人気ブログランキング |

3Dプリンターで製作・販売しているSIGMA sd・dpシリーズ用アクセサリー群についてのアレコレ

20170324_01_DIY CAMERA & LENS Accessories for SIGMA
Twitterなどで検索してココへ辿り着いた方々、広大なネットの海からココへ辿り着いた方々
もしくは三井公一さんや塩澤一洋さんなど写真家・カメラマンの方から直接オススメされた方々
そしてC96コミケで安倍吉俊先生の同人誌『飛びこめ!!沼 新しい沼編 02』を買って読んで
ココへ辿り着いた方々、こんにちは。こんばんは。初めまして。もしくはお久しぶりです。

2014年春に3Dプリンターを購入し、同年夏に発売されたSIGMA dp2 Quattro用フードを製作・販売開始
したのがもう5年も前…こんなに長く続くとは思わなかったし、こんなに種類が増えるとは思わなかったし
雑誌やWebメディアで紹介されたり、シグマの新製品体験会でアクセサリーを展示させてもらえたりして
こんなに多くの皆さんの目に触れる事になるとは開始当時は思いもしませんでした。

ただ、最近はTwitterでつぶやく事ばかりでこのブログ自体の更新頻度が激減してしまっているせいもあり
アクセサリー注文メールに「このアクセサリーはまだ購入可能ですか?」といった文言が
書かれている事も増えてきてしまいました。大変申し訳ございません。
「やってます。蕎麦屋じゃないけど、やってます」w

更に言えば「まだやってます」とただズルズル継続しているワケではなく、後記しますが
全てのアクセサリーが発表・販売開始から大なり小なりサイレントアップデートを繰り返しています。
その多くは微妙ぉ~な寸法調整によるフィッティングの向上や、より安定して出力出来るように
裏側(下側)の形状を変更したりといったマイナーアップデートではあります。
時にはプリンターやスライサー(制御ソフト)のアップデートによってそれまで出力出来ていた物が
上手く出力出来なくなってしまい、それに対応する為に行ったアップデートもあります。

アクセサリー製作開始当初はそういったマイナーアップデートでも型番を変えて
その都度ブログで紹介し直していましたが、アクセサリーの種類が膨大になっていく中で
そういったマイナーアップデートのレベルではアナウンスを出す事を辞めました。
購入者にとっては親切ではないかもしれないし、販売数を伸ばす意味でもアップデート内容を
逐一発表していった方が良いのだろうとは思う。思いますが、そこに時間を割くよりも
各アクセサリーのアップデートや日々の出力・発送作業に時間を取りたかった。
製作時・発表時には気付かなかった点、最後まで詰め切れなかった寸法・形状を
小まめにアップデートさせていけるのも3Dプリンターでのモノ作りの良い点の一つです。

そうしてこれまで製作・販売してきた各アクセサリーは今現在も全てが購入可能です。
少なくとも私が生きている内は。そして3Dプリンターでのモノ作りを辞めない限りは作り続けられます。
DMM.makeやrinkakなどの3Dプリント代行・販売サービスにデータをUPしておけば私が死んでも
そのパーツ・アクセサリーを入手する事は可能です(そのサービスが終了するまでは…)。


今回はこれまで製作・販売してきたアクセサリーの中からメインストリームである
シグマのdp(DP)シリーズやsd Quattroシリーズ用のアクセサリーをまとめ的にご紹介。
面白そうだと感じていただける物があればそれぞれのアクセサリー名のリンク先で
詳細をご確認いただき、ご注文メールをいただければ幸いです。


=================================================
【SIGMA dp Quattroシリーズ用つけっぱなしフード】
20160323_12_SIGMA dp0Q、dp1Q、dp2Q、dp3Q & original accessories
始まりはココから。dpQ用の純正フードが別売りで、しかもかなり嵩張る形状だったので
コンパクト&最大限の遮光性能と、保護フィルターとレンズキャップを装着出来る利便性を兼ね備え
逆付け⇔正付けといった脱着も不要。名前の通り“つけっぱなし”に出来るフードです。
20160620_04_SIGMA dp Quattro用カード/USBカバーオープナー
見ての通り、実写テストを経て各カメラの画角に合わせて開口部を最適化しています。
最後にまとめて書きますがこういったカラーバリエーション展開もしていたりします。
dpQシリーズが2→1→3→0と増えるに連れて数を増やし、更にAF補助光用の穴の有無や
先端にシグマ純正フードを追加装着出来るモデル、スクエア形状のフードなど
デザインの好みや用途に合わせて多くのバリエーションを用意しています。

