昨日で展示が終わったお台場のダイバーシティ東京の目玉、実物大ガンダム立像こと
RG 1/1 RX-78-2 ガンダム Ver.GFTを、3/3に届いたばかりカミソリマクロでパシャリ。
今週末のこの70mmカミソリマクロフィーバーは“カミソリマクロ祭まとめ”としてまとまってたw

2009年の潮風公園での初展示から幾度となく撮ってきたRG 1/1 RX-78-2 ガンダム。
20170306_01_RG1/1 RX-78-2 GUNDAM Ver.GFT
a7II / MC-11 / SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG / F2.8 1/4秒 ISO100■

撮るためだけに足を運ぶ事は流石に減っていったけど
お台場に行く事があればとりあえず足元へ行っては顔を見上げてきた。
20170306_02_RG1/1 RX-78-2 GUNDAM Ver.GFT
a7II / MC-11 / SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG / F5.6 1/6秒 ISO100■

今後は“ガンダム GLOBAL CHALLENGE”の方で利用されるって噂もあるけど…ひとまず、お疲れ様。
20170306_03_RG1/1 RX-78-2 GUNDAM Ver.GFT
a7II / MC-11 / SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG / F2.8 1/25秒 ISO100■

そして今年の秋にはRX-0 ユニコーンガンダム立像が立つらしい
わざわざRX-0を選ぶならユニコーンモードからデストロイモードへの変形も再現して欲しいところだけど
全長が2mも変化する上に地面にしっかり固定しないといけない足がかなり伸びる事を考えると
メインビジュアルがそうであるようにデストロイモードで固定なんだろうなぁ。
とは言えRX-78-2の18.0mから21.7mへ3.7mも大きくなるハズ。
新しい1/1ガンダムがどれほどの迫力になるか楽しみ。
20170306_04_RG1/1 RX-78-2 GUNDAM Ver.GFT
a7II / MC-11 / SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG / F8.0 1.0秒 ISO100■

この1枚だけはカミソリマクロじゃなくて24mm F1.4 DG HSM A015
20170306_05_RG1/1 RX-78-2 GUNDAM Ver.GFT
a7II / MC-11 / SIGMA 24mm F1.4 DG HSM A015 / F5.6 0.6秒 ISO100■

=================================================

※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆dpクワトロ用のびる液晶シェード改
◆DPメリル用フードセット
◆THETA&THETAm15用スタンド
◆DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆DPメリル用LVF-01ブラケット
◆EF50F1.8STM用つけっぱなしフード
◆SIGMA dp0Q用つけっぱなしフード
◆日本カメラ 2016年3月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
◆SIGMA dp1Q & dp2Q用スクエアフード
◆日本カメラ 2016年4月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
◆SIGMA dp Quattro用カード/USBカバーオープナー等をDMM.makeで販売開始しました!
◆SIGMA sd Quattro / sd Quattro H +PG-41用バッテリー型SDカードホルダー



■My Photo Galleryflickr500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
本当は今日で展示が終わる1/1ガンダムをまたカミソリマクロで撮りろうと思ってたんだけど
昨日sd Quattroに装着して久々に撮り歩いたマクロ写真が楽しかったので
今日はa7II+MC-11で昨日のルートを撮り直してみた。

やっぱマクロの魅力はFoveonセンサーと組み合わせてこそ引き立つ気がするけど…悲しいかな
ボディ内5軸手振れ補正やチルト液晶搭載で拡大表示もピーキングも見易いa7IIの方が
ムリな体勢をしながらでも色んなアングルの写真が安定的に撮れちゃうよね…
シグマさん、dpにしろsdにしろ、次のボディでは是非可動液晶を…

俺がカミソリマクロをゲットしたから……なんて書くと凄くおこがましいけど
カミソリマクロを持ってる人が皆写真をUPし始めて楽しい。
絶賛するだけあって皆さん持ってるのねw

皆が言ってたのは本当だった。カミソリマクロの写りは良い。
Foveonセンサーで撮るとより素晴らしいね。
20170305_50_SONY a7II + SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG
a7II / MC-11 / SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG / F2.8 1/320秒 ISO100■

20170305_33_SONY a7II + SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG
a7II / MC-11 / SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG / F2.8 1/320秒 ISO100■

20170305_01_SONY a7II + SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG
a7II / MC-11 / SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG / F2.8 1/100秒 ISO100■

20170305_04_SONY a7II + SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG
a7II / MC-11 / SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG / F5.6 1/80秒 ISO200■

20170305_05_SONY a7II + SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG
a7II / MC-11 / SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG / F2.8 1/320秒 ISO100■

20170305_08_SONY a7II + SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG
a7II / MC-11 / SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG / F5.6 1/125秒 ISO100■

20170305_11_SONY a7II + SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG
a7II / MC-11 / SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG / F4.0 1/250秒 ISO100■

20170305_16_SONY a7II + SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG
a7II / MC-11 / SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG / F5.6 1/100秒 ISO100■

20170305_23_SONY a7II + SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG
a7II / MC-11 / SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG / F2.8 1/250秒 ISO100■

20170305_24_SONY a7II + SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG
a7II / MC-11 / SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG / F5.6 1/160秒 ISO100■

20170305_26_SONY a7II + SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG
a7II / MC-11 / SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG / F5.6 1/80秒 ISO320■

