人気ブログランキング |

タグ:PC・携帯・その他の家電 ( 25 ) タグの人気記事

今日から新年度がスタート。本来であれば満開の桜と共に新生活に胸を躍らせるような時期なのだけど
今年は新型コロナウイルスの感染拡大とその防止策によって世界各地が大混乱に陥っている。
もはやほんのひと月前のCP+中止に残念がっていた頃の事すら懐かしく感じる。
先が見えない不安はリーマンショックの後や、3.11の後を思い出す。
…だけど、落ち込んでばかりもいられないよね、って事で
11年もの長い間使い続けてきたPC関係を一新。
初めてのPC自作にも挑戦してみた。

これまでのPCは2009年春に発表・発売・購入したマウスコンピューターのMDV ADVANCE ST 6300X
というモデルをベースに購入時にBTOでDVD-RドライブをBD-Rドライブにカスタマイズしたり
壊れたグラボを交換したり、内蔵HDDをSSDに交換したりしながら使ってきた物。
定期的に掃除してた事もあってか、致命的な故障に見舞われる事もなく
2009年春から丸11年もの長い間活躍してきてくれた相棒。
今も不調もなく動いているので今後はサブPCに。

PCはここ数年「シグマから新しいカメラ(FFF)が出たらPCも新しくしよう」とずっと考えてはいたんだけど
センサー開発の遅れ、そしてプロジェクト自体の開発リスタート、と2年連続で延期されてしまった。
とは言え去年衝撃的な発表・発売されたSIGMA fpは非常に面白いカメラで、写真だけでなく
久々に動画も撮りたくなってきたけど4K CinemaDNGデータをハンドリングするには
さすがにこれまでのPCのスペックでは無理ゲー過ぎるぞ…というワケで、やっと
PCの更新を決断。どうせやるなら!と前々から興味があった自作に挑戦。

CP+に加えてフォトキナの開催中止も決定して、カメラ関係の新製品発表もしばらくなさそうだし
バイク関係もクルマ関係も今は大きなトラブルもなく、パーツを交換したいとか
他のクルマやバイクに乗り換えたいみたいな気持ちもないので
PC関係にお金を使うなら今しかない!ってね。

とは言え、最新のPC関係のトレンドを調べ始めるとスペックや機能に対する欲求は自ずと高まるばかり。
このままだとお金がいくらあっても足りない…って事で、時を同じくして毎年恒例のカメラ機材の
断捨離熱によってマイクロフォーサーズ関係を全て手放したところだったので、コレで得た
27万円を新自作PCと新モニターの購入予算の目安として各パーツの吟味が始まった。

まぁ…それでもやっぱり最終的には予算オーバーになるんだけどねw
PCの用途はこれまでと同じ写真現像とCADの二本柱と、新たに加わる動画編集。
マウスやキーボードやペンタブ、スピーカーや旧モニターなどまだまだ使える物は全て継続。
逆にこれまでのデスクトップPCは新PCが不調になった時のサブ用に丸々残すので
今回購入するのはデスクトップPCを構成する内部パーツと4Kモニター。
備忘録も兼ねて、新旧PCの各構成パーツと購入価格を記載。

=================================================

■ディスプレイ
旧:EIZO FlexScan HD2452W 24.1インチ1920×1200 画素ピッチ0.270mm ノングレア VAパネル
  バックライトCCFL 最大消費電力110W 566(W)×362.5~480(H)×230mm(D)mm 10.3kg
新:BenQ PD3200U 32インチ3840×2160 画素ピッチ0.1845mm ノングレア IPSパネル
  バックライトLED 最大消費電力110W 740.3(W)×490.2~640.2(H)×213.4(D)mm 12.5kg
今日から新年度という事で、初めてのPC自作に挑戦し、11年振りにPC周りの機材を一新してみた!_b0213320_21413988.png

◆購入価格 80911円
今回の新モニターはまず4K解像度と32インチ前後のサイズというのがマストでモデル選びをスタート。
写真現像用途だけで考えるならAdobeRGBの色域やハードウェアキャリブレーション機能が重視されるけど
4Kの32インチに加えてそれまで求めるとモニターだけで予算が全て消えてしまうレベルになっちゃう。
32インチの4Kモニターというだけならもっと安いモデルもあるけど、それらは全てVAパネル。
4Kで32インチでIPSパネルで、更にCAD用表示モードがあったりもして魅力的だった。

=================================================

■CPU
旧:Intel Core i7-920 2.66GHz(OC時2.93GHz) 4コア8スレッド TDP130W
新:AMD Ryzen 7 3700X 3.60GHz(OC時4.4GHz) 8コア16スレッド TDP65W
今日から新年度という事で、初めてのPC自作に挑戦し、11年振りにPC周りの機材を一新してみた!_b0213320_21333584.png

◆購入価格 43780円
これまでのPCはIntelだったけど「今新しくPC組むなら断然Ryzenだよね!」と皆が言っているのを
目にしてはいたので、流行りモノに乗っかってみようじゃないか!というノリでスタートw
モニターが先に決まってPC本体の予算は20万弱と確定していたので、その中で
1台丸々組むとなると3700Xが一番バランスが良いだろうと判断した。