↓↓↓シンプルな形状のベーシックモデル↓↓↓
【SIGMA dp0 Quattro用つけっぱなしフード(AF補助光穴“あり”)】【 3900円 】
【SIGMA dp0 Quattro用つけっぱなしフード(AF補助光穴“なし”)】【 3900円 】
【SIGMA dp1 Quattro用つけっぱなしフード(AF補助光穴“あり”)】【 3900円 】
【SIGMA dp1 Quattro用つけっぱなしフード(AF補助光穴“なし”)】【 3900円 】
【SIGMA dp2 Quattro用つけっぱなしフード(AF補助光穴“あり”)】【 4000円 】
【SIGMA dp2 Quattro用つけっぱなしフード(AF補助光穴“なし”)】【 4000円 】
【SIGMA dp3 Quattro用つけっぱなしフード(AF補助光穴“あり”)】【 3900円 】
【SIGMA dp3 Quattro用つけっぱなしフード(AF補助光穴“なし”)】【 3900円 】
↓↓↓先端にシグマ純正フードが装着出来るモデル↓↓↓
【SIGMA dp1 Quattro用つけっぱなしフード+バヨネット(AF補助光穴“あり”)】【 4900円 】
【SIGMA dp1 Quattro用つけっぱなしフード+バヨネット(AF補助光穴“なし”)】【 4900円 】
【SIGMA dp2 Quattro用つけっぱなしフード+バヨネット(AF補助光穴“あり”)】【 4900円 】
【SIGMA dp2 Quattro用つけっぱなしフード+バヨネット(AF補助光穴“なし”)】【 4900円 】
【SIGMA dp3 Quattro用つけっぱなしフード+バヨネット(AF補助光穴“あり”)】【 4800円 】
【SIGMA dp3 Quattro用つけっぱなしフード+バヨネット(AF補助光穴“なし”)】【 4800円 】
↓↓↓遮光性能を更に高めたスクエア形状のモデル↓↓↓
【SIGMA dp1 Quattro用スクエアフード(AF補助光穴“あり”)】【 4200円 】
【SIGMA dp1 Quattro用スクエアフード(AF補助光穴“なし”)】【 4200円 】
【SIGMA dp2 Quattro用スクエアフード(AF補助光穴“あり”)】【 4500円 】
【SIGMA dp2 Quattro用スクエアフード(AF補助光穴“なし”)】【 4500円 】
=================================================

=================================================
【SIGMA dp Quattro用カード/USBカバーオープナー】
20160620_10_SIGMA dp Quattro用カード/USBカバーオープナー
dpQシリーズを使用していて一番煩わしく感じるポイントはカメラ側面にあるゴム製の
SDカードスロットカバーの開閉がし辛い事なのはユーザーの誰もが感じていると思う部分。
「ココにこういうパーツを装着して開閉し易く出来ない?」と写真家の塩澤一洋さんからの要望で
製作に取り掛かったアクセサリーです。
20160620_09_SIGMA dp Quattro用カード/USBカバーオープナー
この小さなパーツを装着すれば爪を痛くしながら開けずとも、指の腹で簡単に開けられるようになります。

ただこのアクセサリーは小さ過ぎて自分の3Dプリンターで上手く出力する事が難しく
コストも上がってしまう事からDMM.makeでの出力代行サービスを利用して販売しています。
価格は素材や色によって変わりますし、各素材の料金も変動しているのでDMM.makeの方でご確認下さい。
2~4個セットも設定してあるので複数のdpQシリーズをお持ちの方や、友人用とまとめて購入する
場合などはコチラをご注文されれば1個当たりの価格を抑える事が出来るのでオススメです。
=================================================

