タグ:dp2 Quattro ( 82 ) タグの人気記事

今日も日中は天気が良いだけじゃなく風もないという昨日と同じ状況だったので
川へ出ればまた穏やかな川面が撮れるかもな…と思ったんだけど
夕方になるに連れて風がどんどん強くなっちゃった。
やっぱり昨日の気象状況は貴重だった。

あれだけ川面が穏やかだとモノクロにしても良さそうだな…と思い今日は別カットをモノクロ化。
シャープネス-2.0、X3 Fill Light下げ、フィルムグレインちょい足し、周辺減光効果ちょい足し、調色2C。
普段は雑多な街並みや人工物ばかり撮ってるのでこういう静寂感のある自然の被写体は新鮮だね。

メジャーなカメラだと発売とほぼ同時にムック本が4~5冊も発売されたりするけど
SIGMA dp1Q dp2Qは残念ながらゼロ。DP1M&DP2Mの頃に1冊出たけど
その後DP3Mが登場しても新たなムック本が作られる事は無かった。

そんな状況なので「旅写真をアートに高めるカメラSIGMA dp Quattroシリーズ徹底ガイド」
なんて特集記事を書いてくれたCAMERA LIFE Vol.18は読んでて楽しくなる。
写欲が湧いてくる。さぁ、次はどんな写真を撮ろうかな。
20141209_01_Quiet river
SIGMA dp2 Quattro / F4.0 1/50秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリーも色々製作&販売中です!
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第1弾 dp2Q用つけっぱなしフード!◆
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第2弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード!◆
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第3弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード改!◆
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第4弾 DPメリル用フードセット!◆
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第5弾 dp1Q&dp2Q用つけっぱなしフード!◆
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第6弾 THETA&THETAm15用スタンド!◆



■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
今日は天気も良くてキレイな夕焼けが見られた…な~んてのはこの季節特別珍しくもない。
ただし今日は風が無かったのでまるで湖のように川面に夕焼け空が反射してた。
ついでに良い感じの流木があったりしたら、撮らずにはいられない。

表紙に「旅写真をアートに高めるカメラSIGMA dp Quattroシリーズ徹底ガイド」
なんて書かれたら、CAMERA LIFE Vol.18を買わずにはいられない。
20141208_01_Quiet river
SIGMA dp2 Quattro / F2.8 1/200秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリーも色々製作&販売中です!
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第1弾 dp2Q用つけっぱなしフード!◆
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第2弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード!◆
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第3弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード改!◆
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第4弾 DPメリル用フードセット!◆
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第5弾 dp1Q&dp2Q用つけっぱなしフード!◆
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第6弾 THETA&THETAm15用スタンド!◆



■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
今日は真冬並みの寒さに加え冷たい雨。
三連休中から微かにしてた頭痛が今日一気に爆発。
頭痛以外に古傷もズキズキ。あぁ、やっぱり寒い季節は嫌いだ。
20141125_01_Raindrop
SIGMA dp2 Quattro / F2.8 1/30秒 ISO200■  【等倍はコチラ】

※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリーも色々製作&販売中です!
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第1弾 dp2Q用つけっぱなしフード!◆
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第2弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード!◆
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第3弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード改!◆
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第4弾 DPメリル用フードセット!◆
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第5弾 dp1Q&dp2Q用つけっぱなしフード!◆
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第6弾 THETA&THETAm15用スタンド!◆




■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
昨日に引き続きSIGMA dp1 Quattrodp2 QuattroDP3 Merrillの撮り比べ。
今日はガンダムフロント東京も入ってるダイバーシティー東京前のRG1/1 RX-78-2ガンダム Ver.GFT
今や足元で写真を撮ってるのは殆ど外国人観光客ばかり…ってちょっと寂しい状況だけど
長年の風雨で良い感じに貫禄が増してきた1/1ガンダムは変わらずの大迫力。
今回も換算28mm、45mm、75mmの画角差の参考にするも
それぞれを等倍表示して画質を比較するも良し。

換算28mm
20141112_03_RX-78-2 GUNDAM By SIGMA dp1 Quattro
SIGMA dp1 Quattro / F5.6 1秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

