タグ:24-70mm F2.8 DG OS HSM A017 ( 2 ) タグの人気記事

ご存知、三井公一氏引率によるシグマのフォトウォークイベント、シグブラフォトウォークの第7回目
第7回シグブラフォトウォークin奈良】に参加してきました。

ちなみにこれまでのシグブラフォトウォークの開催地と日時は
第1回目【(SIGMA本社のある)黒川】(2014/05/24)
第2回目【小田原】(2014/10/18)
第3回目【銀座】(2015/03/28 & 04/11)
第4回目【多摩丘陵】(2015/10/17)
第5回目【三浦】(2016/07/16)
第6回目【お台場】(2016/11/05)
といった具合。

“シグブラフォトウォーク”という名前は付かなくても
2017/11/18開催の【シグマで撮る黒川アートサンポ2017】や
2018/10/13開催の【写真家と一緒に撮り歩き 足利ブラブラ写真教室】など
三井さんとブラブラするイベントはシグマ公式・非公式問わず定期的に開催されてきたので
久し振りな感じはしなかったけれどシグマ公式としては2年ぶり、そして初の近畿地方開催。
新製品体験会は開催されてきたけどフォトウォークイベントは初という事で
皆さんとても楽しそうにイベントに参加しているようでした。

奈良は中学の修学旅行以来の久々という事もあって
ぼんやり覚えている街並みを撮り歩くのに相性が良さそうな
SIGMA 24-70mm F2.8 DG OS HSM A017を貸出機材から選択。
このレンズは発売前のβ版をMC-11を介してa7IIで少し試した事はあるけど
AFではなくMFでだったし、短時間だったし、暑さでグロッキー状態だったし、と
万全の状態ではなかったので折を見て改めてちゃんと使ってみたいと思っていたレンズ。
20181110_第7回シグブラフォトウォークin奈良_020
早速ドーン!奈良と言えば鹿!鹿と言えば奈良!と興奮しつつ午前中は興福寺とならまち周辺をブラブラ。

20181110_第7回シグブラフォトウォークin奈良_023

発売前の新製品をいち早くお触り出来ちゃうのもシグブラフォトウォーク参加者だけの特権。
20181110_第7回シグブラフォトウォークin奈良_024
DC DNコンテンポラリー単焦点シリーズの3本目56mm F1.4 DC DN C018

20181110_第7回シグブラフォトウォークin奈良_025
今までのDGアート単焦点シリーズとは逆で、シネレンズとして求められる性能を達成するのが先で
後からスチル版が開発されたという40mm F1.4 DG HSM A018

11月22日、いい夫婦の日に発売されるこの2本もお試し出来た。
本数が少なかったので俺は試さず(本当は56mmの方だけちょっと試したけど)。
他にも発売して間もない、俺も気になって気になって気になりすぎてむしろ距離を置いてる
60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM S018などもお試し出来ました。
俺は試してないのでこれらのレンズのレビューは他の参加者の皆さんに丸投げ~♪
でも気になってるカメラやレンズを店頭でちょろっと触るだけじゃなく、ちゃんと街中で
実際にサイズ感や使い勝手、AF速度や手振れ補正の性能を試せるのはフォトウォークイベント“なら”では。

20181110_第7回シグブラフォトウォークin奈良_036
俺も24-70F2.8アートの性能と使い勝手を存分に堪能させてもらいました。

20181110_第7回シグブラフォトウォークin奈良_037

20181110_第7回シグブラフォトウォークin奈良_046

20181110_第7回シグブラフォトウォークin奈良_067

20181110_第7回シグブラフォトウォークin奈良_068
ならまち界隈は細い路地が入り組んでるので小さい車が多かった。
観光地ゾーンでもあるのでオシャレ車も多くて見てても撮ってても楽しい。

20181110_第7回シグブラフォトウォークin奈良_065
24-70mmはフルサイズ機で使うよりもAPS-H機やAPS-C機に装着して使った方が
“標準域”のカバー率は高いんじゃね?と思っていたけど、今回APS-Cのsd Quattro
装着して換算36-105mmのレンズとして撮り歩いてみて、それが正しかったと実感した。

