タグ:EF50mm F1.8 STM ( 10 ) タグの人気記事

三が日最終日は夜になってから秋葉原の神田明神へ初詣に。
秋葉原へ行った本当の目的は別なんだけど、それについてはまた次回。
持ってったのはCANON EOS 5D MARK IIEF50mm F1.8 STMという組み合わせ。
20170104_01_秋葉原の神田明神で初詣
EOS 5D MARK II / EF50mm F1.8 STM / F2.0 1/50秒 ISO500■

手持ちカメラの中では一番多く売れてるであろう5D2と
恐らく今一番多く生産されてるレンズであろうEF50F1.8STMだけど
最近はどちらも出番がない。動作確認も兼ねて持ち出したってのが正直なところ。
20170104_02_秋葉原の神田明神で初詣
EOS 5D MARK II / EF50mm F1.8 STM / F2.0 1/40秒 ISO320■

普段最新設計のシグマレンズばっか使ってるので
30年前に設計された光学系そのままな生けるオールドレンズとも言える
EF50F1.8STMの写りは良くも悪くも新鮮だね。
20170104_03_秋葉原の神田明神で初詣
EOS 5D MARK II / EF50mm F1.8 STM / F2.0 1/40秒 ISO640■

今後は5D2に装着して使う事よりもSIGMA MC-11経由でa7IIに装着して使う事の方が多いだろう。
グリップの小さいa7IIに装着するのには大きく重い50mm F1.4 DG ARTよりも相性が良い。
イレギュラーな組み合わせとは言えちゃんと動くし。便利な世の中になったもんだ。
20170104_05_秋葉原の神田明神で初詣
EOS 5D MARK II / EF50mm F1.8 STM / F2.0 1/40秒 ISO125■

さて、2017年の運勢は…
20170104_04_秋葉原の神田明神で初詣
EOS 5D MARK II / EF50mm F1.8 STM / F2.0 1/40秒 ISO1250■

=================================================

※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆dpクワトロ用のびる液晶シェード改
◆DPメリル用フードセット
◆THETA&THETAm15用スタンド
◆DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆DPメリル用LVF-01ブラケット
◆EF50F1.8STM用つけっぱなしフード
◆SIGMA dp0Q用つけっぱなしフード
◆日本カメラ 2016年3月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
◆SIGMA dp1Q & dp2Q用スクエアフード
◆日本カメラ 2016年4月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
◆SIGMA dp Quattro用カード/USBカバーオープナー等をDMM.makeで販売開始しました!
◆SIGMA sd Quattro / sd Quattro H +PG-41用バッテリー型SDカードホルダー



■My Photo Galleryflickr 500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
“SIGMA vs ZEISS vs CANON” キヤノンEFマウント用50mm単焦点レンズ対決じゃ~!
…と、息巻いてはみたものの参戦レンズは
SIGMA 50mm F1.4 DG HSM Art A014
Carl Zeiss Planar T* 1,4/50 ZE(COSINA)
CANON EF50mm F1.8 II
の3本。
共通してるのは“キヤノンEFマウント向け50mmレンズ”って事だけで
光学系もサイズも重量も価格も発売時期もF値もフォーカス方式も全く違う3本。
本当ならEF50F1.2LとかOtus1.4/55とかMilvus1.4/50が出た方が盛り上がるんだろうし
「何で“旧撒き餌レンズ”なんだよ!STM化された“新撒き餌レンズ”出せよ!」ってのも分かるけど
実はテストしたのは1年以上前の昨年の2月なのだ。当時はまだ新撒き餌レンズは発売前なので仕方がない。
友達のBLACKPORTERさんとそれぞれ手持ちの50mmレンズを持ち寄って比較テストしてみた、ってだけ。

元々ブログにUPする予定でもなかったんだけど、MC-11とのセットも発表されたりして
シグマ50F1.4A014に対する注目もまた高まってきてるかな~?と思ったのと
未だに色んな所で言われ続けてる“シグマレンズはボケが硬い、ツァイスレンズはボケが軟らかい”
みたいなの、ホントかぁ?その認識ってちょっと違うんじゃね?って思ったので
実例を見てから判断してもらおうじゃあ~ないかと思った次第。

テスト撮影のデータと比較をまとめた合計77ファイルはFlickrのアルバムにまとめてあります。
ボディは5D2、三脚使用、マニュアル撮影、ライブビュー&MF、露出やWBは固定で撮影しました。
テストはそれぞれのレンズの絞り開放と1段ごとの絞り値で撮ったけど枚数が多くなっちゃうし
F11よりも絞っていってもそれぞれの特徴の差は分かり辛くなってくるのでF8までを公開しました。


■TEST 1 【最短撮影距離(0.45mで統一)での描写と絞り値による変化、発色傾向の比較】
20160415_01_TEST1_EF50F18_F18
EOS 5D MARK II / CANON EF50mm F1.8 II / F1.8 1/640秒 ISO100■

20160415_07_TEST1_ZEISS50F14_F14
EOS 5D MARK II / Carl Zeiss Planar T* 1,4/50 ZE / F1.4 1/1000秒 ISO100■

20160415_13_TEST1_SIGMA50F14_F14
EOS 5D MARK II / SIGMA 50mm F1.4 DG HSM A014 / F1.4 1/1000秒 ISO100■

■TEST 1のまとめその1、中央部分を拡大比較。
20160415_73_TEST1_Comparison1
【等倍はコチラ】
EF50F1.8IIとプラナー1.4/50ZEはどちらも“対称形”とか“ダブルガウス構成”とか言われる光学系なので
描写の傾向も近い。F1.8とF1.4の違いなのかもしれないけどプラナー1.4/50ZEの絞り開放はモヤモヤ。
50F1.4A014は軸上色収差の出方を見てもらえば分かる通り若干後ピンで撮っちゃったんだけど
“最短撮影距離+絞り開放”という一番描写が荒れる状況でも開放からビシッと解像してる。
ピント面よりも手前側が緑、奥側が紫に色付く軸上色収差はどのレンズでも出てる。
絞っていくと消えていくけど収まり方が最も速いのは50F1.4A014。