20170305_28_SONY a7II + SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG
a7II / MC-11 / SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG / F5.6 1/80秒 ISO250■

20170305_35_SONY a7II + SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG
a7II / MC-11 / SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG / F2.8 1/80秒 ISO100■

20170305_39_SONY a7II + SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG
a7II / MC-11 / SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG / F5.6 1/80秒 ISO640■

20170305_41_SONY a7II + SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG
a7II / MC-11 / SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG / F2.8 1/80秒 ISO125■

20170305_44_SONY a7II + SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG
a7II / MC-11 / SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG / F2.8 1/80秒 ISO160■

20170305_45_SONY a7II + SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG
a7II / MC-11 / SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG / F2.8 1/80秒 ISO160■

20170305_46_SONY a7II + SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG
a7II / MC-11 / SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG / F2.8 1/2500秒 ISO100■

20170305_48_SONY a7II + SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG
a7II / MC-11 / SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG / F2.8 1/8000秒 ISO100■

20170305_49_SONY a7II + SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG
a7II / MC-11 / SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG / F2.8 1/1600秒 ISO100■

70マクロの写真は全てFlickrのアルバムにまとめてあるのでカミソリマクロが気になる人はコチラへ。

=================================================

※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆dpクワトロ用のびる液晶シェード改
◆DPメリル用フードセット
◆THETA&THETAm15用スタンド
◆DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆DPメリル用LVF-01ブラケット
◆EF50F1.8STM用つけっぱなしフード
◆SIGMA dp0Q用つけっぱなしフード
◆日本カメラ 2016年3月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
◆SIGMA dp1Q & dp2Q用スクエアフード
◆日本カメラ 2016年4月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
◆SIGMA dp Quattro用カード/USBカバーオープナー等をDMM.makeで販売開始しました!
◆SIGMA sd Quattro / sd Quattro H +PG-41用バッテリー型SDカードホルダー



■My Photo Galleryflickr500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
昨日脊髄反射でポチったSAマウントの“カミソリマクロ”こと
SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DGが無事に到着。

ゲットしたのは表面がザラザラしたピーチスキン塗装の前期型。
70マクロが発売された2006年当時のシグマレンズは全てこのザラザラ塗装。
その後2010年発売の85mm F1.4 EX DG HSM辺りを機にツルツルな塗装に方向転換して
発売済みのレンズも新塗装に切り替わった。コレが俗に言う“後期型”。

前期型のザラザラ塗装は傷や塗装剥がれが目立ったり、使っている内に白化したりするので
出来れば後期型が欲しかったんだけど、そういう細かい好き嫌いよりも
『“カミソリマクロ”が欲しい!』って気持ちが勝った。

ポチった後に各部の画像をチェックして前期型にしては塗装がキレイそうだぞ、ってのは分かってたけど
到着した個体を確認してビックリ。同じザラザラ塗装の専用フードも含めて塗装面に目立った傷や
使用感は全く無いし、それどころか光学系内部へのチリの混入もゼロという超美品だった。

同じザラザラ塗装の50mm F1.4 EX DG HSMを使ってきたから良く分かるけど
どんなに丁寧に使っていても細かい擦れ傷は付いてきちゃうものなのに。
製造されたのは2006~2010年の間だろうから、7~11年間も
何処かに保管されていた、と言われても信じるレベル。

とは言えカメラに装着してAF動作させると一気に世代の古さが露呈したけどねw
sd Quattroに装着して試しても、MC-11経由でa7IIに装着して試しても
残念ながら実用に足る快適なAF速度と精度は得られなかったので
潔くAF使用は諦めてMFレンズとして使っていくとしよう。
拡大表示とピーキングがあれば難しくはないハズ。

さ~いよいよ初撮りだ。sdQでは厳しい時間帯なのでMC-11経由でa7IIに装着してお台場へ。
今週末で展示が終わる1/1ガンダムとお隣のメガウェブ・ヒストリーガレージ内のクルマがお目当て。
撮った中からヒストリーガレージ内で撮ったクラシックカーの写真をどうぞ。全てF2.8開放。
20170303_35_MEGA WEB “HISTORY GARAGE”
a7II / MC-11 / SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG / F2.8 1/80秒 ISO800■

20170303_34_MEGA WEB “HISTORY GARAGE”
a7II / MC-11 / SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG / F2.8 1/80秒 ISO1000■

20170303_32_MEGA WEB “HISTORY GARAGE”
a7II / MC-11 / SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG / F2.8 1/80秒 ISO160■

20170303_09_MEGA WEB “HISTORY GARAGE”
a7II / MC-11 / SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG / F2.8 1/80秒 ISO1000■

20170303_12_MEGA WEB “HISTORY GARAGE”
a7II / MC-11 / SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG / F2.8 1/100秒 ISO100■

20170303_04_MEGA WEB “HISTORY GARAGE”
a7II / MC-11 / SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG / F2.8 1/80秒 ISO1600■

20170303_24_MEGA WEB “HISTORY GARAGE”
a7II / MC-11 / SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG / F2.8 1/80秒 ISO320■

20170303_14_MEGA WEB “HISTORY GARAGE”
a7II / MC-11 / SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG / F2.8 1/80秒 ISO1250■

20170303_16_MEGA WEB “HISTORY GARAGE”
a7II / MC-11 / SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG / F2.8 1/60秒 ISO1600■

