タグ:dp3 Quattro ( 30 ) タグの人気記事

服や靴はフィット感が読めないので普段は必ず実店舗で試着してから買うんだけど
最近のイライラのせいでつい衝動的にポチッてしまった。
Adidas TERREX SWIFT R GTX
b0213320_0285642.png

普段履きから軽いアウトドア遊びまでカバー出来る使い勝手の良い防塵防滴…じゃない
防水仕様でアウターソールがゴツゴツ系のローカットモデルが2013年購入のMerrill…じゃない
MERRELL CHAMELEON 5 STORM GORE-TEX
からずっと更新してなかったのでその後継用として購入。

カメレオン5自体に不満は無いしまだ現行モデルなので新しく買い直すのもありかな~とか
昨年夏購入のColumbia DRAINMAKER III FADEが良かったので次もコロンビアで~とか
色々検討はしたものの、たまたま立ち寄っとアディダスのオンラインショップで見掛けた
このブラック×ショックブルーのカラーリングと税込7560円というセール価格に釣られて
ついポチってしまった。ゴアテックスライナーの防水仕様でこの価格はなかなか安いよね。

どうやら生産終了モデル(カラー)故のセール価格のようで合うサイズの在庫数も残り少ないし
返品交換対象でもなかったので足の形との相性が確かめられないのは少し不安だったけど
最初に書いた通りイライラの解消が目的みたいなもんなので勢いでポチッてしまった。

と、いうのが一昨日の未明の事であり、昨日雪が降る中無事に配達され、試着してみたところ…
丁度良い履き心地でひと安心。良かった。まぁ本当の履き心地は長距離歩いてみないと分からんけどね。
ちなみに4年弱履き続けて各部が擦り減りまくったカメレオン5(27.0cm)が実測385g(両足平均)
だったのに対してスイフトR(27.0cm)は実測353g(両足平均)とより軽量だった。

イライラの種からは今夜中に開放されるし、週末は天気良さそうなのでシェイクダウンがてらブラブラだな。


昨日の続き。モノクロはMerrillが良い、じゃ~カラーは?カラーは断然Quattroですわ。
初代のいぶし銀な渋い発色は個人的には大好きだけど、カラーで色々試すとなると
Quattroセンサーが一番現像耐性がある。選べるカラーモードも豊富だしね。
初代、Merrill、Quattro、それぞれ得意不得意な部分が違って面白い。
20170210_01_SUZUKI SWIFT
SIGMA dp3 Quattro / F4.0 1/125秒 ISO100■

=================================================

※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆dpクワトロ用のびる液晶シェード改
◆DPメリル用フードセット
◆THETA&THETAm15用スタンド
◆DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆DPメリル用LVF-01ブラケット
◆EF50F1.8STM用つけっぱなしフード
◆SIGMA dp0Q用つけっぱなしフード
◆日本カメラ 2016年3月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
◆SIGMA dp1Q & dp2Q用スクエアフード
◆日本カメラ 2016年4月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
◆SIGMA dp Quattro用カード/USBカバーオープナー等をDMM.makeで販売開始しました!
◆SIGMA sd Quattro / sd Quattro H +PG-41用バッテリー型SDカードホルダー



■My Photo Galleryflickr 500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
シグマユーザー的には安倍吉俊さんが描いた同人誌『飛び込め!!沼 01』が大きなニュースだけど
ていこくらんちさんの『カメラバカにつける薬』シリーズも負けず劣らず面白い。

2016年の冬のコミケでの新刊は
『カメラバカにつける薬6』と『カメラバカにつけるくすり ごーがいまとめせかんど』の2冊。
で、両方『飛び込め!!沼 01』と同様COMIC ZINで買ってきた。

内容はカメラ内科の女医とナースが色んな病(カメラ関係の拗らせ)の患者たちに
カメラやレンズを処方していく…ってベースはあるものの、患者(諸々の信仰者)が布教を始めたり
カメラが野球を始めたり、カメラメーカーが選挙始めたり、とハチャメチャで面白いw
『カメラバカにつけるくすり ごーがいまとめ』系は名前の通りCP+やフォトキナといった
カメラ関係のイベント開催前後に発表される新カメラや新レンズに関して
速報的に描かれツイッターで公開される四コマのまとめ。

新刊だけ読んでも面白いだろうけど既刊で描かれてた合コン話が新刊で開催されたりと
ストーリーの進行もあるので既刊とセットで呼んだ方が楽しめると思う。

俺の場合全体の7割ぐらいは理解出来るんだけどフィルムカメラやオールドレンズ関係の話は分からず。
でもその『あぁ、俺の知らない世界がまだこんなにもあるのだな…』っていう
『ネットは広大だわ…』的な感じがまた面白いw

COMIC ZINの店頭&通販の他にboothという作者の直売所でも買える模様。

なんとなく自分の中では “東の『飛び込め!!沼』、西の『カメラバカにつける薬』” って感じで
両者甲乙つけがたい面白さ。どちらも続編が楽しみだ。

何をどう検索して俺のこのブログに来たかは知らないけど
今こうしてコレを読んでいるような人なら
間違いなく楽しめると思うw
20170106_01_ていこくらんち( @teikokulunch )さんの『カメラバカにつける薬』シリーズが面白い!
SIGMA dp3 Quattro + FT-1201 / F5.6 0.5秒 ISO100■

=================================================

※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆dpクワトロ用のびる液晶シェード改
◆DPメリル用フードセット
◆THETA&THETAm15用スタンド
◆DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆DPメリル用LVF-01ブラケット
◆EF50F1.8STM用つけっぱなしフード
◆SIGMA dp0Q用つけっぱなしフード
◆日本カメラ 2016年3月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
◆SIGMA dp1Q & dp2Q用スクエアフード
◆日本カメラ 2016年4月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
◆SIGMA dp Quattro用カード/USBカバーオープナー等をDMM.makeで販売開始しました!
◆SIGMA sd Quattro / sd Quattro H +PG-41用バッテリー型SDカードホルダー



■My Photo Galleryflickr 500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
イラストレーター/漫画家の安倍吉俊さんSIGMA sd Quattro Hの発売が楽しみ過ぎて
しかもお子さんが生まれるという一大事(おめでとうございます!)の中で勢いで描いてしまった
(スゴイw)
話題の同人誌、『飛び込め!!沼 01』が年始からCOMIC ZINで委託販売が開始してる!
と知って、早速神田明神への初詣がてら秋葉原店へ行って購入してきました。

安倍さんの作品はNieA_7や灰羽連盟の頃から好きだったけど、正直当時は漫画にしろ映画にしろ
興味を持つのはその作品までで、それを作り上げた作者や監督やスタッフまで調べたりはしなかった。
社会人になってからカメラを始めて、色々と検索してく内に安倍さんブログやツイッターを発見して
あぁぁーーー!この人あの作品を描いた人かー!うわー!スゴイ!とチェックするようになった。
だからdp2Q発売を機に3Dプリンターでカメラアクセサリーを製作し始めた時、安倍さんから
注文が来た
時は本当にビックリしたし凄く嬉しかった。改めてありがとうございました!

