タグ:3Dプリンター ( 25 ) タグの人気記事

前回UPしたチケショの写真2chで【青春18きっぷ問題】と呼ばれている事を教えてもらい驚いた。
特定の条件が揃うと解像度が著しく低下する【ビアガーデン問題(現象)】というヤツらしい。
輝度情報(明るさ)が同じで色相だけが違う二色が隣り合う場所で発生するみたい。

輝度(明るさ)は同じなので輝度情報中心に取り込むトップ層的には何も書かれていないのと同じ。
トップ層との足し引きで色情報を得るミドル層とボトム層は色の違いを感知出来るものの
2000万画素弱のトップ層に対してミドル&ボトム層は500万画素弱しかないので
結果的に解像度の低いモヤモヤした描写にしかならないという事みたい。

ちなみに【青春18きっぷ問題】のX3FをモノクロB100%(それ以外はUP済みカラー版と同じ)にして
問題の部分750×500pixelを切り出すとこんな感じ(画像クリックで等倍表示)。
b0213320_0163346.png
カラー版と同じくモヤモヤしてる。

こうなるとクワトロセンサーの構造自体に由来する現象のように感じる…が
本体のファームアップやSPPのアップデートで改善出来るような気もする。
いちユーザーにどうこう出来る問題ではないので騒いでもしょうがない。
いや、声を上げる事は重要だけど文句を言っても改善の役には立たない。
ユーザーに出来る事は沢山写真を撮って、沢山発表していく事だろう。

そう思って自分が撮った写真をチェックしてみたけど
誰もが分かるレベルで現象が確認出来たのは結局あの1枚だけだった。
放置してよい問題ではないがdp2Qの使用を控えたり売却するような問題には感じない。
それに問題を抱えている事を加味しても個人的にはDPメリルよりもdpクワトロの方が使ってて楽しい。


前回プレ発表したdp2Q用自作フードですが、基本的な機能やシルエットはあのままの予定ですが
細部の寸法を微調整して装着感や遮光性能を詰めている所です。もう少々お待ち下さい。


今日の写真は今までと同じdp2Q初撮りスナップ。新宿から銀座へ移動してからの写真。
20140703_01_Cheers for good work is.
SIGMA dp2 Quattro / F2.8 1/400秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

カメラやレンズが防塵防滴かどうかに関わらず雨の日はあまり写真を撮らないので
クワトロセンサーに限らずFoveonセンサーが雨粒をどう描写するかは殆ど初めて見てる状態。
いやぁ~等倍で見るとクルマのボディに付着した雨粒がビッチリと描写されてる。
撮ってる時に自分の目では見えてなかった情報が見えると何だか快感。
20140703_02_ Volkswagen Beetle
SIGMA dp2 Quattro / F2.8 1/125秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

こういう水平を計り易い被写体ならガイド線だけで十分だけど、そうじゃない時は水準器は便利だね。
20140703_03_Ginza walk
SIGMA dp2 Quattro / F2.8 1/500秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

赤いボディカラーと無数の雨粒、コンデジの画質じゃないね(カメラの大きさやデータの重さも…)。
20140703_04_Fiat ABARTH 595 turismo
SIGMA dp2 Quattro / F2.8 1/400秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

…いや、足を撮ったのではないよ!傘!傘の柄がどう写るかな~って!そう思ったんだって!(汗)
20140703_05_After the rain
SIGMA dp2 Quattro / F2.8 1/200秒 ISO100■  【等倍はコチラ】





■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
昨日に引き続き今日もSIGMA dp2 Quattroでの新宿スナップ。
メリルセンサーのDP3Mやフルサイズベイヤーの5D2との比較も気になる。
今後ちゃんと比較テストしてみるつもりだけど、まずはdp2Q単体での写真を中心に。
何度も言うけどホント発色良くなった。各色の強弱のバランスが整ったって表現が正しいかな。

でもたまに『あれ?』って描写してる所もある。
この写真の右側中央、水色バックに白文字で“上越新幹線 東京都区内発着”って書かれてる部分と
“青春18きっぷ 値段は問い合わせください。”って書かれてる部分に挟まれた部分
紺色バックに赤文字で何か書かれてるんだけど、全く読めない…
今度本当にこう書かれてるのか確かめてみよう。
20140701_01_Ticket shop
SIGMA dp2 Quattro / F2.8 1/250秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