換算45mm
20141112_02_RX-78-2 GUNDAM By SIGMA dp2 Quattro
SIGMA dp2 Quattro / F5.6 0.6秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

換算75mm
20141112_01_RX-78-2 GUNDAM By SIGMA DP3 Merrill
SIGMA DP3 Merrill / F5.6 0.4秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

今回は顏の部分を600×600ピクセルで切り出し。

dp1Q ズイ!
b0213320_17504040.jpg

dp2Q ズイズイ!
b0213320_1750561.jpg

DP3M ズイズイズイ!
b0213320_1751137.jpg
同じ場所から撮り比べてるので広角のdp1Qよりも標準のdp2Qの方が
そして中望遠のDP3Mの方がキッチリ写ってるのは当たり前。
でもそれ以上にDP3Mのレンズの写りがスゴイね。
dp3Qの発売は来年のCP+の頃かな?

色に関してはdp1Q、dp2Qの方がメリハリもあって良い発色。
DP3Mは胸の青や各部の黄色がかなり大人しいね。

スナップ的な撮り方するならdpクワトロの方が圧倒的に使い易いけど
三脚使ってじっくりまったり撮るならDPメリルでも全然イケる。
価格はdpクワトロの約半額…在庫は残り僅か…今でしょw

※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第1弾dp2Q用つけっぱなしフード、販売中です!◆
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第2弾dpクワトロ用のびる液晶シェード、販売中です!◆
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第3弾dpクワトロ用のびる液晶シェード改、販売中です!◆
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第4弾DPメリル用フードセット、販売中です!◆
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第5弾dp1Q&dp2Q用つけっぱなしフード、販売中です!◆





■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
SIGMA dp1 Quattrodp2 QuattroDP3 Merrillの3台持って東京ゲートブリッジへ。
純粋に換算28mm、45mm、75mmの画角差の参考にするも良し
それぞれを等倍表示して画質を比較するも良し。

換算28mm
20141111_03_Tokyo Gate Bridge_By SIGMA dp1 Quattro
SIGMA dp1 Quattro / F8.0 30秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

換算45mm
20141111_02_Tokyo Gate Bridge_By SIGMA dp2 Quattro
SIGMA dp2 Quattro / F8.0 15秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

換算75mm
20141111_01_Tokyo Gate Bridge_By SIGMA DP3 Merrill
SIGMA DP3 Merrill / F8.0 8秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

折角なので橋脚部分を600×600ピクセルで切り出してみる。

dp1Q
b0213320_166491.jpg

dp2Q
b0213320_1684997.jpg

DP3M
b0213320_1675049.jpg
まぁ画角がこれだけ違ってるので等倍で比較しても意味ないんだけど、DP3Mの写りはピカイチだね。
センサーの違い云々以上にレンズのキレキレ度の違いが大きい感じ。dp3Qが楽しみじゃんよ。

スナップ的な撮り方するならdpクワトロの方が圧倒的に使い易いけど
三脚使ってじっくりまったり撮るならDPメリルでも全然イケる。
価格はdpクワトロの約半額…在庫は残り僅か…今でしょw

※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第1弾dp2Q用つけっぱなしフード、販売中です!◆
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第2弾dpクワトロ用のびる液晶シェード、販売中です!◆
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第3弾dpクワトロ用のびる液晶シェード改、販売中です!◆
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第4弾DPメリル用フードセット、販売中です!◆
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第5弾dp1Q&dp2Q用つけっぱなしフード、販売中です!◆





■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
本日発売のSIGMA dp1 Quattro、なんだかんだで買っちゃった。
そして!早速dp1Q専用つけっぱなしフードFLH-1Q01が装着されているー!
20141024_04_SIGMA dp1 Quattro+つけっぱなしフードFLH-1Q01
そう、dp1Qとレンズ鏡筒&バヨネットの形状が同じdp2Q用フードを製作した経験
dp1Qとレンズの焦点距離や画角が(ほぼ)同じDP1M用フードを製作した経験が合わされば
dp1Q発売に先駆けてdp1Q用フードを製作する事が可能になるわけだ!
(同じ理由でdp3Q用フードも既に完成してたりするw)
こういうスピードでモノ作りが出来るのも3Dプリンターの利点だね。