そうそう
20181110_第7回シグブラフォトウォークin奈良_071
道中にあったこーんな錆や

20181110_第7回シグブラフォトウォークin奈良_072
こーんな金属を撮っていた人は、もうFoveon沼にずっぽしハマってますよ。

20181110_第7回シグブラフォトウォークin奈良_075
キレイなお姉さんが手招きしてますよ~。コッチのぬ~まは楽しいぞ~♪ ご新規さんご案内~♪

20181110_第7回シグブラフォトウォークin奈良_088

20181110_第7回シグブラフォトウォークin奈良_094
ピーポくん…じゃ、ねぇ!誰だオマエはぁっ!? ※奈良県警マスコットキャラクターのナポくん

20181110_第7回シグブラフォトウォークin奈良_100
午後は奈良公園内を自由にブラブラ。

20181110_第7回シグブラフォトウォークin奈良_108
もうね、鹿天国。鹿パラダイス。鹿パラですよ。

20181110_第7回シグブラフォトウォークin奈良_110
下手な動物園よりも近寄って撮りまくれるので最高。鹿さんも撮られ慣れたもんです。

20181110_第7回シグブラフォトウォークin奈良_139
そうそう、今回偶然判明した事ですが、なんと東大寺 二月堂のご住職がまさかのシグマユーザー!

20181110_第7回シグブラフォトウォークin奈良_142
奥さんに黙って買ったsd Quattroは持ち帰れないので常に二月堂に置いてあるそうです。
そのsdQ、物凄い徳を積んでそうw きっと後光が射すようなメッチャ良い写真が撮れそうw

20181110_第7回シグブラフォトウォークin奈良_148
というワケで全国のシグマユーザーの皆さん、奈良へお越しの際は是非東大寺 二月堂へ!

といったミラクルもあったシグブラフォトウォークin奈良、今回載せた以外も含む
150枚をFlickrのアルバムにまとめたので良かったら見てください→ コチラ


【裏話その1】
今回の関東以外での開催が無事成功した事で今後も地方開催を計画していくそうです。
「今度は是非我が町で開催を!」とか「○○の街をブラブラしてみたい!」など
ご要望を出していけば、もしかしたら実現するかも…しないかも…

【裏話その2】
シグマの体験イベントやCP+のシグマブースに来た事のある人なら皆知っている
ユーザーとメーカーとを繋ぐ、ある意味シグマの顔となっていたY下さんが近々退職されるとの事。
表立ってイベントに顔を出すのは今回が最後かも…という話でした。
個人的には3Dプリンターで作ったアクセサリーをY下さんや三井さんに見せた事が
今に繋がるキッカケになったって事もあってとても寂しい…本当にありがとうございました。

【裏話その3】
今回のシグブラフォトウォークin奈良にも参加し
先月の【写真家と一緒に撮り歩き 足利ブラブラ写真教室】も
企画・成功させた同じシグマユーザーで友人のK田さんが明日、11/17(土)の
07:30~08:00にNHKで放送される【おはよう日本】に登場するらしい!
足利での写真活動などが紹介されるようです。シグマ製品も出るそうなので
放送される関東甲信越地方のシグマユーザーは必見です!今すぐ録画タイマーを!

=================================================
※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆dpクワトロ用のびる液晶シェード
◆DPメリル用フードセット
◆THETA&THETAm15用スタンド
◆DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆DPメリル用LVF-01ブラケット
◆EF50F1.8STM用つけっぱなしフード
◆SIGMA dp0Q用つけっぱなしフード
◆SIGMA dp1Q & dp2Q & dp3Q用フード
◆SIGMA dp Quattro用カード/USBカバーオープナー(DMM.make)
◆SIGMA sd Quattro / sd Quattro H +PG-41用バッテリー型SDカードホルダー
◆SIGMA DP1、DP1s、DP1x、DP2、DP2s、DP2x用アクセサリー群
◆SIGMA 初代DP、DP Merrill、dp Quattroシリーズ用アルカスイスプレート