=================================================

■CPUクーラーファン
旧:モデル名不明(Intel Core i7-920付属Intel LGA1366用リテールクーラー)
新:AMD Ryzen 7 3700X付属AMD Wraith Prism Cooler
今日から新年度という事で、初めてのPC自作に挑戦し、11年振りにPC周りの機材を一新してみた!_b0213320_21340859.png

◆購入価格 0円(CPUに付属)
CPUクーラーを別途購入する事も少し考えはしたけど、3700X付属のこのCPUクーラーは
2グレード上の3900Xまでも同じ物が同梱されているので、3700X用としては
十分な冷却性能があるだろうと判断。ただし塗り付け済みのグリスは
粘度が高過ぎてクーラー交換時にCPUごと剥がれるスッポン現象が起きると有名。
怖いので拭き取ってからこれまでのPCのメンテ用に購入してあったシルバーグリスを使用。

=================================================

■GPU
旧:ZOTAC GeForce GTX 750 Ti 2GB
  CUDAコア数640 GDDR5 2GB 128bitメモリ 消費電力60W
新:ZOTAC GAMING GeForce RTX 2060 SUPER MINI
  CUDAコア数2176 GDDR6 8GB 256bitメモリ 消費電力175W
今日から新年度という事で、初めてのPC自作に挑戦し、11年振りにPC周りの機材を一新してみた!_b0213320_21350221.png

◆購入価格 44800円
CPUと同じく最終的なスペックを左右する重要なパーツ。CPUはIntelからAMDに鞍替えしたけど
やっぱりGPUはNVIDIAから選んでしまうよね。購入したパソコン工房では同じRTX2060SUPERのグラボが
ZOTACの他にmsiのと玄人志向のもあって、性能も価格も横並びでどれにしようか迷ったけど
最終的にはデザインが好みでこれまでのPCにも入れてたZOTACのをチョイス。
ゲームはせず、CADを使うならGeForceじゃなくてQuadroだろ!ってのは正解でもあり、間違いでもある。
NVIDIA STUDIO DRIVERに対応したGPUであればGeForce系でも対応モニターと組み合わせれば
Quadroの特権だった10bit表示なども出来るようになってる。ウン十万円クラスのGPU
ならいざ知らず、5~6万クラスのGPUでわざわざQuadroを選ぶ理由はない。

=================================================

■マザーボード
旧:msi X58 Pro
新:ASRock X570 Steel Legend
今日から新年度という事で、初めてのPC自作に挑戦し、11年振りにPC周りの機材を一新してみた!_b0213320_21360734.png

◆購入価格 24068円
最新のAMD Ryzen CPUに対応してるチップセットはB450とX570があって前者の方が安いけど
各部の性能と先々の伸び代を考慮してX570をチョイス。その中で同価格帯でmsiやASUSのもあったけど
購入しに行ったパソコン工房で狙っていたRyzen 3700Xとのセット割引がされていたというのと
Steel Legendシリーズは安定性を重視したモデルだというのが目的と合致したので選択。

=================================================

■OSインストールSSD
旧:Western Digital WD Blue 3D NAND SATA SSD WDS500G2B0A 2.5インチ 500GB 200TBW
  SATAIII 6Gb/s シーケンシャル読取最大560MB/s シーケンシャル書込最大530MB/s
新:CFD Gaming PG3VNF CSSD-M2B1TPG3VNF 3D TLC M.2-2280 1TB  1800TBW
  PCIe Gen.4x4(NVMe 1.3) シーケンシャル読取最大5000MB/s シーケンシャル書込最大4400MB/s
今日から新年度という事で、初めてのPC自作に挑戦し、11年振りにPC周りの機材を一新してみた!_b0213320_21365090.png

◆購入価格 23848円
RyzenとX570の組み合わせの最大のメリットであるPCIe Gen.4接続に対応したモデルの中で最速のSSD。
正直当初はここまでハイスペックなSSDを購入するつもりはなかったし、容量も半分の500GBで十分
と思っていたけど、購入しに行ったパソコン工房の割引キャンペーンが予想以上だったので奮発。

=================================================

■メモリ
旧:Transcend JetRam DDR3-1333(PC3-10600) 2GB×6=12GB
新:ADATA XPG GAMMIX D10 DDR4-3200(PC4-25600) 16GB×4=64GB
今日から新年度という事で、初めてのPC自作に挑戦し、11年振りにPC周りの機材を一新してみた!_b0213320_21354029.png

◆購入価格 31960円(16GB×2枚で15980円のを2セット購入)
CPUとマザボ的には32GB×4枚で128GBまで対応してるけど、とてもじゃないけど予算内に収まらないので
16GB×2枚入りのを2セット購入して64GB構成に。モデル名にXPGとあるようにIntel構成に向けた
メモリだけど、AMD構成に挿しても今のところ相性問題とかは出ず、問題なく使えてる。
これまでのPCが2GBのを6枚も挿して12GB構成だった事を考えると感慨深いw

=================================================

■電源
旧:HEC HEC-580TD-TF 80PLUSグレード不明 580W
新:Cooler Master V850 GOLD 80PLUS GOLD 850W
今日から新年度という事で、初めてのPC自作に挑戦し、11年振りにPC周りの機材を一新してみた!_b0213320_21371414.png