メリルセンサーと違ってベース感度がISO100になったのも個人的に嬉しい変更点。
ベース感度がISO200なDPメリルだと昼間に開放で撮りたい時に困る。
白飛びするのを覚悟でISO200で撮ってSPPで減感させるか
ダイナミックレンジが狭いのを承知でISO100か
そんな葛藤に揺れる時もあったりした。
クワトロセンサーでは1段増感した感度になるISO200。当たり前だけど全然余裕。
20140701_02_Jesus Christ
SIGMA dp2 Quattro / F2.8 1/60秒 ISO200■  【等倍はコチラ】

昨日の5枚も今日の5枚もカラーモードは全てスタンダード。
SPP6で少しマゼンタ方向に補正してるけど今までと比べたら楽に好みの色が出るようになった。
20140701_03_fresh verdure
SIGMA dp2 Quattro / F2.8 1/80秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

この日は朝から結構な雨だった。
手前のベンツはクッキリ、奥のビルはもんやり、奥行きのある画だ。
20140701_04_Mercedes-Benz CLA-Class
SIGMA dp2 Quattro / F2.8 1/400秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

黒潰れ寸前の荒れ方も白飛び寸前の粘りもメリル世代よりも俄然良くなってると思う。
20140701_05_Roadside tree
SIGMA dp2 Quattro / F2.8 1/60秒 ISO160■  【等倍はコチラ】

さて、ここからが本日のメイン。
ツイッターの方で先にアレコレ呟いてたけど
3DプリンターAFINIA H479で現在dp2Q用のフードを製作中。

純正フードがあのサイズと形状になっちゃったのは
レンズ鏡筒に設置されたAF補助光の光を遮らず、dp1~3Qでフードを共用する事を優先した結果。
メーカーとしては正しいけど、ユーザーとしては大きく嵩張るくせに遮光性能が低くて
遮光板というよりも衝撃を吸収するバンパーとしてのパーツという印象。

個人的にはもっと小さくて遮光性能に優れたフードが欲しかった。
一先ずカタチになってきたのでツイッターにUPしたら結構良い感触が得られた。
明日から装着してテスト撮影して、必要があれば形状を微調整。
それが終わったら実際に販売してみようと思います。

まずは春にレンズを売ったみたいにこのブログやツイッターを通しての手売りになると思われます。
詳細はモノが完成してからまた改めて書きますので続報をお楽しみに~。
b0213320_1115984.jpg
※2014/07/08追記
完成しました!その名も【つけっぱなしフード】販売も開始してます!





■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
発売日当日の6/27(金)の午前中にはゲットしてたSIGMA dp2 Quattro
気付けば手にしてから三日半も経っての写真UP。出遅れたな~。
3Dプリンターでフードを自作したりしてて遅れました。

カメラ自身のデザインや使い勝手の事、新しくなった現像ソフトの事
書きたい事は山ほどあるけど、やっぱり最初は画質の話。

Foveonセンサーと言えば解像度。それに関しては文句を言う人は居ないでしょう。
でもそれ以外は厳しくて、高感度が使えない、例え低感度で撮っても色が特徴的だったり。
ところが今度のクワトロセンサーは今までFoveonが苦手としてた高感度と色がかなり良くなった。

色味の中で一番手強かったのが赤。DP2MDP3Mもとにかく赤が乱暴。
例えば青や緑が256段階だとしたら赤は16~32段階なんじゃね?って思うレベル。
どす黒く沈んだり、逆に一気に色飽和したり、赤の微妙な階調を出すのが凄く難しかった。

ところがどうだ、真っ白に飛んでばっかだった天敵、赤いネオンがちゃんと写ってる!
20140630_01_Yodobashi Camera
SIGMA dp2 Quattro / F2.8 1/125秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

クワトロセンサーなら赤いクルマも積極的に狙っていける!もうモノクロへ逃げずに済むぞ!(オイ)
20140630_02_MAZDA AXELA SEDAN
SIGMA dp2 Quattro / F2.8 1/200秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

今まで使ってきたFoveon機だとDP2Mはグリーン被り、DP3Mはマゼンタ被りが酷かった。
対してdp2Qはまだ若干グリーンが強いけど色補正し易くなったSPP6を使えば問題なく仕上げられる!
20140630_03_警告
SIGMA dp2 Quattro / F2.8 1/250秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

