人気ブログランキング |

3DプリンターでSIGMA fp用LVF-01ブラケット&コールドシューブラケット他を製作&販売開始!

2/28(金)にPhotoBar【sa-yo:】で開催させていただいた3Dプリンターで製作・販売している
シグマ製カメラ用アクセサリーの展示・体験・新作発表会にお越しいただいた方々
ご協力いただいた皆様、改めまして本当にありがとうございました。
シグマファンが集まった事もあり、盛り上がりました。

PhotoBar【sa-yo:】での発表時も説明しましたが今回製作した【SIGMA fp用LVF-01ブラケット】は
fpの発売前、発表会直後から要望をもらっていたアクセサリーです。fp発売後も要望数は増え続け
自分自身もfpと同時購入したLVF-11を使用する中で必要性を感じ製作に取り掛かりました。

PhotoBar【sa-yo:】での発表から更なるバリエーション追加と細部の改良を経て
最終的には関連する既存アクセサリーのアップデートも含めて全8種類に。
20200311_01_SIGMA fp用LVF-01ブラケット
① SIGMA fp用LVF-01ブラケット 【 3500円 】
② SIGMA fp用LVF-01ブラケット+コールドシュー端子 【 3800円 】
③ SIGMA fp用LVF-01ブラケット・マグネット 【 5400円 】
④ SIGMA fp+SmallRig(CCM2518)用LVF-01ブラケット 【 3500円 】
⑤ SIGMA fp+SmallRig(CCM2518)用LVF-01ブラケット・マグネット 【 5400円 】
⑥ SIGMA LVF-01用アイピースキャップホルダー(上面装着用) 【 2100円 】
⑦ SIGMA LVF-01用ファインダーカバー 【 3600円 】※既存アクセサリーの微修正&価格改定版
⑧ SIGMA fp用コールドシュー端子ブラケット 【 2900円 】

①~⑤が今回のメインです。そしてそれとセットで使うと更に便利だよ!というアイテムが⑥と⑦で
②から発展して独立したのが⑧です。それぞれ長所と短所があり、どれがマッチするかは
一緒に装着して使用するアクセサリーのチョイスによって変わってきます。

①~⑥と⑧に共通する特徴は、fpのヒートシンクの溝をレール代わりに利用してブラケットを
装着しているので左右と底面にある三脚ネジ穴はどれも利用しません。それによって
他のアクセサリーの邪魔をせず、fpの“スケーラブル”な拡張性を阻害しません。

そして背面液晶に液晶保護ガラスを貼り付けている想定で設計しているので液晶保護ガラスやフィルムを
fpの背面液晶に貼り付けていても干渉せずに装着出来ます。逆に何も貼り付けておらず隙間から外光が
入り込んで来る場合は背面液晶パネルの表示部外周にマスキングテープなどの粘着力が弱いテープ
を貼るなどして隙間を埋めてご使用ください。

また使用する際の注意点としては基本的にブラケット自体はfpに装着したままにして、LVF-01部分のみを
脱着するようにして使用してください。ブラケットごとLVF-01を脱着する使い方を繰り返すと
素材の特性上どうしても突起が摩耗してロックが甘くなってしまう事が想定されますし
fpの左側面にHU-11や縦位置用アルカスイスプレートなどを装着していると
ブラケット自体を左側にスライドさせる事は出来なくなります。


=================================================
① SIGMA fp用LVF-01ブラケット 【 3500円 】
20200311_02_SIGMA fp用LVF-01ブラケット
今回製作した【①~⑤】のシリーズの中で一番ベーシックかつシンプルなモデルです。
メリットは形状がシンプルで出力時間も早く、歩留まりも良いので価格も安くなります。
デメリットはLVF-01を右側からスライドして脱着するので、シグマ純正のHG-11やHG-21に
以前製作した追加サムグリップなどを装着した状態だと↓のように干渉してしまい脱着出来ません。
20200311_03_SIGMA fp用LVF-01ブラケット
グリップ関係を何も装着せずにfpを使用している方、以前製作したスモールグリップを使用している方
追加サムグリップを装着せずにHG-21を使用している方であれば問題なくLVF-01を脱着出来ます。