■日本カメラ 2016年3月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
■日本カメラ 2016年4月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
■SIGMA 新製品体験イベント 2017 spring(in大阪)にオリジナルアクセサリーを出展しました!
■SIGMA 新製品体験イベント 2017 spring(in黒川)にオリジナルアクセサリーを出展しました!
■自作アクセサリーが【飛びこめ!!沼03】や【engadget日本版】にチラッと登場しました!
=================================================

=================================================
■My Photo Galleryflickr 500px
=================================================
写真・カメラ  車・バイク

[PR]
原宿で開催されたSIGMAの“新製品貸出し体験会 2017 Summer”で
14mm F1.8 DG HSM A017(SAマウント・開発中ファームのβ版)
24-70mm F2.8 DG OS HSM A017(SAマウント・開発中ファームのβ版)
135mm F1.8 DG OS HSM A017(SAマウント・製品版)
の3本を借りて自前のa7II+MC-11(SA-E)に装着してテスト撮影してきた。

今日は2本目に借りた24-70mm F2.8 DG OS HSM A017の写真。
レンズ自体のファームも開発段階で、MC-11の中にもレンズデータがないので
EXIFのレンズ名はシグマ以外のレンズを装着した時のように“DT 24-70mm F0.9-6.2 SAM”なんて
オモシロレンズ名だし、残念ながらAFも殆ど動かなかったので全てMFで撮影。
7/7の発売日までにMC-11用新ファームも公開するとの事でした。

最初に借りた14mmF1.8アートと同じく
RAWをLightroom CC 2015.10.1で現像してFlickrにUP。
露出がアンダーだったりオーバーだったりした何枚かの露出補正はしたけど
周辺光量とか歪曲とか色収差とかシャープネスとかのレンズ特性に関する部分はノータッチ。
以下に貼り付ける分も含めた合計50枚をFlickrにUPしてアルバムにまとめました。    →【コチラ】←

街行く人の服装でも分かる通り、この日は本当に気温も湿度も高くて
しかも14mmF1.8アートで撮り歩いてからぶっ続けで24-70mmF2.8アートを借りたせいで
結構グロッキーになりながらの撮り歩きになってしまった。

Lrで撮影データ見ててもホントに恥ずかしくなるほど頭が働いてなかったのが丸分かりで
広角端24mmと望遠端70mmでしか撮ってないし、絞りを開けるべきところで絞ったまま撮ってたり
逆に絞って撮るべきところで絞り開放で撮っちゃってたりという状態。
MFで撮ってたとは言えピントの追い込みも甘いし、もういっそ全部消してしまおうかとも思ったけど
せっかく借りた新レンズだし、こんなどうしようもない作例からでも何かを読み取ってくれる人も
いるかもしれない…という事で公開。

【70mm・F2.8】
20170629_02_SIGMA 24-70mm F2.8 DG OS HSM A017 SAMPLES(SA-mount β-version)
望遠端の70mmってのは、やっぱり個人的にはちょっと足りないんだけど
F2.8と明るいからこんな感じでボケも出せるし、手振れ補正が入ってるのも強い武器。

【24mm・F2.8】
20170629_04_SIGMA 24-70mm F2.8 DG OS HSM A017 SAMPLES(SA-mount β-version)
14mmF1.8アートのインパクトの塊みたいな描写を試した直後という事もあって
正直最初は何とも平凡な印象を感じてしまったけど24mmだって十分広い。

【24mm・F2.8】
20170629_06_SIGMA 24-70mm F2.8 DG OS HSM A017 SAMPLES(SA-mount β-version)
70mmの画角には物足りなさを感じて、24mmの画角に対しては『おぉ!結構広いな!』と感じるので
俺の感覚では24-70mmってのは“標準ズーム”というよりはより広角側の“準標準ズーム”という感じ。
個人的にはAPS-Hなsd Quattro Hに装着した換算約32-93mmや、APS-Cなsd Quattroに装着した
換算約36-105mmとして使った場合の方が自分の“標準域”のカバー範囲が高くなる気がする。

