タグ:DP2 Merrill ( 135 ) タグの人気記事

気が付けば
DP2MのFoveonセンサー
X100SのX-Trans CMOSセンサー
5D2の一般的なフルサイズCMOSセンサー
が手元に揃った。比較好きとしては比べてみないとね。

本当はDP2MやX100Sと同じAPS-Cフォーマットでローパスフィルターレスの
PENTAX K-5 IIsFA31mmF1.8AL Limited辺りの組み合わせが
画素数もセンサーの特徴的にも一番近いんだけどね。
まぁ~持ってないんだからしょうがない。
マル四年使い込んだ5D2に頑張ってもらいましょう。
レンズも昔使ってたフォクトレンダーのウルトロン40
新撒き餌レンズのEF40mm F2.8 STM辺りがベストだけど
これまたどちらも持ってないのでEF24-105mm F4L IS USM
シグマ28F1.850F1.4はあるけど画角が違い過ぎちゃうので却下。

各々のカメラの設定&撮影方法は
・JPEG撮って出し
・オートホワイトバランス
・色調はスタンダード
・ノイズリダクションやダイナミックレンジ拡張系機能はOFFまたは最弱。
・DP2MもX100Sもセンサーに最適化された専用単焦点レンズなので
 5D2+24-105のみハンデとして周辺光量補正はON。
・フォーカスはライブビュー状態でのAF。
 各設定で複数枚ずつとって最も良かったものを採用。
・三脚使用
といった感じ。
各メーカー、各カメラ、各センサーの特徴や色味が出易い設定にしたつもり。

テストは昼夜合わせて4つのシチュエーション。
チェック項目はオートホワイトバランスの色味、解像度合い、高感度ノイズ量、ボケ味とかかな。
テストデータは全てFlickrにUPしてあるので一枚ずつ見たいって人は....  →【コチラ】←


今回はオートホワイトバランスの色味と解像度合いのテストについて。
【X-Trans vs Foveon vs Normal Bayer CMOS】TEST1_1
はい、ちっちゃ過ぎて良く分からないね。中央の白い排気塔辺りを切り出すと....
【X-Trans vs Foveon vs Normal Bayer CMOS】TEST1_2
こんな感じ。 等倍は【コチラ】。
5D2は全体的に赤が強くて空の色もくすんでる。花粉やら黄砂やらPM2.5やらが沢山飛んでそうな色味。
DP2Mはグリーンかぶりの影響か緑が強い。ファームアップで徐々に減ってきたけど完璧じゃない。
X100Sはすごく爽やかな色味。排気塔もしっかり白いし空の青さも適切。さすが富士フイルム。

続いて左隅の建物についてる網目状のパネル。
【X-Trans vs Foveon vs Normal Bayer CMOS】TEST1_3
ブログ用に縮小しちゃうと良く分からないね。等倍は【コチラ】です。
細かい模様の描写はやっぱりFoveonセンサーのDP2Mが一番解像してるね。
5D2も色ムラはあれど画素数が多いのでちゃんと網目状のパネルなんだって分かる。
X100Sは描写が変になっちゃってるね。穴が開いてるのか、ただの凹凸なのか判別出来ない。
X-Transはカラーフィルターレイアウトとデモザイク処理が独特で細かくて規則的な物の描写が苦手。

オートホワイドバランスの正確さ、色の良さはX-Trans
細かい模様や凹凸も余す事無く描写するFoveon
中庸なベイヤーセンサーって感じかな。
ってか5D2、センサーゴミ付きまくってるし!!
花粉や黄砂が治まったらセンサークリーニングに出さなくちゃ。

次回はダイナミックレンジの広さと高感度ノイズ量についてのテスト。お楽しみに。
  



■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
X100S購入也。
う~ん、実にカッコイイな。
このカメラは、実にカメラカメラしている。

購入前に試用した時のレポートはコチラ→ 【描写編】 【操作性編】
その時撮った写真はコチラ→ 【20130302_FUJIFILM X100S撮影体感セミナー】
20130307_01_FUJIFILM X100S
SIGMA DP2 Merrill / F16.0 1秒 ISO200 ■  →等倍はコチラ←

