タグ:sd Quattro ( 43 ) タグの人気記事

今日はバレンタインデー。特に記すべき事…なし。
20170214_01_Happy Valentine's Day
sd Quattro / 24mm F1.4 DG HSM A015 / F2.0 1/2500秒 ISO100■

=================================================

※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆dpクワトロ用のびる液晶シェード改
◆DPメリル用フードセット
◆THETA&THETAm15用スタンド
◆DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆DPメリル用LVF-01ブラケット
◆EF50F1.8STM用つけっぱなしフード
◆SIGMA dp0Q用つけっぱなしフード
◆日本カメラ 2016年3月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
◆SIGMA dp1Q & dp2Q用スクエアフード
◆日本カメラ 2016年4月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
◆SIGMA dp Quattro用カード/USBカバーオープナー等をDMM.makeで販売開始しました!
◆SIGMA sd Quattro / sd Quattro H +PG-41用バッテリー型SDカードホルダー



■My Photo Galleryflickr 500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
さ~て、カメラやレンズの新しい噂は出てるかな~と久々にTLをチェックしたら、ニコンから
プレミアムコンパクトデジタルカメラ「DLシリーズ」発売中止のお知らせ”や
希望退職者の募集の結果に関するお知らせ”が出てきてビックリ。

去年CP+前にニコンからDLシリーズが一同に発表された時
先行するソニーやキヤノンパナソニックには競合モデルのない
DL18-50 f/1.8-2.8を中心になかなか面白そうに思ったんだけどね。

流石にこの暗~いムードのままCP+に突入するなんて事はないだろうから
今日の『ニコン大丈夫?』って不安を吹き飛ばす発表が後日別にあるんだろう。
20170213_01_ivy
sd Quattro / 24mm F1.4 DG HSM A015 / F1.4 1/3200秒 ISO100■

=================================================

※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆dpクワトロ用のびる液晶シェード改
◆DPメリル用フードセット
◆THETA&THETAm15用スタンド
◆DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆DPメリル用LVF-01ブラケット
◆EF50F1.8STM用つけっぱなしフード
◆SIGMA dp0Q用つけっぱなしフード
◆日本カメラ 2016年3月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
◆SIGMA dp1Q & dp2Q用スクエアフード
◆日本カメラ 2016年4月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
◆SIGMA dp Quattro用カード/USBカバーオープナー等をDMM.makeで販売開始しました!
◆SIGMA sd Quattro / sd Quattro H +PG-41用バッテリー型SDカードホルダー



■My Photo Galleryflickr 500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
今週一杯意図的にTwitterのTLをチェックしなかった。
最初はTLの流れや出来事が気になってたけど
今はもう別に気にならなくなってきた。
とは言えCP+も近付いてきたし
そろそろ戻りますかね。
20170212_01_Police officer
sd Quattro / 85mm F1.4 DG HSM A016 / F2.0 1/500秒 ISO100■

=================================================

※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆dpクワトロ用のびる液晶シェード改
◆DPメリル用フードセット
◆THETA&THETAm15用スタンド
◆DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆DPメリル用LVF-01ブラケット
◆EF50F1.8STM用つけっぱなしフード
◆SIGMA dp0Q用つけっぱなしフード
◆日本カメラ 2016年3月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
◆SIGMA dp1Q & dp2Q用スクエアフード
◆日本カメラ 2016年4月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
◆SIGMA dp Quattro用カード/USBカバーオープナー等をDMM.makeで販売開始しました!
◆SIGMA sd Quattro / sd Quattro H +PG-41用バッテリー型SDカードホルダー



■My Photo Galleryflickr 500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
今日で1月も終わり。明日から2月。2月といえば……そう!CP+
去年のCP+の個人的な注目はSIGMA sd Quattro / sd Quattro HMC-11だった。
dpQ4台を揃えてFoveon機やSPPの扱いにも慣れてきて、さぁ~次はいよいよレンズ交換式のsdだぁー!
と思ってはいたものの、それ単体で完結するdpと違ってレンズ交換式のsdはSAマウント用のレンズも
買わなきゃならない。撮れる被写体や状況が限られるであろうsd購入の精神的ハードルは高かった。
そんな精神的ハードルを下げてくれたのがMC-11経由でEマウント機を夜用サブボディにする案
特性の違うボディでレンズを共用出来るのなら使用頻度を担保出来るし一気に買い易くなる。

そんな表向きなSAマウントへのドキドキワクワクの裏で、Eマウントボディを手にするって事は
マウントアダプターを買えば親父が遺したオールドレンズ2本にも活躍の場ができるなぁ…
sdQの夜用サブボディって名目だけど、撮影枚数はa7IIの方が増えちゃいそうだな…
みたいな事を去年の春頃、sdQ&a7IIの購入前は考えてた。考えてたんだけど…