20170303_29_MEGA WEB “HISTORY GARAGE”
a7II / MC-11 / SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG / F2.8 1/80秒 ISO200■

20170303_26_MEGA WEB “HISTORY GARAGE”
a7II / MC-11 / SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG / F2.8 1/80秒 ISO800■

20170303_13_MEGA WEB “HISTORY GARAGE”
a7II / MC-11 / SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG / F2.8 1/80秒 ISO160■

20170303_22_MEGA WEB “HISTORY GARAGE”
a7II / MC-11 / SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG / F2.8 1/80秒 ISO250■

20170303_20_MEGA WEB “HISTORY GARAGE”
a7II / MC-11 / SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG / F2.8 1/80秒 ISO250■

20170303_10_MEGA WEB “HISTORY GARAGE”
a7II / MC-11 / SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG / F2.8 1/80秒 ISO200■

これ等以外の写真や今後UPしていく写真も全て70マクロで撮った写真は
全てFlickrのアルバムにまとめていくので、カミソリマクロの写真が気になるって人はコチラへ。

=================================================

※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆dpクワトロ用のびる液晶シェード改
◆DPメリル用フードセット
◆THETA&THETAm15用スタンド
◆DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆DPメリル用LVF-01ブラケット
◆EF50F1.8STM用つけっぱなしフード
◆SIGMA dp0Q用つけっぱなしフード
◆日本カメラ 2016年3月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
◆SIGMA dp1Q & dp2Q用スクエアフード
◆日本カメラ 2016年4月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
◆SIGMA dp Quattro用カード/USBカバーオープナー等をDMM.makeで販売開始しました!
◆SIGMA sd Quattro / sd Quattro H +PG-41用バッテリー型SDカードホルダー



■My Photo Galleryflickr500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
お台場のダイバーシティ東京の目玉、実物大ガンダム立像ことRG1/1RX-78-2 ガンダムVer.GFT
ガンダムフロント東京営業終了と共に撤去されるって話は結構前に聞いてビックリしたけど
何となく3月末まではそこにあるものと思っていたけど、どうやら今週末の3/5で
展示は終了となってしまうらしい
。4月からリニューアルしようとしたら
確かに3月始め辺りから撤去作業を始めなければならないわな…

2009年に潮風公園から撤去される時はラストシューティングを思わせる演出があったりした。
今回もあるのかな?と期待もしちゃうけど、ショッピングモールの表玄関前スペースを
立入禁止にし続けるのも難しいだろうから案外とっとと解体されちゃうかもね。

両手両足に頭、全部揃ってる今週中にもう1度ぐらいは拝みに、そして撮りに行かないとなぁ。

CP+2017で撮った写真などは明日UP予定。録った動画はYouTubeにUP済みです
20170227_01_RG1/1 RX-78-2 GUNDAM Ver.GFT
a7II / MC-11 / SIGMA 24mm F1.4 DG HSM A015 / F16.0 1/60秒 ISO100■

=================================================

※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆dpクワトロ用のびる液晶シェード改
◆DPメリル用フードセット
◆THETA&THETAm15用スタンド
◆DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆DPメリル用LVF-01ブラケット
◆EF50F1.8STM用つけっぱなしフード
◆SIGMA dp0Q用つけっぱなしフード
◆日本カメラ 2016年3月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
◆SIGMA dp1Q & dp2Q用スクエアフード
◆日本カメラ 2016年4月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
◆SIGMA dp Quattro用カード/USBカバーオープナー等をDMM.makeで販売開始しました!
◆SIGMA sd Quattro / sd Quattro H +PG-41用バッテリー型SDカードホルダー



■My Photo Galleryflickr500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
今回のシグマのキャッシュバックキャンペーンには正直ビックリした。
今までのシグマのキャッシュバックキャンペーンは知る限りではカメラのみ。
しかも既に何かしらのシグマ製カメラを持ってるユーザーが対象の内向きな内容で
他から新しくユーザーを呼び込もうって感じのキャンペーンは今までなかったように思う。
(マウント交換サービスUSB DOCKMC-11はそれに当てはまるけどキャンペーンじゃない。)

それがどうした事か今回はレンズのキャッシュバックでしかも“既存ユーザーの買い増しのみ”
や“抱き合わせ購入した場合のみ”といった条件もなく単純にキャンペーン期間内に
国内で新品購入すればOKだなんて…まるで他社のキャンペーンみたい。

バイク程じゃないにしろカメラやレンズは季節商品。1年の間に売れる時期と売れない時期がある。
売れる時期の勢いを加速させるため、もしくは売れない時期の活性化のための
キャッシュバックは恩恵が直接的なので効果も大きいだろう。

でも、各社のキャッシュバックキャンペーンの現状には正直良い印象を持ってない。

時間が経つに連れてライバルも同様のキャンペーンを打ち出して
金額も期間も回数もどんどん増えて、最近じゃキャンペーン期間の延長も常態化。
結局一年の内でキャンペーンが実施されてる期間とそうでない期間ってもう半々ぐらいになってね?
キャンペーンの乱発は一回一回の効果を弱らせる。時期やパターンが読めてくれば
『どうせすぐまた次のが始まるんでしょ』と食い付きも悪くなる。
『また次で良い』と思ってる間に買う気も消える。