=================================================
② SIGMA fp用LVF-01ブラケット+コールドシュー端子 【 3800円 】20200311_04_SIGMA fp用LVF-01ブラケット
【①】の上面にコールドシュー端子形状を追加したモデルです。
fp付属のホットシューユニットHU-11も、ユーザーが増えているSmallRigのfp用リグ(CCM2518)も
シュー端子の位置が左右に大きくオフセットされてしまいます。しかしこのブラケットを使用すれば
レンズやマウントやセンサーと同一直線上にシュー端子をレイアウトする事が出来ます。
またHU-11を装着するとコンパクトなfpの全幅が大きく拡大してしまいますが、このブラケットであれば
fpのコンパクトさをスポイルさせる事はありません。
端子部も樹脂製のため一般的なカメラに固定装備されているホットシュー端子ほどの強度はありませんが
水準器や外付けOVF、外付けマイクやGoProなどのアクションカム程度の重さの物であれば問題ありません。
一般的なシュー端子に備わっている板バネ構造はありませんので装着するのは↓のように
ネジ締め機構のあるアクセサリーのみとしてください。
20200311_05_SIGMA fp用LVF-01ブラケット
動画ユーザーが良く使用しているホットシューに装着するタイプのグリップを装着し、そこを握って
カメラを吊るような使用は絶対にしないでください。端子部が千切れカメラが落下する可能性があります。
シュー端子部分の強度を確保するために完全にではありませんがfp上面のヒートシンク開口部を
一部塞ぐ形状となっています。真夏での長時間の動画撮影などfpの放熱性能をフルに必要とする
場面では念のためブラケットを外して使用した方が良いかもしれません。
※アクセサリー製作時(2月)にブラケットの有無でセンサー温度に変化が出るかを
 テストしましたが明確は変化は確認できませんでした。

=================================================
③ SIGMA fp用LVF-01ブラケット・マグネット 【 5400円 】
20200311_07_SIGMA fp用LVF-01ブラケット
【①】をベースに、マグネットを使用してブラケット自体を前後に二分割出来るようにしたモデルです。
【① ② ④】のように右側にスライドするのではなく後方に脱着するのでHG-11やHG-21用追加サムグリップ
などを装着した状態でも干渉せずに簡単にLVF-01を脱着する事が可能です。
逆に言うとLVF-01の保持力は【① ② ④】よりも劣るので、強い衝撃で外れてしまう可能性もあります。
fp本体のストラップホールとLVF-01のストラップホールをワンタッチで脱着出来るストラップで
繋ぐなどして万が一のLVF-01の落下に備えた状態で使用してください↓
20200311_06_SIGMA fp用LVF-01ブラケット
磁石を使用していますのでカメラバッグに収納する時などは磁気カード等が入った
お財布を隣り合わせにしないようお気を付けください。

=================================================
④ SIGMA fp+SmallRig(CCM2518)用LVF-01ブラケット 【 3500円 】
20200311_08_SIGMA fp用LVF-01ブラケット
【①】の右上部の形状を修正しSmallRigのfp用リグ(CCM2518)と同時装着出来るようにしたモデルです。
SmallRigのfp用リグ(CCM2518)はサムグリップ部分が後方に突出していないので
干渉せずにLVF-01を左側にスライドさせて脱着出来ます。
20200311_09_SIGMA fp用LVF-01ブラケット
【①】と比べると右上部分のレールがカットされていますので、SmallRigのfp用リグ(CCM2518)を
装着していない状態ですとfp本体との固定力が減少しています。必ずSmallRigのfp用リグ(CCM2518)と
セットで使用してください。

=================================================
⑤ SIGMA fp+SmallRig(CCM2518)用LVF-01ブラケット・マグネット 【 5400円 】
20200311_10_SIGMA fp用LVF-01ブラケット
【①】と【③】の関係と同様に【④】をベースにマグネットを使用してLVF-01を後方に脱着出来るように
したモデルです。特徴や注意点に関しても【③ ④】と同様です。
20200311_11_SIGMA fp用LVF-01ブラケット