シグマ デジタルカメラ DP2 Merrill 4600万画素  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
前に書いたSPP5.5の症状が、どうやらシグマの中の人へ届いたようです。
b0213320_21501531.jpg
書いてみるもんですね。アップデートが待ち遠しい。

残念ながら新モノクロームモードは現状ちょっと使えない感じなので
SPPのアップデートまでは旧モノクロームだけの色付きモノクロ機能で楽しむ。
ホワイトバランス設定をモノクロームにした後にカラー調整をすると色付きモノクロ写真に。
暖色方向に振ってセピア調にしたり、今日の写真みたいに寒色方向に振ったり。コレはコレで楽しい。

お試しあれ~。
201330301_01_To the moon.
SIGMA DP2 Merrill / F8.0 1/200秒 ISO100 ■  →等倍はコチラ←

シグマ デジタルカメラ DP2 Merrill 4600万画素  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
先週のSPP5.5公開とDP3Mの発売以来
Twitterのタイムラインには魅力的な作例が沢山流れてくる。
残念ながらウチのPC環境ではSPP5.5が上手く機能してくれないので
その輪の中には入れず、指を銜えて見てる事しか出来ない。

ウチのPC(Windows Vista 64bit Core-i7)で発生してるSPP5.5の不具合は二つ。
1.【SPP上での表示画質と保存されたデータの画質が大きく違う事】
 新モノクロームモードでの状態は前回書いた通り
 その他にカラーモードでは
 ・白飛びした部分に黒い輪郭線が出る。
 ・全体的なコントラストが弱くなる。
 といった感じ。
2.【現像作業をするに連れてエラー表示が増えてくる事】
 大体5~6枚現像した辺りからエラー0、13、14などの表示が出始めてる。
 エラーが出るとSPP自体は落ちないものの画像が閉じられて作業し直しに。
 最終的には画像を開いた瞬間エラー表示が出るようになって何も出来なくなる。
 SPPを再起動する事でリフレッシュされるものの作業をしてればまた出てくる。

まぁ~致命的な画質低下が起きるのは新モノクロームモードだけだから
カラーなら白飛びの輪郭線やコントラスト低下を見越して現像する事も出来るけど
保存されたものと比較しながら再調整してる時にエラーとか出るとさ、やっぱヤル気無くすよね。


んで、そーんなSIGMA熱、Foveon熱、Merrill熱が冷め切ってる時に
AdobeさんはLightroom 4.4 & Camera RAW 7.4のRC版を公開してくれるワケです。
今までデータは開けるけど画質がダメダメだった富士のX-Transセンサー搭載カメラの画質を向上させ
ついでに発売直後のX100SX20のRAWデータまでサポートしてくれちゃってるじゃん!!

今までの富士製カメラの対応スピードからして
Lightroom5のタイミングで対応してくるんじゃないかと予想してたので
4.4の公開&対応は個人的にすげーサプライズ!!

前も書いたけどX100Sは個人的に非常に気になってるカメラ
それがメインカメラの5D2と同じ現像ソフトでデータ管理出来るとなれば
ついつい手が伸びちゃうよねって話。だって....人間だもの。
20130226_01_Forbidden fruit
SIGMA DP2 Merrill / F2.8 1/1250秒 ISO100 ■  →等倍はコチラ←

シグマ デジタルカメラ DP2 Merrill 4600万画素  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
昨日公開されたSIGMA Photo Pro 5.5.0(以後SPP5.5)
今日アップデートしてDP2Mの手持ちデータで色々試してみた。

今バージョンの一番のトピックは新モノクロームモードの実装。
今までのモノクロとは違うプロセスを開発した事で
・カラーミクスチャーとフィルムグレインによる表現の拡大。
・高ISO感度撮影でのノイズ量の低減。
・ダイナミックレンジの拡大。
等が可能になるとの事。

せっかくなのでカラーや旧モノクロとどう違ってくるのか、テストしてみた。
(各画像左下の【等倍表示】をクリックするとFlickrの等倍表示が別ウィンドウで開きます。)

選んだのはこの写真。夜の新宿をF2.8、1/60秒、ISO1600で撮ったもの。
20130222_07_【SPP5.5.0テスト】_画面キャプチャ
【等倍表示】