購入予定だった製品、欲しいけど手が出なかった製品がタイミング良く対象になれば凄く嬉しいけど
運悪くキャンペーン開始直前に対象製品を買っちゃった人は嫌な気分になるのも仕方がない。
定期的に実質価格が乱高下する製品より、欲しいと思った時、必要になった時に
後ろ髪を引かれずに買えた方が気持ち良いだろうになぁ…なんて思う。

そういう意味で各社に追従せずにきたシグマのレンズは
『欲しい時が買い時だ!』と勢いで買えるのが良かったんだけど
『あ、シグマもレンズのキャッシュバックやるんだ…』と知ってしまった今
俺も“キャッシュバックキャンペーン待ち族”の一員になってしまいそうな気がして複雑だ。

現状みたいに対象製品買って、キャッシュバック申し込んで、直ぐに製品売れば逆に儲かる!
みたいな錬金術が可能になっちゃう一部の金額設定はやっぱりやり過ぎな気がするのよ。
キャンペーン開始後に対象製品が中古カメラ屋に新同品として並ぶのを見るのは忍びない。
こういう錬金術はソレはソレで需要と供給があって、業界を回して潤してはいるんだろうし
売った数はシェアや順位を確実に左右するからメーカーも止めるに止めれないんだろうけど
こういう状態が続くとカメラやレンズに対する憧れとか愛着は徐々に失せていく気がして怖い。
業界自体の規模が年々縮小傾向にあるのが誰の目にも明らかになってきた今、このままでは…


「だから皆!ここは一先ず落ち着いて冷静になろう!皆で協力して生き残るんだ!」


なーんて言うヤツが大抵最初に死ぬ、というパニック映画アルアルのお話でした(違
20170217_01_Piaggio Vespa LX125 3V
a7II / MC-11 / SIGMA 24mm F1.4 DG HSM A015 / F1.4 1/2500秒 ISO100■

=================================================

※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆dpクワトロ用のびる液晶シェード改
◆DPメリル用フードセット
◆THETA&THETAm15用スタンド
◆DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆DPメリル用LVF-01ブラケット
◆EF50F1.8STM用つけっぱなしフード
◆SIGMA dp0Q用つけっぱなしフード
◆日本カメラ 2016年3月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
◆SIGMA dp1Q & dp2Q用スクエアフード
◆日本カメラ 2016年4月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
◆SIGMA dp Quattro用カード/USBカバーオープナー等をDMM.makeで販売開始しました!
◆SIGMA sd Quattro / sd Quattro H +PG-41用バッテリー型SDカードホルダー



■My Photo Galleryflickr500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
DxOMarkNIKON D810で測定したSIGMA 85mm F1.4 DG HSM A016スコアが公開された
85アート発表時にかなり意識したというライバル、ZEISS Otus1.4/85越えのもの凄い結果!
解像力の測定結果はD810の画素数そのままの数値に達しちゃってるのでより高画素な
SONY a7RIICANON EOS 5DsRで測定し直さないと本当の数値はまだ不明。
発売前からアレやコレやと注目し発売日に購入して使ってるレンズなので
競合レンズよりも数値的に勝る結果が出た事は嬉しくなってしまう。
85アートを企画・開発したシグマの方々、本当におめでとう!

な~んて思うワケだけど

以前キヤノン機がメインだった頃、センサースコアがソニー製センサー搭載機にボロ負けしても
「あんな数字は何の役にも立たないね!実写性能はレンズとセットで決まるもんだー!」
とか吠えてた口が何を調子の良い事を言ってるんだか…と、我ながら呆れてる。
20170204_01_siblings
a7II / MC-11 / 85mm F1.4 DG HSM A016 / F2.0 1/4000秒 ISO100■

=================================================

※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆dpクワトロ用のびる液晶シェード改
◆DPメリル用フードセット
◆THETA&THETAm15用スタンド
◆DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆DPメリル用LVF-01ブラケット
◆EF50F1.8STM用つけっぱなしフード
◆SIGMA dp0Q用つけっぱなしフード
◆日本カメラ 2016年3月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
◆SIGMA dp1Q & dp2Q用スクエアフード
◆日本カメラ 2016年4月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
◆SIGMA dp Quattro用カード/USBカバーオープナー等をDMM.makeで販売開始しました!
◆SIGMA sd Quattro / sd Quattro H +PG-41用バッテリー型SDカードホルダー



■My Photo Galleryflickr 500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
今日で1月も終わり。明日から2月。2月といえば……そう!CP+
去年のCP+の個人的な注目はSIGMA sd Quattro / sd Quattro HMC-11だった。
dpQ4台を揃えてFoveon機やSPPの扱いにも慣れてきて、さぁ~次はいよいよレンズ交換式のsdだぁー!
と思ってはいたものの、それ単体で完結するdpと違ってレンズ交換式のsdはSAマウント用のレンズも
買わなきゃならない。撮れる被写体や状況が限られるであろうsd購入の精神的ハードルは高かった。
そんな精神的ハードルを下げてくれたのがMC-11経由でEマウント機を夜用サブボディにする案
特性の違うボディでレンズを共用出来るのなら使用頻度を担保出来るし一気に買い易くなる。

そんな表向きなSAマウントへのドキドキワクワクの裏で、Eマウントボディを手にするって事は
マウントアダプターを買えば親父が遺したオールドレンズ2本にも活躍の場ができるなぁ…
sdQの夜用サブボディって名目だけど、撮影枚数はa7IIの方が増えちゃいそうだな…
みたいな事を去年の春頃、sdQ&a7IIの購入前は考えてた。考えてたんだけど…