=================================================
⑥ SIGMA LVF-01用アイピースキャップホルダー(上面装着用) 【 2100円 】
20200311_15_SIGMA fp+LVF-01用アイピースキャップホルダー(上面装着用)
ぷらぷらとぶら下がりカメラに当たるとキンキン鳴って不快なアイピースキャップを保持するホルダーです。
これまで製作してきたLVF-01用アイピースキャップホルダーと同機能で装着場所を変更したモデルです。
既存のLVF-01用アイピースキャップホルダーはdpQシリーズに装着して使用する事を前提に邪魔にならない
右側面に装着する方式でしたが、今回fpにLVF-01を装着するブラケット【①~⑤】はLVF-01を上下逆にして
装着するため、アイピースが左側面に突出する事になります。
そのため移動中にカメラストラップと引っかかってアイピースキャップホルダーが剥がれたり
【③ ⑤】のようにマグネットを使用したモデルの場合はLVF-01自体の落下に繋がると考えられたため
今回新たにLVF-01の上面(fp装着時は底面)側に装着するモデルを製作しました。
20200311_14_SIGMA fp+LVF-01用アイピースキャップホルダー(上面装着用)
これまでの側面に装着するタイプだとこのようにストラップと引っかかってしまう可能性が高いです↑
是非【①~⑤】とセットで使用していただきたいアイテムです。

=================================================
⑦ SIGMA LVF-01用ファインダーカバー 【 3600円 】 ※既存アクセサリーの微修正&価格改定版
20200311_16_SIGMA LVF-01用ビューファインダーカバー
カメラから外したLVF-01の開口部に装着して内部に埃などが入り込むのを防止するカバーです。
これまでのバージョンとパッと見は変わりませんが細部の形状の微修正と出力設定の変更によって
価格を下げる事が可能となりました。是非【①~⑥】とセットで使用していただきたいアイテムです。

=================================================
⑧ SIGMA fp用コールドシュー端子ブラケット 【 2900円 】
20200311_12_SIGMA fp用コールドシューブラケット
【① ③~⑤】を製作して、その後の要望でコールドシュー端子付きの【②】を製作して、そこから更に
『LVF-01は使わないけどコールドシュー端子は欲しいって人もいるかもな…』と思い追加製作したモデル。
【①~⑤】とは違いLVF-01を装着する事は出来ませんが、その分背面部の形状に自由度が生まれたので
【①~⑤】装着時よりもfpの背面液晶は見易くなり、背面のボタンやダイヤルの操作性も良いです。
その他の特徴は【②】を参照。サイズも小さく出力時間も短いので価格も抑えられました。
20200311_13_SIGMA fp用コールドシューブラケット
以前製作したスモールグリップと今回のコールドシュー端子ブラケットのみを装着するとこんな感じ。
fpの最大のメリットである小型軽量さをスポイルさせずにグリップとシュー端子を追加して
カメラとしての機能性をUPさせたスタイルです。45F2.8CやMマウントのオールドレンズのような
小型軽量なレンズを装着する人にはこれぐらいが丁度良いかと。俺は持ってないけどこれに
外付けOVFとか装着するとなかなか良い感じに仕上がるのではないかと思います。

=================================================


■その他、3Dプリンターでの出力品についての特徴と注意点です。
 ※FDM方式の家庭用3Dプリンターでの出力となりますので、一般的な大量生産のプロダクトのような
  キレイな表面仕上げとはならず、積層構造による微細な段差があります。
 ※各アクセサリー共に一部分に出力時に必要となるサポート材の剥がし跡が残ってしまいます。
  剥がし跡は白くなるので黒で出力した場合に特に目立ってしまいます。
 ※出力素材のABS樹脂は後塗装が可能ですのでサンドペーパーなどで軽く表面を均してから
  塗装する事で上記の積層段差やサポート材の剥がし跡を目立たなくする事が可能です。
 ※使用素材(フィラメント)はAFINIA純正プレミアムABSフィラメントです。
 ※カラーバリエーションは上記フィラメントに設定のある黒の6色です。
 ※各アクセサリーは定期的にマイナーアップデートを繰り返していますので
  注文時期によっては写真の形状とは細部が異なっている場合もあります。


