきた今、このままでは…


「だから皆!ここは一先ず落ち着いて冷静になろう!皆で協力して生き残るんだ!」


なーんて言うヤツが大抵最初に死ぬ、というパニック映画アルアルのお話でした(違
20170217_01_Piaggio Vespa LX125 3V
a7II / MC-11 / SIGMA 24mm F1.4 DG HSM A015 / F1.4 1/2500秒 ISO100■

=================================================

※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆dpクワトロ用のびる液晶シェード改
◆DPメリル用フードセット
◆THETA&THETAm15用スタンド
◆DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆DPメリル用LVF-01ブラケット
◆EF50F1.8STM用つけっぱなしフード
◆SIGMA dp0Q用つけっぱなしフード
◆日本カメラ 2016年3月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
◆SIGMA dp1Q & dp2Q用スクエアフード
◆日本カメラ 2016年4月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
◆SIGMA dp Quattro用カード/USBカバーオープナー等をDMM.makeで販売開始しました!
◆SIGMA sd Quattro / sd Quattro H +PG-41用バッテリー型SDカードホルダー



■My Photo Galleryflickr500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
今日はバレンタインデー。特に記すべき事…なし。
20170214_01_Happy Valentine's Day
sd Quattro / 24mm F1.4 DG HSM A015 / F2.0 1/2500秒 ISO100■

=================================================

※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆dpクワトロ用のびる液晶シェード改
◆DPメリル用フードセット
◆THETA&THETAm15用スタンド
◆DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆DPメリル用LVF-01ブラケット
◆EF50F1.8STM用つけっぱなしフード
◆SIGMA dp0Q用つけっぱなしフード
◆日本カメラ 2016年3月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
◆SIGMA dp1Q & dp2Q用スクエアフード
◆日本カメラ 2016年4月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
◆SIGMA dp Quattro用カード/USBカバーオープナー等をDMM.makeで販売開始しました!
◆SIGMA sd Quattro / sd Quattro H +PG-41用バッテリー型SDカードホルダー



■My Photo Galleryflickr 500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
さ~て、カメラやレンズの新しい噂は出てるかな~と久々にTLをチェックしたら、ニコンから
プレミアムコンパクトデジタルカメラ「DLシリーズ」発売中止のお知らせ”や
希望退職者の募集の結果に関するお知らせ”が出てきてビックリ。

去年CP+前にニコンからDLシリーズが一同に発表された時
先行するソニーやキヤノンパナソニックには競合モデルのない
DL18-50 f/1.8-2.8を中心になかなか面白そうに思ったんだけどね。

流石にこの暗~いムードのままCP+に突入するなんて事はないだろうから
今日の『ニコン大丈夫?』って不安を吹き飛ばす発表が後日別にあるんだろう。
20170213_01_ivy
sd Quattro / 24mm F1.4 DG HSM A015 / F1.4 1/3200秒 ISO100■

=================================================

※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆dpクワトロ用のびる液晶シェード改
◆DPメリル用フードセット
◆THETA&THETAm15用スタンド
◆DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆DPメリル用LVF-01ブラケット
◆EF50F1.8STM用つけっぱなしフード
◆SIGMA dp0Q用つけっぱなしフード
◆日本カメラ 2016年3月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
◆SIGMA dp1Q & dp2Q用スクエアフード
◆日本カメラ 2016年4月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
◆SIGMA dp Quattro用カード/USBカバーオープナー等をDMM.makeで販売開始しました!
◆SIGMA sd Quattro / sd Quattro H +PG-41用バッテリー型SDカードホルダー



■My Photo Galleryflickr 500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
先月ドイツで開催されたフォトキナ2016で発表された
SIGMAの新レンズ3本の発売日や価格や詳細スペックが発表されました。

85mm F1.4 DG HSM A016
 → 2016年11月下旬予定、希望小売価格(税別)160,000円


12-24mm F4 DG HSM A016
 → 2016年10月28日(金)、希望小売価格(税別)220,000円


500mm F4 DG OS HSM S016
 → キヤノン用2016年10月28日(金)、シグマ用、ニコン用2016年11月下旬予定
   希望小売価格(税別)800,000円


発表時、それぞれの$での価格は出ていたので心の準備はある程度は出来ていたけど
今日発表された希望小売価格を税込に計算した金額を見た時は正直ちょっとビックリ。
でもいつも利用してるマップカメラやフジヤカメラの予約価格をみてひと安心ってトコ。

マップカメラ
 85F1.4ART→124420円 12-24F4ART→170100円 500F4SPORTS→622080円
フジヤカメラ
 85F1.4ART→124420円 12-24F4ART→170100円 500F4SPORTS→622080円
って感じでこの2店舗では完全に一致。※表示価格は2016/10/13時点での税込価格。

で、俺はと言えば
最近m4/3の広角ズームレンズを手放したからって12-24F4アートを買うワケでもなく
最近ツイッターで望遠レンズの事ばかり呟いてるからって500F4スポーツを買うワケでもなく
購入予定なのは妄想をカタチにしてしまうほど待ち遠しく思っていた85F1.4アートのSAマウント版。