そんな安倍さんがカメラに関する、しかもシグマ中心な内容の同人誌を描くとなれば買わずにはいられない!
安倍さん自身が公開してる以上のネタバレはしないけど、シグマのカメラを使ってる人は間違いなく
ニヤニヤしてしまうあるあるが詰まった内容だし、シグマ以外のカメラユーザーにとっても
あ~この気持ち、分かるわ~wって描写も多いのでカメラ好きな人なら楽しめる筈!

で、読了して『さすが安倍さん!実際に使ってる人が描くと面白いなー!』と表紙を見直してみたら…
あああああああああああ!!!!!!緑のダウン着た後輩くんが持ってるdp0Qに
つけっぱなしフードが装着されてるうううううう!!!!!
b0213320_043444.png
もう、ホント、こんなに嬉しいことはない…(号泣)

今回はシグマ中心な内容だったけどタイトルはあくまで『沼』なのでメーカー縛りはないし
『01』とも書かれてるのできっと『02』の構想もあるハズ…続編がどんな内容になるか、楽しみです!
20170105_01_安倍吉俊( @abfly )さんの『飛び込め!!沼 01』が面白い!
SIGMA dp3 Quattro + FT-1201 / F5.6 0.6秒 ISO100■

=================================================

※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆dpクワトロ用のびる液晶シェード改
◆DPメリル用フードセット
◆THETA&THETAm15用スタンド
◆DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆DPメリル用LVF-01ブラケット
◆EF50F1.8STM用つけっぱなしフード
◆SIGMA dp0Q用つけっぱなしフード
◆日本カメラ 2016年3月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
◆SIGMA dp1Q & dp2Q用スクエアフード
◆日本カメラ 2016年4月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
◆SIGMA dp Quattro用カード/USBカバーオープナー等をDMM.makeで販売開始しました!
◆SIGMA sd Quattro / sd Quattro H +PG-41用バッテリー型SDカードホルダー



■My Photo Galleryflickr 500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
皆さん、いよいよこの時が来ましたね。SIGMA sd Quattroが、ついに正式発表!
昨日の価格&発売日リークからこの祭囃子(ばつりばやし)が頭ん中で鳴り止まなかったわ!

ここ最近は“夏ボーナスシーズン以降にズレ込むかも…”なんて雰囲気も臭わせてたsdQだけど
蓋を開けてみれば当初の計画通り(ですよね?)“セミが鳴き始める頃”までには発売されそうでひと安心。

でも今回のリーク内容で一番サプライズだったのは価格でしょう!
ヨドバシカメラで税込89100円+ポイント10%還元フジヤカメラマップカメラで税込80190円ですよ!
CP+で発表以来みんなそれぞれ頭の中で色んな価格設定を思い描いたでしょうけど、まさかの実売9万円弱!
シグマと言や~予想を上回る価格を発表するもんでしょう!コレじゃ~調子が狂っちまいますよ~!(コラ
dp0Q、dp1Q、dp2Q、dp3Qと同等か下手すりゃ逆に安いこの価格を予測した人は流石に居ないっしょ!

俺なんか
・sd Quattro本体 → 実売20万円
・POWER GRIP : PG-41 → 実売3万円
・Li-ionバッテリー : BP-61×2本 + 64GBのSDカード2枚 + 諸々の周辺機器 → 実売2万円
で、合計25万円ぐらいの出費を覚悟してたのでもうビックリ!実際は上記内容が13万円以下で揃っちゃう!
人によって多少幅は有ろうけど、大体予想より8~12万円ぐらいは安く済んでるんじゃございませんこと?

で、だ!

この降って湧いたような(実際は違うんだけど)8~12万円をどうする?って話ですぜ皆さん!
偶然なのかシグマさんが狙って設定した事なのか、この8~12万円って、丁度
シグマ製レンズのボリュームゾーンと重なってくると思いません?

しかも何やらsdQとSGV以前のレンズとの組合せではAFに関して色々と制約事項があるようで…
色々まとめてくとコレ、もしかしたらシグマさんからの
「古いレンズまでカバーしきれなくて申し訳ねぇ。sdQ本体安くしたんで
浮いた分で新しいレンズ買ってくりゃ~さい」ってなメッセージなんじゃ?…とか勝手に思ったりw

sdQ発売まで2週間あるけどSAマウント版シグマレンズの数は
EFマウント版やFマウント版とは“比喩じゃなく桁が違うほど少ない”そうだし
いくらsdQ発売のタイミングとは言え、売れ筋のEF&Fマウント版の生産数を落としてまで
SAマウント版を増やすとも思えないのでレンズを新しく買い足そうと考えてる人は急いだ方が良いかと。
実際sdQの発売日と価格がリークされた昨日から今朝にかけて上記のヨドやフジヤやマップの
SAマウント版レンズの在庫チェックしてたんだけど、マジでどんどん減ってるのよ。

俺も最初は気にしてなかったんだけど、結局今日のsdQの正式発表を見た瞬間ガマンし切れなくなって
sdQ本体や縦グリや予備バッテリーと一緒に24mm F1.4 DG HSM A015をポチってしまった!
既に手元にある50mm F1.4 DG HSM A014と合わせて換算36mmと75mm画角で
sdQの到着を迎えて、SAマウントライフをスタートさせる事にしました!
24F1.4A015と保護フィルター分を足しても合計10万円弱だから
浮いた(事にした)12万円にはまだ全然届いてないぞぉ!
さぁ皆さんはどのレンズを買い足します?(笑
20160624_SIGMA sd Quattro + 30mm F1.4 DC HSM A013
SIGMA dp3 Quattro / F2.8 1/100秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第1弾 dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第2弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第3弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード改
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第4弾 DPメリル用フードセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第5弾 dp1Q&dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第6弾 THETA&THETAm15用スタンド
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第7弾 DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第8弾 SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第9弾 SIGMA dp3Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第10弾 dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第11弾 DPメリル用LVF-01ブラケット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第12弾 EF50F1.8STM用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第13弾 SIGMA dp0Q用つけっぱなしフード
◆日本カメラ 2016年3月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第14弾 SIGMA dp1Q & dp2Q用スクエアフード
◆日本カメラ 2016年4月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
◆SIGMA dp Quattro用カード/USBカバーオープナー等をDMM.makeで販売開始しました!




■My Photo Galleryflickr500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
全国のSIGMA dp Quattroシリーズユーザーの皆様、お待たせしました。
毎回爪が剥がれそうになりながら開けてたdp Quattroシリーズのカード/USBカバーが
簡単に開けられるようになるチョイ足しパーツ、カード/USBカバーオープナーが完成し(て)ました~!