基本的な機能、使い勝手、製作&仕上げ方法は7月に製作したdp2Q用つけっぱなしフードを踏襲。
■純正フードLH4-01よりも圧倒的にコンパクトで遮光性能に優れる。
■枠の高さ5mmまでのレンズ保護フィルタを装着した上から被せられる。
■ケラレるギリギリまで攻めたマスク形状により雨粒や指が前玉に触れるのを防止。
■フード先端にレンズキャップを装着する事が出来る。
■レンズキャップを装着すると鏡筒の形状を反転させたような一体感のあるデザイン。

こんなに小さくて本当にフードとして役に立つのか…って?
20141024_02_dp1Q純正フードLH4-01vsつけっぱなしフードFLH-1Q01
この通り。少なくとも純正フードよりはレンズに当たるの外光をカット出来るよ。


続いては新しくなったdp2Q用つけっぱなしフードFLH-2Q02!
20141024_03_SIGMA dp2 Quattro+つけっぱなしフードFLH-2Q02
向かって左側の旧型FLH-2Q01に対する新たなアドバンテージとして…
AF補助光機能が使用可能に!
■マスク周辺を中心に各部の形状を変更。剛性は大幅に向上し、装着時のガタツキは低減。
b0213320_21233222.jpg
具体的にはこんな感じ。肉厚増加による剛性UPによりAF補助光用の穴を空けられるようになりました!

コチラも純正フードLH4-01と比べてみる。つけっぱなしフードの方が外光をカット出来てるね。
20141024_01_dp2Q純正フードLH4-01vsつけっぱなしフードFLH-2Q02
換算45mmのdp2Qにとって換算28mmのdp1Qとフードを共用ってのは酷な話だよね。

コンパクトでしょ。名前の通りつけっぱなしにしても邪魔にならない。
取付指標はモデルナンバーと対応。dp1Q用はくぼみが1つ、dp2Q用は2つ。
レンズ鏡筒のデザインに合わせた形状にする事で後付け感の無い一体感が生まれる。
20141024_05_SIGMA dp1 Quattro & dp2 Quattro

さて、そんな自作フードですが今回も販売します。
SIGMA dp1 Quattro用つけっぱなしフードFLH-1Q01 3000円(送料込み。振込み手数料別。)
SIGMA dp2 Quattro用つけっぱなしフードFLH-2Q02 3000円(送料込み。振込み手数料別。)
※注意※
 旧型の方が欲しいという方は注文時に【古い方、旧型、FLH-2Q01】等と記入して下さい。
 単に“dp2Q用つけっぱなしフード”等と書かれていた場合は本日以降新型のFLH-2Q02と認識します。

ご注文はコチラのアドレスまで → order.foxfotofactory@gmail.com
ご注文時は氏名、郵便番号、住所、製品名、注文数、等の記入をお忘れなく。
支払い方法は銀行振込(振込先は三菱東京UFJ銀行口座)です。
発送方法はレターパックライトでの郵送となります。
メールを確認し次第振込口座を返信します。入金確認後に発送。発送時に追跡番号をメールします。

それではご注文、お待ちしております。

※2014/11/25追記※
以下のブログで紹介されました!
■shiology【3864-141117 シグマ「dp1 Quattro」用と「dp2 Quattro」用の「つけっぱなしフード」】

※2015/03/25追記※
dp1Q用はFLH-1Q01からFLH-1Q02へ、dp2Q用はFLH-2Q02からFLH-2Q03へと
リニューアルいたしました!詳細はコチラ→ http://foxfoto.exblog.jp/24236529/

※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー、他にも色々製作&販売中です!
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第1弾 dp2Q用つけっぱなしフード!◆
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第2弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード!◆
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第3弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード改!◆
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第4弾 DPメリル用フードセット!◆
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第5弾 dp1Q&dp2Q用つけっぱなしフード!◆
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第6弾 THETA&THETAm15用スタンド!◆





■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
第一回から参加している友人のBLACKPORTERさんのご厚意で参加出来る事になった
明日10/11(土)、明後日12(日)に中野サンプラザで開催される
【オリジナルフォト&グッズ展示即売会 フォトフェス】に関する詳細を発表します!