◆購入価格 12480円
事前に絞り込んでいたCPUとGPUとマザボとメモリのスペックに、後々HDDやSSDを盛り盛りに
積んだとしても700Wもあれば十分事足りる計算だったのだけど、これまた購入しに行った
パソコン工房で850Wのこのモデルが台数限定で700~750Wのモデルと遜色ない
価格で売られていたので、「このチャンスを逃す手はないべぇ!」と購入。

ちなみに今回の初PC自作に色々とアドバイスをしてくれ、買い出し当日も一緒に来てくれたXENO先生も
「コレは安い!」と一緒に購入w こういうイレギュラーな特売はリアル店舗ならではの楽しみだよね。

=================================================

■5.25"光学ドライブ
旧:LG BH08NS20
新:Pioneer BDR-212BK
今日から新年度という事で、初めてのPC自作に挑戦し、11年振りにPC周りの機材を一新してみた!_b0213320_21420505.png

◆購入価格 7981円
俺もアマプラで映画を見る事が増えてるので光学ドライブの使用頻度はどんどん下がってはいるけど
それでもまだ無しには出来ないというのが実情。映画などのBDソフトを購入する事も減ってきてはいるけど
やっぱり大好きになった作品は裏の裏まで知りたくなって映像特典などを目的に買ってしまうのよね。
今回AMD Ryzen構成にした唯一のマイナス点は4K UHD BD再生に対応出来ないって事だけど
それによって光学ドライブも4K UHD BD再生対応モデルにする必要がなくなったので
“比較的最近に発売された一番安いヤツ”という条件でこのバルク品をチョイス。

=================================================

■PCケース
旧:マウスコンピュータ MDV ADVANCE STシリーズ用ケース
  487(D)×190(W)×420(H)mm ATX 5.25"ODD×4 3.5"HDD×5 2.5"SSD×0
新:Cooler Master MASTERBOX NR600
  478(D)×209(W)×473(H)mm ATX 5.25"ODD×1 3.5"HDD×4 2.5"SSD×5
今日から新年度という事で、初めてのPC自作に挑戦し、11年振りにPC周りの機材を一新してみた!_b0213320_21380515.png

◆購入価格 8779円
今回PCケースに求めたのは内部の状態が直ぐに確認出来る側面がガラスになったモデルという事。
同等の機能でもっと安いケースは山ほどあるけど、安いヤツは大抵ガラスじゃなくてアクリルパネルなので
静電気と埃を集めまくっちゃうので却下。側面はちゃんとガラス製で、デザインは極力シンプルで
それでいて真夏でも熱ダレせずに済みそうなモデルを探していった結果コレをチョイス。

=================================================

■PCケースファン
旧:YATE LOON GP D12SL-12 リアに1個
新:Cooler Master MasterFan MF120R RGB フロントに2個、リアに1個
今日から新年度という事で、初めてのPC自作に挑戦し、11年振りにPC周りの機材を一新してみた!_b0213320_21374172.png

◆購入価格 2487円(829円×3個)
↑のPCケース、MASTERBOX NR600は全体的にはカッコ良くて機能的で好きなのだけど、前後に1個ずつ
装着されてたケースファンはマザボに繋がず電源に直結するタイプだったのでPC内の各パーツの温度に
合わせて回転数を変化させたりも出来ないし、ガラスパネル越しに内部の状態を確認するのに役立つ
LED照明も仕込まれてなかったので、PCケースや電源ユニットと同じCooler Masterブランドの
ケースファンをフロント×2、リア×1で合計3個購入。ケース的には上面にファンを更に2個
装着出来るけど、個人的には埃が降ってくる上面の開口部は塞いでおきたいので3個で。
真夏に高負荷掛けた時などに排熱が追い付かないとか、もしくはファンの回転数が
上がり過ぎてうるさい!って事になったら上面に2個追加するかもしれない。

=================================================

■その他のアイテム1
 :Cooler Master CM RGB Trident Fan cable 1-to-3
今日から新年度という事で、初めてのPC自作に挑戦し、11年振りにPC周りの機材を一新してみた!_b0213320_21423378.png

◆購入価格 849円
↑のケースファン3個を連結させてマザボに繋ぎ、PC側からLEDの発光色や発行パターンを
制御する為のケーブル。ビカビカ派手に光らせたいワケじゃないけど、内部を照らす為には必要。

=================================================

■その他のアイテム2
 :Chaslean PWMファン用電源延長ケーブル 4ピンと3ピンファン用 5本セット
今日から新年度という事で、初めてのPC自作に挑戦し、11年振りにPC周りの機材を一新してみた!_b0213320_21424335.png

◆購入価格 649円
PCを組み始めた後に追加購入した↑のケースファンと連結ケーブルをさぁ装着しようとしたらケーブル長が
微妙に足らず更に追加で注文したケースファンの延長ケーブル。二度手間、三度手間となってしまったけど
これもまたPC自作工程の楽しみの一つだよね。何事も勉強。初めてやる事、知る事は何でも楽しい。

=================================================

■OS
旧:Microsoft Windows10 Pro 64bit
新:Microsoft Windows10 Pro 64bit DSP版
◆購入価格 14980円
OSはモチロンMicrosoft Windows10 Pro。これまでのPCはそのまま残すので新規購入。