■TEST 1のまとめその2、右側のカラーチャートを90度回転させて拡大比較。
20160415_74_TEST1_Comparison2
【拡大版はコチラ(若干縮小してるので等倍ではありません。)】
全体的な発色の傾向はプラナー1.4/50ZEが寒色、50F1.4A014が暖色、EF50F1.8IIが両者の中間。
発色の傾向はEF50F1.8IIがアッサリ、プラナー1.4/50ZEがコッテリ、50F1.4A014が両者の中間。
色味や発色は後でいじれる部分だけどコッテリとした濃い口の発色が欲しいならプラナー1.4/50ZEだね。

■TEST 2 【無限遠距離の描写と周辺光量の絞り値による変化の比較】
20160415_19_TEST2_EF50F18_F18
EOS 5D MARK II / CANON EF50mm F1.8 II / F1.8 1/1250秒 ISO100■

20160415_25_TEST2_ZEISS50F14_F14
EOS 5D MARK II / Carl Zeiss Planar T* 1,4/50 ZE / F1.4 1/2000秒 ISO100■

20160415_31_TEST2_SIGMA50F14_F14
EOS 5D MARK II / SIGMA 50mm F1.4 DG HSM A014 / F1.4 1/2000秒 ISO100■

■TEST 2のまとめ、中央部分を拡大比較。
20160415_75_TEST2_Comparison1
【等倍はコチラ】
ちゃんと三脚使用&ライブビュー&拡大表示&MFでピントを合わせたんだけどプラナー1.4/50ZEは甘い。
EF50F1.8IIは絞り開放から結構解像するし絞ると更にビシッと締まる。撒き餌恐るべし。
50F1.4A014は流石と言うか、開放からレベルが違い過ぎる。そして絞ると更にヤバイ。
中央部分に限れば50F1.4A014の絞り開放F1.4の方がプラナー1.4/50ZEのF5.6よりも解像してる。


■TEST 3 【中間距離での描写と背景ボケ具合の比較1】
20160415_37_TEST3_EF50F18_F18
EOS 5D MARK II / CANON EF50mm F1.8 II / F1.8 1/1250秒 ISO100■

20160415_43_TEST3_ZEISS50F14_F14
EOS 5D MARK II / Carl Zeiss Planar T* 1,4/50 ZE / F1.4 1/2000秒 ISO100■

20160415_49_TEST3_SIGMA50F14_F14
EOS 5D MARK II / SIGMA 50mm F1.4 DG HSM A014 / F1.4 1/2000秒 ISO100■

■TEST 3のまとめ、ピント部分のバラのつぼみを拡大比較。
20160415_76_TEST3_Comparison1
【等倍はコチラ】
まとめはピント部分の拡大比較でそれぞれ差も出てるけど、見て欲しいのは全体表示での描写。
EF50F1.8IIとプラナー1.4/50ZEはピント面は甘く、背景ボケはザワザワ&ぬるぬるしててウルサイ。
絵画的な描写と言うか、画面全体での主張は強いんだけど被写体とボケの描写のコントラストは弱い。
とても面白い描写だし魅力的。でも作家性を出したいなら良いかもしれんけどお仕事には使い辛そう。
対して50F1.4A014はピント面はシャキッと、背景ボケはホワッとナチュラルにボケてる。
メインのバラのつぼみと背景ボケの描写のコントラストが強いので被写体の浮き立ち方が桁違い。
『俺が撮りたかった点(ポイント)はココだぁー!』って撮り手側の意図が見る側により明確に伝わる描写。
描写の傾向の好みの話は抜きにして、どのレンズが一番良く写るか?って話なら50F1.4A014がダントツ。


■TEST 4 【中間距離での描写と背景ボケ具合の比較2】
20160415_55_TEST4_EF50F18_F18
EOS 5D MARK II / CANON EF50mm F1.8 II / F1.8 1/640秒 ISO100■

20160415_61_TEST4_ZEISS50F14_F14
EOS 5D MARK II / Carl Zeiss Planar T* 1,4/50 ZE / F1.4 1/1000秒 ISO100■

20160415_67_TEST4_SIGMA50F14_F14
EOS 5D MARK II / SIGMA 50mm F1.4 DG HSM A014 / F1.4 1/1000秒 ISO100■

■TEST 4のまとめ。
20160415_77_TEST4_Comparison1
【等倍はコチラ】
TEST 3の話を補足する感じ。背景にある遊具や木漏れ日の玉ボケの描写の違い。
EF50F1.8IIとプラナー1.4/50ZEはボケの輪郭が際立つザワザワしたボケ方。
50F1.4A014はホワッとナチュラルなボケ方。


全体のまとめ。
今回改めて3本のレンズの描写の違いをチェックし直してみたけど、やっぱりシグマ50F1.4A014はスゴイ。
まぁ今回の相手の2本はどちらも価格も安いし設計も古いレンズなので当然と言えば当然なんだけどね。
もっと高価なレンズとの比較なら「同等の描写性能なのに大幅にリーズナブル!」とかって言えるけど
今回の2本相手では「大きく、重く、価格が高い分描写性能も凄い」って順当な結果にしかならないね(汗

