タグ:EF100mm F2.8L MACRO IS USM ( 90 ) タグの人気記事

湿った木は燃えない。
無理に燃やすと変な煙が出る。
暫く放って乾燥するのを待つしかない。
時間は掛かるけど、ちゃんと燃えるようになる。

まぁ場所によっちゃ~逆にもっと湿って腐って朽ちるかもだけど。
今日関東が平年より10日も早く梅雨入りしたという事で、湿っぽい話でした。
20130529_01_Date of Rainy Season
EOS 5D MARK II / EF100mm F2.8L MACRO IS USM / F2.8 1/100秒 ISO100 ■

  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
APS-Cセンサーを搭載した新型RICOH GRがついに正式発表。




いつものサイズ比較表も作ってみた。

■前面比較    【大きいサイズはコチラ】
Comparison of RICOH GR & Rivals 1/6-Front view

■背面比較    【大きいサイズはコチラ】
Comparison of RICOH GR & Rivals 2/6-Rear view

■上面比較    【大きいサイズはコチラ】
Comparison of RICOH GR & Rivals 3/6-Top view

■センサーサイズ比較    【大きいサイズはコチラ】
Comparison of RICOH GR & Rivals 4/6-Image Sensor Size

■GRシルエット比較(背面)    【大きいサイズはコチラ】
Comparison of RICOH GR & Rivals 5/6-GR Outline(Rear)

■GRシルエット比較(上面)    【大きいサイズはコチラ】
Comparison of RICOH GR & Rivals 6/6-GR Outline(Top)
やっぱりGRの一番のアドバンテージはボディの薄さだね。
ミラーレスやライバルの高級コンデジはレンズ鏡筒が大きく出っ張ってる。
GRはライバルのボディ部分の厚さよりも薄いしレンズバリア内蔵。ポケットに入れられる。

GRと言えば28mmの単焦点レンズ。
28mmレンズは5D2用のシグマ28F1.8があるし
サブカメラは35mmのX100S75mmのDP3Mがあるので
GRを買うかっつーとまず買わない。買わないけど、すごく気になる。
GRD4の時と同様発売前の体験イベントが5/11と5/18に開催されるので楽しみ。
20130417_01_RICOH GR DIGITAL IV
EOS 5D MARK II / EF100mm F2.8L MACRO IS USM / F2.8 1/50秒 ISO1600 ■

  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
に、行ってきた。

日本人宇宙飛行士が宇宙から日本へ帰還するとこういうイベントが開催される。
毎回貴重な話が聞けるのでよく行くんだけど今回は特に面白かった。

星出彰彦(苗字の通り、星を出た人。スゴイね。)宇宙飛行士の話はモチロンだけど
宇宙航空研究開発機構・JAXAの人の裏話や熱い情熱が沢山聞けた。
登壇したのは
長谷川義幸(JAXA有人宇宙環境利用ミッション本部長・理事)
上垣内茂樹(JAXA有人宇宙環境利用ミッション本部 宇宙環境利用センター長)
東覚芳夫(JAXA有人宇宙環境利用ミッション本部 有人宇宙技術センター きぼうフライトディレクタ)

曰く
昔は先輩(アメリカとロシア)に教えてもらい後を追うばかりだった。
船外活動用の宇宙服の技術などは自国で独占し日本に対しても未だに公開されない。
しかしISS有人実験施設「きぼう」「こうのとり」(HTV)と、日本の技術、製品が増えるに連れて
日本の技術力、JAXAや日本人宇宙飛行士の能力の高さが認められてやっと対等なところまで来れた。

今では
「こうのとり」(HTV)や小型衛星放出機構NHKが開発したスーパーハイビジョンカメラなど
他国から使わせて欲しいという要望が山ほど来ている。
しかし、ただ使わせるのではなく交換条件で日本の要望を色々通してもらっている。
もしくは機材は貸すのではなく、直接メーカーから買うように伝えてる。
上では握手しながらも下では蹴り合ってるのが実情!