ただし!大変申し訳ありません。
前回今まで製作&販売してきたアクセサリーは全て会場へ持ち込みます!と書きましたが
とある事情により(後日書きます。)一部製品の販売中止&販売数減少という事態になってしまいました。
悔しくもありますが、今回に限っては自分の力ではどうにも出来ない事態でした。申し訳ないです。
また、1日目の10/11(土)は終日参加出来るのですが、2日目の10/12(日)は
終日出展出来ない、もしくは短時間のみの出店となる可能性が出てきてしまいました。

もし「〇〇を買いたいのに二日目の10/12(日)しか行けない!」という場合は
私のツイッターにでも御一報頂ければ取り置きする事も可能ですので遠慮なく仰って下さい。

改めましてフォトフェス会場で販売する3Dプリンターで製作したカメラ&レンズアクセサリー
ラインナップ、会場限定価格、販売数を発表します!

1.【SIGMA dp2 Quattro用つけっぱなしフード】
通常価格3000円 → 会場限定特価2000円 販売数2個
20140707_05_SIGMA dp2 Quattro+Original design hood(made by 3D printer)

2.【SIGMA dp Quattroシリーズ用のびる液晶シェード】
通常価格4500円 → 会場限定特価3000円 販売数2個
20140804_04_SIGMA dp Quattro用のびる液晶シェード

3.【SIGMA dp Quattroシリーズ用のびる液晶シェード(純正カメラケースHC-21対応版)】
通常価格4500円 → 申し訳ありません。会場での販売はありません。(展示サンプルはございます。)
20140818_03_SIGMA dp Quattro用のびる液晶シェード FDS-dpQ2

4.【SIGMA DP Merrillシリーズ用インナー+アウターフード】
通常価格(ってか初回限定価格)5000円 → 会場限定特価4000円 販売数それぞれ6セット、計18セット
20140922_01_SIGMA DP1M DP2M DP3M用オリジナルフード

5.【RICOH THETA用スタンド&広告ベース】 ← 初お披露目&イベント先行販売!
通常価格3000円(予定) → 会場限定特価2000円 販売数9個(白×3、緑×3、黒×3)
20141010_01_RICOH THETAとフォトフェスで販売するアクセサリー群。
ツイッターやインスタグラムでちょいちょい登場してきたリコー・シータ用スタンド&広告ベースです。
二つの大きなレンズがボディ外寸よりも飛び出しているので扱いに気を使うシータ。
うっかり本体を倒してレンズに傷が~っ!(涙)なんて事になったら大変。
(何故純正で用意されてないのか謎だけど)このスタンドがあれば安定して立たせる事が可能です。
更にシータ本体を横にして乗せる事も可能なのでUSB端子が底面にあるシータを
安定した状態で充電、PC接続、データ転送が可能になります。
今まで作ってきたアクセサリーは遮光性能が重要になってくる関係から黒ばかりでしたが
今回はシータ本体と同じ白、シータのイメージカラーである緑、そして黒、と3色用意しました!

広告ベースって何ぞや?に関しては当日シータで撮影したデータをUPする予定ですので
それを見て頂ければお分かりになると思います。お楽しみに!


販売物は以上となりますが…
更に!完全未発表の新アクセサリーの参考展示もします!
具体的には…SIGMA dp2Q用(3種類)とRICOH THETA用(1種類)の新しいアクセサリーです!
気になる方は是非会場でご覧になって下さい!色々とご意見も頂ければ幸いです。
今後の製品展開に活かさせて頂きます。お待ちしております!


今まで気になりつつも実際のモノの出来がどの程度か分からず手を出せずにいた方々や
大量生産されているアクセサリーよりも高い価格で買い辛かった方々など
是非是非会場へお越しになり実際に手にしてみて下さい!
残念ながら電源は借りれないので実演は出来ませんが会場へ3Dプリンターを持ち込みます!
アクセサリー購入とは関係なく、純粋に3Dプリンターに興味があるという方も大歓迎です!


展示ブースの場所は中野サンプラザ8F研修室5の27番、BLACKPOTERこと西川太樹さんのブースです!
開催時間は10:00~16:00と、とても短いのでお気を付けて!
b0213320_22455560.png






■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
ご報告!来週末10/11(土)、12(日)に中野サンプラザで開催される
【オリジナルフォト&グッズ展示即売会 フォトフェス】に参加する事になりました!
昨年から参加している友人のBLACKPORTERさんのブースにお邪魔させて頂ける事にぃー!感謝!

