タグ:DP2 Merrill ( 136 ) タグの人気記事

大変長らくお待たせいたしました。
シグマDPメリルシリーズ用オリジナルフード、完成です!


詳細説明の前に、まずは今回のDPメリルシリーズ用フード製作のため
DP1MとDP2Mをお貸し頂いた@shibamata911さん、心から感謝いたします。
また他にもメールやTwitterで協力を申し出て頂いた方々も本当にありがとうございました。
今後も皆様にこういった協力をお願いする事があると思います。その時はまた助けて頂ければと存じます。

さて、まずは製作経緯から。
3Dプリンターを使って製作したdp2Q用つけっぱなしフードの販売を開始してから
実は注文時のメールのやりとり等で色々な要望がありました。
その中でフードの形状に関する要望は両極端な二つでした。
1.【とにかく嵩張らないコンパクトなフード】←つけっぱなしフードのコンセプトはコレ。
2.【サイズは大きくて良いからとにかく遮光性能に優れたフード】
という感じ。

なるほどなるほど、じゃ~せっかくだし、両方作っちゃおうか!
(コレが出来るのが3Dプリンターの良い所)
というワケで、こんな感じで完成しました!製作期間、一ヶ月弱!
20140922_01_SIGMA DP1M DP2M DP3M用オリジナルフード
奥の列、左から右へDP1M、DP2M、DP3M。真ん中の列が各々の遮光性能重視のアウターフード
そして手前の列がコンパクトさ重視のインナーフード。そう、今回のフードは合体します!
※1 アウターフードはインナーフード先端に装着します。カメラ本体に直接装着する事は出来ません。
※2 アウターフード脱着時にインナーフードが動かないよう、インナーフードの装着感はかなり固めです。
※3 インナーフードとアウターフードのバヨネット部分は出荷状態ではキツめですが
 使っていくに連れてアタリが出て適正なキツさになります。


DP1M、DP2M、DP3Mはそれぞれ純正フードも発売されてる。
発売から2年前後経ってるし、シグマユーザーは写り最優先ですから皆さんお持ちでしょう。
そんな状況の中わざわざ出すんです。ちゃんとメリットがあります。
20140922_02_SIGMA DP1M DP2M DP3M用オリジナルフード
手前から奥へDP1M、DP2M、DP3M用。左から右へ純正、インナー、アウターの順です。
まずはインナーフード、見ての通り純正フードよりもコンパクトです
撮影テストを繰り返し、ケラレないギリギリまで攻めたマスクもあるのでコレ単体でも遮光性能があります
そしてDP1M&DP2M純正フードと同様保護フィルター1枚(厚さ5mmまで)の上から装着可能です
さらにDP1M&DP2M純正フードにはない機能として先端にレンズキャップが装着可能
インナーフードはdp2Q用つけっぱなしフードと同様の機能を有しています。
とにかくコンパクトで装着したまま気軽に持ち出せて瞬時に撮影可能なのがインナーフードです。

続いてアウターフード、今度は純正フードよりも背が高い。コチラは遮光性能優先の形状です。
インナーフード先端に装着する事でインナーフードの遮光マスクと相まって高い遮光性能を発揮します。
そしてアウターフードは逆付けが可能なので携帯時に嵩張る事もありません
20140922_05_SIGMA DP1M DP2M DP3M用オリジナルフード
インナーフード先端にレンズキャップを装着し、アウターフードを逆付けした状態。
アウターフードによって太さが増してるので結構ボリュームが増したように見えるかもしれないけど
長さは【本体+保護フィルタ+レンズキャップ】の状態から+5mmに収まってます。

さぁ~いよいよ装着状態をお披露目!まずはインナーフードのみの状態!
20140922_03_SIGMA DP1M DP2M DP3M用オリジナルフード
『え?付いてなくね?』とか『ちっさ!』と一瞬でも思ってくれたなら大変嬉しい。
どうです?コレなら本体につけっぱなしにしても邪魔にならないでしょ?
後付け感のないカメラ本体のデザインにマッチする形状です

続いてインナーフード+アウターフードを装着した状態!どーん!
20140922_04_SIGMA DP1M DP2M DP3M用オリジナルフード
かなりの臨戦態勢。撮る気満々なオーラが出てる。『今日は沢山撮るぞ!』って時はコレぐらいないとね!

良く見るとフード上面の取付指標が違う。
凹みの数がDP1M用は1つ、DP2M用は2つ、DP3M用は3つ。
デザインの似てるDPメリル(特に1と2)だけどコレを見れば誤装着を回避出来る
さぁ~どうです?お持ちのDP1M、DP2M、DP3Mに装着したくなりませんか?