【70mm・F2.8】
20170629_07_SIGMA 24-70mm F2.8 DG OS HSM A017 SAMPLES(SA-mount β-version)
このカットはF2.8、F4.0、F5.6、F8.0で撮ってあるのでFlickrの方で見てちょ。

【24mm・F8.0】
20170629_11_SIGMA 24-70mm F2.8 DG OS HSM A017 SAMPLES(SA-mount β-version)
周辺光量の落ち方は中心からズド~ンと暗くなってく穴蔵タイプじゃなくて
比較的フラットな範囲が広くて四隅だけストンと落ちる感じなので
そういう意味でもAPS-HやAPS-Cとの相性は良さそう。

【24mm・F2.8】
20170629_12_SIGMA 24-70mm F2.8 DG OS HSM A017 SAMPLES(SA-mount β-version)
このカットはF2.8、F4.0、F5.6、F8.0で撮ってあるのでFlickrの方で見てちょ。

【70mm・F8.0】
20170629_16_SIGMA 24-70mm F2.8 DG OS HSM A017 SAMPLES(SA-mount β-version)
なんでF8で撮ってんねん、F2.8か4で撮るトコやろ~!

【24mm・F2.8】
20170629_18_SIGMA 24-70mm F2.8 DG OS HSM A017 SAMPLES(SA-mount β-version)
なんでF2.8で撮ってんねん、F5.6か8で撮るトコやろ~!

【70mm・F2.8】
20170629_20_SIGMA 24-70mm F2.8 DG OS HSM A017 SAMPLES(SA-mount β-version)
といった塩梅である。

【70mm・F2.8】
20170629_22_SIGMA 24-70mm F2.8 DG OS HSM A017 SAMPLES(SA-mount β-version)
14mmF1.8アートを借りて一緒に撮り歩いていた友達はココで水分補給。
俺もココで一杯飲んどくべきだった…

【24mm・F2.8】
20170629_24_SIGMA 24-70mm F2.8 DG OS HSM A017 SAMPLES(SA-mount β-version)
このカットはF2.8、F4.0、F5.6、F8.0、F11.0で撮ってあるのでFlickrの方で見てちょ。

【24mm・F2.8】
20170629_29_SIGMA 24-70mm F2.8 DG OS HSM A017 SAMPLES(SA-mount β-version)
単焦点レンズとズームレンズ、どっちがメインでどっちがサブなのかで選び方は変わってくる。
個人的には単焦点の方がメインなのでズームは明るさよりも倍率の方を重視して選びたくなるけど
目の前の状況をとにかく出来るだけ撮り切らないといけないような仕事で使う人なんかにとっては
やっぱりF2.8通しレンズは主力になるレンズだろうし、メーカーにとっても言い訳の出来ない1本。

そういった本気度もあってか24-70F2.8アートはシグマレンズの中では珍しく手振れ補正効果の
段数が記載されてる(でも何故かスペックシートには書かず特徴説明の方にさり気なく)。
引用すると
シャッタースピード4段分※の補正効果を発揮します。
※ CIPAガイドライン準拠。フルサイズカメラ装着時、望遠側で測定。

とある。

今回試したβ版の個体は絞り値が本来の最小絞りであるF22を超えてF90まで設定出来た(笑)。
勿論カメラが勘違いしてるだけで実際の絞りはF22で止まるのでF90に設定して撮っても
露出オーバーの写真が撮れるだけ。そんな明らかに変な作例は流石にUPしないけど
手持ち、広角端24mm、ISO100、F90で撮った写真のシャッタースピードは1/4秒。
こんなスローシャッターの写真もしっかり像が止まって解像してたので
24-70F2.8アートの手振れ補正は結構強力だと思うよ。
MC-11で繋いでるのでa7IIのボディ内手振れ補正は自動的にOFFになってるはずだしね。