始まりは4月某日、Shioさんこと写真家の塩澤一洋氏からの一報でした。
塩澤さんのブログ、shiologyの読者さんからカード/USBカバーを開け易くするパーツが届くものの
「アイデアは良いけど、ココをもっとこうした方が良い気がする、3Dプリンターで作れませんか?」と。
で、「なるほど面白いですね!やりましょう!」とその日の内に試作1号をモデリング、出力、試着し始めて
形状やサイズを吟味しながら試作6号ぐらいで形状はフィックスしたものの、自宅の3Dプリンターでは
どうしても歩留まりが悪く、色々と試してみたものの仕上がりも満足出来なかった。
普通はサイズが大きく出力に時間が掛かるモノほど出力クオリティは落ちるけど
逆に小さ過ぎても出力が不安定になったりするのだな~と勉強になった。

で、そんなこんなで、こんなにも小さく軽いパーツなのに、コスト的には販売中のLVF-01用
アイピースキャップホルダー
と同じく1個2000円以上の価格にどうしてもなってしまう…
確かに便利なパーツだけど、この価格を許容出来る人がどれほどいるだろう?
しかも最近またフィラメントが実質の値上げになっちゃったしなぁ…

更に言ってしまうと、自宅で全部自分一人でアクセサリーを製作し続けるのに少しずつ限界も感じ始めてた。
作りたいアクセサリーのアイデアはどんどん出て来るけど、注文対応、注文品出力、仕上げ、発送に
時間と身体を拘束されてしまって肝心のアイデアをカタチにする作業に時間が割けない事も…
それに人間一人、プリンター1台で全部やってるので、俺自身にしろプリンターにしろ
どちらの調子が悪くなっても作業が全て止まってしまう。実際これまで何度か
注文品出力・発送をお待ちいただく事態になってしまっているしね。

という事で、昨年参加してアクセサリー部門賞もいただいたOPC Hack & Make Projectでお世話になった
DMM.makeのサービスを利用して、クリエイターズマーケット内で販売する事にしました!

コチラ→→→【 DMM.make FoxFotoFactory 】←←←コチラ

このブログを通して私から直接購入するよりもDMM.makeを利用するメリットは…
・家庭用プリンターではなく業務用プリンターで出力されるので出力物のクオリティが圧倒的に高い。
出力素材やカラーリングの選択肢が幅広い。金やプラチナ、チタンといった金属素材もOK。
・複数同時出力によるスケールメリットがある。
・注文者の個人情報は私には通知されません。
クレジットカードでの支払いが可能。
国内送料無料。
などがあります。

では改めてSIGMA dp Quattro用カード/USBカバーオープナーをご紹介。
普段使用してるABSに特性が近いナイロン(黒)素材で実際にDMM.makeで注文したのがコレ↓
マットでザラザラした質感が岩シボ塗装のdp Quattro本体の質感にとても近いです。
色んな素材を選択出来るようにしてありますが、価格も含めバランスが良いのはナイロン素材です。
20160620_10_SIGMA dp Quattro用カード/USBカバーオープナー
レンズ側が丸まった形状になってるので構えた時に左手に角が当たったりもしません。

取付方法は両面テープを使用します。こんな感じでカード/USBカバーの形状にピッタリフィットします。
20160620_09_SIGMA dp Quattro用カード/USBカバーオープナー

上面から見るとこんな感じ。
ボディ前面側に飛び出た突起部分に指を引っ掛ける事で簡単にカード/USBカバーを開ける事が出来ます。
【装着・使用中の動画はコチラ】
20160620_08_SIGMA dp Quattro用カード/USBカバーオープナー
爪ではなく指の腹で開けるのでネイルをしたり付け爪をしたりする女性ユーザーにもオススメ。

ボディ後方ではなく前方に突起があるのでLCDビューファインダーLVF-01を装着時も干渉しません。
20160620_03_SIGMA dp Quattro用カード/USBカバーオープナー

注意点は出来るだけ強力な両面テープ(付属しません)を使用するという事と
カード/USBカバーを閉じた状態で貼り付けずに、このようにカード/USBカバーを開けた状態で貼り付け
洗濯バサミやクリップなどで暫く挟んでおいてシッカリと圧着させる事です。
カード/USBカバーを閉じた状態だと強く押してもカバーがたわんでしまいシッカリ貼り付けられません。
20160620_07_SIGMA dp Quattro用カード/USBカバーオープナー

ちなみにDMM.makeでナイロン素材で出力したモノ(左)と自宅のプリンターで出力したモノ(右)を
比較するとこんな感じ。素材も出力方式も違うので直接比較にはなりませんが
自宅のプリンターで出力したモノは積層ピッチの粗さからくる段差が目立ちますね。
20160620_06_SIGMA dp Quattro用カード/USBカバーオープナー

キャッシュバックキャンペーンもあったし今やdp Quattroを複数お持ちの方も多いでしょう。
そんな変態な熱心なユーザーために【2個セット】【3個セット】【4個セット】も用意しました。
20160620_05_SIGMA dp Quattro用カード/USBカバーオープナー
一般的な大量生産品のスケールメリットとはまた違うのですが、業務用3Dプリンターの強みを生かして
複数個をプラモデルの様にランナーで繋いで1個のデータにする事でコストを下げる事が出来ました。
選択する素材にもよりますが1個と4個セットとでは単体の価格は半額近くにまで下がってくるので
例えばdp Quattroユーザーの友人が居ればまとめて注文してシェアするのも良いと思います。

例えば2016/6/20時点(たまに変動します)でのナイロン(黒)素材での価格は…
1個セット→3313円
2個セット→4537円(1個2268.5円)
3個セット→5759円(1個1919.7円)
4個セット→6982円(1個1745.5円)
といった感じ。いつもの様に自宅のプリンターで出力して販売したら…
1個→2100円+送料360円=2460円
2個→4200円+送料360円=4560円
3個→6300円+送料0円=6300円
4個→8400円+送料0円=8400円
になる予定だったので、1個だとちょっと割高ですが2個セット以上なら
DMM.makeで購入した方がより高品質なモノを安く購入出来るワケです。
20160620_04_SIGMA dp Quattro用カード/USBカバーオープナー
ただしこのつけっぱなしフードみたいに色を変える事でどのdpかの判別をし易くしたりする場合は
個別に注文する必要があります。用途に合わせて素材・色・セット数をお選びください。


更に!カード/USBカバーオープナーだけじゃなく
LVF-01用アイピースキャップホルダーもDMM.makeで購入出来るようにしました!
dpQ本体と違ってLVF-01を複数持ってる人は少ないでしょうけど
アイピースキャップホルダーも【2個セット】【3個セット】【4個セット】を用意しました!
20160620_01_SIGMA LVF-01用アイピースキャップホルダー
DMM.makeでナイロン素材で出力したモノ(左)と自宅のプリンターで出力したモノ(右)を比較。
カード/USBカバーオープナーと同じく自宅のプリンターで出力したモノの方が
積層ピッチの粗さからくる段差が目立ちますね。


やはりマットでザラザラした質感のナイロン素材はシグマ製カメラとのマッチングが良いね。
20160620_02_SIGMA LVF-01用アイピースキャップホルダー
注意事項はアイピースキャップホルダーはアイピースの保持と脱着に素材自体の弾性を利用しているので
石膏やアクリル、金属といった硬い素材を選択してしまうと本来の機能を発揮出来ない事です。
出力素材の選択には十分お気を付け下さい。
ナイロン素材であれば今までABS素材で出力してきたモノに非常に近い保持力と脱着感があります。


このブログでの注文受付は継続していきますが、今後はDMM.makeのようなサービスも利用して
モノ作り活動の拡大と継続性を高めていく計画です。今後ともよろしくお願いいたします。

改めてSIGMA dp Quattro用カード/USBカバーオープナーのご注文はコチラ↓

コチラ→→→【 DMM.make FoxFotoFactory 】←←←コチラ


※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第1弾 dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第2弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第3弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード改
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第4弾 DPメリル用フードセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第5弾 dp1Q&dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第6弾 THETA&THETAm15用スタンド
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第7弾 DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第8弾 SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第9弾 SIGMA dp3Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第10弾 dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第11弾 DPメリル用LVF-01ブラケット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第12弾 EF50F1.8STM用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第13弾 SIGMA dp0Q用つけっぱなしフード
◆日本カメラ 2016年3月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第14弾 SIGMA dp1Q & dp2Q用スクエアフード
◆日本カメラ 2016年4月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!