【1枚目】中央部を100%表示させたものを画面キャプチャしたのがコレ。カラーノイズがひどい。
20130222_08_【SPP5.5.0テスト】_画面キャプチャ_カラー
【等倍表示】

【2枚目】彩度を-2.0にしたのがコチラ。当たり前だけどカラーノイズは消える。でもまだぼんやり。
20130222_09_【SPP5.5.0テスト】_画面キャプチャ_カラー_彩度-2.0
【等倍表示】

【3枚目】更にホワイトバランスをモノクロームにしたもの。今となっては旧モノクロ。
ヒストグラムを見ると分かるけどコントラストと露出が少し上がって多少シャッキリした。
20130222_10_【SPP5.5.0テスト】_画面キャプチャ_旧モノクロ_彩度-2.0
【等倍表示】

【4枚目】新モノクロモードにした状態。
2枚目から3枚目の変化とは逆で露出は暗くなってコントラストは下がりノイズも増える....
最初はアレ!?って感じだけど是非等倍で見て欲しい。今までとはディティールの残り方が桁違い。
旧モノクロよりもナチュラルに情報が詰まってる感じ。凄く良い!なるほど!さすが!と納得。
20130222_11_【SPP5.5.0テスト】_画面キャプチャ_新モノクロ_R33.G33.B34
【等倍表示】

色んな写真を新モノクロームにして楽しんでたら
ka_tateさんのブログ、【写真あれこれ】の
【SIGMA Photo Pro Monochrome Mode ブルー100%で高感度を堪能する!】を発見!
要約すると新モノクロームのカラーミクスチャー機能をR0.G0.B100に設定する事で
三層センサーの一番上、青の層に記録された情報のみを使えるという!

なるほど!と早速試したのがこの【5枚目】
まるでISO100や200で撮ったんじゃねーの!?ってぐらいノイズが消えた!!
三層の内の状態の良くない二層のデータを捨てる事で結果的に最も情報量のある画になった!!
20130222_12_【SPP5.5.0テスト】_画面キャプチャ_新モノクロ_R0.G0.B100
【等倍表示】

今度は逆にR100.G0.B0で、一番下の赤の層だけにしたのがこの【6枚目】
う~ん、ひどい。やっぱFoveonは赤が苦手。
20130222_13_【SPP5.5.0テスト】_画面キャプチャ_新モノクロ_R100.G0.B0
【等倍表示】


ん で だ。
ここからが今日の本題。
この青100%のバージョンを今日の一枚にしようとJPEG保存して絶句した....全然画が違う!!
左がJPEG保存したモノ、右がSPP上の画面。左の方がノイズレスで一見キレイだけど
等倍で見るとノッペリしてディティールが消えちゃってる!!なんてこった!!
20130222_18_【SPP5.5.0テスト】_比較(左JPEG、右SPP)_新モノクロ_R0.G0.B100
【等倍表示】

最初は青100%ってセッティングがやっぱまずかったのかな?と
カラーミクスチャーをリセットした状態で再度JPEG保存したけどやっぱり同じ!!
んで、今までの各バージョンでJPEG保存して比較してみたら
新モノクロームモードで出力したモノだけノッペリした画質になっちゃう。
同じSPP5.5でもカラーや旧モノクロモードで出力したモノは
キレイかどうかは別としてSPP上の表示との差は無い。

....う~ん、正直今の状態だと、新モノクロームモード、使えないっす。
Twitterとか検索してみると他の不具合も出てるみたいだし
バグフィックス版が公開されるのを待つしかない。
シグマさ~ん、宜しくお願いしま~す!!
(SPPがこんな状態じゃDP3M買えないよ~)

今回のテストデータはFlickrのSetsにまとめました。 → コチラ

※2013/03/26追記 SPP5.5.1で問題解決しました。

シグマ デジタルカメラ DP2 Merrill 4600万画素  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
Nikon Rumorsによれば、出るらしい。
あれれ、NIKON 1は!?CXフォーマットはどうなるの!?