それから早1年弱、結局MC-11以外のマウントアダプターを購入する事はなく
危険なオールドレンズ沼にハマったりもせず、a7IIは本来の表向きな名目の通り
sdQの夜用サブボディに徹し、使用頻度も撮影枚数もsdQより少ないまま今に至る。

むしろマウントアダプター遊びに陥りかけたのはsdQの方だった。
sdQ+PG-41+24F1.4DGアートor50F1.4DGアートでスタートしてから暫くして
『sdQをもう少し軽くコンパクトに運用出来ないかなぁ…例えばパンケーキレンズを装着するとか…』
そんな妄想をしてみるものの、残念ながらシグマからパンケーキレンズは出ていない。
周りを見るとTLのsdQユーザーはM42マウントのレンズで遊んでる。
M42→SAマウントアダプター!そういうのもあるのか。

程なくしてM42マウントのお手軽オールドレンズ探しが始まった。
今使ってる24F1.4アート50F1.4アートが換算36mmと75mmなので
その間に入る換算40~50mm近辺になる28mm辺りのレンズで検索スタート。
ペンタックスやイエナの28mmF2.8や29mmF2.8といったスペックの数本が候補になった。
写りの評価はどれもイマイチのようだったけど、正直写りはどうでも良かった。
ちゃんと写したければ24F1.4アートと50F1.4アートがある。
今回は写りよりも小さく軽く安い事が重要だ。

中古カメラ屋を廻って程度の良い個体も見つけられた。よ~しコレにしよう。
おっとその前にマウントアダプターもポチらないとな…といった瞬間我に返った。
sdQ(Foveonセンサー)+28(29)mmF2.8のレンズの組み合わせ…コレdp2Qじゃん!
わざわざ不便で写りもイマイチなオールドレンズ使わなくてもdp2Qで撮れば良いじゃん!
途端にオールドレンズ案は泡と消え、その分の予算は85F1.4DGアートに充てられましたとさ。

今日の1枚はそんなオールドレンズ沼に落ちかけた俺を受け止め、引っ張り上げてくれたdp2Qの写真。
20170131_01_牽引機とグライダー
SIGMA dp2 Quattro / F8.0 1/500秒 ISO100■

=================================================

※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆dpクワトロ用のびる液晶シェード改
◆DPメリル用フードセット
◆THETA&THETAm15用スタンド
◆DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆DPメリル用LVF-01ブラケット
◆EF50F1.8STM用つけっぱなしフード
◆SIGMA dp0Q用つけっぱなしフード
◆日本カメラ 2016年3月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
◆SIGMA dp1Q & dp2Q用スクエアフード
◆日本カメラ 2016年4月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
◆SIGMA dp Quattro用カード/USBカバーオープナー等をDMM.makeで販売開始しました!
◆SIGMA sd Quattro / sd Quattro H +PG-41用バッテリー型SDカードホルダー



■My Photo Galleryflickr 500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
友達や知り合いからたま~に「写真展やらないんスか?」と聞かれる。

俺は“カメラを使いたいから写真を撮るのであって写真を撮るためにカメラを使うのではない”派の人間。
そりゃ写真は下手なままよりは上手くなりたいし、狙い通りに撮れたりすれば嬉しいけど
写真を通して世間に何かを発信したいとか、俺の事を見て!的な欲求は無い。
けど、仮に写真展を開く事になったとしたら、展示するのは
こういうクルマ&バイクのモノクロ写真かなぁ。
ベタな仕上げだとは思いつつもね。

普段は『安心』モードこと絞り優先モードばかり使ってるけど
この時は『猿を撮る』モードことシャッタースピード優先モードで撮った。
『安心?猿を撮る?何言ってんの?』と思った人はコチラを御一読→【飛びこめ!!沼 01
20170128_01_SIGMA Foveon Monochrome
sd Quattro / 85mm F1.4 DG HSM A016 / F7.1 1/30秒 ISO100■

20170128_02_SIGMA Foveon Monochrome
sd Quattro / 85mm F1.4 DG HSM A016 / F6.3 1/30秒 ISO100■

20170128_03_SIGMA Foveon Monochrome
sd Quattro / 85mm F1.4 DG HSM A016 / F7.1 1/30秒 ISO100■

20170128_04_SIGMA Foveon Monochrome
sd Quattro / 85mm F1.4 DG HSM A016 / F6.3 1/30秒 ISO100■

20170128_05_SIGMA Foveon Monochrome
sd Quattro / 85mm F1.4 DG HSM A016 / F11.0 1/30秒 ISO100■

=================================================

※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆dpクワトロ用のびる液晶シェード改
◆DPメリル用フードセット
◆THETA&THETAm15用スタンド
◆DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆DPメリル用LVF-01ブラケット
◆EF50F1.8STM用つけっぱなしフード
◆SIGMA dp0Q用つけっぱなしフード
◆日本カメラ 2016年3月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
◆SIGMA dp1Q & dp2Q用スクエアフード
◆日本カメラ 2016年4月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
◆SIGMA dp Quattro用カード/USBカバーオープナー等をDMM.makeで販売開始しました!
◆SIGMA sd Quattro / sd Quattro H +PG-41用バッテリー型SDカードホルダー