=================================================
【SIGMA dp3 Quattro+FT-1201用フードアダプター】
20150409_04_SIGMA dp3 Quattro + FT-1201 + Original hood adapter
dp3Q専用に開発・販売されたテレコンバーターFT-1201には残念ながらフードが設定されていない。
このアダプターを装着する事で先端にシグマAPO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM用の
純正フードLH780-05を装着出来るようにするアダプターです。
コレを装着する事でFT-1201装着時でも有害光をカットし雨粒や埃から前玉を保護する事が出来ます。

【SIGMA dp3 Quattro+FT-1201用フードアダプター】【 3700円 】
=================================================

=================================================
【SIGMA LVF-01用アクセサリーシリーズ】
20150125_01_SIGMA dp Quattro+LVF-01+3D-printed Accessory Set
dpQシリーズ専用に開発・販売されたLCDビューファインダーLVF-01用のアクセサリー群です。
20150125_02_SIGMA dp Quattro+LVF-01+3D-printed Accessory Set
コレらを装着する事で金属製のアイピースキャップがプラついたりカメラに当たって金属音を響かせたり
ビューファインダー内部に埃が侵入したり、金属製のブラケットカバーがカメラバッグ内で
他のカメラやレンズに傷を付けてしまったり、を防止する事が出来ます。
(因みにシグマfp用アクセサリーのLVF-11のアイピースキャップは樹脂製に変更されてましたw)

前記した機能性や形状のアップデートの例をご紹介。
b0213320_19293274.png
SIGMA LVF-01用アイピースキャップホルダーは発表時の左の形状から右の形状になっています。
ホルダー自体が伸縮する事で長期間の使用でも安定的かつ確実にアイピースキャップを
保持出来るようにアップデートしました。価格は旧バージョンと同じです。
また、ご希望であれば旧形状でお作りする事も可能です。

【SIGMA LVF-01用アイピースキャップホルダー】【 2100円 】
【SIGMA LVF-01用ビューファインダーカバー】【 4800円 】
【SIGMA LVF-01用ブラケットカバー/液晶シェード】【 3900円 】
=================================================

=================================================
【SIGMA DP Merrillシリーズ用フード】
20140922_01_SIGMA DP1M DP2M DP3M用オリジナルフード
まさかdpQシリーズ用のフードを製作した後になってから既に生産終了していたDPMシリーズ用の
フードを製作するとは思ってもいませんでした。コレも要望によって製作開始したアクセサリーです。
20140922_02_SIGMA DP1M DP2M DP3M用オリジナルフード
dpQ用つけっぱなしフードと同じく純正フード(左)よりもコンパクトなインナーフード(中央)と
純正フード以上の遮光・前玉保護性能を誇るアウターフード(右)です。
20140922_04_SIGMA DP1M DP2M DP3M用オリジナルフード
今年のCP+でFFF(次期フルサイズFoveon機)のセンサーがQuattro世代の4:1:1構造から
Merrill世代までの1:1:1構造に戻る事がアナウンスされてから
「DPM(や初代DP)シリーズを買い戻したのでアクセサリーを注文します!」
といった方々が非常に多くてビックリしてます。その気持ち、分かりますw

【SIGMA DP1 Merrill用インナーフード】【 3400円 】
【SIGMA DP1 Merrill用アウターフード】【 3100円 】
【SIGMA DP2 Merrill用インナーフード】【 3700円 】
【SIGMA DP2 Merrill用アウターフード】【 3900円 】
【SIGMA DP3 Merrill用インナーフード】【 3400円 】
【SIGMA DP3 Merrill用アウターフード】【 5100円 】
=================================================

=================================================
【SIGMA DP Merrill用バッテリー収納グリップ】
20141215_04_SIGMA DP3 Merrill + FCG-DPM1 バッテリーinグリップ
実際の発表は後になりましたが、3Dプリンターを購入して最初に製作したカメラアクセサリーは
実はこのDPMシリーズ用のグリップでした。DPMは撮影枚数が少ないので予備バッテリーを
携帯するのが必須だけど、荷物量は減らしたいしカメラと別体になっていると持って行くのを
忘れたり落として無くしたりもしそう。であれば常にカメラに装着したグリップの内部に
予備バッテリーを1本収納しておけば良くね!?と製作したアクセサリーです。