出力に使用する3DプリンターはAFINIA H479というモデルです。
インナーフードはこのモデル最少値の積層ピッチ0.15mm、アウターフードは積層ピッチ0.2mmで出力。
フィラメントは価格が上がって泣きたくなっても頑固にAFINIA純正ABSフィラメントを使用。
毎度言い訳のようで申し訳ないのですが、3Dプリンターでの出力はどうしても時間が掛かる。


【SIGMA DP1 Merrill用インナーフード】【 3400円 】
【SIGMA DP1 Merrill用アウターフード】【 3100円 】
【SIGMA DP2 Merrill用インナーフード】【 3700円 】
【SIGMA DP2 Merrill用アウターフード】【 3900円 】
【SIGMA DP3 Merrill用インナーフード】【 3400円 】
【SIGMA DP3 Merrill用アウターフード】【 5100円 】
の購入をご希望の方は詳細説明をご確認の上
【氏名、郵便番号、住所(発送先)、希望アクセサリー名、カラー(黒)、注文数、希望発送方法】
などを記入してコチラのアドレスまでご連絡ください。 → order.foxfotofactory@gmail.com

■発送方法・送料
 ・注文品はレターパックライトorレターパックプラスにて発送いたします。
 ・レターパックライトにて発送の場合の送料 → 360円
 ・レターパックプラスにて発送の場合の送料 → 510円
 ・注文品合計金額が5000円以上であれば国内に限り送料無料にて発送いたします。

 ・レターパックライトはポストへの配達、レターパックプラスは対面での配達となります。
  在宅状況などに合わせてご希望の発送方法をお選びください。
 ・注文品の内容・個数によりレターパックライトの規定【厚さ3cm以内】に収まらない場合は
  自動的にレターパックプラスでの発送とさせていただきます。

■支払方法
 ・支払い方法は三菱東京UFJ銀行口座への振込みとなります。
 ・振込手数料は別途お客様のご負担となります。
 ・ご注文メール確認後、振込み先口座などを返信いたします。
 ・入金履歴順に出力・発送し、追跡番号をメールいたします。

※選択カラーはAFINIA純正プレミアムABSフィラメントに設定のある【黒】の6色となります。
※遮光性能を重要視する場合は無難ですが黒を選択される事をオススメいたします。
 黒以外のカラーで出力した場合、遮光性能の低下、色被り、AWBへの悪影響、などが発生する
 可能性が考えられます。黒以外のカラーを選択した場合は
 機能部品としてではなくドレスアップパーツとしてお楽しみ下さい。


それではご注文、お待ちしております。


※2014/12/15 追記※
以下のブログで紹介されました!
■もうそう☆れっく【SIGMA DP2M用インナーフード、アウターフード】


※2016/01/06追記
価格・カラーバリエーション・発送方法などを最新の情報に更新しました。


※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第1弾 dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第2弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第3弾 dpクワトロ用のびる液晶シェード改
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第4弾 DPメリル用フードセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第5弾 dp1Q&dp2Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第6弾 THETA&THETAm15用スタンド
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第7弾 DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第8弾 SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第9弾 SIGMA dp3Q用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第10弾 dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第11弾 DPメリル用LVF-01ブラケット
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第12弾 EF50F1.8STM用つけっぱなしフード
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第13弾 SIGMA dp0Q用つけっぱなしフード




■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
3Dプリンターで作るカメラ&レンズアクセサリーシリーズ、次なる一手は…
SIGMA DP1 MerrillDP2 MerrillDP3 Merrill用フードにしようと思います!
え~、メリルシリーズとかもう生産終了してんじゃね~のぉ~?って?ごもっとも!

確かにDP2Mはdp2Qの登場で旧型になっちゃったけど、DP1MとDP3Mに関してはまだ現役!
更にビアガーデン現象などQuattroセンサーにはまだ不完全な部分もあるって事で
まだまだDPメリルユーザーは多そうだし、実際フードの要望も来てる。
ただ、DP3M意外のDP1MとDP2Mは手元にない状況でして…

と、いうわけで新しい試み。
DP1MとDP2Mをお貸し頂ける協力者を募集します!
■貸出期間は9月始め頃からの2~3週間。
■お貸し頂いたカメラは
 ケラレ確認のテスト撮影、フードの装着感の確認、ブツ撮りの被写体
 として使用させて頂きます。
■実際に稼働する事、レンズや鏡筒周辺に大きな傷や変形が無い事。
■純正フードもセットでお貸し頂けると助かります(無くても可)。
■発送は着払いでOK。返却時は発払いで発送致します。
 送り先は千葉県(なので、出来るだけ関東近辺の方を希望)。
■協力者の助力によって今後フードを製作・販売しますが、売上金の配当はありません。
 フードに対するあらゆる権利も発生しません。
■協力に対する報酬は貸して頂いたカメラ用に製作したフードと
 私が製作したアクセサリーの中から希望の2点をプレゼント(今後リリースする製品も対象)。
 希望製品の選択猶予は来春2015/03/31まで。
といった条件では如何でしょうか? 