■My Photo Galleryflickr 500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
関東は1月末~2月始め頃に最も気温が下がって、湿度が下がって、空気が澄んで、見通しが良くなる。
展望施設へ行ってどこまでも続く街並みをビシッと撮るなら今の季節が良い。
気温が上がり始めてスギ花粉が飛び始めるとアウト。

一番良く行く展望施設はJR総武線市川駅近くの高層マンション、アイ・リンクタウンの展望施設
こないだ行った千葉ポートタワー(113m)よりも高い地上150mから関東平野をぐるりと一望出来る。
基本的に三脚などカメラを固定する器具の使用は禁止だけど毎月三脚使用OKな日を設けてくれている。
その日は展望室の照明も落としてくれるので反射を最小限に抑えつつ三脚を使っての長時間露光も可能。

ちなみに2月の三脚OK&ライトダウンの日は2/14(火)、2/17(金)、2/18(土)の16:50から
更に2/4(土)の17:02頃にはダイヤモンド富士も見られるみたいなので興味のある人は是非。

で、SIGMA sd Quattro + 85mm F1.4 DG HSM A016で各方面を撮ってみた。

■西南西の方角。
  東京スカイツリーや高層ビル群が一望。この日は雲で隠れてたけど富士山も見える。
20170126_06_千葉県市川市のアイ・リンクタウン展望施設からの眺望
sd Quattro / 85mm F1.4 DG HSM A016 / F5.6 1/1250秒 ISO100■

■北北西の方角
  S字を描く江戸川の左側が東京都、右側が千葉県。3本の鉄橋は手前から京成線、北総線、常磐線。
20170126_05_千葉県市川市のアイ・リンクタウン展望施設からの眺望
sd Quattro / 85mm F1.4 DG HSM A016 / F5.6 1/1250秒 ISO100■

■北北東の方角
  柏市やつくば市の方角。その奥には筑波山。この日は見えなかったけど右に方には牛久大仏も。
20170126_04_千葉県市川市のアイ・リンクタウン展望施設からの眺望
sd Quattro / 85mm F1.4 DG HSM A016 / F5.6 1/1250秒 ISO100■

■南東の方角。
  真ん中の線路は総武線。右の方には幕張のビル群、その奥に千葉ポートタワーも。
20170126_03_千葉県市川市のアイ・リンクタウン展望施設からの眺望
sd Quattro / 85mm F1.4 DG HSM A016 / F5.6 1/1600秒 ISO100■

■南南東の方角。
  何本も立ち並ぶクレーンは建設中の外環道。東京湾の対岸には市原や袖ケ浦のプラント群。
20170126_02_千葉県市川市のアイ・リンクタウン展望施設からの眺望
sd Quattro / 85mm F1.4 DG HSM A016 / F5.6 1/2000秒 ISO100■

■南西の方角。
  中央に葛西臨海公園の観覧車。右に東京ゲートブリッジ、その奥には羽田空港や川崎の工場地帯。
20170126_01_千葉県市川市のアイ・リンクタウン展望施設からの眺望
sd Quattro / 85mm F1.4 DG HSM A016 / F5.6 1/1000秒 ISO100■

=================================================

※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆dpクワトロ用のびる液晶シェード改
◆DPメリル用フードセット
◆THETA&THETAm15用スタンド
◆DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆DPメリル用LVF-01ブラケット
◆EF50F1.8STM用つけっぱなしフード
◆SIGMA dp0Q用つけっぱなしフード
◆日本カメラ 2016年3月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
◆SIGMA dp1Q & dp2Q用スクエアフード
◆日本カメラ 2016年4月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
◆SIGMA dp Quattro用カード/USBカバーオープナー等をDMM.makeで販売開始しました!
◆SIGMA sd Quattro / sd Quattro H +PG-41用バッテリー型SDカードホルダー



■My Photo Galleryflickr 500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
皆さまあけましておめでとうございます。
昨年は大変お世話になりました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

今一番高画質でお気に入りの組み合わせな
SIGMA sd Quattro + 85mm F1.4 DG HSM A016
と、小型軽量さと強力な手振れ補正と防塵防滴性能で凄く頼りになる
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
を、バックパックに詰めて去年と同じく羽田空港近くの城南島海浜公園へ初日の出を撮りに行ってきた。

今年は去年ほど寒くもなく、風も弱く、でも対岸の房総半島には雲が掛かっている状況。
2017年の1枚目はあえて日の出後の写真じゃなく、いつ太陽が姿を見せるか…というワクワクして
海岸線に立ち並ぶ人達の写真。城南島海浜公園はこの光景が撮れるから初日の出スポットとしてお気に入り。