去年はお客として会場へ行ったけど
写真や写真集、撮影関連の小物などの展示&即売イベントです。
そこへ無謀にも3Dプリンターで製作したカメラ&レンズアクセサリーを持ち込んでみます!
というワケで今まで製作&販売してきたアクセサリーを復習!

1.【SIGMA dp2 Quattro用つけっぱなしフード】
20140707_05_SIGMA dp2 Quattro+Original design hood(made by 3D printer)
記念すべき処女作であり、現在もなお一番数が出てるモデル…コレがビギナーズラックか…
大きく嵩張る純正フードと違い非常に小さくつけっぱなしで運用出来るフードです。

2.【SIGMA dp Quattroシリーズ用のびる液晶シェード】
20140804_04_SIGMA dp Quattro用のびる液晶シェード
グリップが後方に伸びるdpクワトロシリーズの特徴的なデザインを活かした液晶シェード。
伸縮機能があるので撮影アングルの自由度をスポイルせずに有害光をカットし液晶の見易さを確保します。

3.【SIGMA dp Quattroシリーズ用のびる液晶シェード(純正カメラケースHC-21対応版)】
20140818_03_SIGMA dp Quattro用のびる液晶シェード FDS-dpQ2
ニッチなdpクワトロ用ユーザーの内、更に純正カメラケースHC-21を持ってるユーザー向けという
ニッチ・オブ・ニッチな希少価値抜群のアクセサリー(汗)。
更にはdp1Qの発売に合わせてかシグマ純正液晶ファインダーまで登場予定という始末!なんてこった!

4.【SIGMA DP Merrillシリーズ用インナー+アウターフード】
20140922_01_SIGMA DP1M DP2M DP3M用オリジナルフード
処女作、dp2Q用つけっぱなしフードのアイデアを昇華させたフードセット(単品売りも有り)。
コンパクトでつけっぱなしで運用出来るインナーフードと、遮光性能優先の大きいアウターフード。

以上、今まで製作&販売してきたアクセサリーは全て会場へ持ち込みます!
しかも!梱包&発送作業を省けますので、通常よりも安い会場限定特価で販売します!
来週いっぱい使って頑張って出力しますが、そもそも出力&仕上げに時間がかかるので
販売数はそう多くは無いと予想されます。各々の限定数と販売価格はまた後日発表します。

今まで気になりつつも実際のモノの出来がどの程度か分からず手を出せずにいた方々や
大量生産されているアクセサリーよりも高い価格で買い辛かった方々など
是非是非会場へお越しになり実際に手にしてみて下さい!
残念ながら電源は借りれないので実演は出来ませんが会場へ3Dプリンターを持ち込む予定です。
アクセサリー購入とは関係なく、純粋に3Dプリンターに興味があるという方も大歓迎です!

さらに!現在製作中の新アクセサリーも完成が間に合えば会場で先行販売する予定です!
近くに中野ブロードウェイフジヤカメラもありますし、来週末は是非中野へ!
諸々の詳細情報はまた直前になってから発表しますのでご注目を!

※2014/10/07(火)追記。
ブースレイアウトとナンバーが決定しました!
中野サンプラザ8F研修室5の27番、BLACKPOTERこと西川太樹さんのブースにお邪魔させて貰います!
b0213320_22455560.png
フジヤカメラやケンコー・トキナーワイドトレードといった企業&有名店ブースもありますので
今週末は是非フォトフェス会場まで!