各アクセサリー共通の上記特徴と注意点を踏まえた上で購入をご希望の方は
【氏名、発送先の郵便番号・住所、希望アクセサリー名、希望カラー、注文数、希望発送方法(下記参照)】
などを記入してコチラのアドレスまでご連絡ください。→ order.foxfotofactory@gmail.com

■発送方法・送料
 ・現在は日本国内のみの発送とさせていただいております。
 ・注文品はレターパックライトorレターパックプラスにて発送します。
 ・レターパックライトにて発送の場合の送料 → 370円
 ・レターパックプラスにて発送の場合の送料 → 520円
 ・注文品合計金額が5000円以上であれば国内に限り送料無料にて発送します。
 ・レターパックライトはポストへの配達、レターパックプラスは対面での配達となります。
  ご在宅状況などに合わせてご希望の発送方法をお選びください。
 ・アクセサリー名の後に“ ★ ”マークのある物はレターパックライトの発送条件である
  “厚さ3cm以内”に収まらないため、レターパックプラスのみでの発送となります。

■支払方法
 ・支払い方法は三菱東京UFJ銀行口座への振込みとなります。
 ・振込手数料は別途お客様のご負担となります。
 ・ご注文メール確認後、振込み先口座などを返信いたします。
 ・口座への入金履歴順に3Dプリンターで出力・梱包し、発送後に追跡番号をメールいたします。

■その他
 ※遅くともご注文メールの翌日中までには上記Gmailアドレスから振込み先口座などを返信しておりますが
  Gmailドメインを受信拒否設定されていたりしてコチラからの返信できない場合が希にあります。
  お手数ですが予めGmailドメインの受信拒否設定を解除の上でご注文いただければ幸いです。
  注文メール送信から2日以上経っても返信メールが届かない場合はこのブログのコメント欄に
  返信が来ない旨を書き込んでいただくか、私のTwitterアカウントなどへご連絡下さい。
 ※ご注文メールに色指定の記載が無かった場合は“黒”にて出力・発送させていただきます。
 ※ご注文メールに希望発送方法の記載が無かった場合はレターパックライトにて発送させていただきます。
 ※注文アクセサリーの種類・個数によりレターパックライトの規定【厚さ3cm以内】に
  収まりきらない場合はレターパックプラスでの発送とさせていただく場合がございます。


それではご注文、お待ちしております。


=================================================
※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆dpクワトロ用のびる液晶シェード
◆DPメリル用フードセット
◆THETA&THETAm15用スタンド
◆DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆DPメリル用LVF-01ブラケット
◆EF50F1.8STM用つけっぱなしフード
◆SIGMA dp0Q用つけっぱなしフード
◆SIGMA dp1Q & dp2Q & dp3Q用フード
◆SIGMA dp Quattro用カード/USBカバーオープナー(DMM.make)
◆SIGMA sd Quattro / sd Quattro H +PG-41用バッテリー型SDカードホルダー
◆SIGMA DP1、DP1s、DP1x、DP2、DP2s、DP2x用アクセサリー群
◆SIGMA 初代DP、DP Merrill、dp Quattroシリーズ用アルカスイスプレート
◆SIGMA fp+LVF-11用アイピースキャップホルダー&アルカスイス互換プレート
◆SIGMA fp用スモールグリップ&HG-21用追加サムグリップ

■日本カメラ 2016年3月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
■日本カメラ 2016年4月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
■SIGMA 新製品体験イベント 2017 spring(in大阪)にオリジナルアクセサリーを出展しました!
■SIGMA 新製品体験イベント 2017 spring(in黒川)にオリジナルアクセサリーを出展しました!
■自作アクセサリーが【飛びこめ!!沼03】や【engadget日本版】にチラッと登場しました!
■3Dプリンターでこれまで製作してきたSIGMA製品用アクセサリー群のまとめ
■CP+2020シグマブースのミニステージに登壇決定!→CP+中止!→PhotoBar【sa-yo:】で新作発表!
=================================================


=================================================
■My Photo Galleryflickr 500px
=================================================
写真・カメラ  車・バイク

タグ:
by foxfoto | 2020-03-11 20:00 | ●モノ作り | Comments(0)