光学系や外寸から妄想図を作ってる時点で
ガラスの枚数や量からして価格は実売11万の20F1.4アート+1万ぐらいかな…
コレぐらいで収まってくれ!って願望も含めてフィルター径は82mm、重さは1kgちょいぐらいかな…
なんて思ってた。

でも実際は実売価格こそほぼ想像通りだったものの、フィルター径は予想を超える86mm。
装着する予定の保護フィルターは24F1.4アートや50F1.4アートで使ってて大変満足してる
SIGMA純正のWR PROTECTORフィルター86mm径の価格を調べたらついに1万円越え
重さは1kgを軽く突破して1130g(あれ…昼に見た時は1140gだったのに…)というボリューム。
815gの50F1.4アートでひ~こら言ってるのに更に315gも重いのか…と思うと冷や汗が出る。

いやいやちゃんと買いますよ?買う買う。発売日に買いますよ。買わせていただきますけど…でも…
単に旧型を超えるというだけでなく、カメラの高画素化に合わせて、いや更なる高画素化も睨んでの
この進化の仕方は分かる…分かるけど…この重厚長大高価格化路線は、一体どこまで逝くのだろうか…
自分はどこまで付いて行けるのか…いつまで続けられるのか…そんな不安も徐々に増してきてたりする。

そんな新レンズが楽しみで楽しみで仕方ないワクワクと、先々の不安とを抱えつつ
発売までのあとひと月半、自分が出来る事を進めていこうと思います。


写真は季節感が無くて申し訳ないけど6月末に購入した24F1.4アート
MC-11経由でSONY a7IIに装着して初撮りに出かけた時のもの。
24mmって画角は広角と超広角の丁度境界線上にあるって感じだけど
最短撮影距離の短さやF1.4って明るさもあってなかなか楽しい。
sd Quattroa6300みたいなAPS-Cボディで使えば
換算36mmの使い易い準標準画角になるし。
20161013_09_SONY a7II + SIGMA MC-11 ( SA-E ) + SIGMA 24mm F1.4 DG HSM A015
a7II / MC-11 / SIGMA 24mm F1.4 DG HSM A015 / F1.4 1/80秒 ISO100■

大きく重たいレンズは勘弁して欲しいけど、こんな感じの最短撮影距離に近い被写体を
絞り開放近辺で撮ってもモヤモヤせずにビシッ!と写ってくれるのは
最新の光学設計だからこその成せる業なんだろうなぁ。
20161013_08_SONY a7II + SIGMA MC-11 ( SA-E ) + SIGMA 24mm F1.4 DG HSM A015
a7II / MC-11 / SIGMA 24mm F1.4 DG HSM A015 / F2.0 1/60秒 ISO100■

描写の凄さで言えば正直20F1.4アートの方が上だと思うけど
重さが約2/3と軽く、全長も短く、レンズ保護フィルターを装着出来る
24F1.4アートの方が身体的にも精神的にも気楽にハンドリング出来て好きだわ。
20161013_07_SONY a7II + SIGMA MC-11 ( SA-E ) + SIGMA 24mm F1.4 DG HSM A015
a7II / MC-11 / SIGMA 24mm F1.4 DG HSM A015 / F1.4 1/250秒 ISO100■

俺はMC-11経由でsdQとレンズを共用する事とsdQでは厳しい暗所での利用を目的にa7IIを買ったけど
同時期にキヤノンからソニーへ移った友達は新しい沼を開拓しまくっているようだ…
古今東西のほぼ全てのレンズを呑み込むEマウント沼…恐ろしい…
20161013_10_SONY a7II + SIGMA MC-11 ( SA-E ) + SIGMA 24mm F1.4 DG HSM A015
a7II / MC-11 / SIGMA 24mm F1.4 DG HSM A015 / F1.4 1/60秒 ISO250■

コッチまで巻き込まれたらたまったもんじゃない…近付かないでおこう…
20161013_06_SONY a7II + SIGMA MC-11 ( SA-E ) + SIGMA 24mm F1.4 DG HSM A015
a7II / MC-11 / SIGMA 24mm F1.4 DG HSM A015 / F1.4 1/250秒 ISO100■

※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆dpクワトロ用のびる液晶シェード改
◆DPメリル用フードセット
◆THETA&THETAm15用スタンド
◆DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆DPメリル用LVF-01ブラケット
◆EF50F1.8STM用つけっぱなしフード
◆SIGMA dp0Q用つけっぱなしフード
◆日本カメラ 2016年3月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
◆SIGMA dp1Q & dp2Q用スクエアフード
◆日本カメラ 2016年4月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
◆SIGMA dp Quattro用カード/USBカバーオープナー等をDMM.makeで販売開始しました!