まぁ~言ってしまえばDP1MやDP2Mを持っていて、今後も使うつもりで
純正フードに不満があって(製作するフードはつけっぱなしフードに近い形状になる予定)
今後dp2Q、dp1Q、dp3Qを購入する予定のある方、ぐらいにしか旨味の無い条件だと思います(滝汗)

募集期間はひとまず8/25(月)23:59まで。
それまでに志願して頂いた方の中から独断と偏見で決定させて頂き
8/26(火)に当落に関わらずメールにて連絡いたします。
募集期間内に志願者が現れなかった場合は募集期間の延長、または条件の再考をします。

諸々の条件で問題ない、なんか面白そうだし、仕方ねぇ~協力してやっか!と思って頂けたら
■お名前、現時点ではハンドルネームでも結構です。
■住所(発送元)、現時点では都道府県単位までで結構です。
■お貸し頂けるカメラ(DP1MorDP2M、もしくはその両方)とそのコンディション。
を記載してコチラのアドレスまでご一報ください→ order.foxfotofactory@gmail.com

ご応募、お待ちしております。

※2014/08/26(火)00:00追記※
DP1MとDP2Mの貸出協力者の募集は終了しました。
メールやツイッターで複数の方から協力の申し出を頂きました。
何処の誰とも分からぬ者に大切なカメラを貸そうと思って頂けた事、感謝いたします。
本日中に協力者を選ばせて頂き8/26の夜、当落に関わらず返答いたします。

また、自作製品を幅広く展開していくために今後もこういった協力者を募る事があると思われます。
その時はまたお声を掛けて頂ければ嬉しく思います。宜しくお願いいたします。
ゆくゆくはアクセサリーのオーダーメイド製作もしていこうと計画中です。

今後もぉ~目がぁ~離せな~い!w
20140823_01_Fiat ABARTH 595 turismo
SIGMA dp2 Quattro / F2.8 1/800秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第1弾dp2Q用つけっぱなしフード、販売中です!◆
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第2弾dpクワトロ用のびる液晶シェード、販売中です!◆
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第3弾dpクワトロ用のびる液晶シェード改、販売中です!◆





■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
明日ついにシグマdp2Qが発売!という決戦前夜にまさかの展開(いや、正直予測してたけどw)
昨日公開されたSPP6がdp2QのRAW現像で不具合が見つかったとして公開が一時中止に。
昨日と今日、もしかしたら明日も寝ずに作業をする事になった社員さん、頑張れ!

昨日書いたSPP5とSPP6で仕上がりに差がある現象に関しては問題視されてないみたい。
原因はまだハッキリしてないけど、AdobeRGBなのかsRGBなのか辺りが怪しい。
昨日も書いたけど個人的には嬉しい変化なのでこのままでも構わない。

SPP6から新たに加わったモノクロモードでの【周辺減光効果】と【調色】が良い感じ。
両方ともLightroomでモノクロ写真を作る時は必ずいじる部分なので
SPPでもそれが出来るようになって凄く嬉しい。
20140626_01_“2”
SIGMA DP2 Merrill / F2.8 1/25秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

  



■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
前回SIGMA dp2 Quattroの発売スケジュールは白紙に戻ってるかも!と心配したけど
その後新たな噂が出てきた。問題はファームのエラーだったみたい。
6/12(木)発表、6/27(金)発売って具体的な情報も…
…ん?…6/12(木)?…明日じゃん!