■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
友人のBLACKPORTERさんから「江戸川区のタワーホール船堀が夜景撮影に良いよ。」
と教えてもらったので行ってみた。確かに写真撮影に優しいスポットだった。
地上115m、東西南北360°見渡せる無料展望室は2フロア構造で上階が一般客、下階が団体客向け。
団体客がいない時なら下階は三脚OK。一般客の居ない環境で黙々と撮影してきました。
ただし事前に電話で団体客の有無の確認し、総合案内所で腕章を貰ってからエレベーターへ行く事。
腕章を見せる事でエレベーターガールさんが下階で降ろしてくれます。

高層マンションにでも住んでない限り高い場所で三脚立てて夜景を撮るなんてなかなか出来ない。
ここぞとばかりに手持ち機材をベスパに積み込んで気になってた比較テストをしてみた。
CANON EOS 5D MARK II+SIGMA 50mm F1.4 DG HSM A014】と【SIGMA dp2 Quattro
【出力画素数2100万画素の換算50mm】と【出力画素数1960万画素の換算45mm】の比較。
手持ち機材の中で標準画角になるのはこの組み合わせだ。
(後になって【KissX7+シグマ35F1.4A012】もあるじゃん!と気付いたのはナイショ。)

まずは5D2+シグマ50F1.4ART。現像はLightroom5.6
20140924_01_by CANON EOS 5D MARK II + SIGMA 50mm F1.4 DG HSM A014 + LR5.6
EOS 5D MARK II / SIGMA 50mm F1.4 DG HSM A014 / F8.0 15秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

シグマ35F1.4ARTの時点で
『うをっ!すげークリア!2100万画素って解像度を最大限に引き出してくれたな!』って感じだったけど
シグマ50F1.4ARTになるともう
『これはもぅ…5D2のローパス有りベイヤー2100万画素じゃ性能を活かし切れてない!』ってレベル。
フルサイズで3600万画素、APS-Cで2400万画素、更にフルサイズミラーレスも登場した今
6年前に出た2100万画素の一眼レフなんてデカくて重いだけじゃん…ってなりそうなもんだけど
良いレンズを使うと『まだまだやれるかな…』と勇気をもらえるねw


続いてはdp2Q。現像はSPP6.0.6
20140924_02_by SIGMA dp2 Quattro + SPP6.0.6
SIGMA dp2 Quattro / F8.0 15秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

細かいトコの比較は後でやるとして、まずは色ですよ。
今回5D2+シグマ50F1.4ARTもdp2Qもホワイトバランスは5000Kに設定したんだけど
正直ここまで色味が揃ってくるとは思わなかった。勿論各色にフォーカスすれば違いはあるし
空の部分を比べるとdp2Qの方はまだら模様が残ってる。カラーノイズリダクションは最大なのに。
それでもdpクワトロはメリハリのある見栄えする色になった。ホワイトバランスも色温度指定出来るし。


後半は各場所にフォーカスして比較してみる。
画像はクリックするとFlickrの元データに飛んで等倍でチェック出来ます。

1枚目は画面中央上部の東京スカイツリー。
より鮮明に写し撮ったのはやはりdp2Qの方。やっぱ解像度はFoveonに敵わない。圧倒的に。
20140924_03_5D2+50F1.4ART_vs_dp2Q_1


2枚目は画面右下のカラオケショップ。
白飛び寸前の部分から白飛びしちゃった部分への繋がりのキレイなのは5D2の方。
20140924_04_5D2+50F1.4ART_vs_dp2Q_2


3枚目は画面左側、荒川に架かる橋と首都高。
暗部の描写も5D2の方が情報が残ってる印象。ここら辺は現像ソフトの性能も影響してるのかも。
2枚目の明部の描写も合わせると5D2+LR5.6の方がダイナミックレンジは広い。
ダイナミックレンジの広さは現像工程でのレタッチ耐性に直結する。
世代を重ねる毎にどんどん扱い易くなってきたFoveonセンサー&SPPだけど
まだ「ここぞっ!」って1枚を撮る時は可能な限り段階露出で撮っておいた方が良さそうだ。
20140924_05_5D2+50F1.4ART_vs_dp2Q_3
あとシグマ50F1.4ARTは絞っていった時の光芒の出方がスゴくキレイだね。
角度も均等に分かれてるし、スゥーっと伸びて美しい。シグマ50F1.4ARTは夜景にも良い。


というワケで今回の比較テストから感じた印象は
dp2Q+SPP6の解像度はやっぱり抜群だし色味の気難しさも殆ど無くなってきてかなり扱い易くなった。
6年も前の5D2も50F1.4ARTという良いレンズを使えば素晴らしい解像性能を発揮する。
広いダイナミックレンジと低ノイズでレタッチ耐性は5D2の方がまだ上。