さぁ、今年はどんな1年になるかな。
20170101_01_before first sunrise 2017
sd Quattro / 85mm F1.4 DG HSM A016 / F2.0 1/125秒 ISO100■

=================================================

※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆dpクワトロ用のびる液晶シェード改
◆DPメリル用フードセット
◆THETA&THETAm15用スタンド
◆DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆DPメリル用LVF-01ブラケット
◆EF50F1.8STM用つけっぱなしフード
◆SIGMA dp0Q用つけっぱなしフード
◆日本カメラ 2016年3月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
◆SIGMA dp1Q & dp2Q用スクエアフード
◆日本カメラ 2016年4月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
◆SIGMA dp Quattro用カード/USBカバーオープナー等をDMM.makeで販売開始しました!
◆SIGMA sd Quattro / sd Quattro H +PG-41用バッテリー型SDカードホルダー



■My Photo Galleryflickr 500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
2016年も今日で終わり。恒例の今年買った物、売った物のまとめ。
過去一覧→【2011年】【2012円】【2013年】【2014年】【2015年】

4月
 【売却SIGMA 50mm F1.4 DG HSM A014 EF
5月
 【購入SIGMA MC-11 EF-E
 【購入SIGMA 50mm F1.4 DG HSM A014 SA & マウントコンバーターMC-11キット SA-E
 【購入SIGMA USB DOCK SA
 【購入SONY a7II
6月
 【購入SIGMA 24mm F1.4 DG HSM A015 SA
7月
 【購入SIGMA sd Quattro
 【購入SIGMA POWER GRIP PG-41
 【売却RICOH GR Limited Edition
10月
 【売却OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO
 【購入SIGMA DP2x(中古)
11月
 【購入SIGMA 85mm F1.4 DG HSM A016 SA
 【購入Adobe Creative Cloud フォトプラン(Photoshop+Lightroom)12か月オンラインコード版

思い返せば今年は何と言ってもsdQでSAマウントデビューした事が大きいよね。
MC-11を使えばソニーのEマウント機とレンズを共用出来るようになったし
sdQHではDNG形式で撮ってLrやPsで写真を管理出来るようになったし
SAマウント進出への精神的ハードルがグンと下がった1年でしたね。
SPPの動作も速くなってるしシグマも随分身近になったもんだ。

今年は意識的に写真を撮る事の方に時間を割いたので去年よりも沢山撮って現像してUP出来た事は満足。
ただその分3Dプリンターを使ってのカメラアクセサリー製作は去年の方が色々出せてたな…と反省。
DMM.makeに委託も始めたので多少は分散されたけど、基本的には全部一人でやってるので
来年はもっと時間を上手く使って撮る事も作る事も両方今年以上にアウトプットしたい。

今年は去年よりも色んな人と出会えたのは大きな収穫でした。
皆さま、本年は大変お世話になりました。来年もよろしくお願いいたします。

良いお年を。
20161231_01_nightfall
sd Quattro / 85mm F1.4 DG HSM A016 / F1.4 1/250秒 ISO100■

=================================================

※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆dpクワトロ用のびる液晶シェード改
◆DPメリル用フードセット
◆THETA&THETAm15用スタンド
◆DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆DPメリル用LVF-01ブラケット
◆EF50F1.8STM用つけっぱなしフード
◆SIGMA dp0Q用つけっぱなしフード
◆日本カメラ 2016年3月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
◆SIGMA dp1Q & dp2Q用スクエアフード
◆日本カメラ 2016年4月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
◆SIGMA dp Quattro用カード/USBカバーオープナー等をDMM.makeで販売開始しました!
◆SIGMA sd Quattro / sd Quattro H +PG-41用バッテリー型SDカードホルダー




■My Photo Galleryflickr 500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
SIGMA sd Quattro HSCP1.3.0、そしてSPP6.5.0の公開で年内の発表は全てだろうな…
よし、サンプルデータ用意してSPP6.4.1とSPP6.5.0とで現像時間とかを比較してみよう…
なるほど、集計結果が集まってほぼ傾向が見えてきたぞ…結果をまとめてブログに書くか…
な~んて事をここ数日してたら、今日まさかのSPP6.5.1が公開!シグマさん頑張るなぁ…


という事でSPP6.4.1と6.5.1とで処理速度や動作の安定性がどう違ってくるかをテストしてみました。


【PCのスペック】
■メーカー・モデル名:マウスコンピュータ MDV ADVANCE ST 6300X
■OS: Windows 10 Pro
■CPU: Intel Core i7-920 2.67GHz
■メモリ: 12GB(1333MHz 2GB × 6枚)
■GPU: NVIDIA GeForce GTX 750 Ti(VRAM 2GB)
OSをVISTAから10にしたり昨年10月にGPUをGTX 285から750 Tiに交換した以外は
2009年春の購入時の構成そのままという老体PC。多分今の特別ハイスペックでもないノートPCに負ける。
各所で盛り上がるSPP6.5動作報告の話題に加わるには余りにも古過ぎて何の参考にもならないだろうけど
今までSPPの動作速度を計測したりはしてこなかったので今後の備忘録として残す。