でも描写の傾向に関しての「シグマのレンズはボケが硬い、ツァイスのレンズはボケが軟らかい」みたいな
メーカーで一括りにした表現は乱暴過ぎるんじゃあ~ないのかい?ってのは分かっていただけたかと。
レンズは古典物理の世界。メーカーで描写が決まるんじゃなくて、設計によって描写は変わる。
メーカーが違っても光学系が近ければ描写は似る。同じメーカーのレンズでも光学系が違えば描写も違う。
「シグマのレンズはシャープだ!」って情報が広まる過程で実際には使ってない人の勝手な想像が混ざって
「シグマのレンズはシャープだけどボケも硬い!」みたいな間違った情報が広まったのかもしれんね。
実際は【ピント面のシャープさ】【ボケのナチュラルさ】【各種収差の少なさ】が組み合わさって出来る
【ピント面とボケとの分離が明確でコントラストの強い、被写体が浮き立つ描写】ってのが俺の印象。

※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第1弾 dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第2弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第3弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード改
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第4弾 DPメリル用フードセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第5弾 dp1Q&dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第6弾 THETA&THETAm15用スタンド
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第7弾 DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第8弾 SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第9弾 SIGMA dp3Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第10弾 dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第11弾 DPメリル用LVF-01ブラケット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第12弾 EF50F1.8STM用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第13弾 SIGMA dp0Q用つけっぱなしフード
◆日本カメラ 2016年3月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第14弾 SIGMA dp1Q & dp2Q用スクエアフード
◆日本カメラ 2016年4月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!



■My Photo Galleryflickr500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
どうやら定期的に機材を一新したくなる持病が再発したようです……(/ω\)
昨年春の撮影機材大改編から約1年半。勿論不満がゼロだったとは言えないけど
結構気に入って使ってきた機材たちですが、今回ちょっと嬉しいお知らせを貰った事もあり
思い切ってまたカメラ&レンズを手放す事にしました…どうぞご覧あれ&出来たら拡散してちょ(^_-)-☆

今回手放す事を決断し、購入希望者を募る機材は以下の4点です。
 ■CANON EOS Kiss X7
 ■SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM C014(キヤノンEFマウント向け)
 ■SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM(キヤノンEFマウント向け)
 ■OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ(シルバー)
自分で言うのもなんですが、カメラやレンズの扱いは結構丁寧な方で
カメラ屋に機材を売却・下取に出しても美品・Aランクになる事ばかりです。
今回の4点も自信をもって良いコンディションだと言えますのでどうぞご検討いただければ幸いです。

■4品共通事項
・当たり前ですがどれも1点限りですので早い者勝ちです。
・購入希望者は【 order.foxfotofactory@gmail.com 】へメールを下さい(質問などでも可)。
 代金振込先口座を返信いたします。
・発送元は千葉県からとなります。送料・振込み手数料は購入者の負担となります。
・入金確認後にご希望の配送業者・方法にて発送いたします。
・発送先住所は日本国内限定とさせていただきます。
・どれも完動品ですが、万が一動作不良などが発生した場合は
 到着から1週間以内に限り返金・返品に応じます(送料などの諸費用は応相談)。
・希望販売価格はいつも利用してる【マップカメラ&フジヤカメラの9/17時点での下取交換金額以上、
 両店舗での美品・Aクラス中古品の販売価格以下】に設定しています。
・画像クリックでFlickrに飛んで拡大して見る事が出来ます。コンディションチェックにご利用下さい。
おまとめ購入割引もありますので最後までしっかり読んでからメールを!

※購入希望者募集は9/23(水)23:59で一旦締め切らせていただきます。
購入希望者募集継続中です!

上記4品は11月16日にフジヤカメラマップカメラにて売却いたしました。
買い取られなかったCANON EOS Kiss X7用LP-E12純正予備バッテリー2本
OLYMPUS MZD14-42F3.5-5.6EZ用自動開閉レンズキャップLC-37C
引き続き購入希望者募集中です。興味がお有りの方はご一報を!

それでは各品の詳細を。

CANON EOS Kiss X7
・2014年3月購入。
・付属品完備。
液晶保護フィルム貼付け済み。
・外装・マウント周辺共に目立った傷はなし。
純正予備バッテリーLP-E12(実売4500円前後)2本付き
・累計撮影枚数9/17時点で4784枚(※今後若干増えるかもしれません)。
・箱はレンズキットのモノとなります。
希望売却価格 28000円
20150917_12_
20150917_11_
20150917_10_
20150917_09_


SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM C014(キヤノンEFマウント向け)
・2014年3月購入。
・付属品完備。
・外装・マウント周辺・前玉、後玉共に目立った傷、拭き痕はなし。
Kenko PRO1Dプロテクター(W)レンズ保護フィルター62mm付き
希望売却価格 26000円
20150917_08_
20150917_07_
20150917_06_


SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM(キヤノンEFマウント向け)
・2014年3月(友人より)購入。
・付属品完備。
・外装・マウント周辺・前玉、後玉共に目立った傷、拭き痕はなし。
・フードに擦り傷あり。(フードのみを落下させたため。レンズ本体は無傷・無衝撃)
Kenko PRO1Dプロテクター(W)レンズ保護フィルター82mm付き
希望売却価格 36000円
20150917_05_
20150917_04_
20150917_03_


OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ(シルバー)
・2015年1月AIR A01と共に入手。
・テスト撮影に数十枚撮影したのみ。
・外装・マウント周辺・前玉、後玉共に目立った傷、拭き痕はなし。
自動開閉キャップ LC-37C(シルバー)付き(←地味に高い!)。
・AIR A01とのセット品からのバラシなので箱はなし。厳重に梱包して発送いたします。
希望売却価格 15000円
20150917_02_
20150917_01_


※おまとめ購入割引!※
・上記4点の内、組合せ自由で2点おまとめ購入で-2500円!
・上記4点の内、組合せ自由で3点おまとめ購入で-5000円!
どうぞご検討下さい!(^^)/