=================================================

さぁ~上記全ての合計金額は…297572円!!予算を3万円近くオーバーしてるぅー!!
…って思っちゃうけど、コレはあくまで購入時に提示されていた金額の合計であって
諸々の割引は入ってない。同時購入による割引とかもあるのでコレが〇円、アレが×円、と個別には
書けないけど、後々ポイントで返ってくる分とかは含まず、あくまで購入時点で適用された割引を含んだ
合計金額は…276490円!!……それでもやっぱりちょっとはみ出しちゃった…(´∀`;)
購入予定に無かったケースファンとか連結&延長ケーブルがなければほぼ
予算内の27万円に収まるハズだったんだけどねぇ…(´∀`;)

276490円からBenQの4Kモニター分を差し引くと199712円でギリギリ20万円以内に収まった計算。
ちなみにこれまでのPCと同じマウスコンピューターやツクモなどで同等の構成でBTOした場合
大体29~31万円になった。BTOで組めば初期の動作不良や相性問題で悩まされる事は
ないし、後々のサポートも受けられるのがメリットだけど、自作する事で
約10万円も節約出来たと思うとホント挑戦してみて良かったw

ちなみに11年間使用した旧PCとモニターの当時の購入金額は約30万円だったので、今回はそれよりも
少ない金額で新環境を構築出来た事になる。初めての自作PCは幸い初期不良や相性問題もなく
今のところ問題なく動いてくれている。諸々の動作速度も機敏そのもの。表示領域が
24インチ1台から32インチ+24インチのデュアルになったのも恩恵は大きい。
トータルでかなりの作業効率UPに繋がっているとハッキリ言える。

きっと自作PCの熟練者が見たら『え、なんでこのチョイス?こっちのパーツの方がもっと良いのに…』
って部分もあったりすると思う。俺もパーツ購入から組み始めるまでの間に『しまった、コレじゃなくて
アッチにしといた方が正解だったか…』って思ったりする事もあったけど、まぁそれは次に活かすとしよう。

まずは初挑戦したPC自作が無事に上手くいった事に安堵してる。それに新PCをイチから組んだ事で
PC内の構造や各パーツの役割や気を付けるべき部分の理解が進み、旧PCもこれまで以上に踏み込んだ
バラシ清掃が出来るようになったハズ。旧PCのリフレッシュが完了したら改めてベンチマークテスト
でもして新旧PCの性能差を比較してみるつもり。
新年度開始に合わせて11年ぶりにPCを一新!初めての自作にも挑戦!爆速だー!

皆さんも新型コロナウイルス混乱に負けず、出来る事をやっていきましょう。楽しい事を見つけましょう。
来年の今頃にはきっと元通りの平穏な春が来ている事を願って、なんとか踏ん張っていきましょう。

=================================================
※3Dプリンターを使ったカメラ&レンズアクセサリー色々製作&販売中です!
◆dpクワトロ用のびる液晶シェード
◆DPメリル用フードセット
◆THETA&THETAm15用スタンド
◆DPメリル用バッテリー収納グリップ
◆SIGMA LVF-01用アクセサリーセット
◆dp3Q+FT-1201用フードアダプター
◆DPメリル用LVF-01ブラケット
◆EF50F1.8STM用つけっぱなしフード
◆SIGMA dp0Q用つけっぱなしフード
◆SIGMA dp1Q & dp2Q & dp3Q用フード
◆SIGMA dp Quattro用カード/USBカバーオープナー(DMM.make)
◆SIGMA sd Quattro / sd Quattro H +PG-41用バッテリー型SDカードホルダー
◆SIGMA DP1、DP1s、DP1x、DP2、DP2s、DP2x用アクセサリー群
◆SIGMA 初代DP、DP Merrill、dp Quattroシリーズ用アルカスイスプレート
◆SIGMA fp+LVF-11用アイピースキャップホルダー&アルカスイス互換プレート
◆SIGMA fp用スモールグリップ&HG-21用追加サムグリップ
◆SIGMA fp用LVF-01ブラケットシリーズ&コールドシュー端子ブラケット

■日本カメラ 2016年3月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
■日本カメラ 2016年4月号に3Dプリンターで製作したカメラアクセサリーが紹介されました!
■SIGMA 新製品体験イベント 2017 spring(in大阪)にオリジナルアクセサリーを出展しました!
■SIGMA 新製品体験イベント 2017 spring(in黒川)にオリジナルアクセサリーを出展しました!
■自作アクセサリーが【飛びこめ!!沼03】や【engadget日本版】にチラッと登場しました!
■3Dプリンターでこれまで製作してきたSIGMA製品用アクセサリー群のまとめ
■CP+2020シグマブースのミニステージに登壇決定!→CP+中止!→PhotoBar【sa-yo:】で新作発表!
=================================================





=================================================
■My Photo Galleryflickr 500px
=================================================
写真・カメラ  車・バイク

昨晩夜更かししてまで見守ってたAppleの新製品発表イベント。
オフィシャル配信がクラッシュしまくるというまさかのアクシデントが発生したので
同時翻訳配信サイトの音声をラジオ代わりにして発表内容をチェックしてた。3Dプリントしながらね。

もう毎回の事だけど今回も事前に大小様々な情報がリークされてた。
・iPhone6は4.7インチと5.5インチの2サイズが出て、丸みを帯びたデザインになる。
・4.7インチ版はすぐ発売されるがサファイアガラスが採用される5.5インチ版は年末までずれ込む。
・NFC搭載で電子決済機能が搭載される。
・時計型端末(iWatch)も発表される。
個人的に把握してたのは大体こんな感じ