今度タワーホール船堀に行く時はKissX7+シグマ35F1.4A012も加えた三者対決をしてみよう。
DIGIC5のKissX7はDIGIC4の5D2よりもメリハリのある描写をするし
35F1.4A012と組み合わせれば番狂わせもあるかも。

※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリーを製作中です!
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第1弾dp2Q用つけっぱなしフード、販売中です!◆
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第2弾dpクワトロ用のびる液晶シェード、販売中です!◆
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第3弾dpクワトロ用のびる液晶シェード改、販売中です!◆
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第4弾DPメリル用フードセット、販売中です!◆

  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
大変長らくお待たせいたしました。
シグマDPメリルシリーズ用オリジナルフード、完成です!


詳細説明の前に、まずは今回のDPメリルシリーズ用フード製作のため
DP1MとDP2Mをお貸し頂いた@shibamata911さん、心から感謝いたします。
また他にもメールやTwitterで協力を申し出て頂いた方々も本当にありがとうございました。
今後も皆様にこういった協力をお願いする事があると思います。その時はまた助けて頂ければと存じます。

さて、まずは製作経緯から。
3Dプリンターを使って製作したdp2Q用つけっぱなしフードの販売を開始してから
実は注文時のメールのやりとり等で色々な要望がありました。
その中でフードの形状に関する要望は両極端な二つでした。
1.【とにかく嵩張らないコンパクトなフード】←つけっぱなしフードのコンセプトはコレ。
2.【サイズは大きくて良いからとにかく遮光性能に優れたフード】
という感じ。

なるほどなるほど、じゃ~せっかくだし、両方作っちゃおうか!
(コレが出来るのが3Dプリンターの良い所)
というワケで、こんな感じで完成しました!製作期間、一ヶ月弱!
20140922_01_SIGMA DP1M DP2M DP3M用オリジナルフード
奥の列、左から右へDP1M、DP2M、DP3M。真ん中の列が各々の遮光性能重視のアウターフード
そして手前の列がコンパクトさ重視のインナーフード。そう、今回のフードは合体します!
※1 アウターフードはインナーフード先端に装着します。カメラ本体に直接装着する事は出来ません。
※2 アウターフード脱着時にインナーフードが動かないよう、インナーフードの装着感はかなり固めです。
※3 インナーフードとアウターフードのバヨネット部分は出荷状態ではキツめですが
 使っていくに連れてアタリが出て適正なキツさになります。


DP1M、DP2M、DP3Mはそれぞれ純正フードも発売されてる。
発売から2年前後経ってるし、シグマユーザーは写り最優先ですから皆さんお持ちでしょう。
そんな状況の中わざわざ出すんです。ちゃんとメリットがあります。
20140922_02_SIGMA DP1M DP2M DP3M用オリジナルフード
手前から奥へDP1M、DP2M、DP3M用。左から右へ純正、インナー、アウターの順です。
まずはインナーフード、見ての通り純正フードよりもコンパクトです
撮影テストを繰り返し、ケラレないギリギリまで攻めたマスクもあるのでコレ単体でも遮光性能があります
そしてDP1M&DP2M純正フードと同様保護フィルター1枚(厚さ5mmまで)の上から装着可能です
さらにDP1M&DP2M純正フードにはない機能として先端にレンズキャップが装着可能
インナーフードはdp2Q用つけっぱなしフードと同様の機能を有しています。
とにかくコンパクトで装着したまま気軽に持ち出せて瞬時に撮影可能なのがインナーフードです。

続いてアウターフード、今度は純正フードよりも背が高い。コチラは遮光性能優先の形状です。
インナーフード先端に装着する事でインナーフードの遮光マスクと相まって高い遮光性能を発揮します。
そしてアウターフードは逆付けが可能なので携帯時に嵩張る事もありません
20140922_05_SIGMA DP1M DP2M DP3M用オリジナルフード
インナーフード先端にレンズキャップを装着し、アウターフードを逆付けした状態。
アウターフードによって太さが増してるので結構ボリュームが増したように見えるかもしれないけど
長さは【本体+保護フィルタ+レンズキャップ】の状態から+5mmに収まってます。

さぁ~いよいよ装着状態をお披露目!まずはインナーフードのみの状態!
20140922_03_SIGMA DP1M DP2M DP3M用オリジナルフード
『え?付いてなくね?』とか『ちっさ!』と一瞬でも思ってくれたなら大変嬉しい。
どうです?コレなら本体につけっぱなしにしても邪魔にならないでしょ?
後付け感のないカメラ本体のデザインにマッチする形状です

続いてインナーフード+アウターフードを装着した状態!どーん!
20140922_04_SIGMA DP1M DP2M DP3M用オリジナルフード
かなりの臨戦態勢。撮る気満々なオーラが出てる。『今日は沢山撮るぞ!』って時はコレぐらいないとね!