【24mm・F2.8】
20170629_31_SIGMA 24-70mm F2.8 DG OS HSM A017 SAMPLES(SA-mount β-version)
同じシグマ内でのラインナップで言うと24-105mm F4 DG OS HSM A013と迷う人も多そうだね。
最大撮影倍率で比較すると24-70F2.8アートが1:4.8で24-105F4アートが1:4.6でほぼ互角。
最短撮影距離の違いと望遠端の焦点距離の違いが結果的にほぼ相殺されるかたちだけど
広角側でのワイドマクロ的な撮り方をするなら最短撮影距離が短くボケ量も多い
24-70F2.8アートの方に軍配が上がるね。広角側重視ならコッチだね。

今回の体験イベントで一番貸し出されたのは24-70F2.8アートだった模様。
SAマウント版はすんなり借りられたけどEFマウント版は5人待ちとかになってた。
更に聞いた話だと今回の体験イベント、トータルでの貸出数は過去最多になったらしい。
キヤノンの24-70F2.8LIIには手振れ補正が入ってないってのもあるし、バカ売れしそうだね。

【70mm・F2.8】
20170629_33_SIGMA 24-70mm F2.8 DG OS HSM A017 SAMPLES(SA-mount β-version)
原宿から明治神宮へ移動。ココも青山からだとちょっと遠かったスポット。
体験イベント会場が原宿に移動してくれたので行けるようになった場所。
隣接した代々木公園の方に行った人もいたみたい。

【70mm・F2.8】
20170629_37_SIGMA 24-70mm F2.8 DG OS HSM A017 SAMPLES(SA-mount β-version)
自撮りガール。

【24mm・F5.6】
20170629_40_SIGMA 24-70mm F2.8 DG OS HSM A017 SAMPLES(SA-mount β-version)
明治神宮の本殿近くまで来ると強い陽射しと白い敷石の照り返しが眩しくて頭がクラクラしてた。

【70mm・F2.8】
20170629_41_SIGMA 24-70mm F2.8 DG OS HSM A017 SAMPLES(SA-mount β-version)
わ~!けっこんしきしてる~とらなきぃ~ゃ~(頭クラクラ、ピント甘々)。

【70mm・F2.8】
20170629_45_SIGMA 24-70mm F2.8 DG OS HSM A017 SAMPLES(SA-mount β-version)
ロンドンタクシー。イカス!

【70mm・F2.8】
20170629_47_SIGMA 24-70mm F2.8 DG OS HSM A017 SAMPLES(SA-mount β-version)
イカス!

【70mm・F2.8】
20170629_50_SIGMA 24-70mm F2.8 DG OS HSM A017 SAMPLES(SA-mount β-version)
14mmF1.8アートと比べるとちょっと消化不良に終わってしまったので、また機会があれば
改めてちゃんと試してみたい1本だね。次はsdQで撮ってみるのも面白そうだ。
=================================================
※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆dpクワトロ用のびる液晶シェード改
◆DPメリル用フードセット
◆THETA&THETAm15用スタンド
◆DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆DPメリル用LVF-01ブラケット
◆EF50F1.8STM用つけっぱなしフード
◆SIGMA dp0Q用つけっぱなしフード
■日本カメラ 2016年3月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
◆SIGMA dp1Q & dp2Q用スクエアフード
■日本カメラ 2016年4月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
◆SIGMA dp Quattro用カード/USBカバーオープナー等をDMM.makeで販売開始しました!
◆SIGMA sd Quattro / sd Quattro H +PG-41用バッテリー型SDカードホルダー
■SIGMA 新製品体験イベント 2017 spring(in大阪)にオリジナルアクセサリーを出展しました!
◆SIGMA DP1、DP1s、DP1x、DP2、DP2s、DP2x用アクセサリー群
■SIGMA 新製品体験イベント 2017 spring(in黒川)にオリジナルアクセサリーを出展しました!
=================================================

=================================================
■My Photo Galleryflickr 500px
=================================================
写真・カメラ  車・バイク
[PR]