確かに宇宙開発には莫大な予算がかかる。
無重力を生かしたISSでの基礎研究、先端技術開発は短期的な利益にはならないが
長期的には人類にとって有益であるし必ず日常生活へのフィードバックがある。
不景気など一時的な事情で宇宙開発から手を引いてしまうと築き上げてきたものが台無しになる。
先進国と対等の立場で先端技術を更に発展させ続けていくのが日本の役目。

....と言う訳で沢山の応援よろしくね!そうすれば予算が出るので!(てへぺろ)

といった感じw
日本のものづくりの先端を垣間見た2時間でした。
20130221_01_TOYOTA PRIUS
EOS 5D MARK II / EF100mm F2.8L MACRO IS USM / F4.0 1/200秒 ISO100 ■

  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
さすがCANON EF100mm F2.8L MACRO IS USM、大人気だw
20130217_01_梅撮り
SIGMA DP2 Merrill / F2.8 1/640秒 ISO100 ■  →等倍はコチラ←

シグマ デジタルカメラ DP2 Merrill 4600万画素  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
色々嫌になっちゃうような一日。
らーめん食いながら頭の中に出てきたワードは
009 RE:CYBORG“終わらせなければ、始まらない”だった。
20130207_01_Ramen
EOS 5D MARK II / EF100mm F2.8L MACRO IS USM / F2.8 1/100秒 ISO800 ■

  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
夜の屋台、蒸し器から立ちこめる湯気って、いつまでも当たってたくなるよねw
20130125_01_Steam of steamer
EOS 5D MARK II / EF100mm F2.8L MACRO IS USM / F2.8 1/100秒 ISO1250 ■

  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
今年の自分へのクリスマスプレゼントはガンプラMG RX-93 ν GUNDAM Ver.Ka
今月15日の発売日に買ってからずっとしまっておいたけど本日ついに開封した!!
まさに「νガンダムはだてじゃない!」といった感じのハンパないボリューム!!
正直、ちゃんと完成させられるか不安になるほどのパーツ量だ....

ガンプラEXPO展示されてたサンプルを山ほど撮っといたのでコレを目標にじっくり作ってくつもり。
でもその前に、もう一度逆襲のシャアを見直してテンション上げてかないとね!!
20121225_01_MG RX-93 ν GUNDAM Ver.Ka
EOS 5D MARK II / EF100mm F2.8L MACRO IS USM / F5.6 1/80秒 ISO800 ■

  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
今日からDVDレンタルが開始された
機動戦士ガンダムUC episode 5「黒いユニコーン」をついに見た!

今時DVDレンタルかよ!ネットレンタルした方が画質良いし返却不要なのに!
ってのも分かるんだけどね。次回作のepisode 6「宇宙と地球と」が来年3月公開だから
ここら辺のタイミングで見た方が良い感じでモチベーション保てるかな~と。

いやぁ~しかしバンシィかっけーな!
“黒いガンダム”ってのはZに出てきたティターンズ仕様のガンダムMk-II以降
主に敵側で良く出てくるけど兵器として考えるならむしろダークカラーの方が正しいよね。
“ミノフスキー粒子によってレーダーが効かず有視界での近接戦闘が~”って設定なら
余計に目立つ白い機体とかありえないw
まぁ~1号機は試作機だから白、2号機は実戦機だから黒ってんなら理解出来るけど。

ミリタリー好き&飛行機好きとしては
アースカラーに塗装されたエコーズ仕様のジェガンとか
洋上迷彩っぽいネイビーカラーのデルタプラスジェスタ、バンシィの方が
現実的かつ実戦向きだし一般兵とは違う特殊部隊って雰囲気が出ててカッコ良く感じるね。

逆に終盤に出てきたゼネラル・レビル配備のリゼルジェガンは予算度外視のお役所仕様というか
霞ヶ関を走ってる黒塗りのレクサスみたいな気がしてあんま好きじゃないw

映像はキレイだし、音楽もカッコイイしガンダムUCはホント鉄板の面白さだな。
後追いでハマり出したけどこれでやっと追いついた。episode 6は劇場に見に行こうっと!