んで、結果は当たってた部分も外れてた部分もあって
・iPhoneは4.7インチの無印iPhone6にも5.5インチのiPhone6Plusにもサファイアガラスは採用されず。
・iPhone6兄弟はどちらも9/12予約開始、9/19発売。
・サファイアガラスが採用されたのはiWatch改めAppleWatchで、発売は来春。
というワケでサファイアガラス採用端末だけ発売が遅れる、という意味では当たったけど
それはiPhone6Plusの事ではなくAppleWatchの事だった、という意味では外れだった。


それぞれの端末については…
iPhone6&iPhone6Plus
歴代iPhoneの中で今回ほど事前リークが多かった事は無いと思う。もはやインパクトは無い。
でも液晶ガラスの外周までラウンドさせて異なる素材が面一に組み合わさるデザインは美しい。
全体のシルエットが美しいからこそ、カメラモジュールの突起が気になる。どうしてこうなった。
どうしてもカメラモジュールが収まりきらないならレンズ部分だけ飛び出させずにいっそ
レンズが収まるぐらいまで厚みを増してバッテリー容量を増やしてくれた方が嬉しい。
基本的にケースに入れる派なので実害はなけど、きっとジョブズは怒ってるぞ。

個人的な予想では単純に液晶が小さいか(と言っても5Sからは大きくなる)大きいか、というだけで
基本的な機能は同じで来ると思ってた(ボディが大きい6Plusの方がバッテリー容量的にタフなのは当然)。
でも実際はカメラの光学式手ブレ補正やiPadの様に横に傾けての操作時に各種表示が最適化される
ランドスケープモードが6Plusだけに採用されたりと予想以上に差別化されてきた。
携帯する事を考えるとボディサイズに直結する液晶は必ずしも大きければ良いというワケではないし
液晶解像度も300ppi以上の領域での差がどれだけ実際の見え方に影響するんだ?とも思うけど
光学式手ブレ補正もあるしリモートライブビューモニターとして使う事を考えても
やはり気になるのは6Plusの方だな。

AppleWatch
カメラ関係で言うとPENTAX K-01なんかを担当したりした世界的デザイナーの
マーク・ニューソンがアップルで仕事をしてるらしいって話が直前に出てた事もあって
AppleWatchのデザインを見た瞬間IKEPOD(アイクポッド)じゃん!って思ったw
AppleWatchの丸さ加減やポップな色使いは間違いなく彼の仕事だ。

でも正直アップルが「どうよコレ!」と自信満々にプレゼンしたリューズを使った操作系はイマイチ。
まだ実際に触ってないから使ってみたら印象が変わってくるのかもしれないけど
あの小さなリューズをクリクリ回しながら時計に見入る人々の姿を想像すると笑っちゃう。
いっそアンテナ伸ばしてロボットに指令を出したり、ベゼルを立てて麻酔針を発射出来れば良いのにw
勿論あの小さな画面と悪戦苦闘しながらタッチ操作するのもカッコ悪い。
時計型(時計サイズ)ガジェットの操作系の正解はバンドを使う事。
バンド上部、本体と隣接する辺りにタッチセンサーを内蔵すれば良かったのに。
確かに今回数多くバリエーションを揃えてきたバンドのデザインや形状に制限は出てくるけど
バンドをサッとスワイプして操作してこそ2015年の時計型ガジェットの正解じゃなかろうか。


今回発表された製品はどちらも世界で初めて、ってワケじゃない。
むしろ他のメーカーが既に製品化してるモノを後追いで出してきたかたちだ。
でも『他のメーカーを後追いするなんてアップルも終わったな…』なんて思わない。
(そもそもアップルに対してアレコレ言える程ユーザー歴は長くない)
もう今のアップルはジョブズ(やウォズ)が次々に世界を変えていった頃の様に
いつまでもベンチャーでいられる状況ではない。世界中に数えられない程のユーザーが居て
数々のアイデアやサービスを提供してきた結果、その多くのユーザーの個人情報や
財産、更にはライフラインまでしっかり管理しなくてはならないのだから。
アップルは今後も沢山の美しいアイテムやサービスを世界に提案してくれるだろう。
既にベンチャーではなく、数多くのライバルと向き合うアップルにとって
デザインの重要性はこれまで以上に増してくる。
ジョニー・アイヴとマーク・ニューソンのコンビが今後どんな未来を見せてくれるのか楽しみだ。

んで
結局iPhone6やAppleWatchは買うのか?何で未だに瀕死のiPhone4を使い続けてるのか?
に関してはまた今度書く…かもしれないし、書かないかもしれない。



写真はシグマdp2Qで撮ってSPP6.0.6で現像したもの。今日はモノクロ。
正直メリル世代までの印象だと『Foveonはモノクロ“が”良い』って感じだった。
クワトロ世代になってカラーの発色が凄く素直になったのでdp2Qではカラー写真中心でUPしてきた。
最新のSPP6.0.6環境で現像してみて改めて思った。『Foveonはモノクロ“も”良い』ってね。
20140910_05_Jaguar XF
SIGMA dp2 Quattro / F2.8 1/60秒 ISO160■  【等倍はコチラ】