【SIGMA DP Merrill用バッテリー収納グリップ】【 3200円 】
=================================================

=================================================
【SIGMA DP Merrill用LVF-01ブラケット】
20150526_04_SIGMA DP3 Merrill + LVF-01 + Original Accessories
要望の多かったdpQ用に開発されたLVF-01をDPMに装着する用のブラケットも製作。
“〇〇カメラ用”といったある程度数が出そうな単純なアクセサリーから
“〇〇カメラ用アクセサリー用のアクセサリー”といったニッチな物、更に
“〇〇カメラ用アクセサリーを××カメラに装着するアクセサリー”といった
「そんなの一体誰が使うんだよ!w」ってアクセサリーだって作りますよw

【SIGMA DP Merrill用LVF-01ブラケット】【 4200円 】
=================================================

=================================================
【SIGMA DP1/DP1s/DP1x/DP2/DP2s/DP2x用アクセサリー群】
三代目のdpQシリーズ用のアクセサリーを製作してから二代目のDPMシリーズ用のアクセサリーを製作し
更にその後に初代DPシリーズ用のアクセサリーを製作・販売するなんて誰が想像したでしょうかw
キッカケは私自身がDPM→dpQと購入していく中で
「初代DPシリーズ(のFoveonセンサー)の描写はどんな感じなのだろう…」と気になりだして
中古のDP2xを購入した事。そしてカメラ本体は購入出来たものの、周辺アクセサリーは既に入手困難であり
シグマに問い合わせてみても既にメーカー在庫もないと聞き「じゃ~自分で作るか!」となった次第。
要望をもらって製作開始するアクセサリーもあるけど基本は“自分が欲しいから作る”というスタンス。
20170406_06_SIGMA DP1、DP1s、DP1x、DP2、DP2s、DP2x用フードアダプター、レンズキャップアダプター、アルカスイス対応クイックシュープレート
まずはカメラ付属のレンズキャップLCP-11を紛失してしまった人用に汎用のレンズキャップを
装着可能にするレンズキャップアダプター。初代DPシリーズの中古個体を探すとLCP-11が無い物が多い。
そして前記の通りこのLCP-11も既にメーカー在庫のない状況。必要な人は結構多いハズ。
20170406_09_SIGMA DP1、DP1s、DP1x、DP2、DP2s、DP2x用フードアダプター、レンズキャップアダプター、アルカスイス対応クイックシュープレート
続いてはシグマ純正フードアダプターHA-11とHA-21を代替するフードアダプター。
HA-11とHA-21の形状をそのままコピーするのではなく、先端のバヨネット形状をDPMと同じにする事で
DP1M用の純正フードLH1-01やDP2M用の純正フードLH2-01を装着出来るようにしました。
LH1-01やLH2-01はまだ市場に在庫があるので新品でも中古でも容易に購入出来るので。
20170406_07_SIGMA DP1、DP1s、DP1x、DP2、DP2s、DP2x用フードアダプター、レンズキャップアダプター、アルカスイス対応クイックシュープレート
そしてDPM用フードが装着出来るという事は上記のDPMシリーズ用インナー&アウターフードを装着して
純正フード以上の遮光性能と前玉保護性能を付与する事も可能。

【SIGMA DP1/DP1s/DP1x用フードアダプター】【 2700円 】
【SIGMA DP2/DP2s/DP2x用フードアダプター】【 2700円 】
【SIGMA DP1/DP1s/DP1x用レンズキャップアダプター】【 1600円 】
【SIGMA DP2/DP2s/DP2x用レンズキャップアダプター】【 1600円 】
=================================================