DP2 Merrillの時は2012年の6/29(金)発売日発表、7/12(木)発売だったから
折角なら6/27(金)発売日発表、7/10(木)発売にすれば良いのに。
情報通り明日発表されるか、されないか、楽しみだ。
20140611_01_Please refrain from parking.
SIGMA DP2 Merrill / F2.8 1/30秒 ISO200 ■  【等倍はコチラ】

シグマ デジタルカメラ DP2 Merrill 4600万画素  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
今日から三月。消費税引き上げまであと一ヶ月。日用品の値上げも徐々に予告され始めたね。
消費税が3%増えると10万円のモノが10万5千円から10万8千円で3千円UP。
20万円のモノなら6千円UP、30万円のモノなら9千円UPする。
モノによっては少し待てば落ちてくる金額かも。

でも今欲しいと思ってるカメラやレンズ、増税分が相殺されるまで買わずに待つより
増税される前に買っちゃってアレやコレやと撮ってた方が楽しいよねぇ。

というワケで妹の結婚式やら引越しやらで延び延びになってたCP+の新型カメラ比較、やっと完成。
【New CAMERA Comparison of CP+2014】01/10_Front View
思えば最初に作った比較はCANON PowerShot G1XFUJIFILM X-Pro1が出た時だった。
あれから2年、今や俺のFlickrのカウント数の半数以上を比較係が稼ぐという嬉しいやら悲しいやらな状態。
今回後継機のG1X2X-T1が出てきて、モデルサイクル一周したんだなぁ~とか思ったり。
【New CAMERA Comparison of CP+2014】06/10_CANON PowerShot G1X Mark II Outline(Top)
この2年間での日本のカメラ市場の話題と言えば
フルサイズ一眼レフの更なる進化、ミラーレスカメラのラインナップ拡大、コンデジの衰退…とか?
【New CAMERA Comparison of CP+2014】08/10_FUJIFILM X-T1 Outline(Top)
俺は相変わらず5D2を使ってるし、ミラーレスは買ってないし、コンデジばっか買ったりしてる。
【New CAMERA Comparison of CP+2014】10/10_SIGMA dp2 Quattro Outline(Top)
今気になってるのはSIGMA 50mm F1.4 DG HSM ART014dp2 Quattroの二つ。
どちらも発売は四月以降なので今買おうってモノは無い。
あるとすれば、売る方だけだなぁ。

比較表、他にもあるよ。
【背面】【上面】【センサーサイズ比較】【G1X2背面】【X-T1背面】【dp2Q背面】
20140301_01_money order
SIGMA DP2 Merrill / F2.8 1/60秒 ISO200 ■  【等倍はコチラ】

シグマ デジタルカメラ DP2 Merrill 4600万画素  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
ポルシェやフェラーリ、ランボルギーニみたいな大排気量のスポーツカーも勿論好きだけど
街中でも気軽に乗り回せるサイズのオシャレなスポーツカーの方が好き。
ミニのクーペ、いいねぇ。ぐっと来るじゃないかぁ…

SIGMA DP Merrillシリーズ用【Li-ionバッテリーBP-41プレゼントキャンペーン】は2/28まで!
20140226_01_Mini Coupe
SIGMA DP2 Merrill / F2.8 1/30秒 ISO200 ■  →等倍はコチラ←

シグマ デジタルカメラ DP2 Merrill 4600万画素  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
昨年12月に延長されたSIGMA DP1 DP2 DP3 Merrill向けの
Li-ionバッテリーBP-41プレゼントキャンペーン期間がいよいよ今週金曜日で終了。

余りの燃費の悪さで最初からバッテリーを2本同梱して話題になったDP1M~DP3M。
それでもライバルと比べると少ないって事で更に2本追加で4本同梱された状態で出荷されてる。

キャンペーン内容によればキャンペーン対象商品のパッケージには識別用シールが貼られてるようだ。
3月になってキャンペーンが終了した瞬間店員が箱の中からバッテリーを2本抜いたり
キャンペーン対象商品をメーカーへ差し戻したりはしないだろうから
店頭に在庫があれば3月以降も買えるだろうけど
購入を考えてる人はお急ぎを。

センサーの構造が大きく変わった後継機のQuattroシリーズもすごく気になるけど
発売は夏以降だし、あの大きなサイズだし、価格は少し上がりそうだし
『Foveonってどんなだろう?』って好奇心を満たすには
ちょっとハードルが高くなっちゃったよね。

本命はQuattroとしてもまずはMerrillシリーズでFoveonがどんなもんか試してみるのも良いと思う。
Merrillシリーズなら現状5万以下だし広角、標準、中望遠マクロとラインナップも揃ってるし。
確かに色々不便も多いカメラだし、専用現像ソフトの使い勝手もイマイチだけどさ
出てくる画質(特にモノクロ)に関しては本当に凄いので、是非お試しを。
20140225_01_Metallic handrail
SIGMA DP2 Merrill / F4.0 1/100秒 ISO100 ■  →等倍はコチラ←