■My Photo Galleryflickr500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
今日6月1日は写真の日。
久々に更新しようとこのブログを開いて初めて
前回の更新から一ヶ月以上経っちゃってた事に気付いたりするワケです。
GW中はずっと体調を崩してたし、5月後半はその分を挽回するべく色々忙しかったり…と言い訳。

5/2に体調が悪いのに無理やりカメラ屋を廻ってIYHして
5/6にやっと開封した2016年・春のIYH祭りを飾ってくれた諸々
5/9にIYH祭りのセンターを飾ったアレが残念ながら初期不良品だった事
5/9~12に掛けて購入したフジヤカメラさんの迅速な対応で初期不良交換された事
また次の機会にじっくり書くかな…(※ツイートへリンクされてる時点でコレで終わらす気満々。)
それに、本当の意味での2016年・春のIYH祭りのスタートは5/2ではなく
4/20のBさんとの間で行われた闇取引だったりするし。

さて、写真の日と言っても“写真とは…”みたいな事を語る知識も経験もないのでいつも通りのカメラ話。
この夏は春先のCP+直後ぐらいに思い描いてた夏とは様子が違ってきてるのは皆さん感じている通り。
CP+前に正式発表された各メーカーの新型カメラやレンズはGW前に大体は無事に発売されたけど
CP+後に登場が噂された新型カメラやレンズの発表&発売時期(の噂)がここ最近殆ど延期されてる。
例年なら新モデルが発表&発売されて盛り上がる7月のボーナスシーズンだけど、今年は違いそう。

原因は4/14以降に続いた熊本地震群でソニーのイメージセンサーの主力生産工場が被災した事。
5月中旬から順次稼働再開してるみたいだけど元通りの生産体制に戻るのはまだ先になるみたい。
ソニー製イメージセンサーを自社製カメラにどれだけ採用してるかで影響度合いは違うだろうけど
夏ボーナスシーズンにリリースする予定だったカメラやレンズは9月のフォトキナ以降にズレ込みそう。
そしてフォトキナ前後に発表&発売する予定だったカメラやレンズは秋以降にズレ込んできそう。
更に発売中のカメラに関しても納品済みのイメージセンサーの在庫が切れれば出荷量を絞るしかない。
モデル末期だったり、不人気だったりするカメラはこのタイミングでディスコンされたりもするだろう。

発売を心待ちにしているSIGMA sd Quattroに関しても、CP+では「ボーナス時期までには…」
ってニュアンスだったので、もしかしたら6月中の発売もあるかも!…と期待してたんだけど
こないだの名古屋の体験イベントでは「ボーナスは暫く取っといて下さい」って感じだったらしい。
って事は…7月末かな?下手したらお盆休み前?まさか9月のフォトキナの頃?と読めなくなってきた。
同じ体験イベントは6/12に大阪でも開催されるので、そこでまた新しい情報が出る事に期待。

まぁ、sdQに関してはソニー工場の被災が影響してるのかどうかは分からんけど。
仮に影響してるとすれば今度の新しいFoveonセンサーはソニー製!って事になるので
それはそれで面白いけど、シグマさんの事だから普通に調整手間取ってるだけかも…(超失礼




…で、そんな新モデルの登場がちょっと望めなさそうになってきた今年の夏は
発売済みのカメラやレンズを改めて注目したり、手持ちのカメラやレンズと向き合って
もう一回じっくり写真を撮ったりする夏にしようじゃないか!という話ですよ。

例えば俺自身には全く恩恵が無かったのですっかり忘れちゃってたけど
SIGMA dp0Q、dp1Q、dp2Q、dp3Qの買増し20000円キャッシュバックキャンペーンとか
対象期間は今月、6/20まで!残すところあと3週間を切ってたりするワケですよ。
キャンペーン発表時に心を揺さぶられつつも『sdQも控えてるし…』と踏み止まった皆さん
状況は変わってきたしもう一度考え直して、思い切ってキャンペーンに釣られてみてはどうだろう?w

って、皆さんを煽ろうと思ったワケじゃないけど
今日の夕陽に照らされた雲がなかなか迫力があったので
SIGMA dp0Q、dp1Q、dp2Q、dp3Qの4台で撮り比べてみた。
太陽の光が当たらなくなった近くの低い雲は暗く落ちて影になってて
遠くのモクモク膨らむ積乱雲みたいな高い雲は夕陽に照らされて燃えてた。

dp0 Quattro】  特徴について書いたブログは→コチラ  今までdp0Qで撮った写真は→コチラ
20160601_01_Twilight clouds By SIGMA dp0 Quattro
SIGMA dp0 Quattro / F5.6 1/200秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

dp1 Quattro】  特徴について書いたブログは→コチラ  今までdp1Qで撮った写真は→コチラ
20160601_02_Twilight clouds By SIGMA dp1 Quattro
SIGMA dp1 Quattro / F8.0 1/60秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

dp2 Quattro】  特徴について書いたブログは→コチラ  今までdp2Qで撮った写真は→コチラ
20160601_03_Twilight clouds By SIGMA dp2 Quattro
SIGMA dp2 Quattro / F5.6 1/400秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

dp3 Quattro】  特徴について書いたブログは→コチラ  今までdp3Qで撮った写真は→コチラ
20160601_04_Twilight clouds By SIGMA dp3 Quattro
SIGMA dp3 Quattro / F8.0 1/125秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第1弾 dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第2弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第3弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード改
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第4弾 DPメリル用フードセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第5弾 dp1Q&dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第6弾 THETA&THETAm15用スタンド
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第7弾 DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第8弾 SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第9弾 SIGMA dp3Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第10弾 dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第11弾 DPメリル用LVF-01ブラケット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第12弾 EF50F1.8STM用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第13弾 SIGMA dp0Q用つけっぱなしフード
◆日本カメラ 2016年3月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第14弾 SIGMA dp1Q & dp2Q用スクエアフード
◆日本カメラ 2016年4月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!