今回も縦構図写真はアスペクト比4:3。
SPP6から追加された調色機能でマゼンタ+1に。温かみが増すでしょ。
20140910_04_Old Leica Camera & Lens
SIGMA dp2 Quattro / F2.8 1/60秒 ISO160■  【等倍はコチラ】

同じくSPP6から追加された周辺減光効果は正直まだイマイチ。
強くかけると暗部にはトーンジャンプの境界線がハッキリと出て来ちゃうし
明部も均等に(そして無理やり)減光させるのでこういう端に白飛び部がある写真には使えない。
Foveon+SPPのモノクロ現像は凄く楽しいし周辺減光効果は好きなので今後の改善に期待。
20140910_03_Shinjuku Snap
SIGMA dp2 Quattro / F5.6 1/125秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

アスペクト比4:3と調色機能でイエロー+1。
イエローはノスタルジックな感じが増すのでこんな感じのレトロな街並みにピッタリ。
20140910_02_Omoide Yokocho
SIGMA dp2 Quattro / F2.8 1/50秒 ISO640■  【等倍はコチラ】

SPPの調整パラメータX3 Fill Lightはプラス方向に振ると明瞭度増し増しの所謂HDR風になる。
元々高解像なFoveonの特徴がより分かり易くなってくるのでついついプラス方向にしちゃいがち。
でもアウトフォーカス部分も浮き立ってくるので全体的な立体感は落ちてパンフォーカスちっくになる。
逆にX3 Fill Lightをマイナス方向に振ると細かいディティールは抑えられていく。
一見情報量が減っていく様に感じるので『せっかく高解像のFoveonで撮ったのに勿体無い!』と思うけど
ピントが合ったメインの被写体の情報はちゃんと残ってて、それ以外の部分がとろけていく。
結果的に全体的な立体感は上がってくる。色を捨てたモノクロ写真だと、それがより際立つ。
正直X3 Fill Lightを上げていった時の仕上がりはLightroomでも近い感じにもっていける。
でもX3 Fill Lightを下げていった時の仕上がりはLightroomでは難しい。
【モノクロ写真 × マイナスX3 Fill Light】是非お試しを。
20140910_01_Nakano Snap
SIGMA dp2 Quattro / F2.8 1/30秒 ISO800■  【等倍はコチラ】

◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第1弾dp2Q用つけっぱなしフード、販売中です!◆
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第2弾dpクワトロ用のびる液晶シェード、販売中です!◆
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第3弾dpクワトロ用のびる液晶シェード改、販売中です!◆





■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
9/3(水)に公開されたdp2QのファームウェアVer.1.02SIGMA Photo Pro 6.0.6(SPP6.0.6)
所謂ビアガーデン現象は解消されたのか?青春18きっぷと一緒に撮ってきたよ。

全てはここから始まった…なんつってw
右上にビアガーデンの垂れ幕を入れつつ雑踏をパシャリ。
正直新宿へはしょっちゅう行く癖に例の垂れ幕を撮るのはコレが初めて。
黄色と水色の境界線はまだ若干の気持ち悪さが残るものの、もう騒ぐような事にはなってない。
20140908_01_ビアガーデン
SIGMA dp2 Quattro / F5.6 1/60秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

それよりもSPP6.0.5から6.0.6になって全体的な描写が大きく変わった事の方が驚き。
MerrillセンサーのDP13Mみたいなゴリゴリした描写になっちゃった。
俺みたいにMerrill世代のカメラとQuattro世代のカメラを
同時に使用するなら雰囲気が近くて良いけど…

dp2Qのスッキリした描写も好きだったので複雑な心境。ゴリゴリゴテゴテし過ぎるのも良くないよねw
20140908_02_Honda GoldWing
SIGMA dp2 Quattro / F5.6 1/80秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

個人的にはビアガーデンの垂れ幕よりもこの青春18きっぷの写真の方が改善点が良く分かるw
やっぱりヒトが撮った写真だけじゃ判断出来ない事も多い。自分が撮ってきた写真じゃないとね。
このチケショの価格表を撮るのはコレで3回目か…コレで最後だと良いけどな…(一回目2回目)

改めて説明すると中段右辺りの青地に白文字で上越新幹線って書かれてる上の
紺地に赤文字で書かれてる部分の文章がビアガーデン現象の影響で全く解像しなかった。
二度目に撮った時は一度目よりも近くから撮ったせいか割と普通に写っ(ちゃっ)てたんだよねw
今回は1回目と同じぐらいの距離から撮り直してみた。100%とまではいかないけどちゃんと読めるぞ!
20140908_03_青春18きっぷ
SIGMA dp2 Quattro / F5.6 1/60秒 ISO125■  【等倍はコチラ】

今回のSPP6.0.6へのアップデートでビアガーデン現象の対策は終了となるのか
今後更に手が加えられてより自然に解像するようチューニングされてくのかは分からないけど
こうして問題点が一つ一つ解決して、機能が向上していくのを直に体感してくのはなかなか楽しいもんだ。

もちろん不具合は少ないに越した事無いけど
発売してから全く進化せずにモデルサイクルを終えるってのも何だか寂しい。
不具合が解消されて値崩れしてから買うのも否定はしないけど、苦楽を共にすると愛着が湧くもんだよ。
20140908_04_Mini Clubman Cooper S
SIGMA dp2 Quattro / F5.6 1/60秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