※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第1弾 dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第2弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第3弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード改
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第4弾 DPメリル用フードセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第5弾 dp1Q&dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第6弾 THETA&THETAm15用スタンド
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第7弾 DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第8弾 SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第9弾 SIGMA dp3Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第10弾 dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第11弾 DPメリル用LVF-01ブラケット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第12弾 EF50F1.8STM用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第13弾 SIGMA dp0Q用つけっぱなしフード

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
EOS Kiss X7+EF50F1.8STM+つけっぱなしフードで雨上がりの黄昏スナップ。

明日は七夕。3Dプリンターを使ってカメラやレンズのアクセサリーを作り始めてから、丁度1年だ。

20150706_03_Cloudy Twilight
■EOS Kiss X7 / EF50mm F1.8 STM / F5.6 1/60秒 ISO100■

20150706_02_Cloudy Twilight
■EOS Kiss X7 / EF50mm F1.8 STM / F8.0 1/80秒 ISO160■

20150706_01_Cloudy Twilight
■EOS Kiss X7 / EF50mm F1.8 STM / F8.0 1/80秒 ISO160■

※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第1弾 dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第2弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第3弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード改
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第4弾 DPメリル用フードセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第5弾 dp1Q&dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第6弾 THETA&THETAm15用スタンド
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第7弾 DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第8弾 SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第9弾 SIGMA dp3Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第10弾 dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第11弾 DPメリル用LVF-01ブラケット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第12弾 EF50F1.8STM用つけっぱなしフード



■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
昨日の夜、散髪の順番待ちの間に夜の銀座を
EOS Kiss X7+EF50F1.8STM+つけっぱなしフードで身軽にスナップ。
絞り優先(F2.0)、ISOオート(100~800)、AIサーボAF、に設定してカメラ任せにパシャパシャと。

Porsche Boxster
20150615_01_Porsche Boxster
■EOS Kiss X7 / EF50mm F1.8 STM / F2.0 1/60秒 ISO640■

Chevrolet Corvette C5 vs Subaru BRZ
20150615_02_Chevrolet Corvette C5 vs Subaru BRZ
■EOS Kiss X7 / EF50mm F1.8 STM / F2.0 1/80秒 ISO320■

Mazda MazdaSpeed NC Roadster
20150615_03_Mazda MazdaSpeed NC Roadster
■EOS Kiss X7 / EF50mm F1.8 STM / F2.0 1/60秒 ISO500■

Porsche 911 Carrera 4 GTS
20150615_04_Porsche 911 Carrera 4 GTS
■EOS Kiss X7 / EF50mm F1.8 STM / F2.0 1/80秒 ISO320■

Fiat ABARTH 595C
201500615_05_Fiat ABARTH 595C
■EOS Kiss X7 / EF50mm F1.8 STM / F2.0 1/60秒 ISO320■

※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第1弾 dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第2弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第3弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード改
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第4弾 DPメリル用フードセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第5弾 dp1Q&dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第6弾 THETA&THETAm15用スタンド
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第7弾 DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第8弾 SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第9弾 SIGMA dp3Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第10弾 dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第11弾 DPメリル用LVF-01ブラケット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第12弾 EF50F1.8STM用つけっぱなしフード



■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
25年ぶりに更新されたキヤノンの新型撒き餌レンズEF50F1.8STM
小型軽量安価かつ約30年前に設計された光学系をずっと継承し続けるこのレンズは
CANON EFマウント沼への撒き餌であると同時に実はオールドレンズ沼への撒き餌でもあるのかも…
というのが今のところの印象。


兎にも角にもこの価格。まずは1本お試しを!なレンズ。
でも実は使い勝手と純正フードES-68に関しては思うところもありまして
ソレを解決するべくいつもの様に自前の3Dプリンターを使ってオリジナルのフードを作った次第。
20150611_05_CANON EF50mm F1.8 STM + DIY Hood
まず使い勝手に関してイマイチだな~と感じてるのはレンズが伸びる事と電源OFFで縮まらない事。
保護フィルターとレンズキャップを装着して光学系を最大まで伸ばした状態が上の画像。
元がコンパクトなレンズなだけに結構な繰り出し量に思える。ちょっと厄介。
新型になって最短撮影距離が45cmから35cmに短縮された事と
AF用モーターがSTMになった事が影響してる。

EF50F1.8STMを使い始めてから既に何度も経験してる事だけど
例えば外食で注文したメニューが出て来たらとりあえず食べる前に2~3枚撮るじゃない?
んでカメラの電源をOFFってバッグにしまおうとした瞬間、伸びたままになってるレンズに気付くワケです。

最短撮影距離が短縮された事で近接撮影時の繰り出し量は旧型よりも増えてるし
直前に撮ったのは目の前にあるメニューだから、光学系は最も繰り出した状態のまま。
旧型のEF50F1.8IIならレンズのフォーカススイッチをMFにしてフォーカスリングを回せば
繰り出した光学系を縮める事が出来る。

でも新型はSTMモーターになったのでカメラの電源を入れて通電させてあげないと
フォーカススイッチをMFにしてもフォーカスリングは空回りするだけ。
カメラの電源をON/OFFする手間が余分にかかるワケだ。
コレだけの事だけど、さぁ食うぞ!という時のこのひと手間は結構ストレス。
AF動作でレンズの全長が変わるレンズは他に持ってないのでついつい同じ事を繰り返しちゃう。