■My Photo Galleryflickr500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
久し振りの新アクセサリー発表にちょっとドキドキ。
20160323_01_SIGMA dp0Q、dp1Q、dp2Q、dp3Q & original accessories
日本カメラ2016年3月号の
【歴史的名レンズフードから3Dプリンターによる自作レンズフードまで レンズフード考現学】記事内で
発売予告していた
SIGMA dp1Q・dp2Q向けスクエアフードと、従来からのつけっぱなしフード
シグマ純正フードLH4-01が取り付けられるようになるバヨネット形状を追加した
SIGMA dp1Q・dp2Q・dp3Q向け新型つけっぱなしフードの登場です!
20160323_11_SIGMA dp0Q、dp1Q、dp2Q、dp3Q & original accessories
先端にバヨネット形状を追加した【つけっぱなしフード+バヨネット】がdp1Q・dp2Q・dp3Q用。
つけっぱなしフード譲りのコンパクトさに高い遮光性能を加えた【スクエアフード】がdp1Q・dp2Q用。
それぞれAF補助光用の穴ありver.と穴なしver.を用意したので合計10仕様を追加しました!
従来からのノーマル形状のつけっぱなしフード8仕様も継続販売なので合計18仕様に!
3Dプリンターならではの少量多品種展開。コレ全部の金型作ったら一体いくらになるやら…


まずはdp1Q・dp2Q用【スクエアフード】からご紹介。
20160323_07_SIGMA dp0Q、dp1Q、dp2Q、dp3Q & original accessories
初代つけっぱなしフードをリリースして以来色んな要望をいただいてきたけれど
その中でも一番要望が多かったのが実はスクエア(角型)フードなんだよね。
20160323_06_SIGMA dp0Q、dp1Q、dp2Q、dp3Q & original accessories
つけっぱなしフードと同じインナーマスク(フレアカッター)を備えつつ上下左右を延長して遮光性能を向上。
レンズ先端に枠の厚さ5mmまでの保護フィルター1枚を装着出来るクリアランスを確保してあります。
残念ながらレンズキャップは装着出来ないので“つけっぱなしコンセプト”には合致しない。
もし要望が多かったら被せ式のレンズキャップでも作るかもしれません。
20160323_05_SIGMA dp0Q、dp1Q、dp2Q、dp3Q & original accessories
上がdp1Q用で下がdp2Q用。画角の違いに合わせて長さが違う。
今回はdp1Q用とdp2Q用だけだけど、要望が多ければdp3Q用も作るかも。
dp0Q用はつけっぱなしフードですら四隅をカットしてたぐらいレンズの画角が広いので
近い形状のスクエアフードの製作は残念ながら不可能。付属の純正花型フードの使用をオススメします。


続いては先端にシグマ純正フードLH4-01(&HE1-01)を装着出来るように先端にバヨネット形状を追加した
dp1Q・dp2Q・dp3Q用【つけっぱなしフード+バヨネット】。コレも要望が多かったアイデア。
購入したつけっぱなしフードの先端にLH4-01を接着して使ってる人も居るぐらい。
フードは機能部品であると同時に重要なドレスアップパーツでもある。
純正フードのシルエットが好き(だけど遮光性能も欲しい)って人にオススメなアイテム!
コレでシグマ純正フード、つけっぱなしフード、スクエアフード、そしてつけっぱなしフード+純正フードと
バリエーションが一気に広がるワケですよ!

実際に各フードをdp2Qに装着してサイズと遮光性能(赤い開口部の大きさ)を比較してみた。
左から順に
1.シグマ純正LH4-01のみ
2.つけっぱなしフード+バヨネット
3.つけっぱなしフード+バヨネット & シグマ純正LH4-01
4.スクエアフード
5.シグマ純正LH4-01 & HE1-01
6.つけっぱなしフード+バヨネット & シグマ純正LH4-01 & HE1-01
20160323_04_SIGMA dp0Q、dp1Q、dp2Q、dp3Q & original accessories
実際にテスト撮影したけどdp3Q用として販売されてる追加フードHE1-01を装着しても
dp2Qではケラレなかった。dp1Qではケラレちゃうので1~4までが選べる。
dp3Q用のスクエアフードは(まだ)ないので4以外の5択だね。
皆さんはどのフード、どのスタイルがお好みかな?

6の【つけっぱなしフード+バヨネット & シグマ純正LH4-01 & HE1-01】に加えて
LVF-01も装着したフルアーマー状態のdp2Qはこんな感じに!うはっ!H E N T A I styleキター!
20160323_09_SIGMA dp0Q、dp1Q、dp2Q、dp3Q & original accessories
【LVF-01+FT-1201+フードアダプター+LH780-05】を装着したフルアーマーdp3Qを思い出すねw
20160323_08_SIGMA dp0Q、dp1Q、dp2Q、dp3Q & original accessories
フルアーマーdp3Qのカービン、もしくはショーティ、といった感じのフルアーマーdp2Q。
20160323_10_SIGMA dp0Q、dp1Q、dp2Q、dp3Q & original accessories
金属製のアイピースキャップがブラブラするのを防ぐホルダーもあるで! →コチラ←

つけっぱなしフード+バヨネットと純正フードを組み合わせればLVF-01装着時の前後重量バランスも改善。
20160323_02_SIGMA dp0Q、dp1Q、dp2Q、dp3Q & original accessories

更に!LVF-01を装着した状態のdp3QでLH4-01+HE1-01を逆付けしようとすると
LVF-01のブラケット部分(AL-1)に干渉しちゃう謎仕様も、つけっぱなしフード+ブラケットを介すれば
LH4-01+HE1-01の装着位置が変わってAL-1に干渉せずに逆付け出来るようになる!
20160323_03_SIGMA dp0Q、dp1Q、dp2Q、dp3Q & original accessories
どうです?シグマ純正フードのシルエットが好き!って人にも恩恵はあるでしょ?

神キャッシュバックキャンペーンやdp1~3Q用LVF-01セットの販売も始まったdp Quattroシリーズを
よりディープに楽しめるオリジナルアクセサリー群、気になった方は是非ご一報を!
20160323_12_SIGMA dp0Q、dp1Q、dp2Q、dp3Q & original accessories
=================================================
↓↓↓小型軽量シンプル形状↓↓↓ 【従来品を継続販売
【SIGMA dp0 Quattro用つけっぱなしフード FLH-0Q01(AF補助光“穴あり”)】【 3900円 】
【SIGMA dp0 Quattro用つけっぱなしフード FLH-0Q02(AF補助光“穴なし”)】【 3900円 】
【SIGMA dp1 Quattro用つけっぱなしフード FLH-1Q03(AF補助光“穴あり”)】【 3900円 】
【SIGMA dp1 Quattro用つけっぱなしフード FLH-1Q04(AF補助光“穴なし”)】【 3900円 】
【SIGMA dp2 Quattro用つけっぱなしフード FLH-2Q04(AF補助光“穴あり”)】【 4000円 】
【SIGMA dp2 Quattro用つけっぱなしフード FLH-2Q05(AF補助光“穴なし”)】【 4000円 】
【SIGMA dp3 Quattro用つけっぱなしフード FLH-3Q02(AF補助光“穴あり”)】【 3900円 】
【SIGMA dp3 Quattro用つけっぱなしフード FLH-3Q03(AF補助光“穴なし”)】【 3900円 】

