タグ:DP3 Merrill ( 88 ) タグの人気記事

今日は目黒川の満開の桜を撮りに行ってきた。
....けど、途中で見つけたカッコイイポルシェの写真。
一枚目はノイズ増し増しHDRモノクロ、二枚目はしっとり滑らかモノクロ。

以前書いたSPP 5.5.0の新モノクロームモードの問題は残念ながらDP3Mでも健在。
今日の2枚ともSPP上ではもっと黒が締まってて良い感じなのだけど
出力するとコントラストが落ちてパワーダウンする。
それを見越して強めに補正しようにも
補正量±2EVじゃ足りない。

バグを修正した新バージョンのSPPは3月中には公開されるらしいので楽しみだ。
20130323_01_PORSCHE 911E
SIGMA DP3 Merrill / F4.0 1/60秒 ISO200 ■  →等倍はコチラ←

20130323_02_PORSCHE 911E
SIGMA DP3 Merrill / F4.0 1/60秒 ISO200 ■  →等倍はコチラ←

  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
東京、明日は天気も良いし暖かくて絶好のお花見日和。
まだ何も決めてないけどDP3MX100Sでどっか撮りに行く予定。
20130322_01_Sakura
SIGMA DP3 Merrill / F2.8 1/320秒 ISO100 ■  →等倍はコチラ←

  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
単純に“画角の狭いDP2M”と思ってたけど全然別物だわ。DP3Mスゴイ。
20130320_01_Metal wall
SIGMA DP3 Merrill / F8.0 1/1000秒 ISO100 ■  →等倍はコチラ←

  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
う~ん、ヤバイ。
昨年末のマンフロット製品まとめ買い以来
色々緩んでる気がする....

今年になってから
Kenko ミラーレンズ 400mm F8
FUJIFILM X100S
そして
SIGMA DP3 Merrill

....あ、でも
今回Kenko ミラーレンズ 400mm F8は手放したのでノーカウントで!w
20130317_01_SIGMA DP3 Merrill
FUJIFILM X100S / F5.6 1/40秒 ISO2000 ■

  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
CP+2013も今日で終わり。
色々触ってみて、気になったのはシグマDP3MとフジフイルムX100S。

■SIGMA DP3 Merrill
自前のDP2Mと直接持ち比べると確かに若干大きく重く感じる。
DP3Mの鏡筒はDP2Mに純正フードを装着した状態よりも少し長い程度。
更に中望遠用の長いフードが装着されれば撮影時のサイズはかなり違ってきそう。
ただしDP1MやDP2Mのフードと違って逆付け可能なので携帯時のサイズはほぼ同じだろう。
またフード形状が一般的なものになったおかげでレンズキャップとフードの同時装着も可能になった。

操作性は鏡筒が伸びてフォーカスリングの幅も広がった事で左手的には操作し易くなってる印象。
AFは正直DP2M比で若干遅い。測距範囲の拡大と被写界深度が薄くなってる事を考えると致し方ない。
今までよりも細かく設定出来るようになったフォーカスリミット機能を上手く使えば挽回出来るだろう。

写りの程をDPメリルシリーズ共通のけっしてキレイではない背面液晶で確認するのは難しい。
シグマ内外の方々から聞こえてくる話によればDP2Mに匹敵、もしくは超える画質らしい。
それは全42枚の公式サンプル写真を見れば自ずと納得出来る。疑う余地は全く無い。

既に各所で始まってる予約。価格はDP2MやDP1Mの時の初値と変わらないようだ。
DP2Mユーザーの俺はキャッシュバック3万円が適用されるのでむしろお得に感じる。
New Camera & Rivals of CES & CP+2013    1/6-Front view

New Camera & Rivals of CES & CP+2013    2/6-Rear view

New Camera & Rivals of CES & CP+2013    3/6-Top view

■FUJIFILM X100S
名前の通り2年前に発売されたFinePix X100の後継機。
フジフイルムのデジカメはXシリーズか否かでデザインが全く違う。
今回デジタルカメラのブランドネームFinePixを外したのは正解だと思う。
ちなみにSの由来はSecondから来てるそうだ。って事は次はX100T(Third)かな?