普段カメラをバッグに入れて持ち歩く時、RICOHのGRTHETAみたいに薄いカメラ以外は
イメージセンサーが下を向くような(レンズが下になるような)向きにしてる。
移動時の振動でセンサーに付着したホコリを落とすのが目的。
長く使ってる5D2もこの持ち歩き方(収納のし方)にしてからセンサーにゴミが付着する事は減ったし
一昨年の春から使ってるKissX7に関してはセンサーゴミが写り込んだ事は一度もない。
レンズを下にして収納したいというのも伸びるレンズに抵抗を感じる要因。
繰り出した光学系にカメラの重みが圧し掛かって故障したらどうしよう…とか考えちゃう。

じゃ~どうするか?フードを装着してれば良いんです。
EF50F1.8STMは繰り出さないベースの部分にフード用のバヨネット爪がある。
保護フィルターやレンズキャップを装着して、光学系が最も繰り出した状態よりもフードが長ければ
レンズが伸びた状態のままバッグに収納しても光学系に負荷が掛かる事は無い。

純正フードES-68もこれに十分な長さがあるけど
ES-68は逆付けする事を想定してるので径が大きくて嵩張るのが難点。
それに50mmって画角に対しても径が大き過ぎる。
APS-Cボディと組み合わせて80mm画角で使う時の遮光性能なんて殆ど無いだろう。
それにこれから梅雨やら台風やらで雨風やホコリが舞い散る季節になってくる。
保護フィルターや前玉を保護する意味でもフード開口部は小さい方が良い。


というワケで
・フルサイズボディとAPS-Cボディそれぞれの画角に合わせた開口面積。
・雨風やホコリから保護フィルタや前玉を保護する小さい開口部。
・繰り出す光学系へのストレスを回避させられるだけの長さ。
・指当たりが良くレンズの保持をサポートする側面形状。
・フードを装着したままレンズキャップ脱着が可能。
・つけっぱなしにしても邪魔にならないサイズ。

などを意識しながら試作とテスト撮影を繰り返して
製作したのが以下のEF50F1.8STM用つけっぱなしフード

20150611_04_CANON EF50mm F1.8 STM + DIY Hood
まずは50mm画角に最適化したスクエアタイプ。フルサイズボディとAPS-Cボディの両方で使用可能。

20150611_03_CANON EF50mm F1.8 STM + DIY Hood
そしてAPS-Cボディと組み合わせた80mm画角に最適化したドーム(フジツボ)タイプ。
※フルサイズセンサーボディとの組み合わせ時は四隅がケラレます。

20150611_02_CANON EF50mm F1.8 STM + DIY Hood
純正フードES-68も含めて3つ並べるとこんな感じ。
開口部面積はES-68(中央)を100とするとフルサイズ用のスクエアタイプ(左)は約55
APS-C用のドーム(フジツボ)タイプ(右)は約40という数値。
前玉の見え方からも遮光性能や雨風ホコリからの保護性能は勝ってる。
外寸もES-68の約36mm×約84mm(高さ×最大径)に対して
つけっぱなしフードはどちらも30mm×71.8mmと全長・最大径共に小さい。

20150611_01_CANON EF50mm F1.8 STM + DIY Hood
上から見るとこんな感じ。上記の通り指当たりの良い側面形状にしてあるので
横構図の時も縦構図の時も安定してレンズを保持出来る。
フードのコンパクトさも伝わるかな。

フードとしての性能は純正を上回ったと思うけど、装着感に関しては正直一歩劣る。
ES-68のネジやバネも含む複数のパーツを使ってのカチッ!とロックが掛かる精密感はさすが純正。
残念ながら家庭用3Dプリンターでの一発出力品で再現するのは難しかった。
とは言え簡単に外れたり回ったりしないように寸法を調整して設計してあるのでご安心を。
センター指標もあるのでソレをガイドにしてもらえればケラレたりもしない。
※フード脱着時の回転方向は純正と逆になるのでご注意下さい。


そんなEF50F1.8STM用つけっぱなしフード、ご希望の方には下記の通りで出力・販売いたします。
また質問などありましたら下記アドレスやこのブログへのコメント、ツイッターで何なりと。


【CANON EF50mm F1.8 STM用つけっぱなしフード(フル・APS-C兼用スクエアタイプ)】【3400円】
【CANON EF50mm F1.8 STM用つけっぱなしフード(APS-C専用フジツボタイプ)】【3400円】

の購入をご希望の方は詳細説明をご確認の上
【氏名、郵便番号、住所(発送先)、希望アクセサリー名、カラー(黒)、注文数、希望発送方法】
などを記入してコチラのアドレスまでご連絡ください。 → order.foxfotofactory@gmail.com

■発送方法・送料
 ・注文品はレターパックライトorレターパックプラスにて発送いたします。
 ・レターパックライトにて発送の場合の送料 → 360円
 ・レターパックプラスにて発送の場合の送料 → 510円
 ・注文品合計金額が5000円以上であれば国内に限り送料無料にて発送いたします。

 ・レターパックライトはポストへの配達、レターパックプラスは対面での配達となります。
  在宅状況などに合わせてご希望の発送方法をお選びください。
 ・注文品の内容・個数によりレターパックライトの規定【厚さ3cm以内】に収まらない場合は
  自動的にレターパックプラスでの発送とさせていただきます。

■支払方法
 ・支払い方法は三菱東京UFJ銀行口座への振込みとなります。
 ・振込手数料は別途お客様のご負担となります。
 ・ご注文メール確認後、振込み先口座などを返信いたします。
 ・入金履歴順に出力・発送し、追跡番号をメールいたします。

※選択カラーはAFINIA純正プレミアムABSフィラメントに設定のある【黒】の6色となります。
※遮光性能を重要視する場合は無難ですが黒を選択される事をオススメいたします。
 黒以外のカラーで出力した場合、遮光性能の低下、色被り、AWBへの悪影響、などが発生する
 可能性が考えられます。黒以外のカラーを選択した場合は
 機能部品としてではなくドレスアップパーツとしてお楽しみ下さい。