=================================================
【SIGMA 初代DP、DP Merrill、dp Quattroシリーズ用アルカスイスプレート】
20171219_01_SIGMA DP(dp)シリーズ用アルカスイスプレート
ここ数年で各カメラ・レンズ・三脚メーカーも採用し始め急速に浸透してきたアルカスイス規格。
でもカメラに装着するプレートは金属製でカメラを置く際テーブルに傷を付けてしまわないか心配だし
レンズ交換式カメラと比べて小型軽量なコンデジであるdp(DP)シリーズ用であれば
必ずしもプレートは金属製である必要はないと判断。
またプレート両端にはストラップホールも備えてあるのでカメラ本体のストラップホールと併せて
斜め吊りや縦吊りでストラップを装着する事も可能。
20171219_05_SIGMA DP(dp)シリーズ用アルカスイスプレート
このアクセサリーに限らずカラーバリエーションも設定しているのでレンズ以外共通形状のdp(DP)でも
パッと見でどのモデルか判断が出来るようになります。フードを黒以外で注文してくる人は少ないけど
このアクセサリーは黒以外のカラーを複数注文してくる人も結構多い。皆複数持ちしてるのねw

本当はsdQ/sdQH用のアルカプレートも完成済みなんだけど、dp(DP)と違って総重量がかなり重くなる
事も想定されるので、果たして販売してしまって良いものかどうか検討中…欲しいですか?

【SIGMA DP1/DP1s/DP1x/DP2/DP2s/DP2x用アルカスイスプレート】【 2600円 】
【SIGMA DP Merrillシリーズ用アルカスイスプレート】【 2600円 】
【SIGMA DP Merrillシリーズ+LVF-01ブラケット用アルカスイスプレート】【 3100円 】
【SIGMA dp Quattroシリーズ用アルカスイスプレート】【 3100円 】
【SIGMA dp Quattroシリーズ+LVF-01用アルカスイスプレート】【 3700円 】
=================================================

=================================================
【SIGMA sd Quattro/sd Quattro H+PG-41用バッテリー型SDカードホルダー】
20161220_01_SIGMA sd Quattro / sd Quattro H 用バッテリー型SDカードホルダー
sdQ/sdQHのデザインは専用縦グリPG-41を装着して初めて完成する。カメラと同時購入する人も多い。
PG-41はカメラ本体のバッテリースロットに挿入して合体させるL型ではなくカメラ底面に装着するので
カメラから外した状態でも嵩張らないのが良い。良いんだけど、端子部を保護するカバーの収納場所がない。
落として無くしちゃう人も多いみたいだし、PG-41の空きスロットに入れてカラカラ鳴るのも不快。
であれば端子カバーに加えてSDカード2枚も収納出来るバッテリーと同形状のホルダーを製作すれば
端子カバーを無くす可能性も低くなるし、予備のSDカードケースを持ち歩く必要もなくなる!
20161220_02_SIGMA sd Quattro / sd Quattro H 用バッテリー型SDカードホルダー
3Dプリンターを購入して最初に製作した上記のDPM用バッテリー収納グリップと同じ発想で
今度は予備のSDカードをカメラ内に収納出来るようにしたアクセサリーを製作したワケです。

【SIGMA sd Quattro/sd Quattro H+PG-41用バッテリー型SDカードホルダー】【 2500円 】
=================================================


と、まぁ~ざっくりこんな感じです。コレがこれまでの全てではないし、今後も更に増えていきます。
今秋にはSIGMA fpが発売される。そしてそのfpの3Dデータは公開されるとの事。
これまで以上にアクセサリー市場は盛り上がるハズ。楽しみだ。
20190711_SIGMA新製品発表会_04


■3Dプリンターでの出力品についての特徴と注意点
 ※FDM方式の家庭用3Dプリンターでの出力となりますので、一般的な大量生産のプロダクトのような
  キレイな表面仕上げとはならず、積層構造による微細な段差があります。
 ※各アクセサリー共に一部分に出力時に必要となるサポート材の剥がし跡が残ってしまいます。
  剥がし跡は白くなるので黒で出力した場合に特に目立ってしまいます。
 ※出力素材のABS樹脂は後塗装が可能ですのでサンドペーパーなどで軽く表面を均してから
  塗装する事で上記の積層段差やサポート材の剥がし跡を目立たなくする事が可能です。
 ※使用素材(フィラメント)はAFINIA純正プレミアムABSフィラメントです。
 ※カラーバリエーションは上記フィラメントに設定のある黒の6色です。
 ※上記の通り各アクセサリーは定期的にマイナーアップデートを繰り返していますので
  注文時期によっては写真の形状とは細部が異なっている場合もあります。