こんな明るくて鮮やかなパステルカラーはメリルセンサー+SPP5じゃ上手く出せなかった。
解像度に関してもピカイチ。等倍で見るとキャリーバッグ表面のファブリック地までハッキリ分かる!
20140630_04_Colorful Carry Bag
SIGMA dp2 Quattro / F2.8 1/125秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

すご~くシビアに比べるとメリルセンサーとクワトロセンサーの解像度の出し方は変わってきてる。
クワトロセンサー解像の仕方はメリルセンサーのモノクロモードでB100%にした時の解像感に似てる。
モノクロモードのカラーミキサーでB100%にすると一番光が届いてる層の情報から描写するので
クリアでシャープでノイズレス。でも下二層がノイズと戦いならが感じ取った情報は活かされてないので
引きで見るとシャープだけど等倍で見ると情報が足らずにベタッと潰れてる部分が有ったりする。

でもまぁ~その差はFoveon同士を比べて初めて感じる些細な差。
他のベイヤーセンサーと比べればやっぱりしっかりFoveonセンサーの写りだ。
この錆びた鉄板の細かな凹凸、ペンキの擦れ具合、滴り落ちそうな水滴、たまらんじゃないか。
それでいて今まで苦手だった高感度や色味が改善された。カメラとしての使い勝手も
現像ソフトの機能も大幅に進化した。もう何でも撮れる気がしてきたぞ…
20140630_05_駐車お断り
SIGMA dp2 Quattro / F2.8 1/125秒 ISO100■  【等倍はコチラ】





■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
SIGMA dp2 Quattroの発売まであと3日。
そろそろどのアクセサリーを買うかも考えてみたり。

エレクトロニックフラッシュ EF-140S SA-STTL
パッと見今までのDPシリーズ用に設定されてたEF-140のロゴ位置が変わっただけに見えるけど
こないだの東京カメラ部2014写真展でのシグマブースで聞いてみたら基盤から何から全くの新型との事。
既に生産が終了してる旧型でも勿論動作するけど新型はdpクワトロ用に微調整されてるらしい。
小型軽量でカメラバッグの隙間に入れて持ち歩けるけどバウンス出来ないのが残念だ。
シグマ用外付けストロボはEF-610 DG SUPERを持ってるので購入見送り

レンズフードLH4-01
換算28mmのdp1Qと共用って時点で換算45mmのdp2Qでの遮光性能は恐らく皆無。
dp3Q用のエクステンションフードHE1-01を設定するならdp2Q用も作って欲しかった。
まぁフードは有害光をカットする他に落下時の衝撃を吸収するバンパーとしての役割もある。
価格も安いので購入。(しっかり遮光するフードを3Dプリンターで自作予定ですのでお楽しみに)。

ビューファインダーVF-41
現在発表されてるdpクワトロシリーズ用のアクセサリーとしては最も高価で力も入ってそう。
大きいフードを避けるためか位置が結構高いけど内田ユキオ氏によれば視差も少なく見易いとの事。
気にはなるけど価格が価格なので購入見送り。dp2Qのスナップ能力の如何に寄っては欲しくなるかもね。

ケーブルレリーズCR-31
DPメリルユーザーからのリクエストが結構多かったっぽいケーブルレリーズ。
俺もDP2MやDP3Mをブツ撮りに使う事が多いので欲しいと思ってた。
でもdpクワトロシリーズ自体にバルブモードが無いのが残念。
熱やノイズの問題が障壁になってるんだろうけど花火や星景の撮影にはバルブモードが必須。
発売前にファームアップの話をするのも変だけど後々追加して欲しい。
価格も高くないし今後への期待も含めて購入

カメラケースHC-21
ボディを覆ってしまっては放熱の妨げになるんじゃ…とか思ったけど全体を覆うような形状じゃないし
そもそもdpクワトロは放熱性も考慮してのあのカタチなのだろうから問題無いのだろう。
装着して握ってみたけどグリップのエッジが和らげられて持ち易くなるよ。
前面の指が掛かる部分だけ革の素材が滑り辛い物に変えられてたりして感心する部分もあるんだけど
取外しにマイナスドライバーが必要だったりカード&バッテリースロットが塞がれたり
もうちょっと使い勝手を考えて設計して欲しいなぁ…と思う部分もある。
個人的には長所と短所が半々で購入するかはまだ検討中