というワケで11月にあったガンプラEXPOで撮ったバンシィの写真でも。
20121221_01_MG 1/100 RX-0 ユニコーンガンダム2号機 バンシィ
EOS 5D MARK II / EF100mm F2.8L MACRO IS USM / F2.8 1/100秒 ISO800 ■

20121221_02_MG 1/100 RX-0 ユニコーンガンダム2号機 バンシィ チタニウムフィニッシュVer.
EOS 5D MARK II / EF100mm F2.8L MACRO IS USM / F2.8 1/200秒 ISO800 ■

  



■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
昨日書いた通り、アメリカNYの有名家電ショップ、B&Hマンフロットの三脚や雲台を買ってみた。

注文したのは5点。
・カーボン三脚  MT057C3
・自由雲台  MH055M0-RC4
・ギア雲台  410 Junior Geared Head(410ギア付きジュニア雲台)
・Lブラケット  MS050M4-RC4
・三脚ケース  MB MBAG80PN
なぜこのモデルを選んだかは今度書きます。

普段利用してるアマゾンヨドバシの価格を書いてくと....(注文時の2012年12月12日付)
・MT057C3          65772円  79800円(ポイント10%)
・MH055M0-RC4      21500円  23800円(ポイント10%)
・410ジュニアギア雲台   17816円  19600円(ポイント10%)
・LブラケットRC4       15400円  15400円(ポイント10%)
・MBAG80PN          7270円  8070円(ポイント10%)
合計         アマゾン127758円  ヨドバシ146670円-ポイント14667円=実質132003円

対してB&H価格は....    (↓クリックで大きいサイズが別ウィンドウで開きます↓) 
b0213320_22575060.jpg
1172ドル+送料129.29ドル=1301.29ドル→107824.17円
更に到着した時に配達員に払った関税+消費税=2900円を足して合計 110729.17円
(まぁ~クレジットカードの請求を見るまで正確な数字は分からないけど)
アマゾンよりも1.5万円以上、ヨドバシよりも2万以上安く買えた。

続いて注文から配達までの経路&時間は....    (↓クリックで大きいサイズが別ウィンドウで開きます↓)
b0213320_22275563.jpg
注文したのは日本時間の12日22時前、現地時間だとオープン前の朝8時前。
ニューヨーク・マンハッタンのB&Hから配達業者(UPS)に引き渡されたのが日本時間の13日朝7時。
JFK空港を出発してケンタッキー州ルイビル、アラスカ州アンカレッジを経て
成田空港に到着したのが日本時間の14日朝10時前。東京の自宅に到着したのは14日の15時前。
なんと注文から41時間で到着!アメリカからの海外通販とは思えないほど超ハイスピード!

注文も簡単だし、価格も安いし、到着までのスピードも国内通販と遜色ない。
万が一トラブルが発生した時は英語でやりとりしなきゃならないし、為替による価格変動もある。
飛行機の積み下ろし時の荷物の扱い方を見た事があればカメラ本体やレンズなど
本当の精密機器を注文する気にはなれないけど....B&H、イイネ。
20121216_01_ダンボー・ミーツ・タチコマ
EOS 5D MARK II / EF100mm F2.8L MACRO IS USM / F16.0 4秒 ISO100 ■

  



■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
月曜に極寒の中雨に打たれたり、満員の映画館に行ったせいか
いらんもん貰っちまったかも....

熱や咳、喉の痛みは無いけど頭痛、腹痛、ダルさが取れない。
今週末の忘年会までに復活しないとなぁ。
20121128_01_red maple
EOS 5D MARK II / EF100mm F2.8L MACRO IS USM / F2.8 1/250秒 ISO100 ■

  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]