【テスト方法】
■GPUのドライバーを最新(テスト時のVerは376.33)に更新する。
■上記PCのOSやSPPがインストールされてる内蔵HDD(これも購入当時から継続使用中の老体)の
 デスクトップにフォルダを作りDP2x、DP3M、sdQと世代の違うカメラのX3Fをそれぞれ20枚ずつ格納。
 コピーしてSPP6.4.1で現像する用とSPP6.5.0で現像する用との二組を用意する。
■上記フォルダをSPPで参照して同じフォルダにX3FからJPEG保存(画質12)する。
■現像設定はWB・晴れ、カラーモード・スタンダードで統一しておく。
■レンズプロファイルや白飛び低減、ハイライト拡張、ゴースト色低減などカメラによって
 あったりなかったりする項目のチェックは全て外す。
■SPP6.5.0からAuto現像の仕上がりに手が入ったので
 X3Fそのままのストレート現像とAuto現像の2パターンで計測する。
■以下のSPPのバージョンと環境設定違いの6パターンで現像+JPEG保存の時間を計測する。
 1. SPP6.4.1、メモリ追加なし
 2. SPP6.4.1、メモリ追加あり
 3. SPP6.5.1、メモリ追加なし、GPU高速化なし
 4. SPP6.5.1、メモリ追加あり、GPU高速化なし
 5. SPP6.5.1、メモリ追加なし、GPU高速化あり
 6. SPP6.5.1、メモリ追加あり、GPU高速化あり
■上書き保存にならないように各設定でJPEG保存されたデータを削除してから次のテストを実施。
■タイム計測はスマホ(iPhone6Plus)のストップウォッチ(なので±1秒ぐらいは公差)。
■テスト中に他のアプリが動いたり通知が来たりしないようにPC、スマホ共に
 他のアプリは起動せず、ネット接続も切ってテスト。


上記内容で
【カメラ3台 × ストレート現像とAuto現像の2回 × SPPの設定6パターン = 計36回計測】
しました。


【計測結果】
■DP2x → 20枚合計273.59MB(1枚平均13.7MB)
 01. SPP6.4.1、メモリ追加なし、→→→→→→→、ストレート現像 → 1m39s(4.95秒/1枚)
 02. SPP6.4.1、メモリ追加なし、→→→→→→→、Auto現像    → 1m39s(4.95秒/1枚)
 03. SPP6.4.1、メモリ追加あり、→→→→→→→、ストレート現像 → 1m41s(5.05秒/1枚)
 04. SPP6.4.1、メモリ追加あり、→→→→→→→、Auto現像    → 1m40s(5秒/1枚)
 05. SPP6.5.1、メモリ追加なし、GPU高速化なし、ストレート現像 → 1m36s(4.8秒/1枚)
 06. SPP6.5.1、メモリ追加なし、GPU高速化なし、Auto現像    → 1m41s(5.05秒/1枚)
 07. SPP6.5.1、メモリ追加あり、GPU高速化なし、ストレート現像 → 1m35s(4.75秒/1枚)
 08. SPP6.5.1、メモリ追加あり、GPU高速化なし、Auto現像    → 1m39s(4.95秒/1枚)
 09. SPP6.5.1、メモリ追加なし、GPU高速化あり、ストレート現像 → 1m35s(4.75秒/1枚)
 10. SPP6.5.1、メモリ追加なし、GPU高速化あり、Auto現像    → 1m40s(5秒/1枚)
 11. SPP6.5.1、メモリ追加あり、GPU高速化あり、ストレート現像 → 1m25s(4.25秒/1枚)
 12. SPP6.5.1、メモリ追加あり、GPU高速化あり、Auto現像    → 1m30s(4.5秒/1枚)

■DP3M → 20枚合計960.37MB(1枚平均48.0MB)
 01. SPP6.4.1、メモリ追加なし、→→→→→→→、ストレート現像 → 9m40s(29秒/1枚)
 02. SPP6.4.1、メモリ追加なし、→→→→→→→、Auto現像    → 9m38s(28.9秒/1枚)
 03. SPP6.4.1、メモリ追加あり、→→→→→→→、ストレート現像 → 9m41s(29.05秒/1枚)
 04. SPP6.4.1、メモリ追加あり、→→→→→→→、Auto現像    → 9m39s(28.95秒/1枚)
 05. SPP6.5.1、メモリ追加なし、GPU高速化なし、ストレート現像 → 6m23s(19.15秒/1枚)
 06. SPP6.5.1、メモリ追加なし、GPU高速化なし、Auto現像    → 9m36s(28.8秒/1枚)
 07. SPP6.5.1、メモリ追加あり、GPU高速化なし、ストレート現像 → 6m14s(18.7秒/1枚)
 08. SPP6.5.1、メモリ追加あり、GPU高速化なし、Auto現像    → 9m34s(28.7秒/1枚)
 09. SPP6.5.1、メモリ追加なし、GPU高速化あり、ストレート現像 → 6m16s(18.8秒/1枚)
 10. SPP6.5.1、メモリ追加なし、GPU高速化あり、Auto現像    → 9m32s(28.6秒/1枚)
 11. SPP6.5.1、メモリ追加あり、GPU高速化あり、ストレート現像 → 6m10s(18.5秒/1枚)
 12. SPP6.5.1、メモリ追加あり、GPU高速化あり、Auto現像    → 9m27s(28.35秒/1枚)