正直前モデルX100の印象はあまり良くなかった。
クラシカルなデザイン、ダイヤル主体の操作系、OVF/EVF切り替えのファインダー等は面白かったけど
AFはまったりだし、EVFは測距中に止まるし、メニュー画面のUI、階層等がイマイチだった。
色々やろうとしたけど上手くまとめ切れなかったのかな?惜しいな~。って印象。

それからの2年間、X10X-Pro1X-E1XF1(X-S1はどうかと思う)などモデルを増やしていく中で
しっかりユーザーの意見を取り入れ、高級カメラ群としてXシリーズを育て熟成させてきたのだろう。
新しいモデルが出る度に印象は良くなっていって今回X100Sで初めて本気で欲しいと思うに至った。

ボディデザインやレンズなど外見はキープしつつ
CMOSセンサーやEVF、AF性能など中身は一新させてきた。
まったりおっとりだったのが嘘のようにキビキビしたカメラになった。
New Camera & Rivals of CES & CP+2013    4/6-Image Sensor Size

New Camera & Rivals of CES & CP+2013    5/6-X100S Outline(Rear)

New Camera & Rivals of CES & CP+2013    6/6-X100S Outline(Top)

メインカメラは最大手キヤノンのデジタル一眼レフを使ってるせいか
サブカメラは“小さく軽くて簡単便利!”なカメラよりもちょっとクセのあるカメラの方が惹かれる。

思えばシグマDPメリルシリーズとフジフイルムX100Sには共通点が多い。
どちらもAPS-Cサイズの独自センサーと、それに最適化した専用レンズを使ってる。
発売日もDP3Mは2/22X100Sが2/23とニアミスしてたりもする。
今使ってるDP2Mと新しく出るDP3M、そしてX100S。
この三角関係は、大荒れになる予感....
20130203_01_SIGMA DP2 Merrill & FUJIFILM X100S
EOS 5D MARK II / EF24-105mm F4L IS USM / F4.0 1/60秒 ISO400 ■

  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
昨年のMerrillシリーズ発表とSD1ユーザーへの神対応を思い出す発表ラッシュ来たー!!


■DP3 Merrillの発売日が2月22日に決定。
 まずはDP3M。“2月発売”と報じられてた発売日が正式決定。
 それに合わせて公式ページも更新されてカタログサンプルも公開された。

■ミラーレス専用DNレンズシリーズの一新&60mm F2.8 DNの追加。
 昨年発表済みの19mm F2.8 DN30mm F2.8 DNはデザインが一新。
 そして完全新作レンズ60F2.8DNが加わって広角、標準、中望遠が揃った。
 DNレンズシリーズはDPシリーズのレンズとスペックが合わされてたのが特徴。
 今回のDP3Mの50mm F2.8レンズと60F2.8DNは焦点距離だけでなく方向性が違う。
 最短撮影距離22.6cmのDP3Mに対して60F2.8DNのそれは50cm。純粋な中望遠レンズだ。

 まぁ~コントラストAFのミラーレス機だとMFでピント微調整する事は少ないのかもしれないけど
 金属光沢を全面に推しだした新デザインはフォーカスリング部分までツルツル。
 素手ならともかく手袋しながらとかだと滑ってMFし辛そうだ。

 マイクロフォーサーズだとM.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
 EマウントだとE50mm F1.8 OSS辺りと競合する事になりそうだ。
 方やマクロレンズ、方やF1.8&手振れ補正付。さてどう戦う?

■APS-C専用単焦点レンズ、30mm F1.4 DC HSMがフルモデルチェンジ。
 現行型は写りのクセが強く、最短撮影距離が40cmと寄れないけど
 新型は最短撮影距離を30cmに短縮して弱点を克服してきた。
 大好評の35F1.4をそのまま縮小したようなデザインは
 写りの方の大幅アップデートも期待できそうだ。

■「SIGMA SD/DPユーザー様スペシャルキャッシュバックプログラム」発表。
 シグマ製デジタルカメラユーザーを対象としたキャッシュバックキャンペーン。
 使用中のモデルと購入モデルの組み合わせによって2~5万円のキャッシュバック。
 SD9DP1など、かなり古いモデルまで対象にされてるのが良心的。さすが山木社長。

 まだキャンペーンの詳細は発表されてないけど
 DP2Mユーザーの俺はDP1MやDP3Mを買うと3万、SD1Mだと5万キャッシュバック。
 例えばSD15DP1xDP2xの旧世代3モデルを持ってる人が
 SD1M、DP1M、DP2Mの新世代3モデルに買い替えるとすると2+2+5=9万円戻ってくる。

 いや、一度に購入せずにまずSD1Mを買って現行モデルユーザーになれば
 その後買うDP1M、DP2Mのキャッシュバック金額は2万から3万へUPする。
 そうすれば5(SD1M分)+3(DP1M分)+3(DP2M分)で11万円戻ってくるのか?
 シグマユーザーはしばらく物欲妄想から逃れられそうにないね。詳細発表が待ち遠しい。


そういやSPPとファームウェアの最新バージョンの公開日時は発表されなかったな。
まぁ~DP3M発売の2月22日前後だろうけど。新モノクロームモード、楽しみだなぁ~。
20130129_01_Shibuya Monochrome
SIGMA DP2 Merrill / F2.8 1/13秒 ISO100 ■  →等倍はコチラ←

シグマ デジタルカメラ DP2 Merrill 4600万画素  シグマ レンズフード LH2-01

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
35mm換算28mmのDP1M45mmのDP2Mに続いて75mmのDP3Mが正式発表!!
これでDPシリーズは広角、標準、中望遠(&マクロ)の三兄弟へ!!