各アクセサリー共通の上記特徴と注意点を踏まえた上で購入をご希望の方は
【氏名、発送先の郵便番号・住所、希望アクセサリー名、希望カラー、注文数、希望発送方法(下記参照)】
などを記入してコチラのアドレスまでご連絡ください。→ order.foxfotofactory@gmail.com

■発送方法・送料
 ・注文品はレターパックライトorレターパックプラスにて発送します。
 ・レターパックライトにて発送の場合の送料 → 360円
 ・レターパックプラスにて発送の場合の送料 → 510円
 ※2019年10月1日からの消費税率の改定に伴い、レターパックの料金がライトもプラスも10円UPします。
  それに伴い、発送が10/1以降になりそうな9月末の注文から送料を10円UPさせていただきます。
 ・注文品合計金額が5000円以上であれば国内に限り送料無料にて発送します。
 ・レターパックライトはポストへの配達、レターパックプラスは対面での配達となります。
  ご在宅状況などに合わせてご希望の発送方法をお選びください。
 ・アクセサリー名の後に“ ★ ”マークのある物はレターパックライトの発送条件である
  “厚さ3cm以内”に収まらないため、レターパックプラスのみでの発送となります。

■支払方法
 ・支払い方法は三菱東京UFJ銀行口座への振込みとなります。
 ・振込手数料は別途お客様のご負担となります。
 ・ご注文メール確認後、振込み先口座などを返信いたします。
 ・口座への入金履歴順に3Dプリンターで出力・梱包し、発送後に追跡番号をメールいたします。

■その他
 ※遅くともご注文メールの翌日中までには上記Gmailアドレスから振込み先口座などを返信しておりますが
  Gmailドメインを受信拒否設定されていたりしてコチラからの返信できない場合が希にあります。
  お手数ですが予めGmailドメインの受信拒否設定を解除の上でご注文いただければ幸いです。
  注文メール送信から2日以上経っても返信メールが届かない場合はこのブログのコメント欄に
  返信が来ない旨を書き込んでいただくか、私のTwitterアカウントなどへご連絡下さい。
 ※ご注文メールに色指定の記載が無かった場合は“黒”にて出力・発送させていただきます。
 ※ご注文メールに希望発送方法の記載が無かった場合はレターパックライトにて発送させていただきます。
 ※注文アクセサリーの種類・個数によりレターパックライトの規定【厚さ3cm以内】に
  収まりきらない場合はレターパックプラスでの発送とさせていただく場合がございます。


それではご注文、お待ちしております。


=================================================
※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆dpクワトロ用のびる液晶シェード
◆DPメリル用フードセット
◆THETA&THETAm15用スタンド
◆DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆DPメリル用LVF-01ブラケット
◆EF50F1.8STM用つけっぱなしフード
◆SIGMA dp0Q用つけっぱなしフード
◆SIGMA dp1Q & dp2Q & dp3Q用フード
◆SIGMA dp Quattro用カード/USBカバーオープナー(DMM.make)
◆SIGMA sd Quattro / sd Quattro H +PG-41用バッテリー型SDカードホルダー
◆SIGMA DP1、DP1s、DP1x、DP2、DP2s、DP2x用アクセサリー群
◆SIGMA 初代DP、DP Merrill、dp Quattroシリーズ用アルカスイスプレート

■日本カメラ 2016年3月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
■日本カメラ 2016年4月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
■SIGMA 新製品体験イベント 2017 spring(in大阪)にオリジナルアクセサリーを出展しました!
■SIGMA 新製品体験イベント 2017 spring(in黒川)にオリジナルアクセサリーを出展しました!
■自作アクセサリーが【飛びこめ!!沼03】や【engadget日本版】にチラッと登場しました!
=================================================

=================================================
■My Photo Galleryflickr 500px
=================================================
写真・カメラ  車・バイク

by foxfoto | 2019-08-12 20:00 | ●モノ作り | Comments(0)