ACアダプターSAC-6
DP2MやDP3Mで物撮りしてると頻繁にバッテリーを交換する事になるので欲しくなるアイテム。
でも買うか買うまいか結構悩んだ末結局DPメリル用のSAC-5は買わなかった。
dpクワトロは撮れる枚数が倍増してる事だし購入見送りかな。

Li-ionバッテリーパックBP-51
DPメリル発表時に話題をさらった撮影枚数の少なさと最初からバッテリー2本同梱する対応が懐かしい。
今回も最初から2本同梱されるし、バッテリー1本の撮影枚数は約200枚と倍増してるけど
やっぱ2本じゃ足りない。今のDP3Mの使用リズムから考えるともう1本欲しい。
更にdpクワトロやSPP6の動作がメリルより高速化してる事を考えると
更にもう1本追加して計4本、800枚体制にした方が安全かも。
純正バッテリーとしては破格の安さだし、2本購入

バッテリーチャージャーBC-51
今の所BP-51の充電時間に関する記載が見つからないけど形状やスペックから多分同じ物っぽい
GH2等で使われてるDMW-BLC12の充電時間は140分(充電器は別物っぽいから参考値)。
140分×4本=9.3時間と考えるともう一つ充電器があった方が良さそうだけど
1本無くなる度にちょくちょく充電する方なので一先ず購入見送り

ただ今回のBC-51はメガネ端子のケーブルを介してコンセントに挿すタイプなので
持ち歩く時はケーブルも一緒に持ち歩かなけりゃならない。嵩張る。
オススメはエレコムとかから出てる電源プラグを使う事。
X100Sが同じ状況だったので使ってたけど便利。汎用品だから使い回せるし端子の向きも色々あるよ
b0213320_064663.jpg
■レンズ保護フィルタ
お決まりのKenko PRO1Dプロテクター(W)。58mmは持ってないので購入
最新仕様ではレンズクロスがセットになって価格が上がってる。
ヨドバシ店頭とかでは既にこの高い方しか売ってない。
アマゾンはクロス無しの安い方がまだ買える

■液晶保護フィルム
今までのところカメラを買ったらKenkoの液晶保護フィルムを購入、装着してきた。例外なく。
今回はどうした事か6/27のdp2Q本体の発売に間に合わず、6/29発売との事
二日間以上保護フィルム無しで使用するのは何だか不安なので
初めてKenko以外の製品を使ってみる事にした。

選んだのは(ってか他に無い)DeffのHigh Grade Glass Screen Protectorというガラス製のモデル
このブランドのページを調べてみたらスマホやタブレットの保護ガラスもラインナップしてて
ドイツのSHOTT社(カールツァイス財団のガラスメーカー!)製ガラスを使用との事!
マジかよ!ツァイスかよ!ヤベーなコリャ!スゴそうだぞ!と一瞬昂ったけど
カメラ用の液晶保護ガラスは全て旭硝子製ガラスを使用してるっぽい。
カメラ脳の時はついツァイスやらライカに反応しちゃうけど
Made in Japanだって負けてない。否!勝ってる!
dp2QだってMade in Aizu Japanだぞ!
というワケで購入。到着待ち。

※2014/06/25 00:30現在
直販サイトにはdp2Q用は未掲載でヨドバシは取り寄せだけどアマゾンなら在庫あるよ。
Deff製は既に6/23に発売済み。Kenko製は6/29発売。dp2Qを6/27に買う予定ならDeffしかない。

さぁ~て一歩、また一歩と着実にdp2Qへの準備が整ってきた。あと三日、楽しみだなぁ…
20140624_01_step by step
SIGMA DP3 Merrill / F2.8 1/100秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

  



■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
今日から新年度、このブログも4年目に突入だ。
新しい事を始めるには良いタイミング。
という事で3Dプリンター導入。

コレを使って何を作るかは、ご想像にお任せします。
今日開封して、初起動して、初テストプリントしてるところなので
実際にモノをお披露目出来るのはまだまだ先になると思いますが、お楽しみに~。
20140401_01_AFINIA H479 3D Printer
EOS 5D MARK II / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM A012 / F5.6 1/60秒 ISO400 ■

  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]