↓↓↓シグマ純正フードと組み合わせて最大の遮光・保護性能↓↓↓ 【新作
【SIGMA dp1 Quattro用つけっぱなしフード+バヨネット FLH-1Q05(AF補助光“穴あり”)】【 4900円 】
【SIGMA dp1 Quattro用つけっぱなしフード+バヨネット FLH-1Q06(AF補助光“穴なし”)】【 4900円 】
【SIGMA dp2 Quattro用つけっぱなしフード+バヨネット FLH-2Q06(AF補助光“穴あり”)】【 4900円 】
【SIGMA dp2 Quattro用つけっぱなしフード+バヨネット FLH-2Q07(AF補助光“穴なし”)】【 4900円 】
【SIGMA dp3 Quattro用つけっぱなしフード+バヨネット FLH-3Q04(AF補助光“穴あり”)】【 4800円 】
【SIGMA dp3 Quattro用つけっぱなしフード+バヨネット FLH-3Q05(AF補助光“穴なし”)】【 4800円 】

↓↓↓小型軽量と高い遮光性能とのバランス型↓↓↓ 【新作
【SIGMA dp1 Quattro用スクエアフード FLH-1Q07(AF補助光“穴あり”)】【 4200円 】
【SIGMA dp1 Quattro用スクエアフード FLH-1Q08(AF補助光“穴なし”)】【 4200円 】
【SIGMA dp2 Quattro用スクエアフード FLH-2Q08(AF補助光“穴あり”)】【 4500円 】
【SIGMA dp2 Quattro用スクエアフード FLH-2Q09(AF補助光“穴なし”)】【 4500円 】
※スクエアフードは厚さ3cm以内に収まらないため発送方法はレターパックプラスのみとなります。

購入をご希望の方は詳細説明をご確認の上
【氏名、郵便番号、住所(発送先)、希望アクセサリー名、希望カラー、注文数、希望発送方法】
などを記入してコチラのアドレスまでご連絡ください。 → order.foxfotofactory@gmail.com

■発送方法・送料
 ・注文品はレターパックライトorレターパックプラスにて発送いたします。
 ・レターパックライトにて発送の場合の送料 → 360円
 ・レターパックプラスにて発送の場合の送料 → 510円
 ・注文品合計金額が5000円以上であれば国内に限り送料無料にて発送いたします。
 ・レターパックライトはポストへの配達、レターパックプラスは対面での配達となります。
  在宅状況などに合わせてご希望の発送方法をお選びください。

■支払方法
 ・支払い方法は三菱東京UFJ銀行口座への振込みとなります。
 ・振込手数料は別途お客様のご負担となります。
 ・ご注文メール確認後、振込み先口座などを返信いたします。
 ・入金履歴順に出力・発送し、追跡番号をメールいたします。

■その他・備考
 ※選択カラーはAFINIA純正プレミアムABSフィラメントに設定のある【黒】の6色となります。
 ※遮光性能が重要となるアクセサリーの場合は無難ですが黒を選択される事をオススメいたします。
  黒以外のカラーで出力した場合、遮光性能の低下、色被り、AWBへの悪影響、などが発生する
  可能性が考えられます。黒以外のカラーを選択した場合は
  機能部品としてではなくドレスアップパーツとしてお楽しみ下さい。
 ※ご注文メールに色指定の記載が無かった場合は【黒】で出力させていただきます。
 ※ご注文メールに希望発送方法の記載が無かった場合はレターパックライトで発送させていただきます。
 ※注文品の内容・個数によりレターパックライトの規定【厚さ3cm以内】に
  収まらない場合はレターパックプラスで発送させていただきます。

それではご注文、お待ちしております。

=================================================

※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第1弾 dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第2弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第3弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード改
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第4弾 DPメリル用フードセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第5弾 dp1Q&dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第6弾 THETA&THETAm15用スタンド
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第7弾 DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第8弾 SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第9弾 SIGMA dp3Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第10弾 dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第11弾 DPメリル用LVF-01ブラケット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第12弾 EF50F1.8STM用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第13弾 SIGMA dp0Q用つけっぱなしフード
◆日本カメラ 2016年3月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!




■My Photo Galleryflickr500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
オイ!CP+後一発目のブログだってのにSIGMA sd QuattroMC-11
50-100F1.8 DC HSM A01630F1.4 DC DN C016についての話は無しかよー!
って声が聞こえる気もするしまとめる気はあるものの、もう散々ツイッターで呟いたしなぁ…
って事で一旦CP+の事は全部忘れて神キャッシュバックキャンペーンが始まったdp Quattroについて。

シグマによる買い増しユーザーを対象にしたキャッシュバックキャンペーンは今回が初じゃない。
3年前の2013年にもCP+前に近い内容のキャッシュバックキャンペーンが実施された。
前回はDP3 Merrillの発売記念も兼ねてたので発売されたばかりのDP3Mまで
格安で買えてしまうという今思い出しても驚きのキャンペーン内容。

今回はキャッシュバック額や対象となるカメラの数は多少減ったものの
今までdp0Qにだけ設定されていた変態液晶ビューファインダーことLVF-01とのセットが
dp1Qdp2Qdp3Qにも3/18から追加される事を加味すればやはりかなりお得なキャンペーンと言える。

俺にとっての初Foveonカメラは2012年夏に購入したDP2Mだけど、正直最初の半年間は悪戦苦闘と
試行錯誤の繰り返しでとてもじゃないけどDP1Mを買い増そうなんて気にはならなかった。
でもカメラ自体のファームアップやSPPのバージョンアップで使い勝手はどんどん改善していったし
広角よりも中望遠画角の方が好きだった事もあってキャンペーンを機にDP3Mを買い増し
同時期にSPPに実装された新モノクロームモードの画質と面白さも加わって、ココでやっと今に続く
SIGMAファン、Foveonファン、dpシリーズファンとしての自分が確立されたんだと思う。

で、3年前の俺のように今回のキャッシュバックキャンペーンをキッカケにして
DP Merrillからdp Quattroに移行したり、dpQシリーズを買い増してより深みにハマる(w
人も多いだろうと思いdp0Q、dp1Q、dp2Q、dp3Qの4台持ちから見たそれぞれの良さを書こうかと。


第一回目の今日はdp3 Quattro。
dp Quattroシリーズ中で最も中望遠よりで、最もマクロ性能に長け、最もボカせられるカメラ。
被写体の形を最も正確に、最も精細に、最も浮き立たせて撮る事が出来るカメラ。
他社の高級コンデジは殆どが28~35mm画角のレンズという事もあってライバル不在のカメラ。

個人的にはdp Quattroシリーズ中で一番好き。
街中で遭遇するクルマとかバイクとかを撮るのが好きなので
デザインの特徴的な部分を歪まずに、そして塗装や素材のディティールまで
精細に写し撮れるFoveon&中望遠&マクロなdp3Qは最高の相棒。
換算75mmって画角は“標準域の望遠端”とも“中望遠域の広角端”とも言える領域。
両方の特徴を両方兼ね備えてるとも言えるし、どちらにもなり切れない中途半端とも言える。
今回の写真みたいに丸ノ内~有楽町~銀座界隈でクルマやバイクを撮るなら絶妙にハマる画角だけど
もし標準レンズなのか中望遠レンズなのかの判断に困った時は専用テレコンFT-1201がオススメ。
倍率1.2倍、換算75mmから換算90mmと、変化量は少なく感じるかもしれないけど
このたった15mmが中望遠レンズとしての特性を明確にしてくれる。
倍率の割に大きく重いけど、装着する事で画質が上がるというミラクルなテレコン。
LVF-01の様なお得なセットは設定されていないけど、dp3Qの特徴をより際立たせられるアイテム。