それから早1年弱、結局MC-11以外のマウントアダプターを購入する事はなく
危険なオールドレンズ沼にハマったりもせず、a7IIは本来の表向きな名目の通り
sdQの夜用サブボディに徹し、使用頻度も撮影枚数もsdQより少ないまま今に至る。

むしろマウントアダプター遊びに陥りかけたのはsdQの方だった。
sdQ+PG-41+24F1.4DGアートor50F1.4DGアートでスタートしてから暫くして
『sdQをもう少し軽くコンパクトに運用出来ないかなぁ…例えばパンケーキレンズを装着するとか…』
そんな妄想をしてみるものの、残念ながらシグマからパンケーキレンズは出ていない。
周りを見るとTLのsdQユーザーはM42マウントのレンズで遊んでる。
M42→SAマウントアダプター!そういうのもあるのか。

程なくしてM42マウントのお手軽オールドレンズ探しが始まった。
今使ってる24F1.4アート50F1.4アートが換算36mmと75mmなので
その間に入る換算40~50mm近辺になる28mm辺りのレンズで検索スタート。
ペンタックスやイエナの28mmF2.8や29mmF2.8といったスペックの数本が候補になった。
写りの評価はどれもイマイチのようだったけど、正直写りはどうでも良かった。
ちゃんと写したければ24F1.4アートと50F1.4アートがある。
今回は写りよりも小さく軽く安い事が重要だ。

中古カメラ屋を廻って程度の良い個体も見つけられた。よ~しコレにしよう。
おっとその前にマウントアダプターもポチらないとな…といった瞬間我に返った。
sdQ(Foveonセンサー)+28(29)mmF2.8のレンズの組み合わせ…コレdp2Qじゃん!
わざわざ不便で写りもイマイチなオールドレンズ使わなくてもdp2Qで撮れば良いじゃん!
途端にオールドレンズ案は泡と消え、その分の予算は85F1.4DGアートに充てられましたとさ。

今日の1枚はそんなオールドレンズ沼に落ちかけた俺を受け止め、引っ張り上げてくれたdp2Qの写真。
20170131_01_牽引機とグライダー
SIGMA dp2 Quattro / F8.0 1/500秒 ISO100■

=================================================

※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆dpクワトロ用のびる液晶シェード改
◆DPメリル用フードセット
◆THETA&THETAm15用スタンド
◆DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆DPメリル用LVF-01ブラケット
◆EF50F1.8STM用つけっぱなしフード
◆SIGMA dp0Q用つけっぱなしフード
◆日本カメラ 2016年3月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
◆SIGMA dp1Q & dp2Q用スクエアフード
◆日本カメラ 2016年4月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
◆SIGMA dp Quattro用カード/USBカバーオープナー等をDMM.makeで販売開始しました!
◆SIGMA sd Quattro / sd Quattro H +PG-41用バッテリー型SDカードホルダー



■My Photo Galleryflickr 500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
先日のシグマ界隈の新年会安倍さんからとある要望をもらいました。
「レンズ交換時にはカメラを持つ手、カメラからレンズAを外す手、レンズBをカメラに装着する手、と
手が1本足りない。カメラに装着して一時的にレンズを保持出来るパーツは作れないか?」という内容。
具体的な方法としてはホットシュー端子か三脚穴にレンズリアキャップを装着したいとの事。
今日安倍さん自身が分かり易く図解してくれました。【図解その1】【図解その2

レンズ交換を手助けするアクセサリーはライカやピークデザインから出てるけどSAマウント用は無い。
フォロワーのりぃさんワンオフでSAマウント用を製作した(スゴイ!)けどどうやらかなりお高い様子。

という事で、いつものように3Dプリンターで作ってみた。

新年会では「三脚穴は雲台のプレートやハンドストラップで埋まってる事が多いからホットシューの方が
良さそうだ。」と話していたけど、強度や固定方法の事を考慮して三脚穴を使った方式で製作。
■使用動画→【一般的なレンズ交換方法】【自作したパーツを使ったレンズ交換方法
確かに一般的な交換方法よりもレンズを保持する手や置き場所が少なく済む。

でもレンズリアキャップを一旦持たなきゃいけなかったり強度面の不安があったり、と問題点も露呈。
まだまだ試作1号なので三脚穴を使う方式のまま強度を増して改善していく事も出来るけど
三脚穴もホットシュー端子も使わない方法を思い付いてみたりもするワケで。
最終的にどんな形式になるかは分からないけど、お楽しみに。
20170111_01_departure
a7II / MC-11 / 85mm F1.4 DG HSM A016 / F2.0 1/8000秒 ISO100■

=================================================

※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆dpクワトロ用のびる液晶シェード改
◆DPメリル用フードセット
◆THETA&THETAm15用スタンド
◆DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆DPメリル用LVF-01ブラケット
◆EF50F1.8STM用つけっぱなしフード
◆SIGMA dp0Q用つけっぱなしフード
◆日本カメラ 2016年3月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
◆SIGMA dp1Q & dp2Q用スクエアフード
◆日本カメラ 2016年4月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
◆SIGMA dp Quattro用カード/USBカバーオープナー等をDMM.makeで販売開始しました!
◆SIGMA sd Quattro / sd Quattro H +PG-41用バッテリー型SDカードホルダー