なーんて事を思ったり書いたりしてる時点で、多分末期なんだろうなぁ…w

さぁ~て話変わって明日(ってか明後日未明)はAppleからiPhone6やらiWatchやらが発表される!
色々思うところもあって瀕死のiPhone4を使い続けてる俺としては目が離せない!
(5の時も5sの時も言ってた気がするけど)iPhone6は絶対買う!
あとはグリーンシグナルを待つばかりだぁ!
20140908_05_waiting for the green signal
SIGMA dp2 Quattro / F5.6 1/125秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第1弾dp2Q用つけっぱなしフード、販売中です!◆
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第2弾dpクワトロ用のびる液晶シェード、販売中です!◆
◆3Dプリンターで製作したカメラアクセサリー第3弾dpクワトロ用のびる液晶シェード改、販売中です!◆





■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
今夜はAppleが開発者(と一般ユーザー)に向けて新製品・新サービスを発表するWWDC2014
iOS8にOS X10.10、iPhone6やiWatch、他には何が発表されるかな…

思うところがあって長々と使い続けてるiPhone4がいい加減限界なのでiOS8とiPhone6に注目。
4.7インチと5.5インチの2サイズに分かれるって噂。個人的には大きい方が気になる。
20140602_01_Apple Icon
SIGMA DP3 Merrill / F5.6 1/80秒 ISO100■  【等倍はコチラ】

  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
ここ数日自宅のデスクトップPCの調子が悪くて
監視ソフトで状態をチェックしたらCPUの温度が危険域だった。
アイドリング状態でCPU温度が80~85℃。ファンスピードは1800~1900RPM。
Lightroomでちょっと負荷かけただけでCPU温度は100℃超え。ファンスピードも2100RPM以上に。

ケース開けてCPUクーラーを外してみたらCPUグリスがカピカピに乾いてた。
それどころかCPUとCPUクーラーが接着されてない状態。
コレじゃ~CPU温度が下がるワケない。

急いでCPUグリスを買ってきてグリスアップした。
アイドリング状態でCPU温度40℃。ファンスピード1200RPM。
Lightroomで負荷をかけてもCPU温度60℃。ファンスピード変わらず。良し。

しかしなんで急にこんな状態に…
最近また増えてきた地震でCPUクーラーがズレたか?
カメラにしろ、バイクにしろ、PCにしろ、定期的なメンテナンスは欠かせない。
20131111_01_Porsche Boxster
EOS 5D MARK II / SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 II DG HSM / F10.0 30秒 ISO100 ■

  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
なんだか久しぶりの更新になってしまった。前回の更新から一週間以上間が空いてしまった。
PCのOSがWindows Vistaなせいでインストール出来なかったライトルーム5(LR5)
OSをWindows 8にアップグレードする事でやっとインストール出来ました。

いやぁ~ホント、長道のりだったわぁ~。
Windows 8にアップグレードして、さぁ次はLR5だ!と思ったら
元々インストールされてたAdobe Creative Suite 4 Production Premium(CS4PP)が起動しない。
ライセンシングに問題が発生したとかでBridge以外のソフトが全て動かなくなってしまった。

ぐぁ~やっぱり不具合発生してしまったか~!と、アドビのサポートをチェック。
ただCS4はWindows 8には対応してないのでドンピシャの情報は載ってない。
CS6とかのサポートをチェックしてみてもWindows 7までの情報ばかり。
仕方なくアドビのサポートにチャットと電話で助けを求める事態に。

色々聞いて、結局CS4向けの対応とCS6向けの対応の両方を試すことに。
まずAを試す。だめならBを試す。それでもダメならCって感じで色々試してくんだけど
どちらにも共通してるのは最終手段が【全てアンインストールしてからインストールし直す】って事。

個人的にはコレは避けたかった。
CS4はWindows 8に対応してないのでアンインストールしちゃうと
今度はインストール自体出来なくなるって最悪の事態になるんじゃないかと。
Bridgeは動くワケだし、なんとかライセンシングを復旧させる方向で対処したかった。
(アドビの中の人曰く、Bridgeは起動の際ライセンス認証しないから動くとの事。)

でも残念な事にどの方法を試しても結局ダメで
仕方なくアンインストールしようとコントロールパネルを開くもCS4PPがリストに無い!
Vista時代にインストールしたソフトはWindows.oldっちゅ~フォルダにまとめて格納されてて
Windows 8上から一般的な方法でのアンインストールが出来ない。

Windows.old内のソフトを削除したり復活させたりってツールを試すもダメ。
仕方なくサポートページにも載ってないアドビの中の人が言ってた最終手段をとる事に。
【PC内の“Adobe”の付くフォルダ、ファイルを全て見付けて削除する】っちゅ~とんでもプラン。

こーれっが時間掛かった。
アドビソフトの凄さっちゅ~か複雑さを痛感したね。消しても消しても終わらない。
PCの設定いじってアクセス権変えたりしながら検索。発見しては消し、発見しては消し、の繰り返し。

........で、それがやっと終わってビクビクしながらCS4PPを再インストール。
途中FLASHのインストールでエラーは出たけど全体的には無事完了。
晴れてLR5もインストールして現在に至るワケだ。