今回UPした75枚も含めてdp3Qで撮った写真は全てFlickrのアルバムにまとめてあるので
購入検討中の人はチェックしてみてちょ。

20160310_03_SIGMA dp3 Quattro Tokyo SNAP
SIGMA dp3 Quattro / F5.6 1/160秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

20160310_10_SIGMA dp3 Quattro Tokyo SNAP
SIGMA dp3 Quattro / F2.8 1/100秒 ISO250■  【等倍はコチラ】

20160310_20_SIGMA dp3 Quattro Tokyo SNAP
SIGMA dp3 Quattro / F2.8 1/400秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

20160310_26_SIGMA dp3 Quattro Tokyo SNAP
SIGMA dp3 Quattro / F2.8 1/125秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

20160310_30_SIGMA dp3 Quattro Tokyo SNAP
SIGMA dp3 Quattro / F2.8 1/100秒 ISO125■  【等倍はコチラ】

20160310_33_SIGMA dp3 Quattro Tokyo SNAP
SIGMA dp3 Quattro / F2.8 1/250秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

20160310_38_SIGMA dp3 Quattro Tokyo SNAP
SIGMA dp3 Quattro / F2.8 1/400秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

20160310_43_SIGMA dp3 Quattro Tokyo SNAP
SIGMA dp3 Quattro / F2.8 1/200秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

20160310_46_SIGMA dp3 Quattro Tokyo SNAP
SIGMA dp3 Quattro / F2.8 1/80秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

20160310_52_SIGMA dp3 Quattro Tokyo SNAP
SIGMA dp3 Quattro / F2.8 1/250秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

20160310_51_SIGMA dp3 Quattro Tokyo SNAP
SIGMA dp3 Quattro / F2.8 1/100秒 ISO400■  【等倍はコチラ】

20160310_59_SIGMA dp3 Quattro Tokyo SNAP
SIGMA dp3 Quattro / F2.8 1/160秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

20160310_62_SIGMA dp3 Quattro Tokyo SNAP
SIGMA dp3 Quattro / F2.8 1/100秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

20160310_68_SIGMA dp3 Quattro Tokyo SNAP
SIGMA dp3 Quattro / F2.8 1/125秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

20160310_71_SIGMA dp3 Quattro Tokyo SNAP
SIGMA dp3 Quattro / F4.0 1/250秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第1弾 dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第2弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第3弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード改
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第4弾 DPメリル用フードセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第5弾 dp1Q&dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第6弾 THETA&THETAm15用スタンド
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第7弾 DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第8弾 SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第9弾 SIGMA dp3Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第10弾 dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第11弾 DPメリル用LVF-01ブラケット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第12弾 EF50F1.8STM用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第13弾 SIGMA dp0Q用つけっぱなしフード
◆日本カメラ 2016年3月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!



■My Photo Galleryflickr500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
昨年の七夕から始めた3Dプリンターを使ってのカメラ&レンズアクセサリーの製作・販売
皆様にご紹介いただいたお陰でこの1年で四桁近いご注文をいただいております。
ブログを見て下さる皆様、実際にアクセサリーを購入してくれたり
アイデアや要望を下さる皆様、改めて感謝いたします。


この3Dプリンターを使ってのカメラ&レンズアクセサリー製作・販売で儲けようとは考えていません。
ソレ用のアクセサリーを作って儲ける為に全く興味がないカメラやレンズを買う事もない。
あくまで『気になる!欲しい!使いたい!』と思うカメラやレンズを購入して
『あ、〇〇なパーツを足せばもっと使い易くなりそうだ』と感じたモノを作っているだけで
それに共感して「欲しい!」と言ってくれた人には実費分でお作りしますよ、という話です。

儲けようとは考えなくても、ボランティアでモノ作りをするつもりもありません。残念ながら。
やればやるほど、作れば作るほど赤字になるような状況はやっぱり続けられない。
この1年、アクセサリーを購入して下さったり紹介して下さった皆様と
新しい繋がりが出来た事は本当に大きな収穫であり喜びでした。
だからこそココで終わらせたくはない。続けていきたい。
ので、申し訳ありませんが、値上げさせて下さい。


一番最初に販売開始したdp2Q用つけっぱなしフードの価格は単純に
使用フィラメント量、出力・仕上げに掛かる時間、発送に使うレターパックの値段から決定し
それ以降のアクセサリーもコレを基準にして決定して来ましたが…

7月、販売開始から1年経ったのを機にこの1年で掛かった全コストを計算してみたら…
全然ダメ。やっちまった。見誤った。甘過ぎた。ヤバイ。ヤバ過ぎる。こんなんじゃとても続けられない。
といった有り様でした…(ノД`)・゜・。

仕上げや梱包に使う諸々の消耗品、冬場に歩留まりがどれだけ低下するか
逆に電気代はどれだけ高騰するか、そして何より3Dプリンター自体の故障の頻度と
交換パーツの価格…メーカー保証が切れた後の修理代について代理店に聞いてみたところ
2Dプリンターと同様に“引き取り修理1回に付き一括〇万円”という回答…
マルマル1年続けてきたからこそ分かってきた3Dプリンターを使ったモノ作りの運用コスト。
それを加味したらとても今の価格のままでは続けていけないぞ、というのが本音です。

正直出力の設定次第で使用フィラメント量や出力時間のコストは大きく変わってきます。
多少出力の品質を下げてでも価格をキープする事の方を優先した方が良いんじゃないか?とか
冬場と夏場で出力設定や形状の違う複数の仕様を使い分ける事も考えはしたし
その方が嬉しいって人も結構いると思いますが、やっぱり今までの
出力クオリティの維持を優先するべきと判断しました。

モチロン「今この瞬間から値上げ!」なんて事は言いません。
2015年内は現在の価格での出力・販売を継続しつつ各アクセサリーのコストを再計算して
2016年から新価格とさせていただきます。


今まで通りアクセサリーのデータ製作や試作段階で掛かったコストは販売価格には含まれません。
アクセサリーの販売ありきで興味のないカメラやレンズを購入する事もありません。
カメラやレンズの購入費用が販売価格に含まれてるワケでもありません。
あくまで現状の環境でアクセサリーの出力・販売を継続する為の運用コストを反映させた価格改定です。

具体的には現状の500円単位の価格設定を100円単位に細分化したり
販売価格に含めていたレターパックの価格分を別に設定したりする予定です。
形状によって違う歩留まりも加味するので値上げ幅はアクセサリーによって違います。

新価格などの詳細はまた後日、決定し次第ブログやツイッターに書きますが
なんにせよ気になっているアクセサリーがお有りの方は年内にご注文される事をオススメします。

突然のお知らせで恐縮ですがご理解いただければ幸いです。

                              管理人 foxfoto




……ってな暗ぁ~い話だけでは滅入るので、お気に入りのdp3Q+FT-1201の写真でも。
20151101_01_Dusty city
SIGMA dp3 Quattro + FT-1201 / F8.0 1/400秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