それではご注文、お待ちしております。


※2016/01/06追記
価格・カラーバリエーション・発送方法などを最新の情報に更新しました。


※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第1弾 dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第2弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第3弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード改
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第4弾 DPメリル用フードセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第5弾 dp1Q&dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第6弾 THETA&THETAm15用スタンド
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第7弾 DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第8弾 SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第9弾 SIGMA dp3Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第10弾 dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第11弾 DPメリル用LVF-01ブラケット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第12弾 EF50F1.8STM用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第13弾 SIGMA dp0Q用つけっぱなしフード


■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
昨日に引き続きCANONの新型撒き餌レンズEF50F1.8STMのスナップ写真。

色々あってモヤモヤしてたストレスを発散したかったってのも正直あるけど
手の出し易い価格に釣られて発売日当日に購入してから2週間。
EF50F1.8STMの意外な正体が分かってきた。
20150606_01_F1.8 SNAP
EOS 5D MARK II / EF50mm F1.8 STM / F1.8 1/4000秒 ISO100■

50mmの単焦点レンズはもう1本SIGMA 50mm F1.4 DG HSM A014を使ってる。
EF50F1.8STMと比べるとサイズ・重量・価格は勿論の事、描写が圧倒的に違う。
50F1.4アートの方がピント面はシャープでボケはナチュラルで各種収差も少ない。
ピント面(撮りたかった被写体)とボケ(被写体以外)のメリハリがハッキリしてて
被写体がハッキリと浮き立つ。収差が少なく抜けが良くてガラスの存在を感じない。
写し取れる情報量が多いのでカメラ側にもそれ相応の解像度が欲しくなるレンズ。
どちらか1本を手放さなきゃならないなら即決でシグマ50F1.4アートの方を残す。
20150606_02_F1.8 SNAP
EOS 5D MARK II / EF50mm F1.8 STM / F1.8 1/2000秒 ISO100■

じゃ~EF50F1.8STMの存在価値はないのか、もう要らないのか、と言うとそうでもない。
小さく軽く安いのは勿論大きな長所だけどシグマ50F1.4アートと比べる事で
EF50F1.8STMにもう一つの正体(捉え方)がある事に気付いた。

EF50F1.8STMの特徴を端的に現すなら
“小さく軽く安く、初心者がキットズームレンズの次に買うのに最適な1本”
とかになるだろうけど、もう一つの捉え方は
“AFや自動絞りが使えてEXIF情報も残って新品で買える最もお手軽なオールドレンズ”
だって事。
2015050606_03_Piaggio Vespa LX125 3V
EOS 5D MARK II / EF50mm F1.8 STM / F1.8 1/4000秒 ISO100■

EF50F1.8STMもシグマ50F1.4アートもどちらも最新のレンズではあるけど
光学系の設計年次には25年以上もの開きがある。
EF50F1.8STMを現代のレンズとして見ると甘さや緩さが気になるけど
オールドレンズとして見るとAFや自動絞りが使えてEXIF情報が残るってメリットが光ってくる。

オールドレンズが気になりつつも手を出し辛い要因は
“MFで実絞りでEXIF情報が残らない”って使い勝手のハードルと
“中古品しかなく、程度の良い個体が少なく、使い勝手が悪い癖に高価”という事。
独特な写りや希少価値、特徴的なデザインには惹かれつつも
払う金額に相応するだけのメリットがあるかどうかを考えるとどうしても手が出ない。
『同じ金額で最新設計の写りも使い勝手も良いあのレンズが買えるじゃないか!』と思ってきた。

でも“30年前に設計されたダブルガウス系の光学系はそのままに
現代のレンズと同等の使い勝手を付加!しかも価格は1万ちょい!”って目線で
EF50F1.8STMを見ると、なるほどコレは別の意味でも撒き餌入門レンズだわ!と思えてくる。
2015050606_04_Piaggio Vespa LX125 3V
EOS 5D MARK II / EF50mm F1.8 STM / F1.8 1/4000秒 ISO100■

EF50F1.8STMはEFマウント沼への撒き餌レンズであると同時に
もっと深いオールドレンズ沼にゼロハードルで誘い込む恐ろしいレンズでもあった。
そんな恐怖のEF50F1.8STM用に現在3Dプリンターでフードを製作中。近日リリース予定。お楽しみに!
2015050606_05_Piaggio Vespa LX125 3V
EOS 5D MARK II / EF50mm F1.8 STM / F1.8 1/100秒 ISO100■

※2015/06/12 追記※
CANON EF50mm F1.8 STM用つけっぱなしフード
【フルサイズ・APS-C兼用スクエアタイプ】と【APS-C専用フジツボタイプ】の2タイプ完成!


※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第1弾 dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第2弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第3弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード改
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第4弾 DPメリル用フードセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第5弾 dp1Q&dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第6弾 THETA&THETAm15用スタンド
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第7弾 DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第8弾 SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第9弾 SIGMA dp3Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第10弾 dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第11弾 DPメリル用LVF-01ブラケット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第12弾 EF50F1.8STM用つけっぱなしフード



■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
写りも結構良いし
小型軽量で持ち歩きが楽。
最短撮影距離も短くて使い易いし
そして何よりも価格が安くて手が出し易い
CANONの新型撒き餌レンズEF50mm F1.8 STM
20150605_01_F1.8 SNAP
EOS 5D MARK II / EF50mm F1.8 STM / F1.8 1/500秒 ISO100■

良くも悪くもそのレンズの特徴が一番濃く現れる開放F1.8の写真を色々と。
20150605_02_F1.8 SNAP
EOS 5D MARK II / EF50mm F1.8 STM / F1.8 1/500秒 ISO100■