DP1M、DP2Mと、DP3Mのスペックを比較してみると
             DP1M    DP2M    DP3M
■レンズ構成     8群9枚    6群8枚    8群10枚
■絞り羽根枚数    9枚      9枚      7枚
■最短撮影距離   20cm     28cm     22.6cm
■最大撮影倍率   1:8.4     1:7.6    1:3
■サイズ(奥行き)   64.3mm   59.2mm   80.6mm
■質量         360g     355g     400g
■レンズフィルタ径  49mm     49mm     52mm
といった感じ。
SIGMA DP Merrill Series
焦点距離が変わった事でレンズ鏡筒が結構太く長く重くなった。
携帯性はDP1MとDP2Mよりも若干劣るけど十分小さい事には変わりないし
DP2Mを触りながら想像するに、むしろ左手でのグリップが向上してるんじゃないかと思う。
唯一残念なのは絞り羽根枚数が9枚から7枚に減っちゃった事かな。
三兄弟の中で最もボカせられるレンズだけにね。

他にDP3Mから搭載された新機能は
■顔優先AFモード
モノクロームモード(Monochrome Mode)
ここら辺は今後カメラのファームウェアやSPPのバージョンを更新する事で
DP1MやDP2Mでも使えるようになるだろうから2月の公開が楽しみ。

なんにせよ、新しい兄弟が増えて嬉しい限り!!
20130108_01_三兄弟
SIGMA DP2 Merrill / F2.8 0.6秒 ISO100 ■  →等倍はコチラ←

シグマ デジタルカメラ DP2 Merrill 4600万画素  シグマ レンズフード LH2-01

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
年始からシグマが色々発表してきた!

17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM (Contemporary Line)
コンテンポラリーラインの1本目。APS-C専用標準ズームレンズ。
標準域をカバーするAPS-C専用ズームレンズをグループ分けすると
【A】18-55mmF3.5-5.6 → 小さく軽く安いがズーム倍率は低く写りも微妙。
【B】17(16)-50mmF2.8 → F2.8通しで画質も良いが大きく重く高価でズーム倍率は低い。
【C】18-200mmF3.5-5.6 → 圧倒的なズーム倍率で旅行等に便利だがその他の性能は凡庸。
大体この三つのグループに分けられる。

今回の17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSMは三つのグループの良いトコ取りした印象。
35mm換算で25.5-105(キヤノンは27.2-112)mmのズーム倍率は実用的だし
2.8-4のF値は十分明るいし手ブレ補正や超音波モーターも搭載してる。
更に最短撮影距離0.22mや新素材採用による小型軽量ボディ。
画質に関しても今のシグマに対しては何の不安も無い。

マクロ機能を搭載したEF24-70mm F4L IS USMを使い勝手の面で超えてるかもしれない。
APS-C専用で防塵防滴でもないけど小型軽量で実売は半額以下だもんな....
カメラがフルサイズじゃなくAPS-Cなら標準ズームはコレで決まりだ。


120-300mm F2.8 DG OS HSM (Sports Line)
スポーツラインの一本目。キヤノンもニコンも出してない、シグマだけの“サンニッパズーム”
もともと高性能だった光学系はそのままに防塵防滴化してデザインもアップデート。
同時発表のUSB DOCKを使えばフォーカス範囲やAFカスタマイズも可能。
ただ価格が税込み409500円ってのはちょい驚いた....けど
「中国生産に切り替えて価格を据え置きましたー!」
なーんて言われるよりかは全然良いかな。

今売ってる旧型の最安値が25万ぐらいなので
防塵防滴やカスタマイズがいらないって人はコッチを買った方が断然お得。


■DP3 Merrill
コレはまだ正式発表前だけどリーク画像が出ちゃってる。
レンズは50mmF2.8、35mm換算で75mmの中望遠DPの登場だ!
28mmのDP1M45mmのDP2M、75mmのDP3Mか、なかなか良いバランス。
撮影倍率は分からないけどレンズ鏡筒にMACROの表記があるのでマクロ性能も期待出来そう。

いやぁ~変な話、DP1MじゃなくてDP2Mの方を買っといて良かった。
もしDP1Mを買ってたらDP3Mを買い足して広角と中望遠の2台体制にしてたろうから。
20130107_01_SIGMA DP2 Merrill
EOS 5D MARK II / EF24-105mm F4L IS USM / F8.0 1/60秒 ISO100 ■

  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]