■sdQ → 20枚合計1027.32MB(1枚平均51.4MB)
 01. SPP6.4.1、メモリ追加なし、→→→→→→→、ストレート現像 → 11m25s(34.25秒/1枚)
 02. SPP6.4.1、メモリ追加なし、→→→→→→→、Auto現像    → 16m33s(49.65秒/1枚)
 03. SPP6.4.1、メモリ追加あり、→→→→→→→、ストレート現像 → 11m33s(34.65秒/1枚)
 04. SPP6.4.1、メモリ追加あり、→→→→→→→、Auto現像    → 14m25s(43.25秒/1枚)
 05. SPP6.5.1、メモリ追加なし、GPU高速化なし、ストレート現像 → 10m10s(30.5秒/1枚)
 06. SPP6.5.1、メモリ追加なし、GPU高速化なし、Auto現像    → 12m34s(37.7秒/1枚)
 07. SPP6.5.1、メモリ追加あり、GPU高速化なし、ストレート現像 → 10m06s(30.3秒/1枚)
 08. SPP6.5.1、メモリ追加あり、GPU高速化なし、Auto現像    → 12m38s(37.9秒/1枚)
 09. SPP6.5.1、メモリ追加なし、GPU高速化あり、ストレート現像 → 7m14s(21.7秒/1枚)
 10. SPP6.5.1、メモリ追加なし、GPU高速化あり、Auto現像    → 11m27s(34.35秒/1枚)
 11. SPP6.5.1、メモリ追加あり、GPU高速化あり、ストレート現像 → 7m09s(21.45秒/1枚)
 12. SPP6.5.1、メモリ追加あり、GPU高速化あり、Auto現像    → 11m12s(33.6秒/1枚)
※何度試しても現像する写真の順番を変えてもJPEG保存開始から7枚目でGPUエラーで止まってしまうので
 5枚ごとに分けてJPEG保存→SPP再起動、を4回繰り返す。表記時間は4回の保存時間の合計。



といった結果でした。


一番世代が古くファイルサイズの軽いDP2xのデータはSPP6.5.1でメモリ追加とGPU高速化の両方
ONにした時が一番速くはなるものの、全体としては良くも悪くも殆ど変化なし。
今まで通りエラーもなく安定して軽快に現像・保存出来る。

次にMerrill世代機代表のDP3M。
SPP6.4.1ではストレート現像とAuto現像とで保存時間はほぼ同じだったけどSPP6.5.1では
保存時間に差が生まれてストレート現像の保存時間が短縮された。PP6.5.0&6.5.1の内容に
メリル世代機の高速化は含まれてないのでなぜここまで明確な速度変化が表れたのかは謎だけど
6.5.0でも6.5.1でも同様の結果だったのでそのまま記載。6.4系から6.5系へのアップグレードでは
速度変化があったけど6.5.1上でのメモリ追加やGPU高速化をONにしても速度に変化は無かった。
sdQのようにエラーが出るワケでもなく、遅くなる事もなく、高速化だけが目立つ結果となったので
ある意味ウチのPC環境+SPP6.5.1の組合せで一番恩恵があったのはメリル世代機のDP3Mとも言える。

最後にQuattro世代機代表のsdQ。
SPP6.5.1のGPU高速化を使わないテスト5~8の間ではSPP6.4.1よりも高速化された。
SPP6.4.1までのAuto現像はただ単に適正露出に合わせるだけな仕上がりでLrやPsに投げる素材としては
良くてもそのままUPする気にはならないレベル。SPP6.5.0からチューニングに手が加えられて
コントラスト高め・少しアンダーで濃い目の仕上がり方でなかなかカッコイイ。
好みと合えばこのままUPしても良いと感じるし、ストレート現像とAuto現像の保存時間の差も縮まった。