絞り開放で近距離って対称形のレンズだとモヤモヤし易い状況だけどこのレンズはしっかり写る。
旧型から継承した光学系が設計されたのは恐らく今から30年近く昔の事だろうに
本来想定してなかったであろう領域まで最短撮影距離を短縮しても描写が破綻しないのは驚き。
20150605_03_F1.8 SNAP
EOS 5D MARK II / EF50mm F1.8 STM / F1.8 1/1600秒 ISO100■

周辺減光は結構激しいけど、補正もし易いし作風にも活かせる部分なのであんまり気にしない。
20150605_04_F1.8 SNAP
EOS 5D MARK II / EF50mm F1.8 STM / F1.8 1/3200秒 ISO100■

さて、そんな新型撒き餌レンズ用に3Dプリンターでフードを製作中。近日リリース予定。お楽しみに!
20150605_05_F1.8 SNAP
EOS 5D MARK II / EF50mm F1.8 STM / F1.8 1/1000秒 ISO100■

※2015/06/12 追記※
CANON EF50mm F1.8 STM用つけっぱなしフード
【フルサイズ・APS-C兼用スクエアタイプ】と【APS-C専用フジツボタイプ】の2タイプ完成!


※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第1弾 dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第2弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第3弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード改
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第4弾 DPメリル用フードセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第5弾 dp1Q&dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第6弾 THETA&THETAm15用スタンド
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第7弾 DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第8弾 SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第9弾 SIGMA dp3Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第10弾 dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第11弾 DPメリル用LVF-01ブラケット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第12弾 EF50F1.8STM用つけっぱなしフード



■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
愛車のベスパのパーツを交換するべくショップへ。
交換作業を待つ間、カフェスペースでクラシックベスパを
キヤノンの新型撒き餌レンズ、EF50mm F1.8 STMでパシャリ。
20150525_01_Piaggio Vespa 50s
EOS 5D MARK II / EF50mm F1.8 STM / F1.8 1/400秒 ISO100■

デザイン・機能・使い勝手は最新レンズ並みにアップデートされた新型撒き餌レンズだけど
背景ボケはザワザワするし開放近辺ではガッツリ周辺光量が落ちる。
各種収差も結構あるし、正直写りは少し古臭い。
20150525_02_Piaggio Vespa 50s
EOS 5D MARK II / EF50mm F1.8 STM / F2.0 1/125秒 ISO100■

愛用してる同じ50mmレンズ、SIGMA 50mm F1.4 DG HSM A014の方が
ピント面のキレ、ボケのナチュラルさ、各種収差の少なさ、どれも確実に上回ってる。
20150525_03_Piaggio Vespa 50s
EOS 5D MARK II / EF50mm F1.8 STM / F1.8 1/160秒 ISO100■

でも10万弱の価格、800g強の重量とサイズは使えば納得するものの、誰にでも薦められるワケじゃない。
身の回りに居るキットズームメインな一眼ユーザーに提案出来るかと言えば出来ない。
大抵の場合使ってるカメラは小型軽量なEOS Kissシリーズなので
ボディとのバランスを考慮する意味でも難しい。
20150525_06_Piaggio Vespa ET3 125 Primavera & 50s
EOS 5D MARK II / EF50mm F1.8 STM / F2.0 1/40秒 ISO125■

例えば俺も使ってるEOS Kiss X7とかに装着するなら間違いなくEF50F1.8STMの方がマッチする。
20150525_07_Piaggio Vespa 50s
EOS 5D MARK II / EF50mm F1.8 STM / F1.8 1/250秒 ISO100■

ジャンルを問わずオタクという生き物は絶対的な性能に惹かれる。
理想のカメラ、理想のレンズ、理想の三脚、理想の○○を求め続ける生き物だ。
そしてある日『今日は少し体調悪いなぁ…あの重い機材を持って出掛けるのは億劫だなぁ…』
などとぼやいて自ら築き上げた理想の機材たちに押し潰され貴重な週末を無駄に浪費するようになるのだ。
20150525_04_Piaggio Vespa ET3 125 Primavera & 50s
EOS 5D MARK II / EF50mm F1.8 STM / F2.0 1/50秒 ISO160■

いやぁ…まぁ…うん、俺の事だけどさ…
20150525_05_caffetteria
EOS 5D MARK II / EF50mm F1.8 STM / F1.8 1/40秒 ISO125■

色んなカメラやレンズを使ってく内に出来上がっていく『俺、もう分かってますからw』みたいな
カッコ悪い天狗っ鼻と、同時に積み上がる“使う機材のハードル”を
ガラガラと打ち砕いてくれるレンズ。
20150525_08_Piaggio Vespa 50s
EOS 5D MARK II / EF50mm F1.8 STM / F2.8 1/40秒 ISO160■

初心者の2本目に最適な新型撒き餌レンズは、初心を思い出させてくれるレンズだった。
20150525_09_Piaggio Vespa LX125 3V
EOS 5D MARK II / EF50mm F1.8 STM / F2.8 1/40秒 ISO160■

さて、このレンズ向けのアクセサリーも作るとしますかね。お楽しみに~!
20150525_10_Piaggio Vespa LX125 3V
EOS 5D MARK II / EF50mm F1.8 STM / F1.8 1/125秒 ISO100■

※2015/06/12 追記※
CANON EF50mm F1.8 STM用つけっぱなしフード
【フルサイズ・APS-C兼用スクエアタイプ】と【APS-C専用フジツボタイプ】の2タイプ完成!