AFスピードとか連写のアドバンテージは確かにあるっぽいけど
同価格帯のマイクロフォーサーズソニーNEXシリーズフジXシリーズ
純粋な画質勝負となるとセンサーサイズが大きいライバルの方にアドバンテージがある。

トドメにライバルのキヤノンがAPS-CサイズのEOS Mを出した事で
とうとう方向転換をせざるをえなくなったのかもね。

個人的に気になるのは固定レンズのコンデジの方。
噂では28mmF2~2.8というレンズらしい。
28mmってのが実焦点距離なのかフルサイズ換算の数字なのかは分からない。
実焦点距離28mmなら1.5倍で42mm相当の標準画角のレンズ。
フルサイズ換算28mm(実焦点距離18~19mm)なら広角レンズになる。

前にも書いたけどAPS-Cサイズ以上のセンサーを積んだコンデジが増殖中。
■28mm
  ・RICOH GR DIGITAL V
  ・SIGMA DP1 Merrill
■35mm
  ・SONY Cyber-Shot RX1
  ・FUJIFILM X100S
  ・LEICA X2
■45mm
  ・SIGMA DP2 Merrill
■75mm
  ・SIGMA DP3 Merrill

ニコンの新しいカメラが
28mmで出ればDP1MやGRD5がライバル。
42mmで出ればDP2Mがライバルになるね。

なんだかんだで各社とも1モデルしか出さない中で
DP1でこのジャンルを開拓したシグマは既に一歩先を進んでる。
DP3Mの登場で広角、標準、中望遠(&マクロ)のラインナップが構築される。

この『ライバルが増えても問題ないぜ!』って感じ、さすがッスわ。
20130219_01_BLOOM
SIGMA DP2 Merrill / F2.8 1/800秒 ISO200 ■  →等倍はコチラ←

シグマ デジタルカメラ DP2 Merrill 4600万画素  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
さすがCANON EF100mm F2.8L MACRO IS USM、大人気だw
20130217_01_梅撮り
SIGMA DP2 Merrill / F2.8 1/640秒 ISO100 ■  →等倍はコチラ←

シグマ デジタルカメラ DP2 Merrill 4600万画素  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
今週末はまぁ~コレといって特に何もない平穏な週末。
でも来週後半~週末は色々イベントが盛りだくさん。

21日(木) SPP5.5(新モノクロームモード)公開。
22日(金) SIGMA DP3 Merrill発売&キャッシュバックキャンペーン開始。
23日(土) FUJIFILM X100S発売。
23日(土)~24日(日) BLACKPORTERさん初写真展。
24日(日) 東京マラソン開催。

こいつぁ~忙しくなりそうだぜ~。
20130216_01_団地
SIGMA DP2 Merrill / F8.0 1/640秒 ISO200 ■  →等倍はコチラ←

シグマ デジタルカメラ DP2 Merrill 4600万画素  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
こんな赤、5D2じゃ後工程で彩度を上げないと出ない。でも鮮やかなら良いってワケでもない。
赤は普通に撮っただけで色飽和してたりする事もあるんだが、俺のDP2Mだけか?
20130214_01_DUCATI 999S
SIGMA DP2 Merrill / F2.8 1/400秒 ISO200 ■  →等倍はコチラ←

シグマ デジタルカメラ DP2 Merrill 4600万画素  シグマ レンズフード LH2-01

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
冷蔵庫の奥から未現像のフィルムが出てきた。
DP2M購入時下取りに出したCONTAX T3で撮った3本。
フィルムはいつも5本単位で現像&DVD化してたので、残り2本。

今フィルムカメラを持ってないので3本だけで現像に出そうかとも思ったけど
せっかくなのでポーターさんに引き取ってもらったネオパン1600を2本買い戻して
2/21公開のSPPの新モノクロームモードと比較させるのはどうだろう?と思いついた。
高感度が苦手なFoveonセンサーが新モノクロームモードでどう変わるのかも気になるしね。

“フィルムとデジタルどっちがキレイ?”みたいな論争はとっくのとうに決着が付いてるし
フルサイズのD800中判の645Dなんかとガチンコ対決してるDP2Mなので
結果は火を見るよりも明らかなんだけどね。まぁ~余興って事で。

ポーターさんのCONTAX T2を貸してもらえる事になったし
久々のフィルム、ちょっと楽しみになってきたぞ。
20130213_01_DANBO×FILMPATRONE
SIGMA DP2 Merrill / F2.8 1/100秒 ISO200 ■  →等倍はコチラ←

シグマ デジタルカメラ DP2 Merrill 4600万画素  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]