シグマ デジタルカメラ DP2 Merrill 4600万画素  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
2013/04/30時点での撮影枚数
FUJIFILM X100S(2013/03/07購入) 1220枚
SIGMA DP3 Merrill(2013/03/17購入) 885枚
SIGMA DP2 Merrill(2012/07/12購入) 4619枚
まぁ~DP2Mはコレ以上増えないけどね。売却したので。
20130430_01_Alfa Romeo SZ
FUJIFILM X100S / F5.6 1/100秒 ISO200 ■

  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
DP3Mは買って以来ずっとモノクロで撮ってる。
DP3Mは始めから、DP1MDP2Mは最新ファームにする事で
RAW設定時でもモノクロで撮る事が出来る。モチロン液晶もモノクロ表示。

当たり前だけど普段は色のある世界で生きてるので
白黒写真は仕上がりを予想するのが難しい。
撮影時から液晶を白黒にしておけば
カラー脳からモノクロ脳への変換が楽チン。
(ついでに発色がイマイチな液晶への不満も減らせる。)

んで、現像時にSPPでカラーに戻すんだけど、なかなか良い。
初期のDP2Mの色が嘘のようにシックリくる色になる。
DP2Mでは操作性の悪いカラーホイールと格闘してばっかだったけど
DP3M+SPP5.5.0でモノクロからカラーに戻した場合は全く必要ない感じ。

SPPを触ってて気が付いたんだけどモノクロで撮ってSPPで初めてカラーに戻すと
ホワイトバランスは撮影時の設定に関係なくオートになるのね。
んで、以前このブログで書いた内容を思い出した。
 → (条件付き)シグマDP2Mのグリーンかぶり除去方法 【前編】&【後編】 ←
撮影時にホワイトバランスオートで撮るよりも現像時にオート設定した方が精度が高い。
今回その裏付けが取れたような気がする。

もしかしたらDP2MとDP3Mのレンズの違いが影響してるかもしれないし
センサーや画像処理エンジンのチューニングが微妙に違うのかもしれないけど
DP2M+SPP5.4よりもDP3M+SPP5.5の方がモノクロはもちろんカラーも良くなった
....気がする。

最後の最後で歯切れが悪いのは
いつもみたく直接比較して結果をハッキリさせる事が出来ないから。
な ぜ な ら ば....は、次回。
20130324_01_目黒川桜まつり
SIGMA DP3 Merrill / F2.8 1/1250秒 ISO200 ■  →等倍はコチラ←

  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]
X100SDP2Mと5D2を使っての
【X-Trans vs Foveon vs ベイヤーCMOS】比較も三回目。
テストデータは全てFlickrにUPしてあるので一枚ずつ見たいって人は....→【コチラ】←

一回目はオートホワイトバランスの色味と解像度合いについて。
二回目はダイナミックレンジの広さと高感度ノイズ量について。
今回はレンズのボケ味についての比較です。
【X-Trans vs Foveon vs Normal Bayer CMOS】TEST3_1
まさかのタチコマ登場w ダンボー親子ばっかじゃ飽きちゃうしね。 →【等倍】←

画面右側の丸ボケを拡大。
【X-Trans vs Foveon vs Normal Bayer CMOS】TEST3_2
各々の絞り解放でのボケ味。 →【等倍】←

まず5D2+24-105が三位。やっぱズームレンズは色々厳しいね。
開放なのにボケの形が悪いし非球面レンズを使った事による独特な年輪模様が目立つ。
二位はDP2M。ボケの形は整ってるし絞った時の光芒の出方は一番キレイだけど
Foveonセンサーに由来するボケの色付きはやっぱり好きになれない。
木漏れ日とか丸ボケが沢山写る状況だと物凄くうるさくなる。
主張が強くてボケてるのにパンフォーカス的に感じる。
一位はX100S。柔らかいボケ味で良い感じ。


最後に夜の公園で撮ったテスト4があるけど内容的には今までの重複になるので割愛。
オートホワイトバランスの色味、解像度合い、ダイナミックレンジの広さ、高感度ノイズ量、ボケ味
などを意識しながら見れば各々の特徴が読み取れるハズ。

去年の夏にDP2Mを買ってから解像度合いを楽しみつつも常に苦戦してたのが色のチューニング。
今回全く逆の特性をもったX100Sを追加購入してそれぞれの使い分けが見えてきた。
柔らかい物、カラー、夜はX-Trans。硬い物、モノクロ、昼間はFoveon。
今後はこういう感じで両者を使い分けていこうと思う。

だけど使い分けという意味では画角が近いのが問題だ。
DP2MをDP3Mに変更すれば広角のX100S、中望遠のDP3Mとメリハリが出るな....
  



■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
[PR]