※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第1弾 dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第2弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第3弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード改
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第4弾 DPメリル用フードセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第5弾 dp1Q&dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第6弾 THETA&THETAm15用スタンド
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第7弾 DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第8弾 SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第9弾 SIGMA dp3Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第10弾 dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第11弾 DPメリル用LVF-01ブラケット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第12弾 EF50F1.8STM用つけっぱなしフード



■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
1987年、キヤノンがEOSシステムと同時発表したEFレンズ群の内の1本がEF50mm F1.8
3年後の1990年、距離指標や金属マウントを捨て190gから130gに軽量化し大幅にコストダウンしたのが
昨日まで25年間もの間現役でい続け、“撒き餌レンズ”と呼ばれキヤノンのシェアと
EFレンズの生産・販売本数を下支えしてきたEF50mm F1.8 II

そして今日、各部・機能をアップデートして発売されたのが新型撒き餌レンズことEF50mm F1.8 STM
驚く事にデザインや機能が変わってもレンズの光学設計は初代EF50F1.8からずっと継承。
“レンズは資産”と良く言われる。殆どの場合リセールバリューの事を指すので
高級レンズ、又は希少価値のあるレンズ程その資産価値は高くなる。
でもキヤノンにとって最も資産価値のあるレンズ(光学系)は
EFレンズ中で最廉価となるEF50F1.8なのかもね。

だっていくら価格の割に写りが良いと評判のレンズとは言え
開発コストを抑えるためだけに30年近く前に設計された光学系を使い続ける?
最新の開発・製造技術、硝材、シミュレーションを使えば更に低コストな光学系も設計出来たんじゃ?
きっとキヤノンはコストを抑えるという消極的な理由で光学系を継承したんじゃない。
EF50F1.8STMにはある種のプライドが込められてるような気がする。

きっとキヤノンはこれから先、EOSシステムが存続する限り
この光学系を持ったレンズをラインナップし続けるつもりなのだろう…目指せギネス記録!


な~んて臭い話は今さっき思い付いたに過ぎない。こんな事を考えながら買ったワケじゃない。
旧型となったEF50F1.8IIを買わなかったのは価格以上に見た目と造りがチープだったから。
今回新型EF50F1.8STMを買ったのは価格以上の造り・機能にアップデートされたから。

EF50F1.8STMでアップデートされた内容は…
・金属マウントを採用し剛性、精度、耐久性、高級感を向上。
・絞り羽根が5枚から円形絞りの7枚になりボケがキレイかつ滑らかに。
・最短撮影距離を0.45mから0.35mに10cm短縮し最大撮影倍率(マクロ)を向上。
・デジタルカメラ向けコーティングへの変更と内面反射を抑えた設計でフレア・ゴーストを低減。
・使用硝材が微妙に変わってて描写性能も向上してる? ※未確認情報・噂レベル
と多岐に亘る。
個人的には『エンプラじゃなく金属マウントにしてくれるだけで(EF50F1.8IIの)倍の価格でも買うのに…』
な~んて思ってたので、今回大幅な機能拡張にも関わらず販売価格0.9万から1.6万への
0.7万しかUPしなかった事は嬉しい誤算。買わずにはいられなかった。

同じ焦点距離のレンズを複数持つ事だけはしないように決めてたのに…
俺にはSIGMA 50mm F1.4 DG HSM A014という最強レンズがあるというのに…


お待たせしました。
EF50F1.8STMを開封し、保護フィルターとフードを装着し、早速撮ってみた。
今日の10枚は全て開放F1.8。開放はそのレンズの特徴やクセ(収差)が最も顕著に表れる。
実売1.6万円という価格に足る描写か否か、たっぷりとご覧あれ~。
20150521_01_【First Shot】CANON EF50mm F1.8 STM
EOS 5D MARK II / EF50mm F1.8 STM / F1.8 1/3200秒 ISO100■

20150521_02_【First Shot】CANON EF50mm F1.8 STM
EOS 5D MARK II / EF50mm F1.8 STM / F1.8 1/1250秒 ISO100■

20150521_03_【First Shot】CANON EF50mm F1.8 STM
EOS 5D MARK II / EF50mm F1.8 STM / F1.8 1/1600秒 ISO100■

20150521_04_【First Shot】CANON EF50mm F1.8 STM
EOS 5D MARK II / EF50mm F1.8 STM / F1.8 1/500秒 ISO100■

20150521_05_【First Shot】CANON EF50mm F1.8 STM
EOS 5D MARK II / EF50mm F1.8 STM / F1.8 1/640秒 ISO100■

20150521_06_【First Shot】CANON EF50mm F1.8 STM
EOS 5D MARK II / EF50mm F1.8 STM / F1.8 1/1000秒 ISO100■

20150521_07_【First Shot】CANON EF50mm F1.8 STM
EOS 5D MARK II / EF50mm F1.8 STM / F1.8 1/640秒 ISO100■

20150521_08_【First Shot】CANON EF50mm F1.8 STM
EOS 5D MARK II / EF50mm F1.8 STM / F1.8 1/500秒 ISO100■

20150521_09_【First Shot】CANON EF50mm F1.8 STM
EOS 5D MARK II / EF50mm F1.8 STM / F1.8 1/3200秒 ISO100■

20150521_10_【First Shot】CANON EF50mm F1.8 STM
EOS 5D MARK II / EF50mm F1.8 STM / F1.8 1/1600秒 ISO100■

※2015/06/12 追記※
CANON EF50mm F1.8 STM用つけっぱなしフード
【フルサイズ・APS-C兼用スクエアタイプ】と【APS-C専用フジツボタイプ】の2タイプ完成!


※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第1弾 dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第2弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第3弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード改
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第4弾 DPメリル用フードセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第5弾 dp1Q&dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第6弾 THETA&THETAm15用スタンド
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第7弾 DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第8弾 SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第9弾 SIGMA dp3Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第10弾 dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第11弾 DPメリル用LVF-01ブラケット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第12弾 EF50F1.8STM用つけっぱなしフード



■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]