■My Photo Galleryflickr 500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
今週木曜に迫ったSIGMA 85mm F1.4 DG HSM A016の発売を前に
旧型になる85mm F1.4 EX DG HSMMC-11経由でSONY a7IIに装着して
夜の浅草をブラブラ。68年振りの大きさというスーパームーン…の、一日前の小望月と
サイコフレームが緑に光る覚醒状態のRX-0シャンパンツリーカラーのスカイツリーをパシャリ。

絞り開放近辺の軸上色収差とパープルフリンジが多い85mm F1.4 EX DG HSMだけど
写りはシャープだし周辺光量もタップリ確保されてるし歪曲収差はゼロと言って良いレベル。
新型の85F1.4アートは大幅に大きく重く高価になる。その分(それ以上の)描写に期待してしまう。
20161114_01_Asakusa night SNAP
a7II / MC-11 / SIGMA 85mm F1.4 EX DG HSM / F2.0 1/40秒 ISO100■

20161114_07_Asakusa night SNAP
a7II / MC-11 / SIGMA 85mm F1.4 EX DG HSM / F2.0 1/20秒 ISO100■

20161114_27_Asakusa night SNAP
a7II / MC-11 / SIGMA 85mm F1.4 EX DG HSM / F2.0 1/80秒 ISO100■

20161114_08_Asakusa night SNAP
a7II / MC-11 / SIGMA 85mm F1.4 EX DG HSM / F2.0 1/50秒 ISO100■

20161114_11_Asakusa night SNAP
a7II / MC-11 / SIGMA 85mm F1.4 EX DG HSM / F1.4 1/13秒 ISO100■

20161114_14_Asakusa night SNAP
a7II / MC-11 / SIGMA 85mm F1.4 EX DG HSM / F1.4 1/100秒 ISO640■


20161114_16_Asakusa night SNAP
a7II / MC-11 / SIGMA 85mm F1.4 EX DG HSM / F1.4 1/100秒 ISO640■

20161114_28_Asakusa night SNAP
a7II / MC-11 / SIGMA 85mm F1.4 EX DG HSM / F2.0 1/100秒 ISO320■

20161114_30_Asakusa night SNAP
a7II / MC-11 / SIGMA 85mm F1.4 EX DG HSM / F2.8 1/100秒 ISO1250■

20161114_29_Asakusa night SNAP
a7II / MC-11 / SIGMA 85mm F1.4 EX DG HSM / F2.8 1/100秒 ISO1000■

※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆dpクワトロ用のびる液晶シェード改
◆DPメリル用フードセット
◆THETA&THETAm15用スタンド
◆DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆DPメリル用LVF-01ブラケット
◆EF50F1.8STM用つけっぱなしフード
◆SIGMA dp0Q用つけっぱなしフード
◆日本カメラ 2016年3月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
◆SIGMA dp1Q & dp2Q用スクエアフード
◆日本カメラ 2016年4月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
◆SIGMA dp Quattro用カード/USBカバーオープナー等をDMM.makeで販売開始しました!

シグマ 85mm F1.4 EX DG HSM キヤノン用 85mm F1.4 EX DG HSM EO

■My Photo Galleryflickr500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
2016/10/15(土)に黒川のシグマ本社で開催されたフォトキナ発表新製品体感イベントに行ってきた。
フォトキナ2016で発表された
85mm F1.4 DG HSM A016
12-24mm F4 DG HSM A016
500mm F4 DG OS HSM S016
以上3本を実際に手にしたり、12-24F4DGアートに関しては短時間借りて実写データもお持ち帰り出来る。
今回の体験イベントの個人的な一番の目的は85F1.4DGアートをお触りする事だったんだけど
折角なので自分のsd Quattroa7II+MC-11で12-24F4DGアートを試してみた。
…そう、実際に試写してみるまでは“ついでに…”ぐらいの印象だった。

旧モデルの12-24F4.5-5.6IIを使ってたのでF4通しで発表された時はビックリしたしワクワクしたけど
大きさや重さや価格など詳細が発表された時点では『うわ…コレは手に負えんな…』ってのが正直な印象。
広角ズームレンズは
SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 II DG HSM
SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM
OLYMPUS M.ZUIKO ED 7-14mm F2.8 PRO
と順々に使ってきたけど、定期的にやってくる“機材入れ替えたい病”が発病しちゃうと
広角ズームは真っ先に売却候補に入って、今はdp0 Quattroが手持ち機材の広角端を担ってる。
『広角はdp0Qで良いや…』じゃなく『dp0Q以上に俺が求める広角レンズはない!』と思ってるから。
そんな俺が12-24F4DGアートを試した印象は『凄い!コレdp0Qズームじゃんかっ!』って衝撃が走った。