先々月に機動戦士ガンダム展を見に六本木ヒルズへ行った際に撮った写真たちです。
20151101_02_Small gears move the large organizations.
SIGMA dp3 Quattro + FT-1201 / F2.8 1/80秒 ISO800■  【等倍はコチラ】

こういうホントなんでもない光と影を撮りたくなるんですよ。シグマのカメラは。
20151101_03_Light into prison
SIGMA dp3 Quattro + FT-1201 / F2.8 1/160秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

東京のギュウギュウに詰まった密度を“解像度が高過ぎて測定器の測定限界を超えた”レンズでパシャリ。
20151101_04_Tokyo density
SIGMA dp3 Quattro + FT-1201 / F8.0 1/640秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

六本木ヒルズ屋上からの景色もモチロン良いけど
そこから1段下がったエレベーターまでの通路にも良い被写体が沢山ある。
20151101_05_doors
SIGMA dp3 Quattro + FT-1201 / F2.8 1/100秒 ISO160■  【等倍はコチラ】

※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第1弾 dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第2弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第3弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード改
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第4弾 DPメリル用フードセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第5弾 dp1Q&dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第6弾 THETA&THETAm15用スタンド
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第7弾 DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第8弾 SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第9弾 SIGMA dp3Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第10弾 dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第11弾 DPメリル用LVF-01ブラケット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第12弾 EF50F1.8STM用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第13弾 SIGMA dp0Q用つけっぱなしフード



■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
春に参加した写真家の三井公一氏やシグマ社員さん達と一緒にシグマのカメラで撮り歩くイベント
第3回 シグブラフォトウォーク in 銀座】がとても楽しかったので、先週末に開催された
第4回 シグブラフォトウォーク in 多摩丘陵】に応募し、当選し、参加してきた。

2回目の参加って事もあって顔見知りの人も増えて前回以上に楽しめた。
参加費は4000円掛かるけど美味しいお昼代も含まれてるし、お土産も沢山貰えるし
購入を検討してるカメラやレンズがあれば三井氏やシグマ社員さんにレクチャーして貰いながら
1日じっくり試せる。発売前製品のお触りも有るし、ココに書けない面白い話も聞けちゃう楽しいイベント。

今回持って行ったのはFT-1201+LVF-01+自作アクセサリー色々装着したdp3Q
半年以上前に完成してるのに忙しくて販売開始出来てないスクエアフード装着したdp1Qの2台。
どちらも借りられるので荷物を少なくする事も出来たけど、やっぱり各設定を好みに
カスタマイズして自分仕様にしてあるカメラの方が使い易いので持参。
他の人はやっぱりdp0Qとdp3Qを借りる人が多かった。

今回のロケーションは多摩丘陵地帯の緩やかな起伏のある里山を10kmほど廻るルート。
普段山手線より西側はフジヤカメラのある中野辺りまでしか殆ど行かないので
どこまでも平坦な関東平野とは違う起伏の富んだ地形は新鮮だった。
前日から降り続いてた雨で中止も心配したけど、結果的には
“雨上がりの里山”という良い瞬間の写真が撮れた。

撮った写真は選別してSPPで現像してFlickrでアルバムにまとめたので良かったら見て下され。
FlickrにUPした45枚の中から10枚をピックアップしてご紹介。

dp0Qの登場で若干影の薄くなっちゃった印象のdp1Qだけど個人的にはボケの感じとか結構好き。
木漏れ日の多摩ボケ玉ボケや水滴の影が良い感じ。薄暗い里山の中ではF値が1段明るいのも武器。
20151017【第4回シグブラフォトウォークin多摩丘陵】09
SIGMA dp1 Quattro / F2.8 1/30秒 ISO125■  【等倍はコチラ】

コレはdp3Q+FT-1201で換算90mm。大量のドングリが秋を感じさせる。
20151017【第4回シグブラフォトウォークin多摩丘陵】21
SIGMA dp3 Quattro + FT-1201 / F4.0 1/100秒 ISO200■  【等倍はコチラ】

使い易い換算28mmのdp1Qで今にも滴り落ちそうな水滴と金網と玉ボケ。水滴の中までバッチリ解像。
dpクワトロシリーズ中では最も描写の柔らかいdp1Qだけど、他の一般的なカメラと比べれば十分カリカリ。
20151017【第4回シグブラフォトウォークin多摩丘陵】11
SIGMA dp1 Quattro / F2.8 1/500秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

自然の緑の中に居るとソウルレッドプレミアムメタリックが最高に映えるねぇ~。
20151017【第4回シグブラフォトウォークin多摩丘陵】31
SIGMA dp3 Quattro + FT-1201 / F3.2 1/250秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

苔生したお地蔵さん群。Merrill世代と比べてQuattro世代は暴れがちな赤い色も粘ってくれて扱い易い。
20151017【第4回シグブラフォトウォークin多摩丘陵】36
SIGMA dp3 Quattro + FT-1201 / F2.8 1/100秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

THE JAPANって感じ。日光辺りまで来た気分になるけど、東京都内なんだよねぇ。
20151017【第4回シグブラフォトウォークin多摩丘陵】41
SIGMA dp1 Quattro / F4.0 1/30秒 ISO125■  【等倍はコチラ】

街中ばっか撮り歩いてると活躍の場が少ないカラーモードのフォレストグリーンだけど、今回は大活躍。
20151017【第4回シグブラフォトウォークin多摩丘陵】38
SIGMA dp3 Quattro + FT-1201 / F2.8 1/100秒 ISO320■  【等倍はコチラ】

朝の段階では『グチョグチョにぬかるんだ里山を歩き回るのか…』と若干心配だったけど
いつの間にか『水滴!湿った土!木!葉っぱ!苔!最高!雨上がり最高!』と興奮しながら撮ってたw
20151017【第4回シグブラフォトウォークin多摩丘陵】40
SIGMA dp3 Quattro + FT-1201 / F2.8 1/100秒 ISO160■  【等倍はコチラ】

真っ赤に熟れた柿と日本家屋の瓦屋根の相性の良さたるや。
20151017【第4回シグブラフォトウォークin多摩丘陵】44
SIGMA dp3 Quattro + FT-1201 / F4.0 1/160秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

お昼に食べたキノコとキャベツの生パスタ。モチモチしてて激美味っ!
20151017【第4回シグブラフォトウォークin多摩丘陵】45
SIGMA dp1 Quattro / F2.8 1/30秒 ISO320■  【等倍はコチラ】

改めて、この他の写真はコチラに→ 【20151017_第4回 シグブラフォトウォーク in 多摩丘陵】

このシグブラフォトウォークのイベントは今後も年2回のペースで開催してくそうなので次回は来春。
目玉となるのは…勿論“アレ”でしょうなぁ…ふふふ…来年のCP+が俄然楽しみになってきた。

※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第1弾 dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第2弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第3弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード改
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第4弾 DPメリル用フードセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第5弾 dp1Q&dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第6弾 THETA&THETAm15用スタンド
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第7弾 DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第8弾 SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第9弾 SIGMA dp3Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第10弾 dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第11弾 DPメリル用LVF-01ブラケット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第12弾 EF50F1.8STM用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第13弾 SIGMA dp0Q用つけっぱなしフード




■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]