PC相手に悪戦苦闘っつーワケで電脳街アキバこと秋葉原のスナップ写真でもUPしますかね。
LR5アップグレード記念って事で今まで長辺2400ピクセルでUPしてたけど
今日からは長辺3600ピクセルでFlickrにUPする事にします。
20130719_02_AKIBA SNAP
EOS 5D MARK II / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM A012 / F1.4 1/30秒 ISO100 ■

20130719_01_AKIBA SNAP
EOS 5D MARK II / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM A012 / F1.4 1/40秒 ISO250 ■

20130719_03_AKIBA SNAP
EOS 5D MARK II / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM A012 / F2.8 1/30秒 ISO800 ■

20130719_04_AKIBA SNAP
EOS 5D MARK II / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM A012 / F2.0 1/40秒 ISO320 ■

  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
昨晩のApple iPad4やiPad miniの発表から半日
amazonからタブレット&電子書籍リーダー端末、Kindleが国内市場へリリースされました。
タブレット端末としてのトータルバランスはiPadの方が優れてると思うけど
電子書籍用の端末としてはKindleの方が優れてるね。
気になる製品があり過ぎて困るわぁ~。
20121024_01_西陽
EOS 5D MARK II / ULTRON 40mm F2 SL II Aspherical / F2.0 1/2500秒 ISO100 ■

  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
13インチ2560×1600ピクセルのMac Book Pro Retinaと
7.85インチディスプレイのiPad miniが今夜発表!!(の予感)

個人的にはMac Book Pro Retina 13の方が気になる。
今使ってるMBP13と同等サイズ&同等以上のスペックで
より軽く、より高解像度で、振動に強いSSDだなんて魅力的過ぎる。
MBPR15が出た時スゲェー欲しいけどちょいデケェーと思ってたので
今回のMBPR13は理想的だ。
20121023_My Apple Products
SIGMA DP2 Merrill / F5.6 0.6秒 ISO100 ■  →等倍はコチラ←

シグマ デジタルカメラ DP2 Merrill 4600万画素   

■My Photo GalleryflickrFLENS500px

写真・カメラ  車・バイク
iPhone5が本日発売。
でも新しい地図アプリがダメダメだったり
黒は傷が付き易かったり(ってか出荷時既に傷が付いてる!?)
Dock形状の変更が色んなところに波紋を及ぼしたりといつも以上に盛り上がってる様子。

まぁ~地図アプリは他社のを使えば良いし
傷は(最初から付いてたらショックだけど)ケース着けるし
Dock形状変更による波紋は時間の経過によって収束していくだろう。

俺は今iPhone4を使ってるんだけど
ホームボタンの反応も鈍ってきたし
バッテリーもヘタってきたので
iPhone5は買うつもり。

iPhone4を使い始めたのが11月なのでその頃に買い換えようと思ってる。
それまで黒か白か、容量は何GBにするか、ケースはどれにするか等じっくり考えますわ。
20120921_01_“5”
EOS 5D MARK II / EF100mm F2.8L MACRO IS USM / F2.8 1/800秒 ISO100 ■

  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px
フォトキナ2012へ向けた新モデル発表ラッシュにすでに若干食傷ぎみ。
更に今夜はアップルの新型iPhone関連の発表もあるし....
まぁ~とりあえずソニーの新製品ムービーをどうぞ。

【SONY a99 オフィシャルムービー】


【SONY Cyber-Shot RX1 オフィシャルムービー】


【SONY NEX-VG900 オフィシャルムービー】


【SONY NEX-6 オフィシャルムービー】


注目度で言えばやはりRX1が一番かな。
事前リークの低解像度写真をベースに114×66×69mmぐらいと予想してたけど
正解は113.3×65.4×69.6mmだった。当たらずしも遠からず。誤差1mm以内に収まった。
今まで色々画像比較してきた経験が生かせたかな。
よくある“突起部を含まず”の塩梅がメーカーごとに違ったりするから難しいんだよね。

フルサイズセンサーを搭載してる事を考えると驚くほどコンパクトに収まってる。
キヤノンG1XシグマDP1M(DP2M)と同じく
センサーからレンズまでイチから独自に設計出来るソニーの強みが生かされてる。
「レンズが交換出来た方が楽しいじゃん!!」ってのも理解出来るけど
センサーとレンズを完璧にマッチングさせられる固定レンズの方が高画質になる事が多い。
DP2MSD1Mよりも高画質なように、RX1もa99より高画質に仕上がってるんじゃないかな。

a99、RX1、NEX-6に共通して搭載された新しいマルチインターフェースシューも注目。
他社と同じ形状に揃えつつ奥に電子接点を設けた事でEVFなど多彩なオプションが使用出来る。
他社みたくシュー端子下部に電子接点をレイアウトすると背面液晶と干渉して小型化の妨げになるし
それを回避すると今度はボディからホットシュー端子が飛び出してデザイン的にかなりカッコ悪くなる。

いやぁ~他にa99NEX-VG900NEX-6についても書きたい事が沢山あるけど
今日はひとまずここまで。とにかくどれも魅力的だ。さすがソニー。やってくれるぜ。

それに比べてキヤノン!!なにサラッとEOS-Mの発売日延期してんだぁー!!
20120912_01_CANON EOS-M @LAFORET原宿
SIGMA DP2 Merrill / F4.0 1/125秒 ISO200 ■  →等倍はコチラ←

シグマ デジタルカメラ DP2 Merrill 4600万画素  

■My Photo GalleryflickrFLENS500px