●まずはAPS-Cサイズセンサーのsd Quattroに装着して使ってみて分かった事、感じた事。
・そもそもsdQが正式対応してるのはSGV以降のレンズのみ
 それ以前のレンズではAFが遅くなったり精度が落ちたり動かなかったりしてしまう。
・SGVレンズのこれまでの最広角は17-70F2.8-4DCコンテンポラリーの17mm(換算25.5mm)。
 12-24F4DGアートの登場でsdQ対応レンズの広角端が12mm(換算18mm)まで拡張された。
・手にしてみるとそのサイズと重さにやっぱりビックリ。特に80mm径の非球面な前玉のインパクトが凄い。
 でもsdQの大きくしっかり握れるグリップのお陰でカメラに装着した時のバランスはそれほど悪くない。
・ファインダーや背面液晶に真っ直ぐな物が真っ直ぐ表示される歪曲の無い世界を見てdp0Qを思い出す。
 で、比較用にdp0Q持ってこなかった事を反省。
・歪曲の無さに加えて周辺光量落ちの無さにも驚き。APS-CサイズセンサーのsdQに装着して使う限りでは
 ゼロ・ディストーション(歪曲ゼロ)に加えてゼロ・ヴィネッティング(口径食ゼロ)でもあると言える。
・ゼロ・ディストーションはdp0Qでも可能だけど絞り開放でゼロ・ヴィネッティングはdp0Qではムリ。
・最短撮影距離は12-24F4DGアートの24cmに対してdp0Qの18cmの方が短いけど
 12-24F4DGアートはズーム出来るので最大倍率はdp0Qよりも勝る。
・一緒にいた@XENO63さんがdp0Qと同じ焦点距離、同じF値で撮り比べた写真を見せてもらったら
 ボケ具合も12-24F4DGアートの方がほわっとキレイにボケてた。
・あとレンズ描写の違いではなくセンサーの違いによる差の話になるけど
 画角内に太陽などの強い光源が入っている場合に周辺に出るグリーンのゴースト
 ※SPP6.4.1でゴースト色低減処理のON/OFFが選べるようになったアレ。
 の出方が大幅に少ないのもdp0Qに対するsdQ+12-24F4DGアートのアドバンテージのひとつ。
・APS-Cセンサーのカメラに装着して換算18-36mm画角のレンズとして使う限りは
 広角端12mmでも望遠端24mmでも四隅の像流れや色ズレも全くない。歪曲も周辺光量落ちもなく
 全てを誇張なく劣化なく完璧にフラットに写し撮れるのがとにかく気持ち良い。
・今の所sdQにもSPPにも歪曲収差や周辺光量落ちを補正する機能は無い。
 電子補正ゼロでこの描写を実現した光学設計と生産技術に感動。

ではsdQ+12-24F4DGアートで撮った写真を何枚か。
20161017_003_SIGMA 12-24mm F4 DG HSM A016 Sample Shot(by SIGMA sd Quattro)
sd Quattro / SIGMA 12-24mm F4 DG HSM A016 / F4.0 1/30秒 ISO160■

20161017_013_SIGMA 12-24mm F4 DG HSM A016 Sample Shot(by SIGMA sd Quattro)
sd Quattro / SIGMA 12-24mm F4 DG HSM A016 / F5.0 1/1000秒 ISO100■

20161017_022_SIGMA 12-24mm F4 DG HSM A016 Sample Shot(by SIGMA sd Quattro)
sd Quattro / SIGMA 12-24mm F4 DG HSM A016 / F4.0 1/250秒 ISO100■

20161017_035_SIGMA 12-24mm F4 DG HSM A016 Sample Shot(by SIGMA sd Quattro)
sd Quattro / SIGMA 12-24mm F4 DG HSM A016 / F4.0 1/1600秒 ISO100■

20161017_036_SIGMA 12-24mm F4 DG HSM A016 Sample Shot(by SIGMA sd Quattro)
sd Quattro / SIGMA 12-24mm F4 DG HSM A016 / F4 1/1000秒 ISO100■


●続いてはフルサイズセンサーのa7II+MC-11(EF-E)に装着して使ってみて分かった事、感じた事。
・まずは超広角12mmの世界の広さに感動して以前使ってた12-24F4.5-5.6IIDGの事を思い出す。
 12-24F4.5-5.6IIDGは初代に対して周辺描写や周辺光量落ち、色収差の少なさは大きく進化したけど
 歪曲はある程度後補正に任せる方向になり逆に増えていたし、周辺光量落ちもまだまだ激しかった。
 画面内のコントラストが低い状況なら後から周辺光量を持ち上げる事でフラットに仕上げられたけど
 明暗のコントラストが高い状況の時は露出設定に苦労させられた。三脚が使えるなら絞れば良いけど
 三脚が使えず、絞れない暗めの状況で画面内の暗部と周辺が重なると黒潰れして復旧出来ない事も。
 歪曲補正も四隅がカットされるので実質的な画角が少し狭くなってしまう事を許容するしかなかった。
・12-24F4DGアートはフルサイズセンサーで使ってもゼロ・ディストーションと言える歪曲の無さ。
 流石に絞り開放では四隅が少し光量落ちするものの、12-24F4.5-5.6IIDGのような
 穴蔵を感じさせるようなものではなく、フラットに光量を確保している範囲がかなり広いので
 APS-Cセンサーのカメラは勿論、sd Quattro HのようなAPS-Hセンサーのカメラでも
 絞り開放からゼロ・ディストーションに加えてゼロ・ヴィネッティングで撮れる性能がある。
・旧型比で最短撮影距離が短縮されたのも特徴。
 12-24F4.5-5.6IIDGの28cmに対して12-24F4DGアートは24cmで4cm短縮。
 上記したボケのキレイさや周辺ボケの引っ張られの少なさも加わりワイドマクロ写真に強くなった。
・旧型比で絞り羽根の枚数が増えた事も大きな進化ポイント。
 12-24F4.5-5.6IIDGの6枚に対して12-24F4DGアートは9枚と3枚増えて奇数になったので
 絞り込んでいった時に出る光芒の数は6本から18本に大幅増。今回は試せなかったけど
 三脚を使って夜景などをバシッと撮った時の光源の魅せ方も進化してると思う。
・フレアやゴーストの発生が非常に少ない事にも驚き。
 フィルター装着不可でしかも他に類のない80mmという超巨大な出目金前玉をしてるので
 流石にゼロ・フレア、ゼロ・ゴーストとはいかないけど、12-24F4.5-5.6IIDG含むこれまで使ってきた
 上記3本の広角ズームレンズの中ではフレアやゴーストの発生量が最も少ないと感じた。
 製品概要を読む限りはキヤノンのSWCASC、ニコンのナノクリのような全く新しいコーティングが
 開発・採用されたような記述はないけど、12-24F4DGアートは逆光に強いと言えると思う。
 フレアやゴーストが大きくハッキリと、しかもそれぞれが重なって発生した12-24F4.5-5.6IIDGに対して
 発生量も少なく、サイズも小さく、ポツポツと離れて、薄っすらとしか出なくなっているので
 例えば背景が青空みたいに単調であればスタンプツールなどで簡単に除去出来るレベル。
 流石に絞り込んでいく事で明確に見えてくるけど、それは他のレンズでも同じだしね。