良く見るとフード上面の取付指標が違う。
凹みの数がDP1M用は1つ、DP2M用は2つ、DP3M用は3つ。
デザインの似てるDPメリル(特に1と2)だけどコレを見れば誤装着を回避出来る
さぁ~どうです?お持ちのDP1M、DP2M、DP3Mに装着したくなりませんか?


出力に使用する3DプリンターはAFINIA H479というモデルです。
インナーフードはこのモデル最少値の積層ピッチ0.15mm、アウターフードは積層ピッチ0.2mmで出力。
フィラメントは価格が上がって泣きたくなっても頑固にAFINIA純正ABSフィラメントを使用。
毎度言い訳のようで申し訳ないのですが、3Dプリンターでの出力はどうしても時間が掛かる。


【SIGMA DP1 Merrill用インナーフード】【 3400円 】
【SIGMA DP1 Merrill用アウターフード】【 3100円 】
【SIGMA DP2 Merrill用インナーフード】【 3700円 】
【SIGMA DP2 Merrill用アウターフード】【 3900円 】
【SIGMA DP3 Merrill用インナーフード】【 3400円 】
【SIGMA DP3 Merrill用アウターフード】【 5100円 】
の購入をご希望の方は詳細説明をご確認の上
【氏名、郵便番号、住所(発送先)、希望アクセサリー名、カラー(黒)、注文数、希望発送方法】
などを記入してコチラのアドレスまでご連絡ください。 → order.foxfotofactory@gmail.com

■発送方法・送料
 ・注文品はレターパックライトorレターパックプラスにて発送いたします。
 ・レターパックライトにて発送の場合の送料 → 360円
 ・レターパックプラスにて発送の場合の送料 → 510円
 ・注文品合計金額が5000円以上であれば国内に限り送料無料にて発送いたします。

 ・レターパックライトはポストへの配達、レターパックプラスは対面での配達となります。
  在宅状況などに合わせてご希望の発送方法をお選びください。
 ・注文品の内容・個数によりレターパックライトの規定【厚さ3cm以内】に収まらない場合は
  自動的にレターパックプラスでの発送とさせていただきます。

■支払方法
 ・支払い方法は三菱東京UFJ銀行口座への振込みとなります。
 ・振込手数料は別途お客様のご負担となります。
 ・ご注文メール確認後、振込み先口座などを返信いたします。
 ・入金履歴順に出力・発送し、追跡番号をメールいたします。

※選択カラーはAFINIA純正プレミアムABSフィラメントに設定のある【黒】の6色となります。
※遮光性能を重要視する場合は無難ですが黒を選択される事をオススメいたします。
 黒以外のカラーで出力した場合、遮光性能の低下、色被り、AWBへの悪影響、などが発生する
 可能性が考えられます。黒以外のカラーを選択した場合は
 機能部品としてではなくドレスアップパーツとしてお楽しみ下さい。


それではご注文、お待ちしております。


※2014/12/15 追記※
以下のブログで紹介されました!
■もうそう☆れっく【SIGMA DP2M用インナーフード、アウターフード】


※2016/01/06追記
価格・カラーバリエーション・発送方法などを最新の情報に更新しました。


※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第1弾 dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第2弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第3弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード改
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第4弾 DPメリル用フードセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第5弾 dp1Q&dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第6弾 THETA&THETAm15用スタンド
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第7弾 DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第8弾 SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第9弾 SIGMA dp3Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第10弾 dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第11弾 DPメリル用LVF-01ブラケット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第12弾 EF50F1.8STM用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第13弾 SIGMA dp0Q用つけっぱなしフード




■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]