ただし赤文字で書いた通りGPU高速化をONにすると保存開始から7枚目(SPP6.5.0では6枚目だった)で
必ずGPUエラーのアラートが出て止まってしまうのが難点。JPEG保存する写真の順番を変えても
同じ写真のJPEG保存を繰り返すなど方法を変えてもSPP起動から7枚目でGPUエラーが発生する。
過去のSPPにもあった作業中のキャッシュが溜まって落ちてしまうのと同じ症状のように感じる。
5枚ずつに分けてJPEG保存→SPPを再起動を4回繰り返して計測した4回の保存時間を合計すると
GPU高速化OFFの時よりも確実に高速化されてはいるので、何十枚でも処理落ちせずに
連続でJPEG保存出来る新バージョンが公開される事を待ち望んでいます。


JPEG保存時間に関してのテスト結果は以上。

でも、そもそもSPPで重さ(遅さ)を感じてたのは現像パラメータが並ぶレビューウィンドウ画面での動作。
sdQHの体験イベント会場でSPP6.5.0のデモ機を触った時はsdQHのデータがまるでウチのPCでDP2xの
データを現像してる時のように素早く反応して感動した。実際にインストールしてみてもDP2xと同等…
とまではいかないまでもSPP6.4.1までとは比べ物にならないぐらい反応が良くなってくれて凄く嬉しい。

この年末年始は撮りっ放しで終わってた写真を沢山現像出来そうだ!
20161227_01_Fiat 500
sd Quattro / 85mm F1.4 DG HSM A016 / F2.0 1/400秒 ISO100■

=================================================

※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆dpクワトロ用のびる液晶シェード改
◆DPメリル用フードセット
◆THETA&THETAm15用スタンド
◆DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆DPメリル用LVF-01ブラケット
◆EF50F1.8STM用つけっぱなしフード
◆SIGMA dp0Q用つけっぱなしフード
◆日本カメラ 2016年3月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
◆SIGMA dp1Q & dp2Q用スクエアフード
◆日本カメラ 2016年4月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
◆SIGMA dp Quattro用カード/USBカバーオープナー等をDMM.makeで販売開始しました!
◆SIGMA sd Quattro / sd Quattro H +PG-41用バッテリー型SDカードホルダー



■My Photo Galleryflickr 500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
今日はSIGMA sd Quattro Hの発売日。昨日公開されたSPP6.5SCP1.3と合わせて
TwitterではHなIYH祭り状態。この波を、逃す手はない!便乗じゃぁぁあああ~!
というワケでsdQ発売直後のほぼ出来上がってたけどリリースしてなかった
sdQ/sdQH+PG-41用バッテリー型SDカードホルダー販売開始です!

20161220_04_SIGMA sd Quattro / sd Quattro H 用バッテリー型SDカードホルダー

三層分の情報を内包したFoveonセンサーのX3F形式のファイルサイズは出力画素数が同等の
一般的なベイヤーセンサーのRAWデータと比べると大きい。sdQよりも画素数の多いsdQHでは
ファイルサイズは大きくなるし新たに搭載されたDNG保存を使うとファイルサイズは更に倍増する。
予備のSDカードの枚数を増やしたりより大容量のカードに替えたって人も多いんじゃないかな。

同時にFoveonセンサーは燃費も余り良くないので予備バッテリーの携帯が必須。
撮影可能枚数の倍増とグリップ形状の改善、縦位置撮影時の使い勝手向上などを目的に
sdQ/sdQH専用パワーグリップPG-41を購入して使ってる人も多いでしょう。俺も使ってる。
でもグリップ形状の改善や縦位置撮影時の使い勝手向上は良いんだけど、バッテリー3本全て挿すと
なかなかの重さになっちゃうので普段はカメラ内にはバッテリーは入れず、PG-41内の1本だけで使ってる。

そしてPG-41の惜しい点はカメラとの接続端子カバーを収納する場所が無い事。
カメラ側の接続端子カバーの収納場所は確保されているのに…小さい端子カバー、無くしたら
カメラとPG-41を分解して持ち歩く時に端子が剥き出しになっちゃう…こういう細かい心配事は無くしたい。

20161220_01_SIGMA sd Quattro / sd Quattro H 用バッテリー型SDカードホルダー

そんな心配事を解消しつつ使い勝手も向上させるべく、予備のSDカードと端子カバーを
まとめてPG-41のバッテリースペースに収納しちゃうのが今回リリースする
sdQ/sdQH+PG-41用バッテリー型SDカードホルダーというワケ。

20161220_03_SIGMA sd Quattro / sd Quattro H 用バッテリー型SDカードホルダー
軽量に出来てるけど画像の位置(↑)でPG-41内の白いロックレバーが引っ掛かるようになってるので
バッテリースペース奥のバネに押されて飛び出す事もなくSDカードや端子カバーを取り出し易い。
逆にSDカードや端子カバーを挿し込む時はそのまま押し込めばロック解除されて奥まで入る。