※実は試写中は結構な頻度でAFがバグってた。全く動かなかったり、ずっと最短と無限遠を往復してたり。
 あとEXIFデータに記載されるレンズ名も【DT 12-24mm F0.9-6.2 SAM】ってなっちゃってるけど
 どちらもMC-11(EF-E)内に12-24F4DGアートのレンズプロファイルが入ってないのが原因だろうから
 12-24F4DGアート発売前後に公開されるであろうレンズプロファイルをMC-11に入れれば
 問題なくAFも動いてレンズ名も正しく表示されるハズ。sdQでの使用では何も問題なかったし。

ではa7II+MC-11(EF-E)+12-24F4DGアートで撮った写真を何枚か。
20161017_100_SIGMA 12-24mm F4 DG HSM A016 Sample Shot(by SONY a7II + SIGMA MC-11)
a7II / MC-11 / SIGMA 12-24mm F4 DG HSM A016 / F4.0 1/320秒 ISO100■

20161017_059_SIGMA 12-24mm F4 DG HSM A016 Sample Shot(by SONY a7II + SIGMA MC-11)
a7II / MC-11 / SIGMA 12-24mm F4 DG HSM A016 / F8.0 1/250秒 ISO100■

20161017_075_SIGMA 12-24mm F4 DG HSM A016 Sample Shot(by SONY a7II + SIGMA MC-11)
a7II / MC-11 / SIGMA 12-24mm F4 DG HSM A016 / F4.0 1/3200秒 ISO100■

20161017_077_SIGMA 12-24mm F4 DG HSM A016 Sample Shot(by SONY a7II + SIGMA MC-11)
a7II / MC-11 / SIGMA 12-24mm F4 DG HSM A016 / F4.0 1/1600秒 ISO100■

20161017_091_SIGMA 12-24mm F4 DG HSM A016 Sample Shot(by SONY a7II + SIGMA MC-11)
a7II / MC-11 / SIGMA 12-24mm F4 DG HSM A016 / F5.6 1/640秒 ISO100■


※コレ以外の試写データはFlickrのアルバムにまとめたので宜しければチェックしてみてね。
 sdQで撮った50枚とa7II+MC-11(EF-E)で撮った50枚の合計100枚をUPしてあります。 →→コチラ←←


●まとめ
最初に書いた通り、大きさ、重さ、価格が発表された時は『うわ…コレは手に負えんな…』って思ったけど
実際に試写すると『なるほど…大きく重く高価になっただけの事はあるかも…』
と、納得してきちゃったりするから困ったもんだw

幸か不幸か旧モデルの12-24F4.5-5.6IIはまだ買える。
歪曲を補正しても画質の劣化が目立たないベイヤーセンサーのカメラと
Camera RAWやLightroomのようにレンズプロファイル入りの現像ソフトを使ってるなら
歪曲収差や周辺光量落ちは補正出来ちゃうから買える内に旧モデルの方を…ってのもアリだとは思うけど
周辺描写やボケのキレイさ、最短撮影距離の短さ、絞り羽根の枚数はどうにもならないし
歪曲補正での画質劣化が目立つFoveonセンサーのカメラを使ってて
SPPのみで写真を仕上げてる人にとっては12-24F4.5-5.6IIと12-24F4DGアートの差は圧倒的。
レンズの癖(収差)を利用したり頼ったりして写真を撮ってる人にとっては
旧モデルの描写の方が面白く感じるかもしれないけど、より完璧な描写を求めるなら選択肢は一つ。


※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆dpクワトロ用のびる液晶シェード改
◆DPメリル用フードセット
◆THETA&THETAm15用スタンド
◆DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆DPメリル用LVF-01ブラケット
◆EF50F1.8STM用つけっぱなしフード
◆SIGMA dp0Q用つけっぱなしフード
◆日本カメラ 2016年3月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
◆SIGMA dp1Q & dp2Q用スクエアフード
◆日本カメラ 2016年4月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
◆SIGMA dp Quattro用カード/USBカバーオープナー等をDMM.makeで販売開始しました!



■My Photo Galleryflickr500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]