■My Photo Galleryflickr500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
24mm F1.4 DG HSM A015を装着して庭の草木をパシャパシャ撮った
SIGMA sd Quattro初撮り写真は前回ゴリゴリめなモノクロにしてUPしたので
今回はその翌日に同じく24F1.4A015を装着して近所をブラブラ撮り歩いた時の写真を
ふわっとハイキーな仕上げに…と、頑張ったものの…まぁ、慣れない事はするもんじゃないね。

dp Quattroシリーズ含め、Foveon機はベイヤー機と比べると白飛びさせちゃうと
自然な感じにごまかす補正するのが難しいので基本的には若干アンダーめに撮る事が多い。
元々ちょっと暗めで色が濃いめに出てる方が好みなので他のベイヤー機でもそうする事は多いし
少しアンダーで強めに仕上げた方がFoveon機のギュギュッと情報が詰まった描写とも相性が良いので
アンダーめに撮る事は無理やり強いられてるとかじゃなく、むしろ喜んでそう撮ってるんだけど
今回みたいに『たまにはふわっとハイキーな仕上げにしてみるか~』なんて時は苦戦する。
でも情報が空っぽな分かり易いハイキー写真(コラッ とは違うこの感じもアリかな。

今回の写真は全て
・露出 → プラス2.0(最大)
・コントラスト → マイナス2.0(最小)
・ハイライト → プラス2.0(最大)
・ホワイトバランス → 色温度指定(3700K)
・カラーモード → ニュートラル
※この他の項目は全て初期設定値。
って結構極端なパラメータ設定で一括現像。

昔は1枚1枚その写真に合うように個別に現像したりしてたけど、その分UPする枚数は少なかった。
最近はその日に撮った分は全部同じ現像で仕上げて、UPする枚数を増やすようにしてるんだけど…
正直どっちが良いか悪いか分からん。撮る枚数は増えてるけど、楽しんで撮れなくなってきてる…
原因の心当たりはあるっちゃあるけど…ソレのせいにはしたくないしね…う~ん、なんだかなぁ…
20160825_04_SIGMA sd Quattro + 24mm F1.4 DG HSM A015 Snap shot
sd Quattro / 24mm F1.4 DG HSM A015 / F1.4 1/250秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

20160825_05_SIGMA sd Quattro + 24mm F1.4 DG HSM A015 Snap shot
sd Quattro / 24mm F1.4 DG HSM A015 / F1.4 1/160秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

20160825_09_SIGMA sd Quattro + 24mm F1.4 DG HSM A015 Snap shot
sd Quattro / 24mm F1.4 DG HSM A015 / F2.0 1/1000秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

20160825_10_SIGMA sd Quattro + 24mm F1.4 DG HSM A015 Snap shot
sd Quattro / 24mm F1.4 DG HSM A015 / F2.0 1/80秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

20160825_11_SIGMA sd Quattro + 24mm F1.4 DG HSM A015 Snap shot
sd Quattro / 24mm F1.4 DG HSM A015 / F4.0 1/100秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

20160825_13_SIGMA sd Quattro + 24mm F1.4 DG HSM A015 Snap shot
sd Quattro / 24mm F1.4 DG HSM A015 / F1.8 1/200秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

20160825_14_SIGMA sd Quattro + 24mm F1.4 DG HSM A015 Snap shot
sd Quattro / 24mm F1.4 DG HSM A015 / F2.0 1/60秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

20160825_16_SIGMA sd Quattro + 24mm F1.4 DG HSM A015 Snap shot
sd Quattro / 24mm F1.4 DG HSM A015 / F2.0 1/40秒 ISO160■  【等倍はコチラ】

20160825_17_SIGMA sd Quattro + 24mm F1.4 DG HSM A015 Snap shot
sd Quattro / 24mm F1.4 DG HSM A015 / F1.4 1/60秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

20160825_20_SIGMA sd Quattro + 24mm F1.4 DG HSM A015 Snap shot
sd Quattro / 24mm F1.4 DG HSM A015 / F2.8 1/40秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

20160825_22_SIGMA sd Quattro + 24mm F1.4 DG HSM A015 Snap shot
sd Quattro / 24mm F1.4 DG HSM A015 / F2.0 1/100秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

20160825_21_SIGMA sd Quattro + 24mm F1.4 DG HSM A015 Snap shot
sd Quattro / 24mm F1.4 DG HSM A015 / F2.8 1/200秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

20160825_23_SIGMA sd Quattro + 24mm F1.4 DG HSM A015 Snap shot
sd Quattro / 24mm F1.4 DG HSM A015 / F1.4 1/125秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

20160825_24_SIGMA sd Quattro + 24mm F1.4 DG HSM A015 Snap shot
sd Quattro / 24mm F1.4 DG HSM A015 / F1.4 1/100秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

20160825_25_SIGMA sd Quattro + 24mm F1.4 DG HSM A015 Snap shot
sd Quattro / 24mm F1.4 DG HSM A015 / F2.8 1/40秒 ISO125■  【等倍はコチラ】

※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆dpクワトロ用のびる液晶シェード改
◆DPメリル用フードセット
◆THETA&THETAm15用スタンド
◆DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆DPメリル用LVF-01ブラケット
◆EF50F1.8STM用つけっぱなしフード
◆SIGMA dp0Q用つけっぱなしフード
◆日本カメラ 2016年3月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
◆SIGMA dp1Q & dp2Q用スクエアフード
◆日本カメラ 2016年4月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
◆SIGMA dp Quattro用カード/USBカバーオープナー等をDMM.makeで販売開始しました!




■My Photo Galleryflickr500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]