20161220_02_SIGMA sd Quattro / sd Quattro H 用バッテリー型SDカードホルダー

PG-41は防塵防滴仕様になってるのでバッテリースロット外周にはシーリングが施されてる。
大切なSDカードを収納するのに最適な場所だし、常にカメラ内に予備のSDカードが入ってれば
SDカードケースをついうっかり忘れて撮影が止まっちゃうって事もない。3Dプリンターで出力した
ABS樹脂製なのでSDカード2枚と端子カバーを挿入してもバッテリー1本よりも軽くて負担にならない。

20161220_05_SIGMA sd Quattro / sd Quattro H 用バッテリー型SDカードホルダー
カラバリは使用するAFINIAプレミアムABSフィラメントに設定のある黒の6色を用意しました。
なんだかんだで黒が人気だろうけどフードと違って色が機能に影響しないパーツなので好みの色をどうぞ。
色付きの方がぱっと見でバッテリーと見分けがつくし薄暗い状況でもSDカードがちゃんと見えると思う。


SIGMA sd Quattro / sd Quattro HにPG-41を装着して使ってる皆様、おひとついかがですか?


=================================================

【SIGMA sd Quattro/sd Quattro H + PG-41用バッテリー型SDカードホルダー】【 2500円 】

購入をご希望の方は詳細説明をご確認の上
【氏名、郵便番号、住所(発送先)、希望アクセサリー名、希望カラー、注文数、希望発送方法】
などを記入してコチラのアドレスまでご連絡ください。 → order.foxfotofactory@gmail.com

■発送方法・送料
 ・注文品はレターパックライトorレターパックプラスにて発送いたします。
 ・レターパックライトにて発送の場合の送料 → 360円
 ・レターパックプラスにて発送の場合の送料 → 510円
 ・注文品合計金額が5000円以上であれば国内に限り送料無料にて発送いたします。
 ・レターパックライトはポストへの配達、レターパックプラスは対面での配達となります。
  在宅状況などに合わせてご希望の発送方法をお選びください。

■支払方法
 ・支払い方法は三菱東京UFJ銀行口座への振込みとなります。
 ・振込手数料は別途お客様のご負担となります。
 ・ご注文メール確認後、振込み先口座などを返信いたします。
 ・入金履歴順に出力・発送し、追跡番号をメールいたします。

■その他・備考
 ※当アクセサリーは3Dプリンターによる一体成形品のためSDカードを保持する用の可動パーツなどを
  用いた明確なロック機構はありません。抜き挿し時はSDカードの紛失にお気を付け下さい。
 ※SDカードはSanDisk製SDカードで検証しており、出力した全数のフィッティングテストをしてから
  発送しますが、使用するSDカードのブランドによっては抜き挿しがキツかったりユルかったり
  する場合があります。試作段階で各社のSDカードを試しましたが微妙に寸法が違いました。
  キツイ場合はサンドペーパーで擦ったり、ユルイ場合はSDカード挿し込み内部にテープを貼るなどして
  微調整してからご使用ください。フィッティングが適切でない状態で使用するとSDカードが破損したり
  知らぬ間に紛失したりといったアクシデントに繋がります。当方は責任は取れません。お気をつけて。

 ※遅くとも注文メールの翌日中までには上記Gmailアドレスから振込み先口座などを返信しておりますが
  Gmailドメインを受信拒否設定されていたりしてコチラから返信できない場合が希にございます。
  お手数ですが予めGmailドメインの受信拒否設定を解除の上でご注文いただけると幸いです。
  注文メール送信から2日以上経っても返信メールが届かない場合はこのブログのコメント欄に
  返信が来ない旨を書き込んでいただくか、Twitterへご連絡下さい。
 ※選択カラーはAFINIA純正プレミアムABSフィラメントに設定のある【黒】の6色となります。
 ※遮光性能が重要となるアクセサリーの場合は無難ですが黒を選択される事をオススメいたします。
  黒以外のカラーで出力した場合、遮光性能の低下、色被り、AWBへの悪影響、などが発生する
  可能性が考えられます。黒以外のカラーを選択した場合は
  機能部品としてではなくドレスアップパーツとしてお楽しみ下さい。
 ※ご注文メールに色指定の記載が無かった場合は【黒】で出力させていただきます。
 ※ご注文メールに希望発送方法の記載が無かった場合はレターパックライトで発送させていただきます。
 ※注文品の内容・個数によりレターパックライトの規定【厚さ3cm以内】に
  収まらない場合はレターパックプラスで発送させていただきます。

それではご注文、お待ちしております。

=================================================

※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆dpクワトロ用のびる液晶シェード改
◆DPメリル用フードセット
◆THETA&THETAm15用スタンド
◆DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆DPメリル用LVF-01ブラケット
◆EF50F1.8STM用つけっぱなしフード
◆SIGMA dp0Q用つけっぱなしフード
◆日本カメラ 2016年3月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
◆SIGMA dp1Q & dp2Q用スクエアフード
◆日本カメラ 2016年4月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
◆SIGMA dp Quattro用カード/USBカバーオープナー等をDMM.makeで販売開始しました!



■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]